ライブ後に耳が詰まった感じで聞こえがおかしい

ライブ 耳が詰まった 内耳傷つく

ライブ 耳が詰まった 内耳傷つく

ライブ後に耳が聞こえにくくなってしまうのは音響性外傷で内耳が傷ついた可能性があります。
早期に耳鼻科医で診察してもらうことが必要ですね。
強大音にさらされることで、内耳にダメージが残って難聴になってしまうことがあります。
強大音から聴覚を守るためには「耳栓」が有効です。

ライブ会場などは大音量

ライブ 耳が詰まった 内耳傷つくライブ会場などでは、会場の隅々まで大迫力の音楽を届けるためにかなりの大音量スピーカーを使用しています。
大音量の環境は聴覚にとって苛酷な環境ですから、耳にダメージが残ってしまうことがあるかもしれません。

音響性外傷とは

強大音で内耳が傷つき、難聴になってしまうことを音響性外傷といいます。
瞬間的に強大音にさらされるケース・長時間強大音にさらされるケースいろいろあります。

<音響性外傷詳しくはこちら>

耳にダメージを受けるケース

こんなことで耳にダメージが残ることがあります。

 ライブ会場など大音量で長時間過ごす
 ヘッドホンなど密閉環境で長時間の聴取
 花火などが耳元で爆発した爆発音
 子供などに耳元で大声を出された

詰まったような聞こえで心当たりがあれば医療機関へ

上記のようなことがあってから、詰まったような聞こえ方や耳鳴りが続くような場合は医療機関へ行くことが必要です。
早期に治療すれば回復することがあります。
時間を空けずに早めに手当てしましょうね。

ライブ会場では音響性外傷を予防できる

突発的に起こる爆発音や強大音は予知できないものですし、防ぐのは難しいと思います。
しかし、ライブなどは事前に準備すれば強大音から聴覚を守ることができますよね。
ライブ 耳が詰まった 内耳傷つくライブ会場の大型スピーカーの前では130db程度の音が鳴っています。
130dbというと、ジェット機のエンジン音に匹敵します。
耳が壊れてしまいますよ。

 

耳栓を上手に使用し耳を守りましょう

強大音から耳を守るにはやはり耳栓が有効ですよね。
市販の耳栓でも効果はあります。
関東補聴器では、あなたの耳型採取インプレッションを行い、デザインを加えたあなただけのオリジナル耳栓を作成することができます。
どうせなら、オシャレに決めたいですよね。

<耳型採取インプレッション詳しくはこちら>

関東補聴器オリジナル耳栓ギャラリー

オリジナル耳栓 右左1組  15,000円(インプレッション代込)

orenge-mimisenn1 ライブ 耳が詰まった 内耳傷つく

ライブ 耳が詰まった 内耳傷つく ライブ 耳が詰まった 内耳傷つく

ライブ 耳が詰まった 内耳傷つく ライブ 耳が詰まった 内耳傷つく

ライブ 耳が詰まった 内耳傷つく ライブ 耳が詰まった 内耳傷つく

 

オリジナル耳栓作成なら

ライブ 耳が詰まった 内耳傷つくオリジナル耳栓作成なら関東補聴器にお任せください!
創業30年以上の経験・技術・知識を基に自社ラボ(工場)にてスピード作成可能です。
ベテラン技工士の匠の技であなたのオーダーに合わせて作成できます。

 

ライブ後、耳が詰まったようで変な聞こえだと思ったら音響性外傷の疑いがありますので早めに医療機関に行きましょうね。
強大音から聴覚を保護するには耳栓が有効です。
補聴器専門店の関東補聴器ならオーダーメイドのデザイン耳栓が作成できますので気軽にお問い合わせください。

<関東補聴器の問い合わせはこちら>