片耳難聴は片方の耳が正常な場合でも補聴器を使用するべきか?【片耳が聞こえない方へ】

片耳難聴は

片耳難聴は

お客様より片耳が難聴でもう片方の耳は正常な場合でも補聴器を使用した方がいいですか?というご質問をいただくことがあります。先に結論から申しますと、普段から片耳が聞こえないことで特に困ることがない場合はつける必要はないかと思います。しかし聞こえないことでたびたび不自由を感じるようでしたら補聴器をつけることをおすすめしています。その際には難聴の状態による適切な補聴器選びが大切です。

片耳に補聴器を購入するタイミング

なんらかの原因により片耳が難聴の方は意外と多くいらっしゃいます。難聴になってしまう理由としては中耳炎や突発性難聴、おたふくかぜによるムンプス難聴などの病気によるもの、事故などでの外傷性によるもの、先天性のものなど様々な原因があります。そして片耳が聞こえないことにより生活のいろいろな場面で支障が生じることがあります。普段から以下のような不自由を感じることが多い場合は補聴器を使用して聞こえを補うことが必要と言えるかもしれません。

 聞こえない耳の方から話されるとよく聞こえない
 どこから音がしているのか音の方向がわからない
 周囲が騒がしいと会話が聞き取れない
 聞こえたフリをして適当な返事をしてしまう
 授業中や会議中などではとくに集中して聞くためとても疲れる
 聞こえないことを周囲に理解してもらえない

片耳難聴の症状と聴力で補聴器を選ぶ

片耳が聞こえない方の中には幼い頃から聞こえない場合もあれば、大人になってからある日突然聞こえなくなってしまったという場合もあります。そして難聴の症状も様々ですので、補聴器を購入する際はまずご自分の今のお耳の状態を知ることがとても大切です。

難聴の程度

難聴は軽度、中度、高度、重度と4段階にわかれています。これは聴力測定をするとすぐにわかりますので病院の耳鼻咽喉科か補聴器専門店にて測定してもらいましょう。また病院にて難聴が治ると言われた場合はすぐに治療をうけてください。それ以外で、例えば子どもの頃からずっと聞こえない状態だった場合や、病院で治療をうけてもこれ以上治らないと言われた場合などは補聴器の使用を検討されてみるとよいかと思います。難聴の状態によりおすすめする補聴器も異なりますのでご紹介します。

聴力レベル

片耳が正常で、もう片耳が軽度~中度難聴程度の場合は通常の補聴器を

通常HA難聴の耳が軽度~中度難聴程度の場合は、一般的な補聴器を使用し聞こえを補うことをおすすめします。形状としては耳掛型・耳穴型・箱型のタイプがございます。お使いになる方の聴力の状態、耳ダレの有無、操作性など様々な点を考慮し最適な機種を選択していきます。

<一般的な補聴器について詳しくはこちらへ>

 

片耳が正常で、もう片耳が高度~重度難聴の場合はクロス補聴器を

クロスHA難聴の耳が高度~重度難聴程度の場合は、まずは通常の補聴器を聴されてみるとよいかと思います。しかし全く効果を感じなかったり、補聴器をつけることで逆に正常な耳の聞こえをジャマしてしまうこともございます。そのようなときは残念ながら通常の補聴器で聞こえを補うことは難しいかもしれません。ではどうするかというと、そのような方向けに開発されたクロス補聴器というちょっと特殊な補聴器をおすすめします。これは難聴の耳側でしている音を正常な耳へ送信して聞くという方法です。下のイラストのように、難聴耳には送信機、正常な耳には補聴器をつけて使用します。難聴の耳で音声が聞けるようになるわけではありませんが、一度お試しになってみる価値はあるかと思います。

クロスしくみ

<クロス補聴器について詳しくはこちらへ>

 

片耳が高度~重度難聴で、もう片耳も軽度~中度難聴になっている場合はバイクロス補聴器を

バイクロスHAこちらは片耳が聞こえないだけでなく良い方の耳も難聴になっていますからこちらの聴力も補う必要があります。こちらはバイクロス補聴器と呼びますが、仕組みとしてはさきほどのクロス補聴器と同様で、重度難聴の耳に送信機をつけ、難聴の程度が軽い方の耳には補聴器をして送信機からの音声を聞きます。そして補聴器ですのでそのまま難聴を補うこともできるというわけです。

 

よく試聴をしてから決めましょう

このように片耳難聴で補聴器をするにはいくつかの選択肢がございます。通常の補聴器にしたらいいのか、クロス補聴器にしたほうがいいのか、バイクロス補聴器にするのか判断に迷いますよね。まずは聴力測定をし左右の状態を確認してください。そして一番効果を感じるのはどの補聴器かを試しに聞いてみてから選択されるとよいかと思います。

 

片耳に補聴器を選ぶときの注意点

片耳が難聴の場合は以下のことに気をつけましょう
  • 片耳がつい最近聞こえなくなってきた場合や、ある日突然聞こえなくなった場合などはまずは病院で診察を受けてください
  • 聴力の状態を知ることが大切なので耳鼻咽喉科などの医療機関や補聴器専門店できちんと測定してもらいましょう
  • 補聴器をするとどのぐらい効果があるか試聴レンタルさせてもらいましょう
クロス補聴器については一般的に以下のような特徴もあります
  • 難聴の耳で聞こえるようになるわけではないので、音の方向はわかりにくい
  • 騒がしい場所では聞きづらいこともある
  • 送信機と補聴器をセットで使用するため価格が最低でも25万円程度かかる
  • クロス補聴器を取り扱っていない補聴器店もありますので事前に問い合わせてみましょう

測定

障害者手帳と補助金について

現在の制度では片耳が正常でもう片耳が難聴になっている場合は、身体障害者手帳交付の対象になっていないため補聴器交付制度は利用できません。また各自治体などによる補助金制度もありません。ただし良い方の耳の聴力も正常ではなく軽度~中度難聴程度になっている場合には、年齢などの条件により補助金等の対象になる場合もあります。各自治体により制度が異なりますが、いずれも医師による診断書が必要となります。

<茨城県内の補助金についてはこちらへ>

まとめ

片耳が聞こえない場合でもとくに困るようなことはないという場合は無理に補聴器をつける必要はありません。難聴の程度や症状などどのぐらいお困りになっていらっしゃるのかで補聴器を使うか使わないかを判断していただくとよいと思います。補聴器をすることで難聴が治るわけではありませんが日々の不自由さは軽減されるかと思います。

通常の補聴器はもちろん、クロス補聴器やバイクロス補聴器を試しに聞いてみたいという方は関東補聴器までご相談ください。当社では全店舗で試聴体験を実施しております。ご自宅や学校、職場などで聞いてみたい方はもちろんレンタルも可能です。効果の感じ方は人それぞれですので、是非ご自分の耳で体験してみてください。

プレゼント

<関東補聴器へのご予約・お問い合わせはこちらへ>

nettowa-ku