両耳とも難聴だけど補聴器は片耳だけにつけたい場合はどちらの耳にしたらよいか【決定の目安】

どちらに

どちらに

両耳とも難聴だけど補聴器は片耳だけにつけているという方も多いですよね。両耳難聴の場合、補聴器は両耳につけることが最も理想的な状態です。でも色々な理由から、補聴器は片耳だけに装用したいという方もいらっしゃると思います。そんなときは聴力レベルや語音明瞭度などの状態によってどちらの耳に補聴器をするかを決めていただくとよいと思います。片耳だけの装用でも、できるだけ補聴器の効果を上げるために、どちらの耳にするのかは自己判断をせず、補聴専門店へご相談されることをおすすめいたします。

片耳にだけ補聴器を装用したい理由

下のグラフは一般社団法人日本補聴器工業会が発表した「JapanTrak2015」という調査報告の一部で、補聴器を片耳だけに使用している方へ行ったアンケート結果です。なぜ片耳装用なのか聞いたところ最も多い理由が「片耳装用と両耳装用の効果は同じであると考えている」というものでした。その次に「予算の不足」となっています。その他よくある理由としては以下のようなこともあります。

  • 両耳につけるとうっとうしい、わずらわしい
  • 管理の面(電池交換や紛失の心配など)で2つは難しい
  • 片耳に腫瘍や変形などがあり装用したくてもできない
  • 片耳だけでも十分聞こえている(と思っている)
  • 片耳が重度難聴などのため補聴器の効果が見込めない


なぜ片耳か

JapanTrak2015より引用

左右どちらの耳に補聴器をつけたら良いかを決める目安

では実際に右耳と左耳のどちらに補聴器をつけたほうがいいのか?よく聞かれるのが「悪いほうの耳につけたい」というご希望です。たしかに聞こえの悪い方の耳へつけても効果はあります。しかし補聴器を最も効果的に使用していくには良い方の耳へつけたほうがいい場合もあります。それには以下のような点を考慮しどちらにするか決めていただくとよいと思います。

  • 左右の聴力の状態
  • 左右の語音明瞭度(言葉を聞き分ける力)の状態
  • お使いになる方の利き手がどちらなのか

 

左右の聴力の状態

右耳と左耳の聴力に差がある場合は、良い方の耳へ装用するのが基本です。ただし、良い方の耳の聴力が40デシベル以内(軽度難聴)の場合は、悪い方の耳へ装用することもあります。

難聴は聴力測定により、軽度・中度・高度・重度とわけて判断します

目安

  • (例)右耳が中度難聴左耳が高度難聴の場合→右耳(良い方の耳)補聴器を装用する
  • (例)右耳が軽度難聴、左耳が中度難聴の場合→左耳(悪い方の耳)へ補聴器を装用する

 

左右の語音明瞭度(言葉を聞き分ける力)の状態

片耳装用の場合は補聴器をつけた耳で会話を聞くことになりますから、どちらの耳のほうが語音明瞭度がよいのかを測定し判断します。語音明瞭度とは、文字通り言葉をどれだけ明瞭に聞き分けられる力があるかということです。語音明瞭度が低下してくると、とう(佐藤)さん→×かとう(加藤)さんと聞こえたり、かな(魚)→×たかな(高菜)と聞こえたりと、聞き間違えが多くなります。片耳装用の場合はできるだけ言葉を聞き分ける力のある耳へ補聴器を装用します。

  • (例)左右どちらも中度難聴だけど、語音明瞭度が右耳は60%、左耳は20%の場合→右耳へ補聴器を装用する

<語音明瞭度について詳しくはこちらへ>

 

お使いになる方の利き手がどちらなのか

補聴器は形状が小さいため、手先がうまく動かなかったり、痺れなどがある場合は耳への取り外しが難しいこともあります。とくに高齢者の方が初めてお使いになるときは慣れるまでに練習が必要ですので、そのときはなるべく利き手側の耳にすると装用しやすいと思います。

