老人性難聴と診断された方の補聴器購入補助金とは

補聴器 購入補助金 老人性難聴

補聴器 購入補助金 老人性難聴

加齢と共になる老人性難聴と診断されて補聴器購入を検討している方に補聴器購入補助金について説明しましょう。
補聴器購入補助金は、聴覚障害者の障害手帳を交付された方が対象となっています。
お住まいの自治体によって補聴器の現物支給か補助金対応かの違いがありますので、必ずお住まいの自治体に確認してくださいね。

聴覚障害の障害者手帳

聴力低下や聴覚障害で耳鼻科で診断してもらうことが必要です。
もし、聴覚障害の障害者手帳交付の条件を満たしていれば障害者手帳交付の手続きをします。

お住まいの市町村の福祉事務所または福祉課で「身体障害者手帳交付申請書」と「身体障害者診断書・意見書」を受取り、判定医の紹介を受けます。

指定された判定医で診断してもらい、「身体障害者診断書・意見書」を書いてもらいます。※診察料・診断書作成料がかかります。

福祉事務所または福祉課へ「身体障害者手帳交付申請書」と「身体障害者診断書・意見書」を提出します。手帳交付についての判定が行われます。

判定の結果、許可がおりれば「身体障害者手帳」の交付となります。

障害等級による補聴器の交付

障害者手帳の障害等級によって対象となる補聴器または補聴器の基準額が決まりますので、補聴器の交付手続きをします。

身体障害者手帳を持ってお住まいの市町村の福祉事務所または福祉課へ行き「補聴器購入費用給付申請書」、「補聴器購入費用給付診断書・意見書」をもらい、判定医の紹介を受けます。

指定された判定医で診断してもらい、「補聴器購入費用給付診断書・意見書」を書いてもらいます。※診察料・診断書作成料がかかります。

「補聴器購入費用給付診断書・意見書」をもって補聴器販売店に行き、意見書に基づいて見積書を作成してもらいます。※意見書を福祉課に持っていき、福祉課より販売店へ見積書依頼となる市町村もあります。

判定の結果、許可がおりれば「補装具費支給券」がご自宅へ届きます。

「補装具費給付券」を持って補聴器販売店へ行き補聴器を購入します。

 

補聴器購入の補助金について説明しました。正確には「補聴器の交付」についての説明ですが・・・。補聴器 購入補助金 老人性難聴
専門的な言葉などでちょっと難しかったですかね?

 
この制度は、お住まいの自治体によって補聴器の現物支給か補助金対応かの違いがありますからお住まいの自治体に確認することもお忘れなく。

 
お住まいのエリアの関東補聴器 各店にお問い合わせいただければ、対応状況、手続きの仕方も詳細にお伝えできますので気軽にお問い合わせください。

*関東補聴器の問い合わせはこちら

補聴器 購入補助金 老人性難聴

コメントを残す