補聴器購入するときの手順や進め方について【大切な手順とは】

補聴器購入の流れ 購入手順

補聴器購入の流れ 購入手順

補聴器を購入する手順や流れがわからず、不安に思っている方が多いと聞きました。
購入するには、どのように手順を踏んだら良いのかをわかりやすく解説します。
肉や野菜を購入するのとは違い補聴器の購入には手順がありますので注意してください。

補聴器は店頭展示品ではだめ

補聴器は、店頭に展示してある商品を購入して終わりではありません。
そのような購入方法は一番間違った購入方法です。
同様に通信販売やネット購入は、間違った購入方法ですので注意してくださいね。

<通販やネット販売補聴器の注意点はこちら>

補聴器は難聴の程度に合わせる

補聴器は、ご使用になる方の難聴の程度に合わせることが「絶対条件」です。
軽い難聴の方、ひどい難聴の方、難聴の程度によって適合する補聴器は違います。
メガネを購入するときにも視力に合わせたメガネを購入しますよね?
補聴器も同様で、聴力に合わせた補聴器を購入しなければなりません。

聴力レベル

耳の形状にも合わせる必要あり

耳の穴の形も十人十色でそれぞれ違います。
耳の大きい方・小さい方や上向き加減・下向き加減やまっすぐな方・曲がっている方…。
耳の形状に合っていなければ無理やり突っ込むことになり痛みが出てきたり、フラフラですぐに抜け落ちてしまったりと使い物になりませんよね。

<補聴器の耳型採取についてはこちら>

耳の疾患が隠れていることも

補聴器購入の流れ 購入手順難聴になっている原因が、何かの疾患の可能性があります。
医療機関で治療しなければならない疾患が隠れている可能性もありますから、ネットで補聴器を購入したり、テレビや雑誌の通信販売などの購入は、思わぬ事態になってしまうことがあるやもしれませんから注意しましょう。

補聴器購入の手順

上記に記載したように注意しなければいけない点がたくさんありますので補聴器の購入には、補聴器専門店で相談してから購入することを強くおすすめします。
では、手順の説明です。

聴力を測定

補聴器購入の流れ 購入手順あなたの聴力を測定し難聴の程度や聞こえづらい音の種類を調べます。
低音・高音など、どんな音階が聞きづらいのか、どの程度なのか、左右差はないか、言葉の聞き分け能力はどの程度か、など詳しく調べます。

 

補聴器の試聴

測定結果を考慮し、あなたの耳の状態に合わせた補聴器を実際に試聴します。
現在のデジタル補聴器はコンピューターで細かく調整を合わせていきますので試聴しながら満足のいく音環境になるよう調整し補聴器を選択します。

補聴器購入の流れ 購入手順

 

補聴器の選択

音環境の調整ができましたら、実際にどのようなタイプ(形状)の補聴器が良いのか決定しましょう。
耳掛け式や耳穴式など様々なタイプ(形状)の補聴器がありますのであなたにとって一番使いやすく、納得できる補聴器を選択しましょう。

おすすめ補聴器 人気補聴器 リサウンド

 

補聴器を受け取る

ご注文の補聴器を受け取るには、数日かかることがあります。
耳穴式補聴器の場合は、注文時にあなたの耳型採取をしてオーダーメイドで作成します。耳掛け式補聴器についてもイヤモールドと呼ばれるオーダーメイド耳栓を作成することがあります。
完成した補聴器を受け取る際には、装着の仕方や操作の仕方、管理の仕方などしっかりとした説明を受けてください。

補聴器出張訪問サービス ケアマネージャー 千葉館山

定期的に補聴器専門店でアフターメンテナンス

補聴器 介護保険購入後も音量や音質、機能設定の再調整や故障予防のクリーニングなどを行います。
購入して終わりではなく、補聴器専門店と二人三脚で補聴器生活を送っていくというイメージですね。
補聴器は購入後でも再調整は可能ですので、気になることは補聴器専門店に報告して何度でも再調整してもらいましょう。

補聴器購入時の注意点のまとめ

補聴器の購入には、いくつかのプロセスが必要になりますから店頭展示品の購入やネットでの購入などは失敗する可能性が大きいです。
医療機器である補聴器は「対面販売」が基本であり、しっかりとした説明や適切な測定・フィッティングが必要となります。
補聴器専門店で相談し、必ず「試聴」をしてから購入することです。

充電式補聴器 おすすめ 評判 話題 人気
関東補聴器全店では、最新補聴器の試聴体験も無料で随時行っていますのでお問い合わせください。
また、全店舗に認定補聴器技能者が在籍していますので高い専門性をお約束します。

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

耳穴式補聴器 専門店 耳型採取