ワイヤレスマイクを使用して難聴の方でも聞こえやすく

わいやれす

わいやれす

周囲が騒がしかったり、大きなホールなどで話しを聞くときに、ワイヤレスマイクと受信機を使って難聴の方でもきこえやすくする方法があります。ワイヤレスマイクを話し手の近くに置き、難聴の方には補聴器に似ている受信機を装着して聞く方法です。また、特別なスピーカーを設置して聞く方法もあります。

聞き取りにくい場所

難聴の方で補聴器を使用していても、話している人との距離が離れれば離れるほど聞こえにくくなります。そこに周りの雑音や、お部屋の反響音が加わるとさらに聞こえにくいことがあります。

例えば・・・
 大きな文化ホールなどでの講演会
 会社や集会所での会議
 学校や習い事などでの先生の話し
 介護施設のレクリエーションルームでの話しや音楽
 病院の待合室で名前を呼ばれたとき

このような場所では健康な耳の方でも聞きにくいことがありますので、難聴の方にはさらに聞き取りが難しくなります。

そんな場面で聞こえをサポートする方法をご紹介します

デジタルワイヤレス補聴援助システム

スイスの補聴器メーカーフォナックが発売しているフォナックDSFシステムです。ワイヤレスマイクと受信機を使い、聞こえをサポートするシステムです。

ロジャーフォーカスを使用する場合

ロジャーフォーカスとは

ロジャーフォーカス本体

見た目は耳掛け式補聴器にそっくりですね。これを難聴者の耳に装用して音を聞きます。これは受信機になっていますので、ワイヤレスマイクから飛ばされてきた音を受信します。

 

ワイヤレスマイクとは

ロジャータッチスクリーンマイク

スマートフォンのような見た目ですが、マイクになっていて、音声をさきほどのロジャーフォーカスに送信します。話す人に装着したり、近くに置いて話しをします。

ロジャーフォーカス

ロジャーフォーカスをつけていればダイレクトに話し手の声が聞こえてきますので、距離が離れていたり、周囲の雑音がひどいときでも聞き取りやすくなります。

 

料理教室へ通っているのですが、調理器具の音や他の方の話し声でかなりざわざわしています。その中で先生の声が聞きとりづらかったのですが、ロジャーフォーカスをつけたら周りの音に邪魔されなくなりました。先生にはワイヤレスマイクを首からかけてもらっています。

 

料理教室

線音源スピーカーを使用する場合

線音源スピーカーとは

線音源スピーカー本体

これもさきほどご紹介したワイヤレスマイクと合わせて使用します。ワイヤレスマイクで飛ばした音を線音源スピーカーで受け、部屋全体に音を届けます。

 

一般的なスピーカーと違い音が部屋全体に水平方向に飛びます。話し手と聞き手の距離が遠かったり、音が反響しやすい部屋でも聞こえやすいです。

せんおんげん

 

ヨガ教室で講師をしています。後ろのほうにいる生徒さんに声が届かないので線音源スピーカーを設置しました。ご年配の方にもよく聞こえると評判です。

 

ヨガ

もっと快適な聞こえを

日常生活の様々な場面で音や会話が聞こえにくいことがあると思います。難聴の方にとってはなおさらですね。普段は補聴器をお使いの方でもロジャーのようなワイヤレスマイクを使うとさらに快適な聞こえになります。また難聴の方ではなくても広い場所や騒音下などでは聞こえにくいこともあると思います。

ワイヤレスマイクを利用してもっと快適な聞こえを手にいれようイラスト

 

 

ロジャーあります

関東補聴器ではフォナックロジャー製品を取り扱っています。もっと詳しく知りたい方は是非お問い合わせください。カタログもございます。

<関東補聴器へのお問い合わせはこちらへ>