補聴器専門店が補聴器を販売する前に耳鼻科での診察をおすすめする場合【禁忌8項目】

禁忌

禁忌

補聴器専門店がお客様に補聴器を販売する前には必ず耳の状態を確認いたします。そしてその状態によっては補聴器を作成する前に病院の耳鼻咽喉科での診察をおすすめする場合があります。その理由としては、補聴器を販売するにあたり耳の病気を見落とさないためや、事故防止のための「禁忌8項目」というものが定められているためです。補聴器を安心して購入するために大切な内容となっていますので参考になさってください。

補聴器販売店が遵守していること

初めて補聴器を購入しようと思ったとき、病院に行ったほうがいいのか?それとも直接補聴器販売店に行くべきなのか?迷う方もいらっしゃると思いますが、結論からいいますとまずはどちらに行かれても構いません。例えば直接販売店へ行かれたとしても、補聴器を販売する場合には「禁忌8項目」というものが決められており、販売者はそれを遵守しています。お客様との問診の中でこの禁忌8項目に該当すると判断した場合には、購入前に医師の診察をお受けになるようおすすめしています。その目的としては以下の2点になります。

  • 病院で治療を受ければ回復する可能性のある難聴を見逃さないため
  • 耳が変形している方が補聴器を作成する際の耳型採型の事故防止のため

安静に

「補聴器販売に関する禁忌8項目」の内容

補聴器販売店ではお客様が以下の項目に1つでも該当する場合は、補聴器購入前に耳鼻咽喉科での受診をおすすめしています。

補聴器販売に関する禁忌8項目

1.耳の手術を受けたことがある 過去に耳を手術している場合は、外耳道が変形していることがあり、耳型採型や傷跡にも注意が必要となるためです。

2.最近3ヶ月以内に耳漏があった 耳漏とは耳ダレのことです。なんらかの原因で耳ダレがでている場合は治療が必要な場合があるためです。

3.最近2ヶ月以内に聴力が低下した 突然聞こえが悪くなった場合は、突発性難聴や中耳炎などの病気が疑われるためです。

4.最近1ヶ月以内に急に耳鳴りが大きくなった 難聴者は普段から耳鳴りがしているという方も多いのですが、今までとは違い突然耳鳴りが大きく聞こえるようになった場合は原因解明と治療が必要な場合があるためです。

5.外耳道に痛みまたは、かゆみがある 治療を優先します。

6.耳あかが多くたまっている 外耳道をふさいでしまうほどたくさんの耳あかがある場合は除去をお願いしています。

7.聴力測定の結果、平均聴力の左右差が25dB以上ある 右耳と左耳の聴力に大きく差がある場合は原因解明と治療が必要な場合があるためです。

8.聴力測定の結果、500、1000、2000Hzのいずれかの聴力に20dB以上の気骨導差がある 治療により聴力が改善できる場合もあるためです。

 

 

補聴器装用に支障がないと判断されたらいよいよ購入です

禁忌8項目に該当し、その後耳鼻科での治療が終了したときや、治療の必要はないと診断されたらいよいよ補聴器装用開始です。もう一度販売店へ行き、耳の状態に適した機種を選択されるとよいと思います。耳ダレの出やすい方や、聴力の状態などによっておすすめできる補聴器も変わりますので、販売店へ相談してみましょう。そして購入後は販売店にて音の調整を行ったり、補聴器のクリーニングを行ったりとアフターケアも大切になりますから、ご自身が行きやすい場所にあったり、出張訪問サービスのある補聴器専門店を選ばれるとよいと思います。

せっきゃく

耳の状態に適した補聴器とは

補聴器は各メーカーより様々な形状や性能のものが発売されていますが、どれでもいいという事はなく、聴力・生活スタイル・耳の病歴や手術歴・ご予算など様々なことを考慮し機種を選択していきます。

耳あな型
  • 耳の型をとり作成する。耳穴にすっぽり収まり目立たないオーダーメイドタイプの補聴器
  • 軽度難聴から高度難聴まで対応可能
  • 価格は片耳10万円~50万円程
  • 耳の手術をしたことがある方は外耳道が変形しているため作成できない場合があります
  • 耳ダレの出る方や耳垢が湿っぽい方にはおすすめしません。補聴器に耳ダレ等が付着し故障の原因となります。

FN耳穴

 

耳かけ型
  • 耳穴式に比べ大きいため目立つが、取り扱いはしやすい
  • 軽度難聴から重度難聴まで幅広く対応
  • 価格は片耳5万円~50万円
  • 装用感の良いタイプや充電式タイプなど多機能
  • 左右の聴力に大きく差がある場合や、片耳だけ難聴の方向けに作られている特殊なクロス補聴器もあります

FN耳掛け

 

まとめ

「初めて補聴器を購入するときは耳鼻科に行ってからのほうがいいでしょうか?」とご質問をうけることがありますが、必ず病院に行かなければいけないと決まっているわけではありません。しかし耳の状態などによっては補聴器販売店より受診をすすめられることもあります。そのときはより安心して補聴器をご使用になるために、面倒でも一度病院に行かれるとよいと思います。また、今回ご紹介した禁忌8項目にどれも該当せず、単に加齢により聞こえが悪くなったという方や、過去にすでに診察を受けて「これ以上は治りません」と言われたことがある方は、信頼できる補聴器専門店で購入を検討されるとよいと思います。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちらへ>

耳穴式補聴器 専門店 耳型採取