難聴 認知症

難聴になると認知症のリスクが高くなるという報告が厚生労働省から発表されています。

2015年1月、政府は高齢化が急速に進む日本の問題に、認知症の対策強化に向けての国家戦略、認知症対策推進プラン、新オレンジプランを策定しました。

新オレンジプランでは認知症発症の危険因子として、加齢、遺伝的なもの、高血圧、糖尿病、喫煙、頭部外傷、難聴等、を挙げており、難聴がに危険因子の一つであるとしました。

また、認知症予防の防御因子に運動、食事、余暇活動、社会参加、認知訓練、活発な精神活動等をあげています。

難聴になると聴こえないから外に出ない、趣味もあきらめた、等の話を多々耳にすることがあります。

難聴も早期診断・早期発見、そして補聴器によるサポートで認知症の予防につながる可能性があると言えます。

超高齢社会の私たち日本に迫る身近な問題、難聴と認知症のことを家族と一緒に考えてみませんか?

補聴器 認知症

コメントを残す