補聴器の寿命は購入後何年ぐらいですか?【経年劣化と聴力低下】

経年劣化

 

経年劣化

補聴器の寿命は一般的には購入後5年間といわれています。補聴器の部品劣化や、お使いになっている方の聴力低下、メーカーでの修理対応期間などを総合的に判断しての年数となっています。あくまでも目安ですので5年経過したからといって使用できなくなるわけではありませんし、反対に5年もたたずに聴力に合わなくなってしまうケースもあります。今回は寿命が5年といわれる理由と買い替えのポイントについてお話しします。

補聴器の寿命は5年程度

「補聴器は高価なのに5年しかもたないの?」という方や「補聴器は生活になくてはならない物だから5年も使えるなら有り難い」という方など5年という年数に対しての受け取り方は人それぞれですね。しかしここで気にとめていただきたいのは、5年経過したからといって使用できなくなったり絶対に買い替えなければいけないというわけではないということです。もし故障してしまっても修理可能であれば修理して使用できますし、5年経過していても聞こえ方にとくに問題ない場合はもちろんそのままご使用できます。ではなぜ補聴器の寿命が5年程度といわれるのか。それは以下のような理由があるのです。

障害者総合支援法における給付を参考にしているため

聴覚での障害者として認定をされると、各自治体から補聴器の交付をうけることができます。そして基本的には5年を経過するごとに新しい補聴器が支給されていくという仕組みになっています。(自治体により異なる場合もあります)一般の補聴器もこの基準に合わせて5年という目安となっています。

補聴器の経年劣化のため

補聴器は家電製品とは違い、医療機器であり精密につくられています。常に人の肌に密着させて使用しますので、汗や耳垢、皮脂汚れ、ホコリ、気温や体温変化などの影響を常に受けています。そのため内部へのダメージも大きく、年数が経つにつれ部品の動作不良が発生しやすくなります。

聴力の低下・耳の形状が変化するため

多くの方は年齢とともに少しずつ聴力が低下していきます。購入時よりも補聴器の音が小さいと感じたときは音量を調整することはできます。しかし機種によって限界はありますので、お使いの補聴器で対応できなくなってきたら、もっとパワーのある機種へ変更する必要があります。また、体型の変化により補聴器の形状が耳に合わなくなることもあります。例えば、体が痩せてしまうと耳も痩せますので補聴器がゆるくなったり、シワが増えたりして耳からズレやすくなってしまいます。このようなときは現在の耳の形状に合わせて作り直す必要がでてきます。

メーカーでの修理可能な期間が決まっているため

補聴器は各メーカーによりその後の修理対応期間というものが決められています。家電と同じように補聴器も定期的に新商品が発売され、それまであった機種は販売終了を迎えます。補聴器が故障してメーカーへ修理を依頼する場合、修理対応期間は販売終了後5年間もしくは6年間となります。それを過ぎてしまった機種は修理することができませんので買い替えるということになります。

 

左右

実際は何年ぐらい使用している方が多いのか

すでに補聴器をお使いになっている方は、実際には何年ぐらいで買い替えているのでしょうか。日本補聴器工業会が行った調査結果がありますのでご紹介しますね。

最も多いのが1~3年間、次に4~6年間となっています。買い替えた具体的な理由まではわかりませんが、6年以内に新調する方が半数以上いらっしゃるということがわかります。

 

以前お持ちの補聴器は何年間所有されていましたか?

買い替え

日本補聴器工業会JapanTrack2015より抜粋

買い替えを決めるポイントとは

では補聴器がどのような状態になったら新調したらよいのか。当社でお客様が買い替えをお決めになられた一例をご紹介いたしますので参考になさってください。

例1) 聴力が大幅に低下した場合(T様・82歳・女性)
  • 7年間ご使用されて買い替えへ
  • 以前は軽度難聴だったが、加齢により聴力が少しずつ低下
  • 度々音の調整を加えながら使用していたが、音量アップの限界
  • 十分な音量を確保できるカナルサイズの補聴器へ変更

サイズ変更

 

例2)脳梗塞による後遺症による場合(M様・74歳・男性)
  • 2年間ご使用されて買い替えへ
  • 最初の補聴器作成後に脳梗塞を患い、その後みるみる聴力が低下
  • 補聴器の音量アップ限界
  • 後遺症により手がうまく動かないため持ちやすい大きなサイズの補聴器へ変更

軽度から高度へ

 

例3)故障してしまった場合(I様・85歳・女性)
  • 11年間ご使用されて買い替えへ
  • 音が出たり止まったりを繰り返すようになり、ついには完全に断音
  • 修理期間満了機種のため修理出来ず
  • 形状は今までと同じようなタイプをご希望

NJHカナル

 

例4)よりよい機能を求めた場合その1(A様・62歳・男性)
  • 4年間ご使用されて買い替えへ
  • 今までの補聴器はスポーツ時に汗をかくと度々故障していた
  • 強力な防水タイプの補聴器が発売されたため買い増し
  • 今までの補聴器は予備にする

ぼうすいへ

<防水聴器について詳しくはこちら>

 

例5)よりよい機能を求めた場合その2(H様・54歳・男性)
  • 2年間ご使用されて買い替えへ
  • 電池の交換が面倒だと感じていた
  • 充電式補聴器が新発売されたので買い増し
  • 今までの補聴器はご自宅用、充電式補聴器は職場用と使い分けてご使用

充電タイプへ

<充電式補聴器について詳しくはこちら>

 

例6)快適さを求めた場合(S様・75歳・女性)
  • 5年間ご使用されて買い替えへ
  • 軽い着け心地が気にいっていたが、メガネやマスクが干渉し邪魔な事も
  • 補聴器全体が耳穴に入るタイプをご提案
  • より補聴効果をあげるため両耳装用へ

ライフからCIC

まとめ

補聴器は年数が経過するほど故障のリスクも高くなりますし、聴力の変動などから壊れていなくても耳に合わなくなることもあります。様々な不具合は調整や修理で解決できることが多いですが「最近とくに聞こえが悪い」「耳からズレやすくなってきた」など気になることが出てきたら交換の時期かもしれません。そのひとつの目安として「寿命は5年」と気にとめておかれるとよいかと思います。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちら>

店