耳穴型補聴器で目立たないものを会議時だけ使おうかな

補聴器 目立たない 会議 茨城 水戸

補聴器 目立たない 会議 茨城 水戸

耳穴型補聴器で目立たないものを会議時だけ使う方も増えています。
会議や集会の時、周囲に気づかれにくい小型耳穴型補聴器を使用している方って結構多いんですよ。
最近の補聴器は超小型ですから一見したら気づかないこともあります。
会議時に目立たず使用できる補聴器を紹介しましょう。

難聴度により補聴器のサイズも決まる

補聴器を使用するには、あなたの難聴度が重要になります。
重い重度難聴では、高出力(ハイパワー)の補聴器が必要になります。そのためハイパワーのスピーカー(レシーバー)が必要ですし、電池も高出力が必要になりますから大きいサイズのスピーカー(レシーバー)と電池になります。
補聴器専門店でも聴力の測定ができます。測定結果からサイズを相談できますので安心を。

補聴器 目立たない 会議 茨城 水戸

耳穴型補聴器のサイズについて

補聴器メーカーによって少し違いがありますが、ほとんどの補聴器メーカーが難聴度によって対応できる補聴器のサイズを用意しています。

補聴器 目立たない 会議 茨城 水戸

補聴器専門店ならば豊富な知識で対応

複数のメーカーを取り扱っている補聴器専門店ならば、各メーカーの補聴器性能や難聴度の適応サイズなど熟知していますので、聴力によって適応できて、最小のサイズの補聴器を提案してくれることでしょう。
医師によっては、聴力や耳の疾患については説明してくれますが、補聴器となると専門外になってしまうことが多々あります。

目立たない補聴器はオーダーメイド耳穴型

補聴器 目立たない 会議 茨城 水戸目立たない補聴器はなんといってもやはり、耳穴型オーダーメイド補聴器ですね。
その中でも超小型ですが専門用語で「CIC」と呼ばれるものが最適です。
耳穴の奥深くに入りますので外からは、ほとんど見えません。
あなたの耳型採取をして、耳型通りに作成しますので装用感も抜群です。

<耳型採取についてはこちら>

補聴器は音質や機能設定などの調整が必要

通信販売などで補聴器と名乗っている商品がありますが、おすすめはできません。
どこの口コミサイトにも「おすすめできません」と書き込みがありますが…。
補聴器は、使用する方の環境によって内部の音質調整や機能設定をしなければうまく使用することはできません。
そのため「対面販売」が基本で、購入後のアフターメンテナンスが欠かせません。

<補聴器の調整について詳しくはこちら>
下記の表は、日本補聴器工業会が発表した補聴器の市場調査「JapanTrak2015」です。
補聴器専門店での購入は満足度が高く、インターネットなどの通信販売は満足度が低い傾向があります。
失敗しないためにも補聴器専門店に相談してください。

補聴器 目立たない 会議 茨城 水戸

会議など仕事上で聞こえの不便を感じている方へ

下記の表をご覧ください。
補聴器を使用することによって、仕事上で役に立っているという回答をされた方が90%いることをご理解ください。
会議などで聞き漏らしや聞き返しが多くなると仕事上でもトラブルの元になりますからね。

補聴器 目立たない 会議 茨城 水戸

目立たない補聴器の機能的な紹介

ここで紹介するのは、ごく一部の補聴器ですので詳しくは補聴器専門店に相談することをおすすめします。

メーカー:リサウンド
商品名:リサウンド・リンクス2

特徴は、お手持ちのiPhone(スマートフォン)を補聴器調整用のリモコンとして使用でき、ご自分で音量や機能設定を切り替えることが可能。
別売のワイヤレスマイクを接続すればマイクとつけた話者の声をダイレクトに補聴器に送信。

iPhone(スマートフォン)をリモコンとして使用

音量のアップやダウンはもちろん、機能切替もできます。

補聴器 選び方 50代 おすすめ補聴器

ワイヤレス・マルチマイク

マイクで集音した音声をダイレクトに補聴器に送信可能。

使い方の動画を紹介します。音声は入っていない動画ですがイメージでお分かりいただけると思います。

<リサウンド・リンクス2の価格など詳しくはこちら>

耳穴型補聴器で目立たないものを会議時だけ使おうかなとお考えのあなた。
デジタル機能を搭載した超小型補聴器があります。この超小型補聴器を使えば会議も今よりはるかに聞きやすくなることと思いますよ。
周囲から気づかれにくい超小型ですから人目を気にすることもありません。

あなたの悩みを解決に導く手段があるかもしれません。
気軽に補聴器専門店に相談してください。

関東補聴器ではおすすめ補聴器の「リサウンド・リンクス2」の無料試聴体験もできます。
カタログも無料で送付いたしますのでぜひお問い合わせください。

<関東補聴器の問い合わせはこちら>