音響性外傷による難聴

音響性外傷による難聴は年齢は関係なく若い人でも難聴になる危険性があります。
難聴と言うと年齢と共に聞きづらくなってくる加齢性の難聴が思い浮かびますが、最近は若い人の音響性外傷による難聴も良く耳にすることが多くなりました。

音響性外傷による難聴とは何かと言いますと、耳が痛くなるような強大音を聞いたり、耳が痛くなるような音でなくても長時間大きな音を聞き続けると耳の中の内耳にある蝸牛というものを痛めてしまい難聴になるものです。
ライブハウスやクラブのような大音量の場所に長時間居たり、車の中で大音量で音楽を聞いたり、またイヤフォンやヘッドフォンなどで大きな音を長時間聞いたりしていると音響性外傷になったりする場合があるんですよ。

live-mdrive-m   headphone-m

 

 

 

突発的な強大音はなかなか防ぐのは難しいですが、それ以外のものはうるさい場所に長時間居ないようにする・耳栓などで耳を保護する・音楽の音量を少し控えるなど自分で注意すればある程度防ぐことができます。

もし大きい音を聞いた後に耳が詰まった感じや耳鳴りなどが一過性ではなくしばらく治まらないなどがあったら、なるべく早く耳鼻科での診療を受けられることをお勧めします

 

コメントを残す