骨導式補聴器の利点と欠点を解説【どうなっているの?】

骨導式補聴器 欠点 利点

骨導式補聴器 欠点 利点

骨導式補聴器という特殊な補聴器がありますが、すべての方に万能というわけではありません。
骨導式補聴器には利点(メリット)と欠点(デメリット)がありますのでよく理解しましょう。
簡潔に申しますと老人性難聴の方には大きな効果を望むことはできません。気導聴力が難聴で、骨導聴力が問題ない方などに効果的といわれます。
専門的な言葉になりますので噛み砕いて説明します。

そもそも骨導式とは

われわれの聞こえは空気振動を鼓膜でキャッチする気導聴力と頭蓋骨などの骨を通して空気振動を聴神経に伝える骨導聴力の2つで成り立っています。
この骨導聴力を利用する補聴器のことを骨導式補聴器と呼びます。

骨導聴力とは

先にお話したように我々は気導聴力と骨導聴力の2つの方法で音を聞いています。
音は、空気の振動波ですのでその振動波を耳でキャッチし、鼓膜を振動させて聴神経に送り聞くのが、気導聴力です。
それとは別に振動波が頭蓋骨などの骨に伝わり、直接聴神経に届き聞いているのが骨導聴力です。
例えば、耳穴を指で塞いでも音が聞こえると思いますがそれは、骨を通じて聞いている骨導聴力があるからなのです。

骨導式補聴器の仕組み

骨導式補聴器は、音を集音し増幅したら直接、耳脇の頭蓋骨にあてた振動板に音声を伝え振動板から直接頭蓋骨、聴神経へと音声を送ります。
そのため、従来の補聴器のように耳穴にセットする必要がありませんので耳穴を塞ぐことがありません。
メガネ式が一般的で、メガネのフレームと一体になっている商品が多く振動板をメガネフレームで押さえて頭蓋骨にピッタリと合わせて使用します。

骨伝導仕組み

*スターキージャパン ホームページより引用

骨導式補聴器は2つのタイプ

骨導式補聴器にはタイプ(形状)が2種類あります。

メガネタイプ

メガネのフレームと一体になっており、メガネフレームで振動板をしっかり押さえ込むタイプ。

メガネ型装用

*スターキージャパン ホームページより引用

カチューシャタイプ

ヘアバンドタイプとも呼ばれ、振動板を左右からしっかり押さえ込むタイプ。

カチューシャ型装用

*スターキージャパン ホームページより引用

骨導式補聴器の利点(メリット)

骨導式補聴器のメリットを考えてみよう。

 耳穴を塞がないので深刻な耳漏など心配がない
 耳の疾患による治療中などに影響が少ない
 伝音難聴には効果的である
 耳穴形成不全や奇形などにも効果的

このようなメリットがあります。

骨導式補聴器の欠点(デメリット)

反対にデメリットも考えてみましょう。

 振動板がずれてしまうと格段に聞こえなくなる
 振動板がずれぬよう強く押さえつけるので長時間は不快
 伝音難聴以外は効果的ではない
 圧倒的に商品数が少なく選択肢がない

このようなデメリットがあります。

骨導式補聴器の市場割合

補聴器工業会が発表する各メーカーの年間出荷台数があります。
2016年全タイプ(形状)の出荷台数が約56万台に対して、骨導式補聴器の割合が多いメガネ型補聴器は、わずか約438台でした。
このように骨導式補聴器は、市場の中ではかなり希少な補聴器なのです。

骨導式補聴器 特徴 割合

 

骨導式補聴器は特殊な補聴器なのです。

骨導式補聴器の効果が期待できる難聴

難聴の種類もいくつかありますが、骨導式補聴器の効果が期待できるのは主に伝音性難聴の方といわれています。

骨導式補聴器 欠点 利点

上記の図をご覧ください。
<伝音系>と記載されている部位に問題があり難聴になっている方は、効果が高いといわれています。
この伝音性難聴は、音を伝える部位に問題があります。その奥の聴神経などは問題ありませんから音がしっかり伝われば効果は期待できるというわけです。
しかし、<感音系>の部分も難聴になっていると音をしっかり伝えてもうまく効果が出ない場合も少なくありません。

この場合は、感音性難聴となるわけです。

骨導式補聴器 欠点 利点

老人性難聴 補聴器選び方

老人性難聴と骨導式補聴器

補聴器の使用者の多くが加齢と共に難聴になる老人性難聴です。老人性難聴は上記の表では、混合性難聴の中に含まれますね。
上記の説明のように加齢による老人性難聴(混合性難聴)では、骨導式補聴器では大きな効果は期待できません。
通常使用されている補聴器で十分、効果を期待できる場合がほとんどです。
信頼のおける補聴器専門店できちんと相談して適切な補聴器選びをおすすめいたします。

<老人性難聴の補聴器選び方についてはこちら>

現在の補聴器の進化

現在では、補聴器もとても進化しています。
耳穴式・耳掛け式共にコンピューターに匹敵するICチップを搭載しているデジタル補聴器になっています。
聴力の状態・難聴の種類・耳の形状・保証などあなたの要望に合わせた補聴器があります。
補聴器専門店で相談して、自分の耳でしっかり試聴して納得のできる補聴器を選びましょうね。

<補聴器の試聴についてはこちら>

骨導式補聴器の利点と欠点まとめ

骨導式補聴器は全ての難聴者に万能なわけではありません。
欠点と利点がありますので、その点をしっかり理解してから購入しましょう。
しかしながら、理解しただけでは自分に合っているのかは疑問ですよね?
そのためには、信頼のおける補聴器専門店にしっかり相談してからでも遅くはありませんよ。
失敗しない補聴器選びをするために、補聴器専門店で相談することをおすすめいたします。

 

関東補聴器では、最新の補聴器試聴体験や相談は無料で随時受付けております。
ぜひ、気軽にお問い合わせください。

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

耳穴式補聴器 専門店 耳型採取