老人性難聴で補聴器の選び方やメーカーの選び方

老人性難聴 補聴器選び方 メーカー選び方

老人性難聴 補聴器選び方 メーカー選び方

老人性難聴の方で補聴器の選び方やメーカーの選び方に迷っている方は信頼のおけるおける補聴器専門店に相談してください。
補聴器の選び方は、とても重要でどれでも良い訳ではありませんからね。
メーカーによっても機能やデザインや価格の違いがありますのでしっかり補聴器専門家に相談し間違いない補聴器選びをしましょう。

老人性難聴とは

老人性難聴とは、加齢によって聴力が衰えてくる老化現象の一種です。個人差はありますが40台前後から始まり50~60台ころから聞こえに不自由を感じる方が増えてきます。
加齢と共に難聴が進行していくことが多く、改善していくケースは少ないようですよね。

若い人用補聴器 おしゃれな補聴器

補聴器の選び方は重要

補聴器の選び方 補聴器メーカーの選び方補聴器とは、店頭に並べてあるモノなら何でも良い訳ではありません。
あなたに「合っている」補聴器でないと使用することはできません。「合っていない」補聴器を無理に使用していると耳を傷めることになったり、全く効果がなかったり…補聴器選びは補聴器専門家の力が必要なのです。

あなたに「合っている」補聴器の条件

 ・聴力の状態に合っている
 ・耳の穴の形に合っている
 ・購入予算があっている
 ・補聴器専門店の対応があなたに合っている

聴力の状態に合っている

聴力は個人差があります。軽度難聴の方もいれば高度難聴の方もいます。メガネの度と同様であなたの聴力の度合いに合っている補聴器でないと使用できません。

耳の穴の形に合っている

耳の穴の形は十人十色。大きな方もいれば、小さな方もいます。上向き加減の方や下向きの方もいます。まっすぐの方もいれば曲がっている方もいます。
あなたの耳の穴の形に合っていないものはうまく使用することができません。
補聴器専門店で耳型採取をして耳型通りに補聴器を合わせてもらうことが最良の方法ですよね。

*耳型採取についてはこちら

購入予算があっている

購入予算も各々事情があると思います。補聴器の価格は幅広く用意されています。高機能高性能の補聴器はかなり高額になります。
低予算で購入を検討中の方は、予算もしっかり補聴器専門店に相談して無理のない購入をしましょうね。

*補聴器の価格についてはこちら

補聴器専門店の対応があなたに合っている

補聴器は購入して終わりではありません。購入後、使用してみて不具合のあるところは調整していく必要があります。
音量・音質・騒音の響き方・装用感・操作性…いろいろ微調整をしてあなたが使いやすく、聞きやすく補聴器を調整する必要があることを理解する必要があります。
その必要があるにもかかわらず、補聴器店の対応が不十分な店はダメです。
また、自宅まで訪問出張してくれたりする補聴器店の対応があれば安心できますね。

*補聴器の調整についてはこちら

補聴器メーカーの選び方

メーカーによって補聴器の機能やデザインや価格が違います。
自分ではメーカーによってどのような特徴があるのかを把握することは難しいですね。
補聴器専門家はメーカーの特徴も熟知していますので多数のメーカーを取り扱っている補聴器専門店ならいろいろ相談できます。

*補聴器メーカーについてはこちら

補聴器おすすめメーカー

 

補聴器おすすめメーカーおすすめ補聴器メーカー

関東補聴器ではシーメンス・シグニア、フォナック、GNリサウンドなどのメーカーを取り扱っていますので好みのメーカーの補聴器を無料で試聴することも可能です。

*補聴器の無料試聴体験の問い合わせはこちら

老人性難聴 補聴器選び方 メーカー選び方