難聴ですが補聴器をいつからつけたほうがいいのか

難聴 補聴器 いつから 老人性難聴

難聴 補聴器 いつから 老人性難聴

難聴ですが補聴器をいつからつけたほうがいいのかとお悩みの方、生活していて不便や違和感を感じることがあればすぐ補聴器をつけて生活の悩みを解決しましょう。
あなたのお悩みにお応えできる補聴器がありますので不便な思いをする前に補聴器使用をおすすめします。

補聴器の使用は医師が決めるわけでもなく、補聴器屋が決めるでもなく、あなたや家族が不自由を感じるようになったら積極的に補聴器を使用し、生活の改善に役立てましょう。

難聴になってきたのか不安

自分が難聴になってきているのか不安に感じている方もいるようです。
下記のグラフは日本補聴器工業会が発表している「JapanTrak2015」という補聴器の市場調査を公開したものです。

難聴 補聴器 いつから 老人性難聴

65歳ー74歳までは少しづつ増えてくるのですが74歳以上になると急激に難聴を自覚している方が増えてくるのです。やはり、加齢と共に難聴になる方も増えてくるからだと思いますね。

難聴を自覚される方は74歳以上は激増

調査結果が示すとおり74歳以上は難聴を自覚する方が激増してきます。
自分で自覚するより周囲が先に気づくケースが多いんですよ。

 テレビが大きいと家族に言われる
 何度も聞き返すことがある
 家族の声が小さいから聞こえないんだと思う
 電話やチャイムに気が付かないことがある
 会議や集会で話がわからない

などなど…。
こんなことがあると周囲から「聞こえてないんじゃないの?」と言われます。

難聴は周囲も本人もイライラ

難聴になると周囲もイライラすることが増えるようですね。

 何度も「えっ」と聞き返される
 大きい声で話すので疲れる
 適当に返事が返ってくる
 ちゃんと返事が返ってくるが理解してない

難聴 補聴器 いつから 老人性難聴

本人もイライラしますよね

 大声で言われるので怒られているようだ
 自分だけ仲間はずれにされているような…
 もっと大きい声で話してくれればいいのに
 聞き返すといやな顔をされる

難聴 補聴器 いつから 老人性難聴

お互いにこんな経験をされたことがあるんではないでしょうか?

いつごろから補聴器をつけるのかの答え

「いつごろから補聴器をつけたほうが良いのか?」と質問されますが補聴器を意識した時が補聴器をつけるタイミングです。
不便を感じたり、周囲が不便を感じるようなら補聴器を早期に使用しましょう。
補聴器の使用は医師が決めるわけでもなく、補聴器屋が決めるでもなく、あなたや家族が不自由を感じるようになったら積極的に補聴器を使用し、生活の改善に役立てましょう。

難聴 補聴器 いつから 老人性難聴

補聴器で不自由を解消

下のグラフは補聴器を使用している方の生活が改善傾向にあることを示しています。
補聴器で不自由を解決できるのです。

難聴 補聴器 いつから 老人性難聴

<補聴器の選び方も紹介しています>

<補聴器の価格も紹介しています>

「いつごろから補聴器をつけたほうが良いのか?」の答えは正常な聴力でなく難聴になって不自由をあなた自身や家族など周囲が感じたら補聴器をつけましょう。
放っておいても不自由が改善することはないでしょう。

難聴 補聴器 いつから 老人性難聴

関東補聴器ではあなたの補聴器選びや不自由の相談などにお応えしています。
気軽にお問い合わせください。

<関東補聴器の購入サポートはこちら>

<問い合わせはこちらから>