難聴が進行してきたので補聴器使用を検討したほうがいいのかな?

補聴器 買い方 選び方 おすすめ

補聴器 買い方 選び方 おすすめ

難聴が進行してきたので補聴器使用を検討したほうがいいのかお悩みの方の相談ですが、積極的に補聴器を使用して、不便を解消してください。
老人性難聴の場合、時間の経過と共に少しずつ難聴が進行する方が多く、聴力が改善していく方は少ないのが現実です。
難聴が進行してきて生活に不便が生じ始める前に補聴器の早期装用で上手に使いこなしていきましょう。

難聴は時間と共に進行する場合が多数

難聴の種類や要因によって難聴の進行具合は違いますが、様子を見ていても聴力が改善していくケースは少なく、ほとんどのケースが時間の経過と共に難聴も進行していきますね。

補聴器 購入 千葉

補聴器使用を迷う心理

目が悪くなればメガネをかけるのは一般的ですが、なぜ耳が悪くなってきても補聴器をつけないのでしょう。
こんな、心理があるからではないでしょうか?

 補聴器をするほど聞こえが悪くないと自分は思う
 補聴器は「お年寄り」のイメージがある
 補聴器をしたらもっと難聴が進行するかも
 補聴器そのものがどんなものかわからない

思い当たるのではないでしょうか。

補聴器をするほど聞こえが悪くないと自分では思う

難聴は自分で感じるよりも周囲の方が先に感じることが多いのです。
テレビの音が大きくなったり、何度も聞き返したり…、周囲の方や家族から補聴器使用を勧められた場合は、かなり周囲は困っている証拠ですね。
自分が感じているより、周囲から見ると深刻ですよ。

補聴器は「お年寄り」のイメージがある

加齢性の老人性難聴で補聴器を使用する方は多いですが、加齢性の老人性難聴は40代くらいから徐々に現れてきます。もちろん個人差はありますが…。
若い方でも会議の時だけ補聴器を使用している方も多数いますし、最近の補聴器はデザインも豊富ですし周囲から見えない小型補聴器もあります。
決して「お年寄り」だけのものではありません。
「おしゃれ」や「かっこいい」イメージに変わるかもしれません。

<オシャレなデザイン補聴器はこちら>

補聴器をしたらもっと難聴が進行するかも

補聴器を使用していてもいなくても時間の経過と共に難聴が進行するケースがほとんどです。
最近の補聴器はあなたの聴力に合わせてコンピューターで調整を合わせるので必要以上の大きな音は補聴器自身が自動で抑制します。そのため、補聴器をつけたから難聴の進行が加速するようなことはないと考えられます。
逆に補聴器をしていないと音の刺激が減り、言葉を聞き取る能力や判断力が落ちるともいわれています。
難聴が認知症の要因になる可能性もあるかもしれないとの発表もありました。

補聴器そのものがどんなものかわからない

補聴器はまだまだ身近なものではありませんよね。周囲で補聴器使用者がいないとどんなものなのか、いくらぐらいするものなのか、どんなデザインがあるのか…わからないことばかりです。
気軽に補聴器専門店に問い合わせください。
関東補聴器では各地域の会館や施設で出張無料相談会を定期的に開催していますのでご利用くださいね。

<出張無料相談会についてはこちら>

補聴器の使用検討中の方におすすめは

 関東補聴器で評価が高く人気ナンバー1の補聴器

オリオン2シリーズ

シーメンスシグニア補聴器 スマートフォン オリオン

ベーシック価格帯の補聴器ですが性能は1クラス上の商品でシーメンス・シグニア新製品補聴器です。
耳穴オーダーメイド補聴器と耳掛け型補聴器、両方取り揃えています。
もちろん周囲に気づかれにくい極小型もありますので安心してください。

シーメンスシグニア補聴器 スマートフォン オリオン

シーメンスシグニア補聴器 スマートフォン

<オリオン2について詳しくはこちら>

<オリオン2シリーズ体験レポートはこちら>

補聴器は早期装用が大切

難聴が進行してきたので補聴器使用を検討したほうがいいのかなとお悩みの方、積極的に補聴器を使用して聞こえづらくてイライラする気持ちを笑顔に変えましょう。
難聴が認知症のリスクにもなりかねないので難聴や聞こえにくくてお困りの方は、気軽にご相談ください。

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

補聴器 買い方 選び方 おすすめ