重度難聴で聴力が測定出来ない耳でも補聴器の効果はあるの

補聴器 重度難聴

補聴器 重度難聴

重度難聴で聴力が測定できない耳でも補聴器を使用して効果を感じている方はたくさんいますよ。
聴力が測定できないことを失聴もしくは、スケールアウトといいますが、その状態でも補聴器を使用している方は多数います。言葉を聞き取り、スムーズなコミュニケーションまでは難しいようですが「音」を感じることはできる方もいます。

聴力測定方法によって

補聴器 難聴 パワー補聴器聴力を測定する方法も気導聴力測定といってヘッドホンを耳に被せて検査音を測定します。
補聴器を装着した時とヘッドホンでは、「音」が違うのです。

 

 

補聴器は耳の穴の中(奥深く)

ヘッドホンを耳に被せるということは音の入り口はヘッドホンをつけた耳の穴ですが、補聴器は耳の中に入れますので音の入り口は鼓膜付近になります。補聴器 重度難聴
音口が鼓膜に近いわけですから、わずかに音圧を感じることができることもあります。
十分に会話が聞き取れるレベルになるのは難しいのが現実です。
しかしながら、全く無音の状態から会話にならなくとも生活音を感じることは大変うれしく、素晴らしいことです。

パワータイプの補聴器を試してみましょう

補聴器をつけても無駄だという意見もあるようですが、無理かどうか補聴器専門店で試してみることをオススメします。
少しでも音を感じることができれば、生活も違ってくるかもしれませんよ。

補聴器 重度難聴

重度難聴でも音がきこえる喜び

補聴器 重度難聴

全くの無音の世界が、かすかな音の存在で劇的に明るくなったという話を聞いたことがあります。

重度難聴で聴力が測定できない耳でも、もしかしたら補聴器で音を感じることがあるかもしれません。
それは大きな効果ですよね。

*関東補聴器のお問い合わせはこちら

コメントを残す