 

片耳装用では会話の理解に限界があります

人間の耳は2つで1人前ですので、片耳だけに補聴器をしても聞こえが不十分なことは間違いありません。音声は耳から脳に伝わり処理されるわけですが、相手がなんと言ったのか?今聞こえてきた音はなんの音?等は耳ではなく脳で理解をしています。両耳から音声が入ることで左右の脳がバランスよく働いているわけですね。成人の場合、絶対に両耳に補聴器をしなくてはいけないと決まっているわけではありませんが、可能であれば両耳とも聞こえていることが自然な状態なのです。

脳

 

片耳装用と両耳装用の効果は同じではありません

実際に補聴器の片耳装用と両耳装用にどのぐらい効果の差があるのかを表したのが以下のグラフになります。全ての項目において効果に差がありますが、とくに騒がしい場所での会話は大きく違いがあることがわかります。会議や地区の会合など大切な話しをできるだけ聞き逃したくない方は両耳装用が必須となります。

 

満足度

 

ご予算の都合で片耳装用にしたい方へ

「両耳装用がいいのはわかったけど、2つも買うのは予算オーバー」ということもあると思います。たしかに気軽に購入できるお値段ではないかもしれません。ご予算に無理のない範囲で選択していただくのがいちばんですが、片耳しか購入できないとあきらめる前に次の2点も参考にしてください。

  • 両耳値引きについて
  • お手頃価格の機種を両耳へつける

 

両耳値引きについて

補聴器はメーカーや機種にもよりますが、両耳同時に購入すると両耳値引きといってお安く購入できるものがあります。例えば下記の機種は片耳だけですと¥220000ですが、両耳だと¥396000となり\44000の値引きをしてくれます。これはあくまでも同時に購入した場合に限り適用されます。最初は片耳だけ購入し、いずれはもう片耳にも装用を考えているという場合は、初めから両耳にしたほうがお得に購入することができます。


  • メーカー:GNリサウンド
  • 機種名:リサウンドリンクス3D5(耳かけ型の場合)
  • 価格:\220000(片耳)・\396000(両耳)

りんくす両耳価格

<リサウンドリンクス3D5の詳しい性能についてはこちらへ>りんくす3Dブラック

お手頃価格の機種を両耳へつける

片耳だけ購入をする場合によく聞かれるのが「2台は買えないけど、価格の高い(性能のいい)補聴器を片耳にだけ購入します」というご希望です。たしかに性能がよい補聴器を片耳だけにつけるのも間違いではありません。しかし補聴器専門店がおすすめするのは「高価な補聴器を片耳で使うよりも、それより価格の安いものを両耳につけたほうが効果がある」ということです。高性能で高額な補聴器を両耳で使えばそれに越したことはないのかもしれませんが、そこはご予算に無理のない範囲で機種を選択していくとよいと思います。例えば、ご予算が30万円だった場合、1台30万円の補聴器を片耳につけるよりも、1台15万円のものを両耳につけ使用していくほうが、耳のためにも聞き取りにも良いと考えています。


  • メーカー:フォナック
  • 機種名:フォナックバートV(耳穴型)
  • 価格:\180000~\520000(片耳)

バート価格

例えばV70(360000円)を片耳だけに購入するよりも、V30を2台購入し(180000円×2台)両耳で使用することをおすすめします。

<フォナックバートVの詳しい性能についてはこちらへ>

ばーと画像

 

まとめ

難聴の方が補聴器をお使いになる場合は基本的には両耳装用をおすすめしていますが、片耳だけでももちろん効果はあります。どちらの耳に装用したらよいかは、補聴器店にて聴力などを測定したり、実際に片耳ずつ試聴したり、使い勝手なども考え判断をされるとよいと思います。そのときは単に「悪い方の耳につける」よりも効果的に使用していけることがあるかもしれませんので、なるべく経験豊富な補聴器専門店でご相談されることをおすすめいたします。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちらへ>

耳穴式補聴器 専門店 耳型採取