難聴だと車の運転免許更新時に補聴器が必要ですか?【あれば安心】

車

 

車

難聴だと車の運転免許を更新する時に補聴器が必要になるのか気になっている方もいらっしゃると思います。運転免許を更新する為には聴力適性検査を行い定められた基準をクリアしないといけませんので、難聴の程度によっては補聴器が必要になることもあります。普段から聞こえないことが多い方はあらかじめ補聴器を用意しておくと安心です。

定められた基準とは

・日常の会話を聴取できること
・10mの距離で90dBの警告器の音が聞こえること

上記2つが聞こえるかどうかが基準となっているそうです。もし聞こえなかった場合でも、補聴器を使用すれば聞こえる場合は問題ありません。

90dBとはどれぐらいの音の大きさですか

90dBとは、近くにいる犬の鳴き声・騒々しい商店街の音・パチンコ店内などの音の大きさと言われています。免許更新の場合は10メートル離れた位置から車のクラクションが鳴らされますのでその音が聞こえるかどうかが検査のポイントになります。

聴

補聴器をつけても聞こえなかった場合は更新できないのですか?

補聴器をつけても会話やクラクションの音が聞こえなかった場合でも、免許の更新ができないわけではありません。その場合は、さらに臨時適性検査等を行う必要がありますが、そこで適正OKとなれば更新することができます。ただしその場合は運転するにあたり条件があり、車にワイドミラーの設置と蝶々マーク(聴覚に障がいがあることを周りに知らせるマーク)の表示をすることを守らないといけません。

ちょうちょ

補聴器があれば安心です

実際のところ聴力適性検査を行うか行わないかは、各都道府県により差があるうです。免許更新へ行った際に、窓口での会話がスムーズにできれば検査は行わないとしている県もあります。いずれにしても難聴だからといって免許証の更新ができないわけではありませんのでご安心ください。ですが更新するための条件として補聴器を使用しなくてはいけない場合もありますから、日頃から聞こえに不安をお持ちの方は補聴器をお使いになると安心です

運

 

補聴器はお店ですぐ購入することはできません

補聴器はお使いになる方の聴力や耳の形状に合わせて作成をしますので、注文をしてから出来上がるまでに平均で1週間ほど日にちがかかります。お店に並べられた補聴器を即お持ち帰りできるというわけではないのです。ですから「明日免許の更新に行くから今日ください」と言ってもすぐにお渡しができません。基本的には全てオーダーメイドなのです。また初めて補聴器をお使いになる場合は使い方を覚えたり、音量の調整を行ったりと慣れるまでに時間がかかることもあります。補聴器は余裕を持って作成を依頼されることをおすすめいたします。

 

高度難聴にも安心のパワータイプ補聴器

GNリサウンド・マグナ

マ

マグナ説明

マグナ価格

まとめ

難聴があるからといって運転免許の更新ができないわけではありませんが、普段から会話が聞こえにくい方は補聴器があればスムーズに手続きが進むようです。また会話が聞こえないということは周囲の物音も聞こえていないことが多くとても危険です。免許更新時に限らず普段から安全のために補聴器のご使用を検討されてみてはいかがでしょうか。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちら>

店舗