難聴になって仕事に悩みを持っている方の解決策【補聴器でできること】

難聴 仕事 悩み 補聴器 ワイヤレス

難聴 仕事 悩み 補聴器 ワイヤレス

難聴者で仕事に悩みを持っている方から相談を受けました。周囲とのコミュニケーションがうまくいかず転職を考えているそうですが、補聴器による会話援助システムを提案させていただきました。
最新の補聴器は、ワイヤレス機能やブルートゥース機能などが利用できますので会議や複数の会話での聞きとりを援助してくれます。
難聴や補聴器とうまく向き合いながら仕事をしていくために最新機能や最新技術の機器を使用することも検討してみてはいかがでしょうか?
会話援助システムを解説&紹介していきましょう。

難聴になるとは

難聴になってしまうには、いろいろな原因があるかと思います。

 芸能人にも多い突発性難聴
 強大音による音響性外傷
 中耳炎などによる耳の疾患
 生まれつきの先天性難聴

などなど…たくさんの要因がありますが、まずは医療機関を受診し治療による難聴回復が大切です。

適切な治療でも難聴が回復しなかった場合は、日常でのコミュニケーションに大きな影響を与えてしまうのが「難聴」です。
難聴は、なかなか周囲から理解を得られないことが多く、誤解やトラブルになってしまうことがあり仕事や学校ではとても不便を強いられることになってしまします。

仕事に影響する難聴

難聴 仕事 悩み 補聴器 ワイヤレス

特に仕事や学校では、声や音によるコミュニケーションが主体ですから難聴になるとかなり影響が出てきてしまいますよね。
難聴は、他人から目で見てわかるものではありません。そのため周囲から理解されないことがあるようです。

仕事では

 お客様からの注文の聞き間違い
 上司や同僚からの業務連絡
 機器によるお知らせ音など
 会議などの複数の会話

このような場面で困ることがありますよね。

補聴器を使い聞こえを補助する

難聴に効果的なのは、もちろん補聴器を使用することです。
ただ、補聴器ならば何でも良いというわけではありません。あなたの聴力やライフスタイル・予算や機能など細かく吟味して選ぶ必要があります。
そのためには、補聴器専門家の力が必要になりますから必ず補聴器専門店で相談してください。
しかしながら、補聴器は難聴を治療する機器でもなく、難聴を予防する機器でもありません。
健聴者と同様や以前の聞こえのように耳が蘇るわけではありません。
あくまで聞こえを補助する機器ですので、うまく使用し各場面でコミュニケーションが円滑になるよう使いこなしたいものです。

補聴器にも場面によって限界がある

先にお話したように補聴器も万能ではありません。補聴器でも聞きとりにくい場面はあるのです。
特に距離が遠い話者は、健聴者でも聞きにくいものですし、複数の会話も周囲の環境により聞きにくいときがあります。
補聴器にも限界があるのです。
しかし、仕事ではそうも言っていられませんよね。
そんな限界を少しでも改善させるために最新のワイヤレス機能やブルートゥース機能を用いて開発された会話援助機器があるのです。

ワイヤレス機能搭載の補聴器が登場

様々な環境で補聴器の聞きとり限界を改善させるために登場したワイヤレスアクセサリーを紹介します。

マルチマイク

メーカー リサウンド

価格   54,000円

難聴 仕事 悩み 補聴器 ワイヤレス

マルチマイクは耳に着けた補聴器とワイヤレス接続でき、離れた場所や周囲の騒音に邪魔されずに聞きとりを劇的に向上させるワイヤレスマイクです。
どのような場面で有効か解説しましょう。

 会議やミーティングにて

複数でも会議では、周囲の環境などにより聞きとりにくいものですがマルチマイクをテーブルに置くだけでテーブルマイクとして会議の会話を補聴器にダイレクト送信してくれます。

難聴 仕事 悩み 補聴器 ワイヤレス

 離れた距離でもOK

厨房などでの作業では、作業音も邪魔となり注文を聞き取れないこともあるかもしれませんが、胸元にマルチマイクを着けてもらえば距離があっても、周囲がうるさくても直接音声が補聴器に送信されます。

難聴 仕事 悩み 補聴器 ワイヤレス

 マルチマイクの本体説明

マルチマイクは本体にあるボタンなどで操作することができます。

難聴 仕事 悩み 補聴器 ワイヤレス

本体脇のボリュームボタンでマイクの音量をUP/DOWNすることが可能です。

充電端子に付属のコードを差込み充電します。連続使用時間は11時間使用可能です。

ライン入力端子にお手持ちの音楽プレーヤーやテレビのイヤホン端子を接続すればワイヤレスイヤホンのように音声がダイレクトに補聴器から聞こえてきます。

補聴器とマルチマイクとの通信距離は最大25メートルです。会議室や屋外でも十分な通信距離です。

マルチマイクと接続可能な補聴器とは

マルチマイクと接続可能な補聴器を紹介します。

メーカー リサウンド

機種   リンクス2シリーズ/リンクス3Dシリーズ

     エンヤ4シリーズ/エンヤ3シリーズ

価格   120,000円~500,000円

タイプ  耳穴式(一部NG)/耳掛け式(全タイプ)

リサウンド製品の補聴器については、ほぼ接続可能なのですが極小耳穴式のIICやCICタイプは極小サイズが故にアンテナを搭載することができないため接続ができません。

<リンクス2シリーズ価格や機能など詳しくはこちら>

<エンヤ3シリーズ価格や機能など詳しくはこちら>

補聴器専門店で相談しましょう

補聴器は難聴の程度やライフスタイル・機能や予算など吟味する必要があると先に説明しました。
経験・知識・技術のしっかりとした信頼のおける補聴器専門店で相談することが重要です。
インターネット通販や店頭展示品の補聴器購入は失敗する危険がありますので注意が必要です。

<インターネット通販購入の注意点詳しくはこちら>

補聴器は購入したら終わりではありません

補聴器を購入したら音量音質・機能設定など再調整や微調整を行う必要があります。
聴力の変動や体調により聞こえ方が変化したり、耳の状態も気にしたいところです。
仕事でご使用になる補聴器は、汗や汚れによる不具合にも注意が必要ですから定期的に補聴器のメンテナンスが必要になりますので補聴器専門店とお付き合いしていくことが大切ですよね。

関東補聴器は北関東を中心に6店舗で展開しています。

最寄の店舗にて安心のアフターサービスを受けることができますので、アクセスの良い店舗におまかせください。

耳穴式補聴器 専門店 耳型採取

難聴で仕事が困っている方のまとめ

難聴で仕事のコミュニケーションに困っている方は、まずは治療で難聴回復が可能かもしれませんので医療機関を受診しましょう。
聴力改善がなされなかった場合は、補聴器を使用することを検討します。
補聴器を使用しても全ての場面で聞き取りが改善できない場合もありますが、ワイヤレス機能を搭載した最新補聴器ならば限界を超えて聞こえの幅が広がって仕事での不便も劇的に改善されるかもしれません。
ぜひ、ワイヤレス機能搭載の補聴器とワイヤレスアクセサリーをお試しください。

関東補聴器では無料にてワイヤレスマイクの試聴体験もできます。
ワイヤレス機器の試聴体験は数に限りがあるため予約制になっております。
気軽にお問い合わせください。

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

オーダーメイド補聴器 耳型採取 インプレッション 目立たない