老人性難聴におすすめの骨伝導補聴器を教えてください【効果ありますか?】

骨伝導

 

骨伝導

老人性難聴になり骨伝導補聴器を使ってみたいけど効果ありますか?あればおすすめの骨伝導補聴器を教えてください。というご相談をうけることがあります。まず骨伝導補聴器とは鼓膜のない方などの伝音難聴に適している補聴器となります。加齢による難聴の場合は感音難聴ですので残念ながら骨伝導補聴器は装用しても効果がありません。購入の際はご自分の聴力の状態を知り、適切な補聴器を選択するようにしましょう。

難聴には3つの種類があります

耳の構造と聞こえの仕組みについて簡単に説明したいと思います。ご存知かもしれませんが、耳は外耳・中耳・内耳といって3つに区別されています。そしてこの3つの部位のどこに障害が起きてしまうのかによって難聴も3つのタイプにわかれるのです。(ご自身がどのタイプの難聴なのかを知るには耳鼻咽喉科を受診しましょう)

耳の構造

伝音難聴とは

外耳と中耳のどこかに障害があるために起こる難聴です。例えば鼓膜の損傷、奇形、急性中耳炎などが原因で聴力が低下します。医学的に治療できるケースもありますが、回復しない場合は補聴器を使って聴力を補います。

感音難聴とは

音を感じる内耳もしくは内耳以降の神経回路の障害により起こる難聴です。加齢や病気、長時間騒音下にいたことなどが原因で聴力が低下します。医学的な治療は困難です。補聴器を使用して生活の質を改善させます。突発性難聴、メニエール病による難聴、騒音性難聴なども感音難聴に含まれます。

混合性難聴とは

伝音難聴と感音難聴、両方の原因によって起こる難聴です。加齢による老人性難聴は、混合性難聴になっているケースが多くみられます。

医者

骨伝導補聴器とは

では骨伝導補聴器はなぜ伝音難聴にしか効果がないのか?その形状と仕組みについてご説明したいと思います。

形状について

骨伝導補聴器はメガネ型とカチューシャ型の2つの形状があります。

メガネ型(スターキー社)メガネ型装用

・カチューシャ型(スターキー社)

カチューシャ型装用

仕組みについて

人は普段から鼓膜を振動させて音を伝える気導音と、骨を通じて音を伝える骨導音の両方で音を聞いています。骨伝導補聴器はこの骨導音を利用していて、耳の後ろにある骨(乳様突起)に直接振動を伝えて内耳に音を伝達するというわけです。この場合、内耳は正常かそれに近い状態でなければなりません。老人性難聴の場合は内耳にも問題がありますので一般的な補聴器を使用したほうがよいのです。

骨伝導仕組み

スターキー社ホームページより引用

骨伝導補聴器の特徴

 耳をふさがない形状なので自分の声がひびかない
 装用しているうちにズレてしまうのでその都度直さなければならない
 耳の後ろの骨に強めにあてる必要があるため、装用時間が長いと痛くなる
 長期間使用すると補聴器をあてている部位がへこんでしまうことがある

骨伝導補聴器を使用している人の割合

日本国内における2017年の補聴器出荷台数は562,747台となっています。このうち骨伝導補聴器(メガネ型)は480台でした。骨伝導補聴器は特殊な補聴器ですので使用している方の割合も少ないことがわかります。

出荷台数

 

JapanTrack2018より引用

骨伝導で音を聞いていた作曲家ベートーベン説明2

まとめ

骨伝導補聴器は内耳の機能は正常だけど、外耳と中耳(音を伝える部分)に障害がある場合の難聴に適した補聴器です。内耳に障害のある老人性難聴には向いていません。よく通信販売などで骨伝導にすればよく聞こえるなどと記載された広告を見かけることがありますが、誰でも聞こえるわけではありませんのでくれぐれもご注意ください。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちら>

店