冬場におこる耳かけ式補聴器の結露による不具合は乾燥機を使って対策を【故障する前に強力乾燥】

結露

冬場に耳かけ式補聴器をお使いになっていて突然補聴器の音が聞こえなくなってしまうなどの不具合がおきたことはありませんか?寒くなると耳かけ式補聴器は本体と耳栓をつなぐチューブ内に結露がおきてしまうことあります。結露が原因の場合は乾燥機などを使って補聴器を乾かすと改善することがあります。あわてずに対処しましょう。

冬に補聴器が聞こえなくなる理由

夏の暑い日は汗をかくことが多くなるので、補聴器に汗が付着して一時的に聞こえなくなってしまったり、ひどいときには故障してしまうこともあります。毎日のお手入れはかかせない季節ですよね。冬になってやっとその心配をしなくてもいいと思っていたら、補聴器が突然聞こえなくなってしまった…汗もかいてないのにどうして?という経験をされた方もいらっしゃるかと思います。実は補聴器は冬でも気をつけてほしいことがあるのです。

それは寒くなると室内の窓ガラスにおこる結露と同じように、補聴器にも結露により水滴がたまり不具合が発生してしまうことがあるのです。それは主に耳かけ式の補聴器に発生します。

ではどこに水滴が発生するのかというと、本体と耳栓をつなぐ透明のチューブ内におきます。ここに水滴がたまってしまうことによって、音声が耳へ届かず、音が全く聞こえなかったり、聞こえてもボワンとしたはっきりとしない聞こえ方になってしまいます。

結露がおきる原因とタイミング

寒くなると暖房をつけてお部屋をあたためますよね。そうすると外の気温と室温に大きな差がでて室内の窓ガラスに水滴がたまってしまうことがあります。補聴器もそれと同じ現象です。朝起きて補聴器を耳へつけると、体温であたためられていきます。そしてその状態で外出をすると今度は外の冷気にさらされます。そのように温度差の大きい環境を行き来していると発生してしまうのがチューブ内の水滴です。多くは水滴を除去することで聞こえが回復しますが、放置すると故障してしまう場合もありますから注意しましょう。

窓ガラス

普段から結露対策をしましょう

結露は自然現象ですので発生させないようにするのは難しいですが、水滴がたまりにくくしたり、たまってしまった水滴を除去する方法があります。

チューブ内に糸を入れておく

普段から補聴器のチューブ内に木綿糸を入れておくと、結露が発生したときにはこの糸が水分を吸い取ってくれます。とても簡単で単純な方法ではありますが、これが実に効果的ですのでおすすめです。糸を入れても音声に影響はありませんので、安心して入れたままにしておいてください。入れ方がわからない場合は販売店へご相談ください。

よく乾燥させる

結露が原因で補聴器が聞こえなくなってしまったときは肉眼でも水滴がたまっていることがわかります。チューブ内に水がたまっていたらまずはよく乾燥させてみてください。できればチューブを本体からはずして水分を飛ばしてもらうのがよいのですが、よくやり方がわからない、すぐには販売店まで行かれないというときはしばらく乾燥ケースに入れたり、乾燥機にかけたりして水滴を乾かすようにしましょう。本体の故障でなければこれだけで元通りに聞こえるようになります。

強力な補聴器専用乾燥機D-Dry

乾燥機

冬は結露の乾燥、夏は汗を乾燥と1年中活躍するのが、補聴器メーカー・フォナック社から発売されている補聴器専用の乾燥機D-Dryです。強力な乾燥と紫外線ランプによる除菌が行えますので補聴器を使用後はこの乾燥機に入れてよく乾燥させましょう。

特徴
  • 温風対流により補聴器を乾燥
  • UV-Cライトによる除菌効果で感染症のリスクを軽減
  • 乾燥終了後は自動で停止
  • 加熱防止機能付きの安心設計
  • フタを開けるとUV-C照射が止まる安全機能
  • 乾燥剤不要
  • USBのACアダプターからの電源供給仕様
仕様
  • 価格:12,000円
  • 総体寸法:幅150×奥行き72×高さ40.5mm
  • 内部寸法:幅85×奥行き53×高さ17mm
  • 本体重量:141グラム
  • 電力供給:5V電源アダプター・/USB ACアダプター
タイマー

まとめ

補聴器を使用中に音が聞こえなくなってしまうと、壊れてしまったとあわてた経験のある方も多いのではないでしょうか。暖房をつけるほど寒い日にはまずは結露を疑ってみてください。すぐに販売店へお持ちいただくのが一番ですが、すぐに行かれないときはよく乾燥させてたまった水分を除去しましょう。それでも回復しないときはメーカーでの修理が必要になります。また、耳あな式補聴器でもまれに内部に結露が起こることがあります。これは見ただけでは結露かどうかわかりませんが、乾燥させたほうがよいことは変わりませんので、まずは乾燥機等でよく乾かしみてください。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちら>

店