インターネットで販売されている安価な補聴器を購入したのですが補聴器店で音の調整をしてもらえますか?【トラブル多発】

インターネット補聴器

インターネット補聴器

補聴器をどこで購入しようか検討したときにお店で販売されている補聴器よりもインターネット上で安価に売られている事に気付いた方もいらっしゃるかもしれませんね。しかしこれらの安価な商品は補聴器ではなく既製品の集音器と呼ばれるものがほとんどです。正規の補聴器のように個人の耳に合わせて作成されたものではありませんので補聴器取り扱い店へお持ちになっても音の調整をすることはできません。

集音器を補聴器だと思って購入しているケース

インターネットや新聞広告などで数千円~3万円位の補聴器を見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。補聴器は大体その位で購入できると思っていた方が実際に補聴器店へ出向いたらその何倍もの値段がするので驚かれることがよくあります。通信販売されている安価なものは集音器と呼ばれている電化製品で、実は補聴器ではありません。いかにも難聴者向けに作られた商品のように表示されているので、補聴器と間違えて購入してしまいトラブルになるケースが頻発しています。

よくあるトラブルの例
  • 補聴器と表示されていたのに実際に届いたのは集音器だった
  • 装用しても全然聞こえず使い物にならない
  • 耳からすぐ落っこちてしまう
  • 長時間つけていると耳が痛くなる
  • 細かい音の調整ができない
  • 雑音がうるさくてつけていられない
  • すぐ壊れてしまった

トラブル

補聴器と集音器の違いについて

補聴器は薬事法で定められた管理医療機器となっていますので、効果や安全性には一定の基準が設けられ厳しく管理されています。一方集音器ではそのような基準はありませんので商品によっては効果がなかったり、聴覚に悪影響を及ぼすものも存在します。通信販売で気軽に購入できて便利な反面、結局は役に立たなかったといったケースも多く報告されていますので購入の際はこの点を踏まえて検討する必要があります。

集音器の主な特徴
  • ネットや新聞広告などの通信販売や電気店などで販売されている
  • 価格は数千円~3万円程度
  • 効果や安全性の基準がない既製の電化製品
  • 調整ができないので難聴者の耳へ合わせることは不可能
  • アフターフォローが受けられない
  • 本来の使い方は健康な耳の方が講演会などで一時的に使用するものであり難聴者に向けて作られたものではない

見た目が似ている

※集音器の例 見た目は補聴器とよく似ている

補聴器の主な特徴
  • 補聴器取り扱い店での対面販売が基本
  • 価格は5万円~50万円位
  • 効果や安全性を厚生労働省で管理されている管理医療機器
  • 聴力に合わせた音の調整を専門家と一緒に行いながら使用していく
  • 耳を採型して作成することができる
  • 調整やクリーニングなどアフターフォローが受けられる

GN61タイプ

※小さくて目立たない耳かけ式補聴器

オークションサイトで取引されている補聴器について

インターネット上にあるオークションサイトを閲覧していると、集音器ではなく本物の補聴器が販売されていることがあります。中古の補聴器であったり、新品だと思われる耳かけ式補聴器などをみかけます。なかには中古のオーダーメイド耳穴式補聴器なども出品されているようですが、これは他人の入れ歯を販売しているのと同じようなことで、ご自身の耳の形状とは合いませんので購入しても使用することはできません。補聴器なら大丈夫だろうと思って購入してもそのような落とし穴がありますのでネットでの安易な購入はおすすめできません。

オークションサイト

オークションサイトで販売されていた補聴器とその注意点

 中古の耳かけ式補聴器

補聴器はお使いになる方の聴力に合わせて音の設定を行いますが、中古の場合は以前にお使いになっていた方の設定になっています。難聴の程度は個人差がありますので、つけてもよく聞こえない又は音量が大きすぎてうるさいなどの問題発生が考えられます。また装用の仕方がわからなかったり、他人の耳に入れていた物ですので感染症など衛生面においても心配です。中古補聴器の使用は避けていただいたほうが安心です。

<補聴器を作成するときに大切なこと>

 中古のオーダーメイド耳穴式補聴器

耳穴式補聴器はお使いになる方の耳を採型して作成する完全オーダーメイドの補聴器です。先ほどもお話ししたように他の人の耳には入りませんし、耳かけ式補聴器と同様に音の設定も以前の持ち主の聴力に合わせてあります。購入しても使用することはできません。

<オーダーメイド耳穴式補聴器とは>

 新品と思われる耳かけ式補聴器

サイトの中には新品または新品同様という記載がされた耳かけ式補聴器が出品されているようです。その中にはかなり古い機種も販売されているのがわかります。すでに各メーカーでの販売が終了している商品ですので、もし故障した際には修理が出来ない可能性があります。一般的な補聴器は販売終了後5年間の修理対応期間が設けられていますが、古い機種ですとすでにその対応期間が終了していることが考えられるためです。またこちらも同様に音の設定がされていませんので購入しても使用することは難しいと思います。

<補聴器の修理対応期間について>

補聴器の価格には調整技術料が含まれている

「補聴器は高いからインターネットでなるべく安く購入したい」というお気持ちもよくわかります。しかし補聴器は食料品や日用雑貨などと違って購入したらお店とのお付き合いがそれで終わりというわけにはいかない特徴があります。補聴器専門店であれば購入後も音の調整を行うことはもちろん、少しでも快適に装用が続けられるようにサポートを行っていきます。補聴器の価格にはそのような音の調整技術料も含まれているというわけです。通販やインターネットで購入したものは安価になっている反面そのようなアフターフォローを受けることができませんので購入をお考えの際はその点にご注意ください。

補聴器専門店なら…

対面販売

   スタッフと相談      適切な調整     聞こえをサポート 

補聴器初心者におすすめリンクス3D耳かけ式補聴器

GNロゴ

クアトロロゴ

 

外耳道内レシーバ耳かけ型

3DRIC

3D61カラー

特徴1

特徴2

 

特徴3

特徴4

特徴
  • 小さくて軽いので装用感が良い
  • 軽度難聴~高度難聴まで対応可能
  • 従来からの電池交換式か充電式を選択
  • 使用環境やご予算に応じた3機種展開
  • 両耳同時に購入すると安くなる両耳価格設定
価格

 クアトロ9★★★★★ 

¥510,000(片耳)¥918,000(両耳)

 クアトロ7★★★★☆ 

¥330,000(片耳)¥594,000(両耳)

 クアトロ5★★★☆☆ 

¥220,000(片耳)  ¥396,000(両耳)

※充電式は別途充電器¥50,000が必要になります

価格は2020年1月現在

まとめ

補聴器を上手に使いこなすにはカウンセリング、聴力測定、試聴、採型、調整、メンテナンスなど作成からアフターフォローまでの過程がとても大切ですので専門家との対面販売が基本となっています。インターネットで販売されている補聴器や集音器では購入してもうまく使用できないケースがよくみられます。また、それを補聴器販売店にお持ちになっても集音器はもともと細かい調整等を行うことができませんので残念ながらご希望に沿うことができません。面倒かもしれませんが補聴器専門店できちんとフィッティングされた補聴器を使用されることをおすすめいたします。

<関東補聴器へのお問合せ・ご予約はこちらへ>

補聴器 両耳 片耳 おすすめ