車の免許更新に補聴器は必要か

車の

車の

聴覚に障がいのある方、難聴の方は車の免許更新の際に、聴力適性検査を行うことがあります。免許を更新するには、定められた基準をクリアしないといけません。そのためには補聴器が必要になる場合もあります。

 

定められた基準とは

 日常の会話を聴取できること
 10メートルの距離で90dBの警告器の音が聞こえること(補聴器使用可)

とあります。これだけみるとどういうことかよくわかりませんね。

90dBとはどれぐらいの音の大きさですか

 近くにいる犬の鳴き声 騒々しい商店街 パチンコ店内 など。

つまり日常の会話が聞き取れることと、10メートル離れた位置からクラクションなどの警告音がきこえているかということが検査のポイントになるようです。

検査で聞こえなかったらどうなりますか

補聴器をつけた状態でもう一度同じ検査を行います。補聴器をつけて聞こえれば基準を満たすことになり、更新できます。

補聴器をつけても聞こえない場合

さらに臨時適性検査等を行い、適正OKとなれば更新することができます。ただ、その場合はワイドミラーの設置、蝶々マーク(聴覚に障がいがあることを周りに知らせるマーク)の表示などを守らないといけません。

 

ちょうちょ

補聴器があれば安心

音が聞こえないからといって免許証の更新ができないわけではありません。ですが、更新の条件として補聴器を使用しなくてはいけない場合もあります。実際のところ、各都道府県により聴力適性検査を行うか行わないかは差があるようです。免許更新へ行った際に、窓口での会話がスムーズにできれば検査は行わないとしている県もあります。

補聴器はすぐ購入することができますか

補聴器はお使いになる方の耳に合わせて作成しています。注文をしてから出来上がるまでに、平均で1週間ほど日にちがかかります。例えば、明日免許の更新に行くから今日ください!と言っても、すぐにお渡しができるものではありません。

最近聞こえにくいとお感じになっていたら、前もって補聴器の準備をしておくといいですね

運転夫婦

 

安全な運転のために

普段から会話や周囲の音が聞きづらくて、車の運転に不安を感じていたら、補聴器専門店へ相談してみてください。
関東補聴器ではいつでも聴力測定、試聴を行っています。

周囲やご家族、ご自身の安全のために補聴器のご使用を検討してみてはいかがでしょうか

<関東補聴器へのお問い合わせはこちら>