老人性難聴と耳鳴りについて【役立つ情報全力解説!】

老人性難聴と耳鳴りについて

老人性難聴と耳鳴りについて

年齢を重ねると聞こえが悪くなる老人性難聴になった場合、耳鳴りを伴っていることもあります。周りで音がしていないのにキーン、ブーン、ジーなどの音が聞こえてお悩みの方も多いかと思います。病院へ行って適切な治療を受けても改善しなかった場合の対策として、補聴器を装用してみることや、医療機関において実施するTRT療法を受けることで耳鳴りがしていても気にならなくなる可能性がありますのでご紹介します。

なぜ耳鳴りがするのか

まず耳鳴りの原因には様々なパターンがあります。医師による正確な診断がとても大切ですので耳鳴りが気になるときは必ず病院へ行きましょう。

 耳の病気によるもの(耳管開放症、メニエール病、突発性難聴など)
 全身の病気によるもの(脳梗塞、高血圧、糖尿病など)
 顎関節の機能障害
 慢性的な首や肩のこり     

耳鳴りのメカニズム

では耳鳴りはどのようにして鳴っているのでしょうか?これは残念ながら現在の医学においてもまだ完全には解明されていないそうです。最も有力な考え方としては「脳が失った聴力を補うために聴神経の感度を高くし、本来なら受け取らなくていい信号までキャッチしてしまうことで耳鳴りが起こる」というものです。

電気信号仕組み
通常、音声は鼓膜や耳小骨を通過し、蝸牛(内耳)という部分で電気信号に変換され脳に伝達されます。そして脳において、なんの音がしたのか、どんな言葉を言っているのかを理解します。しかし、なんらかの原因で蝸牛に障害があらわれ聴力が低下すると耳鳴りも発生するということなのです。

 

蝸牛(内耳)に異常がでて聴力が低下する

脳がもっと電気信号を受け取って聞こえを良くしようと聴神経の感度を高くする

本来なら受け取らなくていい電気信号までキャッチしてしまい耳鳴りを引き起こす

 

完治しないこともある

耳鳴りの頻度や大きさなどは人それぞれで、周りが静かになると時々ジーと鳴っていることに気付くという方もいれば、朝から晩までブーンと大きな音で鳴っているという方もいます。そして65歳以上の高齢者では約30%の方に耳鳴りがあるといわれています。

また、耳鳴りは病院で治療を受けても改善できないこともあります。

「耳鳴りはなるべく気にしないようにしてください」
「治りません、一生付き合っていくしかないですね」
「年のせいだからあきらめてください」

などと医師より診断を受け精神的に落ち込んでしまう方が少なくありません。不快な耳鳴りを強く意識してしまい不安やストレスによりさらなる悪循環におちいってしまいます。

 

耳鳴りシバントス

 

対処するには

現在、難聴を伴う耳鳴りに対処する有効な方法は以下の2つがあげられます。

 補聴器を装用する
聴力が低下すると話し声だけではなく、周りの様々な環境音も聞こえにくくなります。つまり常に静かな環境にいるのと同じような状態になります。しかし耳鳴りは体内で鳴っていますから、ご自分の耳鳴りばかりが聞こえとても気になってしまうのです。そこで補聴器をつけて難聴を補ってあげると、周囲の音が聞こえるようになりますので、耳鳴りから意識がそれ、気にならなくなるというわけです。

 

みみなり

 

 TRT(耳鳴り再訓練療法)を行う
TRTとは耳鳴りの悪循環から抜け出し、耳鳴りがあっても気にならない状態に導く療法です。医師によるカウンセリングを行ったり、耳鳴り以外の音を聞くことで耳鳴りから意識をそらすことを目指していきます。

例えば、近くでエアコンの風の音がしていたり、冷蔵庫のモーター音がしていても特に気になりませんよね。人間は通常、周りで音がしていると一瞬にして自分にとって必要な音だけを選別して聞いていますので、そのような雑音がしていても気にならないのです。そして耳鳴りもこのような雑音として気にならないようにさせるのがこの再訓練療法です。期間は数ヶ月~数年と長期的な訓練が必要となりますので、耳鼻咽喉科で相談をしてみましょう。

※TRT療法は全ての医療機関で実施しているわけではありません

 

最近の補聴器

補聴器を使ってみたいが、ガーガーうるさいと聞いたことがある・・恥ずかしいからつけたくない・・など補聴器装用に抵抗感をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。でもご安心ください。補聴器は以前に比べ様々な音の調整が行えるようになり、見た目も小さくおしゃれなものが増えています。聞こえを補うことはもちろん、装用中は耳鳴りも気にならないという方も実際に多くいらっしゃいます。

 

小さくて目立たないタイプ

小さく

耳の型をとり作成する耳穴型補聴器です。小型で耳の中にすっぽり収まりますので、装用していることに気付かれません。

<小さな補聴器CICタイプについてはこちらへ>

 

選べるカラーやデザイン

いろいろ

キレイなカラーを選べるタイプや、デザインの優れた補聴器も増えてきました。耳穴型・耳掛型どちらもおしゃれで目立たない人気のタイプです。

<人気のある補聴器についてはこちらへ>

 

よくテレビを観る方へ

13BTムービー

通常の補聴器としての機能はもちろん、テレビ用に切り替えることで補聴器へダイレクトに音声が届きます。またiPhoneをお使いの場合は電話の音声も聞きやすくなります。

<テレビ補聴器Pure13BTについてはこちらへ>

 

電池交換不要の充電式タイプ

セリオンセリオン

面倒な電池交換のいらない充電式補聴器で、電池買い忘れの心配もなく、電池代の節約もできます。

<充電式補聴器Cellionについてはこちらへ>

 

まとめ

老人性難聴により耳鳴りがある方は、補聴器を使用したり、病院で実施するTRT療法などで耳鳴りが気にならなくなる可能性があります。耳鳴りが長年続いている方、医師によりこれ以上は治らないと診断された方は一度検討されてみてはいかがでしょうか?そして補聴器を使用する際は必ず補聴器専門店において適切なフィッティングを受けることがとても大切です。

補聴器をつけたら耳鳴りも大きく聞こえてしまいますか?
いいえ。補聴器は周囲でしている音をマイクで拾い耳に届けています。耳鳴りは体内から聞こえる音ですので、補聴器で耳鳴りの音まで大きくなることはありません。

補聴器をお試しになってみたい方は補聴器専門店の関東補聴器(水戸店・古河店・土浦店・宇都宮店・千葉店・館山店)までまずはお気軽にご相談ください。

<関東補聴器へのお問い合わせはこちらへ>

創業32