ワイヤレスでテレビ音声がもっと聞きやすくなる補聴器があります【操作も簡単】

テレビリンク

テレビリンク

「最近テレビが聞きづらい」「家族にテレビの音が大きいと言われる」難聴になりこのような悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。「自分の部屋でイヤホンをして一人でテレビを観ている」という方もいるようです。そこでそんな方のためにワイヤレスでテレビ音声がもっと聞きやすくなる補聴器がありますのでご紹介いたします。通常の補聴器としての機能はもちろん、簡単な操作でテレビ視聴モードに切替えることができます。補聴器からダイレクトに音声が聞こえますので毎日テレビを楽しみにされている方にはかなりおすすめなんです。

テレビの音声がとくに聞きとりづらい理由

「通常の会話は聞こえるけど、テレビの音声になると何と言っているのか分からないんです・・」このようなご相談をお受けすることが度々あります。これは単にボリュームを大きくすることで解決する場合もあれば、そうではない場合もあります。

まずテレビ音声が聞きづらいときの最初の解決策としては

  • テレビのボリュームを大きくする
  • 補聴器のボリュームを大きくする

ということになるかと思います。しかしご家族と一緒に視聴している場合は、テレビのボリュームを上げ過ぎるとうるさいと怒られてしまったり、ご近所迷惑にもなりかねません。その場合は補聴器をすることが必要になるかと思いますが、テレビからの距離や環境によっては補聴器をしていても聞きづらいこともあります。

とはいっても難聴の程度が軽いうちは、補聴器をすればよく聞こえる、もしくは少しだけボリュームを上げれば聞こえるのではないかと思います。しかし難聴の程度が重くなるほど、補聴器をしていてもテレビの音を大きくしていたり、大きくしても言葉がわからないなどの問題が出やすくなります。

補聴器をしてもテレビが聞きとりづらい理由

「難聴になったら補聴器をすればみんなと同じようにテレビが視聴できるようになるだろう」と期待されていた方も多いと思います。たしかに補聴器をつけない状態と比べると聞きやすくなることは間違いありません。ただし先ほども言いましたが、補聴器をつけても元通りの聞こえ方に蘇らせるわけではありません。とくに高齢者の場合は若い頃と同じように言葉をはっきりと聞き分けることも難しくなってきますので、思い通りに聞こえないこともあるということなのです。

他にも以下のような理由がありますのでご説明します。

テレビとの距離の問題

通常はテレビから2メートル程離れて視聴している方が多いようです。当然のことですが距離が離れるほど音声は聞きづらくなりますから、テレビのボリュームも大きくしてしまいがちです。難聴者はなるべくテレビに近い席で視聴する必要があるかもしれません。

部屋の音が反響するため

物音などが反響しやすいお部屋では聞き取りにくくなります。反響音を軽減するにはモノラル音声に設定したり、壁の素材が硬い場合は布で覆ったりすると聞き取りに効果がある場合もあるようです。

テレビ番組の内容によるもの

「NHKのニュースははっきり聞き取れるのに、その他の番組は聞こえない」これは高齢の難聴者に共通の悩みです。これは聞こえないということではなく、聞こえているけど何と言っているのか言葉が聞き取れないという状態です。

ニュースの場合はアナウンサーが正面を向いてはっきりゆっくりと原稿を読んでいますのでとても聞き取りやすくなっています。またBGM等も流れていませんのでアナウンサーの言葉を邪魔されることもありません。一方、ドラマやバラエティ番組では俳優の話し方、BGMの多さなどによって大きく聞き取りが左右されます。またタレントが次から次へと話しをしているような番組ですと、話しのスピードについていけなくなってしまうこともありますので、「うまく聞き取れない」ということにつながるのです。

会話理解能力の低下によるもの

言葉を正確に聞き分ける力を測定したものを語音明瞭度と呼びます。これはとても個人差が大きいのですが、一般的には聴力が低下するほどこの語音明瞭度も低下していきます。音は聞こえるけど何と言ったのか言葉がはっきりしないのはこの語音明瞭度の状態によるものです。

