難聴の方が車の免許更新時に補聴器が必要になる場合【前もって準備を】

車

車

年齢のせいか最近聞こえが悪くなってきたから車の免許が更新できないかも・・。難聴になってしまったけど運転してもいいのかな・・。というように、難聴だから車の免許が更新できるか心配なんですというご相談をいただくことがあります。でも、難聴だからといって運転をしてはいけないということはありませんのでご安心ください。ただし検査結果によっては補聴器を装用して運転をしなければいけないという条件がつくことはありますので、難聴の程度によっては補聴器を準備しておくとよいでしょう。

難聴の人に行われる検査について

難聴の検査といっても、病院で行うような細かい聴力検査をするわけではありません。

10mの距離で90デシベルの警音器の音が聞こえるか

免許更新時ではこれが基準となるそうです。つまり実際に難聴があったとしても、10m離れた場所から鳴らされたクラクションの音が聞こえれば問題ないということになります。もし聞こえなかったとしても更新のための条件を満たせば運転することができます。

 

クラクションが聞こえた場合

何の条件もなく更新できます。

クラクションが聞こえなかった場合

補聴器をつけてもう一度同じ検査をします。

補聴器をすれば聞こえた場合には、更新はできますが、「運転するときは補聴器を装用する」ということが条件となります。免許証にも【補聴器】と記載されます。

補聴器をしてもクラクションが聞こえなかった場合

臨時適性検査を行い、適性が認められれば更新が可能です。ただし以下の2点が運転するための条件となります。免許証には【特定後写鏡】と記載されます。

  • ワイドミラーの設置をすること
  • 聴覚障害者標識をつけること

ちょうちょ

補聴器は使用せずに運転したい場合

すでに補聴器使用が条件になっている免許証をお持ちの方が、補聴器を使用しないで運転をしたいと希望したときの方法です。こちらもさきほどと同様に臨時適性検査を受ける必要があります。適性が認められれば、補聴器を使用しなくても運転ができるようになりますが、ワイドミラー設置や聴覚障害者標識をつけることが条件となります。

ちなみに免許証の表面には【条件備考欄記載】と記載され、裏面には「補聴器(使用しない場合は特定後写鏡で聴覚障害者標識を付けた重被牽引車を牽引しない準中型車と普通車に限る)等」と記載されます。

臨時適性検査とは

  • 「特定後写鏡を使い安全な運転ができるか」に関する検査
  • 「危険をとらえることができないおそれのある場面での安全運転」に関する講習

主に実車による検査や、安全講習を行います

※条件変更の手続きや検査実施日などは都道府県により異なりますので、詳しくは最寄りの警察署にお問い合わせください。

 

軽い難聴なら補聴器がなくても検査はクリアできるはず

免許更新のための検査をクリアできるかできないかだけで言えば、軽度難聴程度の方でしたら大きなクラクションの音は聞こえるはずですから、問題なくクリアできると思います。ここでの検査は、言葉を一字一句聞きとれるかというような厳しい検査ではなく、ただクラクションが聞こえるか聞こえないかというだけですので、最近少し聞こえにくくなってきたなという程度でしたら心配ないと思います。

下図は難聴を軽度・中度・高度・重度と4段階にわけて表したものです。90デシベルのクラクションが聞こえないということは、高度難聴から重度難聴くらいの聴力低下が起きている可能性があります。難聴がすすめば会話はもちろん、周りでしているいろいろな音も聞こえづらくなっています。気になる方は一度病院の耳鼻咽喉科で聴力検査を受けてご自身の聴力がどのぐらいなのかを把握しておくのも良いと思います。

GNオージオ

 

運転中に音が聞こえないと危険なこともあります

難聴であっても免許の更新ができることはお分かりいただいたと思いますが、安全のためにるべく聞こえている状態のほうが良いことは言うまでもありません。難聴になってしまったことで「運転中に救急車が近づいてきていることに気づくのが遅かった」「車内でラジオをつけていたのでクラクションを鳴らされていることに気がつかず事故になるところだった」などヒヤリとした経験をされた方も少なくありません。聞こえに不安を感じ始めたら、できるだけ補聴器を使って聞こえを補うことは大切です。

車危険

補聴器は時間に余裕を持ってつくりましょう

補聴器は注文してから完成するまでに1週間前後のお時間がかかります。完成後は装用する練習をしたり、音の調整なども行います。また基本的に耳の型を採り作成しますから、出来上がった補聴器を装用してみて、万が一きつかったり、ゆるかったりした場合は作り直すこともあります。入れ歯などの歯型を採るのと同じですね。ですから「明日が免許の更新だから今日ください」というわけにはいきません。聞こえが気になってきたら前もって準備を始めるといいですね。

時間

高重度難聴の方にはパワーの強い補聴器を

難聴がかなり進行されている場合は、補聴器の中でもかなりパワーの強い機種を選択しなければいけません。すでに補聴器をお使いの場合でも、出力の限界はありますので、もっと音量を大きくしたくてもできないということもあります。その場合は高度~重度難聴にも対応できる機種への交換をおすすめいたします。

重度難聴まで適応 リサウンド・エンツォ

EN988

  • 高出力タイプで重度難聴まで対応可能
  • iPhone、iPad、iPodtouchからの音楽や電話がダイレクトに聞こえる
  • スマホを使って細かい調整が可能

EN3D

EN体験

EN

 

障害者手帳があれば補聴器の補助制度があります

聴覚の障害者手帳をお持ちの場合は、補聴器購入時に補助制度が利用できます。手帳をお持ちの方や、まだ手帳は持っていないけどこれから取得したいという方は役場の福祉担当窓口へご相談ください。

<障害者手帳について詳しくはこちら>

62

聴覚障害等級表

まとめ

  • 検査方法はクラクションが聞こえるかどうかで判断される
  • 軽度難聴くらいなら検査すら行わないことも多い
  • 補聴器をつけて運転することが条件として更新されることがある
  • 重度難聴であっても適性が認められれば更新は可能

免許を更新できるか心配されている方には少し安心していただけたのではないでしょうか。しかし、安全に運転するためにはできるだけ聞こえる状態にしておくことも大事ではないでしょうか。「更新できたからいいや」ではなく日頃から補聴器をお使いになっておくこともおすすめいたします。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちらへ>

各店舗