50代軽い難聴で会議に使用したい補聴器の相談が千葉店に

軽度難聴 会議 補聴器

軽度難聴 会議 補聴器

50代の男性で軽度難聴と診断され、会議時だけ使用したい補聴器について関東補聴器 千葉店に相談者が来店されました。会議の時だけ補聴器を使用するのに適したタイプはどんなものがあるのか紹介しましょうね。

特に会議時に困る軽度難聴

年齢と共に聴力も衰えてきますが加齢性による難聴を老人性難聴と呼びます。特に50~60代頃から不便が出てくることが多く現役で働いている方は、会議や商談などで困ることがあって不便を感じます。
会議などは特に声は聞こえているが、しっかり聞き取れないことが出てくるのが軽度難聴ですね。

軽度難聴 会議 補聴器

 

難聴の程度もいろいろ

難聴の程度には、軽度難聴、中等度難聴、高度難聴、重度難聴と区分されます。
書いて字のごとく、軽度難聴は軽い難聴ですが確かに「難聴」なのです。

軽度難聴 会議 補聴器

軽度難聴の方のお悩み

 ・会議や集まりで、声は聞こえるがしっかり聞き取れない
 ・テレビの音が周囲より大きくなり明瞭感がない
 ・話をしていても「えっ」聞き返すことが増えてくる
 ・スッキリ聞き取れないので適当に返事をしてしまう
 ・聞き漏らしがないよう意識を集中して会議などに出るので疲れる

仕事上、補聴器使用を周囲に知られたくない

軽度難聴 会議 補聴器50代では、仕事もバリバリの年代ですから補聴器を使用していることを周囲に知られたくないという相談者の方は多いようです。

 

 

まだまだ会議や商談もあるので聞こえないと困る

軽度難聴 会議 補聴器50~60代では、会社の中でも社会の中でも活躍する年齢です。会議だって商談だってまだまだありますから補聴器を使用して悩みを軽減したいものですよね。

 

外部から見えない極小型耳穴型オーダー補聴器

軽度難聴 会議 補聴器あなたの耳型を採取して耳型通りに作成する極小耳穴型補聴器は、耳の中の奥深くまで入りますので周囲から見えにくく、気づかれることはありません。

*オーダーメイド補聴器についてはこちら

手軽に使用できる極小型の耳掛型補聴器も人気

軽度難聴 会議 補聴器

簡単に、気軽に使用できる極小タイプの耳掛型補聴器は耳型を採取しなくても使用できるタイプもあります。長時間の使用ではなく会議時のみの短時間でしたら問題ありません。

会議や集会などでとても便利なワイヤレス機能

補聴器操作リモコン

軽度難聴 会議 補聴器音量の大小を手元のリモコンで操作できますので便利。会議など聞き取りにくい時は、ポケットに忍ばせたリモコンで音量アップ。

軽度難聴 会議 補聴器
聞こえ方切替ボタンで標準・会議用・音楽用など最適な音環境に調整を変えることも可能。

 

 

ワイヤレスマイク

軽度難聴 会議 補聴器

補聴器とワイヤレスマイクがつながっていますのでマイクで集めた音声が直接補聴器にダイレクトに聞こえてきます。離れていても複数の会話でもワイヤレスマイクを上手に使用するととても効果的です。軽度難聴 会議 補聴器

 

 

 

 

 

*おすすめ補聴器リサウンド・リンクス2シリーズはこちら

50代で軽度難聴と診断され会議時に補聴器を使用したいと検討中の方には、目的に合わせた補聴器があります。最新デジタル技術やサイズ、ワイヤレス機能などを使えばお悩みの解決に近づくかもしれませんね。

軽度難聴 会議 補聴器

補聴器専門店にはあなたの悩みの解決をお手伝いするたくさんの補聴器や周辺機器があります。
試聴体験もできますので積極的に補聴器の使用をして、笑顔になりましょうね。

*関東補聴器の問い合わせはこちら

コメントを残す