堂本剛さんが発症した突発性難聴とはどんな病気か

堂本剛

堂本剛

先日KinkiKidsの堂本剛さんが突発性難聴になり入院されたと発表がありました。とても心配ですね。突発性難聴は何の前ぶれもなくある日突然音が聞こえにくくなる病気で、多くは片耳のみに発症します。耳鳴りやめまい、吐き気などを伴うこともあり、治療を受けても完治しない場合もあります。症状があらわれたら1日でも早く耳鼻咽喉科で診てもらうことが大切です。

日本での患者数

日本では年間4万人の方が突発性難聴と診断されているそうです。かかりやすい年齢としては40才~60才代が最も多く、最近では若い方にも増加しています。

突発性難聴について

千葉県医師会発行パンフレットより引用

突発性難聴になった方

過去に突発性難聴になったことを公表されている方も多くいらっしゃいます。特に話題になった方が浜崎あゆみさんです。現在は片耳の聴力をほとんど失ってしまっているそうです。他にも、スガシカオさん、エレファントカシマシの宮本浩次さん、サカナクションの山口一郎さん、ハウンドドッグの大友康平さん、坂本龍一さん、相田翔子さん、元プロ野球選手の桑田真澄さんなど多くの方が突発性難聴を経験されています。

どんな症状がでるのか

突発性難聴とは内耳に障害が起きる感音性難聴の1つです。内耳とは音を脳で理解するためのとても大切な器官です。

耳の構造
主な症状としては
 片耳が突然聞こえにくくなる(まれに両耳)
 耳が詰まったような感じがする
 耳に水が入ったような感じがする
 耳鳴りがする
 めまいがする
 吐き気がある

あるとき突然聞こえなくなるのが特徴で、前日寝るまではなんともなかったのに、朝起きたら聞こえなかったという方も多くいらっしゃいます。

完治しないこともある

突発性難聴の場合、完治する方が3分の1、完治まではしないが症状が改善する方が3分の1、改善のみられない方が3分の1といわれています。完治した場合でも治療を始めてから完全に回復するまでひと月ほどかかるそうです。できるだけ早く治療を受けることが大切で、症状がでたら48時間以内に、どんなに遅くても2週間以内には必ず病院へ行きましょう。また、次のような場合は治療を受けても残念ながら症状に改善がみられないことが多いそうです。

 発症後2週間以上経過していた
 発症時の平均聴力レベルが90デシベル以上
 めまいを伴っていた
 高齢者である

 

デシベルとは音の大きさの単位で、聴力レベルが90デシベルとは、相手が大きな声で話していてもよく聞こえない状態です。

聴力レベル

どんな治療をするのか

<薬物療法>
ステロイド(副腎皮質ホルモン)剤などで炎症を取り除く
循環改善薬で血のめぐりをよくする
代謝賦活薬・ビタミン剤で耳の細胞を元気にする

<高圧酸素治療>
高圧酸素治療用のカプセル内に入り、血液内酸素濃度を上げ内耳の循環改善を図る

<入院>
安静を保ち、点滴治療を行う

安静に

後遺症があることも

残念ながら後遺症が残ることもあるようです。多くは難聴、耳鳴り、めまい、補充現象などです。また突発性難聴は再発の可能性はほとんどないと言われています。

補充現象とは?
耳の中にある細胞が聞こえない音を補おうとして必要以上に聴覚が過敏になってしまう現象。金属音や機械音、テレビの音、子どもの叫び声、車の走行音などが苦痛を感じるほど大きく響いてしまう状態です。

原因はなにか

突発性難聴になる原因として有力な説としては
 ウイルス感染説→ある特定のウイルスに感染することにより発症する
 内耳循環障害説→耳の内部の血流が悪くなって発症する
といわれていますが、はっきりとした原因は今のところわかっていません。

予防するには

普段からの生活習慣の乱れが発症の引き金になることも多いようですので以下のことに気をつけましょう。

・食事は規則正しく、バランスよく
・適度な運動
・十分な睡眠をとり疲れやストレスをためない
・過度な飲酒を控える
・タバコを吸わない
・目と耳に過度な刺激を与えない
・極端に熱い入浴や長時間の入浴は避ける

難聴が治らなかったときには

突発性難聴の場合、適切な治療を受けたとしても残念ながら聴力が回復しないこともあります。その場合は補聴器を使い聴力を補う方法があります。低下した聴力の状態により適切なフィッティングを受けることが大切です。補聴器で補える聴力が残っている場合は通常の補聴器を使用します。聴力が重症化してしまった場合は一般的な補聴器では効果がでないことがあります。その場合は特殊なクロス補聴器で聞こえない耳側の音を補います。

<通常の補聴器とは?>

<クロス補聴器とは?>

補聴器で補う

まとめ

突発性難聴は発症してから早期に適切な治療をうけることがとても大切です。そのうち治ると思ったから・・・忙しくて病院に行かれない・・・などはダメですよ。放置してしまうと聴力が戻らないこともある病気です。堂本剛さんは6月20日に発症し治療を受けたが回復しないため、27日から入院されたとのことです。ゆっくり治療に専念されて、また元気なお姿をみせてほしいですね。

希望

さいごに

補聴器専門店の関東補聴器(水戸店・古河店・土浦店・宇都宮店・千葉店・館山店)ではお耳の状態に合わせ最適な補聴器選びができますようお手伝いいたしております。まずはお気軽にご相談ください。

<関東補聴器へのお問い合わせはこちら>創業32