周囲の騒がしさによるもの

人間は騒がしい中にいても自分が聞きたい音と、周囲の雑音とを聞き分けて自分にとって必要な音をうまくキャッチすることができる脳の働きを持っています。しかし高齢になってくると残念ながらこの脳の働きも衰えてきますので、騒がしい場所での会話が難しくなってしまいます。テレビを観ているときに周りで物音がしているような状況にあれば聞き取りはかなり低下します。例えば周りでご家族が話されている場合や、病院の待合室にあるテレビ、介護施設のテレビなどは周囲の音に邪魔されますので聞き取りが難しくなります。

<騒がしい場所でも会話ができる脳の働きについて>

テレビが聞きやすい補聴器があります

テレビ音声をよく聞くために昔からある方法としては、イヤホンコードを使用したり、難聴者の近くにスピーカーを置いて聞く方法などがあるかと思います。一度は試したことがある方も多いのではないでしょうか。たしかにイヤホンをすればテレビ音声は聞こえるかもしれませんが、それでは「コードが邪魔」「音声が消えてしまうから家族が聞こえなくなってしまう」「テレビ視聴中に話しかけられたり、インターホンが鳴っても気がつかない」などの問題があります。

そこで各補聴器メーカーではテレビ音声を聞きやすくするための補聴器を発売するようになりました。通常の補聴器としての機能はもちろん、テレビ視聴時には補聴器からダイレクトにテレビ音声が聞こえるようになりますので、反響音や周囲の雑音等の影響を受けず聞き取りやすくなります。

今回はその中でも操作のわかりやすいテレビ視聴対応の補聴器をご紹介しますので参考にしてください。

テレビも聞きやすくて操作の簡単な補聴器をご紹介します

GNロゴ

デンマークの補聴器メーカーGNリサウンドの補聴器をご紹介いたします。

 

テレビ視聴

必要なもの
  • TVユナイトⅡ(\37,800税込)
  • TVユナイトⅡ対応補聴器(片耳\120,000~\500,000)

※価格は2019年1月現在

耳あな型

TVユナイト対応耳穴

 

耳かけ型

TV耳かけ

使用方法
  1. TVユナイトとTVを付属のケーブルで接続します
  2. 補聴器とTVユナイトをペアリングします
  3. TV視聴時は補聴器本体についているボタンかリモコンボタンを使って切替えます
  4. 元に戻したいときはもう一度ボタンを押せば通常モードに戻ります

※1と2の操作は販売店にて行います

メリット
  • テレビの音声が直接補聴器に届きますので、距離が離れることによる音の減衰や反響音の影響をうけません
  • テレビのボリュームはご家族に合わせたまま(小さいまま)で問題ありません
  • ワイヤレスで最大7メートル離れた場所でも聞こえます
  • テレビ視聴モード中でも周囲の音も拾うので話しかけられても気がつきやすい
  • 通常は普通の補聴器として使用可能です
  • テレビ視聴時はプログラムボタンを押して切替えるだけの簡単操作

 

デメリット
  • 通常の補聴器使用時に比べ、テレビ視聴時は電池の消費量が約3倍になります。電池消費量が気になる場合は充電式タイプをおすすめします
  • 手先にしびれ等があったりすると、うまくプログラムボタンが押せない可能性もあります。(以下の動画参照)この場合は付属品のリモコンでの切替えがわかりやすいためおすすめです

GNリモコン

テレビ対応補聴器エンツォ3Dなら軽度難聴から高度難聴まで対応

おすすめ補聴器 リサウンドエンツォ3D 高度難聴

おすすめ補聴器 リサウンドエンツォ3D 高度難聴

  • テレビの音量が大きくなりがちな中度難聴~重度難聴まで対応可能
  • 関東補聴器なら全店で1月・2月に限り20%OFFのキャンペーン実施中

価格

※価格は2019年1月現在

まとめ

毎日テレビを観ることを楽しみにされている方はたくさんいらっしゃるかと思います。とくに高齢になるとお家で過ごす時間が増える方も多いため、一日テレビを観て過ごすという日も少なくないようです。

外までテレビの音が聞こえるほどボリュームを大きくしているので困っているというご家族からの相談もよくお受けします。難聴がある場合はまずは補聴器をしていただくことが必要となりますが、耳の状態などによってはさらなる対策が必要になることもあります。

テレビを視聴するときには今回ご紹介したようなTVユナイトⅡなどの機器を設置して視聴することで、ご本人も聞き取りやすくなり、ご家族もテレビの音量に悩むということもなくなると思います。興味のある方は是非ご視聴ください。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちら>

店