難聴になったら両方の耳に補聴器をつけると効果的です【人の耳が左右ある理由】

両方

 

両方

難聴になったら両方の耳に補聴器をつけたほうがより効果的なのをご存知でしょうか。人間の眼や手足は生まれたときから左右についていますよね。耳も同様に左右両方でバランスをとって音を聞き分けるために2つついているわけです。ですから両耳に補聴器をつけて聞いた方が音の方向や距離感がつかみやすく、騒がしい場所での会話も片耳装用に比べ聞き取りやすくなります。

両耳に補聴器を装用するメリット・デメリット

耳が左右にあるのは両耳から音声が聞こえていたほうが効果や利点が多いためです。補聴器をつけても健康な聴力に戻るわけではありませんので、難聴の方が片耳だけに補聴器をつけても効果は健聴者の半分以下です。少しでも聞こえやすくするためには両耳に補聴器をつけることが基本となります。

両耳装用のメリット
  • 音がする方向や距離感をつかみやすい
  • 騒がしい場所でも聞き取りやすい
  • 「両耳加算効果」で片耳で聞くより音を大きく感じる
両耳装用のデメリット
  • 補聴器の価格が倍になる

両耳装用と片耳装用の効果の比較

下の表は健康な聴力の方・難聴で補聴器を両耳装用している方、片耳のみ装用している方それぞれの聞こえ方を表しています。

両耳

静かなところでの会話でももちろん差はありますがとくに騒がしいところでの会話や、どこから音がしたのか方向を認識するという点では両耳装用と片耳装用に大きな違いがあることがわかります。

耳と脳とのつながりについて

音声が「聞こえる」ということは単純に耳だけの機能が働いているというわけではありません。脳の働きにも深く関係しています。音声を耳で受け取り脳に伝達し理解をしますので、左右の耳から音声が聞こえれば、左右の脳でバランスよく処理されるため最も聞きやすい状態となるわけなのです。

脳

言葉の聞き取り能力の低下について

下の表は実際に補聴器を使用している方で、両耳に装用している方の場合と、片耳のみで装用をしている方の場合での言葉を聞き取る力を比較したものです。片耳装用だった場合、補聴器をつけていなかったほうの耳では、言葉の聞き取り能力が次第に衰えていく場合があるという研究結果があります。

能

片耳だけに長年補聴器を使用していた場合は補聴器をつけていなかった耳の能力が落ちてしまっているのがわかります。これは聞こえなくなるということではなく、音は聞こえるけどうまく相手の言葉を聞き分けられないという状態です。これは聞こえていない状態が何年も経過したため、耳がお休みの状態になってしまっているためです。この状態になってからあわてて補聴器を両耳装用にしても、一度お休みしている耳を回復させるのはかなり難しくなります。

お客様からのご相談より

両耳装用にしようかな
7年前に購入した耳掛け式補聴器を片耳に使用しています。当時で25万円でした。最近補聴器の調子も悪く聞きづらいです。自分自身の聴力も落ちてきたように感じています。買い替えを考えているのですが両耳につけたほうがいいですか?また7年前と違い、現在は年金暮らしのため購入予算をおさえたいです。

 

では解決していきましょう

お客様のお耳とご使用中の補聴器の状態

 

  • 7年前は全体的に軽度難聴でしたが、現在は中度難聴程度になっている
  • 右耳と左耳ではどちらもほぼ同じくらいの聴力
  • ご使用中の補聴器も経年劣化により感度が低下している

 

7年前はまだ少し聞きにくい程度だったこともあり、片耳だけの装用をご希望でした。また装用している時間も会議のときだけ使用したいということでした。それが少しづつ聞き取りづらくなり、ここ2~3年は常に補聴器を装用しているという状況です。また補聴器そのものの感度も落ちてしまっている状態です。(補聴器の耐用年数は5年)

 

両耳装用と片耳装用のどちらにしたほうがいいか

そこで現在の聴力に合わせた新しい補聴器を試聴していただいた結果、片耳のみでも今までの補聴器よりは聞こえるようになりましたが、両耳につけて試聴するとさらに音に迫力がでて聞きやすいとのことでした。

ご予算について

こちらのお客様は当時で25万円の補聴器を使用されていました。新しく買い替えるとなると両耳で50万円かかるのかと思い悩んでおられたようです。今回はご予算を少しおさえ、片耳で15万円ぐらいで作れませんか?との事でした。そこでデンマークの補聴器メーカーGNリサウンドのエンヤ4(イヤモールド付き)を両耳でご提案いたしました。価格は補聴器が両耳で28万円とイヤモールド(耳栓)2万円で合計30万円です。ご予算内で作成でき、音量も力強く立体的に聞こえるとご満足いただいております。

ライフ

今まで使用されていたシーメンスシグニア補聴器の耳かけ式補聴器。軽度難聴用で小さくて目立たず、音のこもりが少ないタイプです。

エンヤ

こちらは今回ご注文いただいた補聴器です。聴力の状態から形状は大きくなり、耳栓も以前のゴム耳栓からイヤモールドになりました。安定感があり、音量もアップできますので、今後の聴力低下が起きた場合でも対応できます。

まとめ

耳は2つで1人前ですので、補聴器も両耳につけたほうが聞きやすくなるケースがほとんどです。ただしかかる費用も2倍になってしまうので予算オーバーの場合もありますし、両耳にはどうしてもつけたくないという方もいらっしゃいます。絶対に両耳でなければダメということではありませんが、聞こえ方は健康な耳の方の半分以下になってしまいます。ご予算や付け心地などを補聴器専門店でよく相談されてください。可能であればなるべく両耳装用を検討するとよいでしょう。

<関東補聴器へのお問い合わせご予約はこちらへ>

店