補聴器は片耳より両耳

補聴器 両耳使用

補聴器 両耳使用
補聴器は片耳に使用するより両耳に使用したほうが効果を実感できると思います。両耳同時注文のほうがセット割引などもありお財布にもいいことがあります。
両耳に補聴器を使用するメリットを説明します。

耳は2つで1人前

右耳は右側の音を集音し、左耳は左からの音を集音します。そして、音の方向感や立体感、明瞭感を感じるものです。補聴器 両耳使用
片耳では音の方向感や立体感・距離感などなかなか掴みづらくなります。

 

老人性難聴は両耳同じように聞こえなくなってくる

補聴器 難聴耳のケガや病気などできこえが悪くなるケースは片耳だけ悪くなるケースもありますが、加齢による老人性難聴の場合は両耳とも同じように聞こえが悪くなってくるケースが多数で聴力を測ってみると両耳同じ難聴度になっている場合が多いですね。

*老人性難聴についてはこちら

メガネも両目でレンズ

メガネも片目だけレンズがあって、片目はレンズがないなんてありませんよね。耳も考え方は同じで両耳のきこえを補ってこそ良質の聞こえ方になるものです。

補聴器 両耳使用

両耳に補聴器をするメリット

・会話が聞き取りやすくなり明瞭感が出てくる
・音の方向感や距離感の向上
・バランスよく聞こえてきて疲れにくい
・右脳・左脳の活用で脳の聞き取り能力の低下防止

会話が聞き取りやすくなり明瞭感が出てくる

両耳から聞こえることで、騒音下でも会話とそれ以外の音を分散させやすくなります。また、言葉の抑揚やメリハリがつきやすくなり明瞭感が向上します。

補聴器 両耳使用

音の方向感や距離感の向上

右からの音は右耳で捉え、左からの音は左耳に入ります。そのため音の方向感は向上し、距離感も共に向上してきます。

補聴器 両耳使用

バランスよく聞こえて疲れにくい

両耳使用の場合は、分散して聞こえるので音量(ボリューム)を抑えても十分聞こえるので静かなのにしっかり聞こえてくるため疲れが軽減します。

s-tukarenikui

右脳・左脳の活用で脳の聞き取り能力の低下防止

右脳・左脳を活用しますのでバランスもよくなります。補聴器をしていない耳は音の刺激が少なく聞き取り能力は低下するといわれていますが聞き取り能力の低下防止が期待できる。

補聴器 両耳使用

両耳の補聴器をつけても目立たない極小補聴器

最近の補聴器は性能も向上しましたが、サイズ(大きさ)も向上しています。両耳につけても周りから気づかれにくい小さな補聴器がありますので気にする必要もありません。

補聴器 両耳使用

補聴器は片耳に使用しても、もちろん効果はあります。
やはり、片耳よりも両耳に補聴器を使用したほうが確実に音環境はよくなりあなたの満足度も向上するはずです。
補聴器の両耳使用で今までよりよい聞こえで笑顔になりましょうね。

*関東補聴器の問い合わせはこちら

コメントを残す