補聴器は価格が高いと聞いたけど10万円以下で購入できる機種はありませんか?【ご予算をおさえたい方へ】

10万円以下で購入

10万円以下で購入

聞こえが悪くなってきたので補聴器を購入したいけどすでに補聴器を使用している知人に聞いたら80万円もしたと聞いてびっくり。価格が高くてとても手がでないけどこのままでは聞こえづらくて困る…。もっと価格の安い補聴器はないのかな…。こんな方には10万円以下で購入できる機種がありますのでご相談ください。もちろん高価格のものと比べると性能面は劣りますが、安いといっても集音器のようなまがい物ではなくきちんと安全基準をクリアした補聴器ですので安心してご使用になれます。なるべくご予算をおさえたい方におすすめの補聴器をご紹介いたしますので価格面でお悩みの場合は是非参考になさってください。

補聴器の平均価格について

みなさんは補聴器の平均価格ってどのくらいかご存知でしょうか。各補聴器メーカーからたくさんの機種が販売されていますが、日本では1台(片耳)で5万円~50万円ぐらいまでとかなり幅広い価格が設定されています。

日本補聴器工業会という団体が行った調査によると、補聴器1台の購入価格は10万円~20万円という方が最も多いという結果が報告されています。

さきほどの80万円の補聴器というのは2台分(両耳)の価格で、さらに最上位機種をご使用になられているということでしょう。お使いになる方の生活環境やお考えによっても選択する機種は違いますが、一般的にはこの10万円~20万円という価格をひとつの目安として検討されるとよいのではないでしょうか。

今回のご相談は10万円以下で作成したいということですので、価格による性能の違いとおすすめの機種をご紹介していきたいと思います。

メンテナンス

補聴器の価格の違いについて

では価格の高い機種と安い機種ではなにが違うのかを簡単にご説明したいと思います。補聴器のカタログをご覧になったことがある方はご存知かもしれませんが、同じ種類の補聴器であればランクが変わっても見た目は変わりません。ですからカタログのページをめくっても値段が違うだけで商品の写真はほぼ同じですからなにが違うのかわかりづらいかもしれません。補聴器は服や靴などと違ってデザインや素材の差は少なく、主に中身の性能の違いが価格を決定しています。

例えばGNリサウンドというメーカーの耳かけ式補聴器【リサウンド・リンクスクアトロシリーズ】ですと、価格が3つのランクに分かれています。下のグラフを見ていただきたいのですが、最上位機種の機能を満点とするとランクが落ちるにつれて、音質や騒がしい環境での聞こえ方、環境に合わせた聞こえ方の自動調整機能などが劣るということがお分かりになるかと思います。

価格が高い補聴器でも安い補聴器でも音声は大きくなるわけですが、その音質のなめらかさや、周囲の環境音がうるさくないように雑音を抑制する力などに大きな差が生まれるというわけです。

リサウンド・リンクスクアトロシリーズ耳かけ式補聴器の場合

GNロゴ

 

【リサウンド・リンクスクアトロ9】 

¥510,000(片耳)¥918,000(両耳)

おすすめ補聴器 リサウンドエンツォ3D 高度難聴

 

【リサウンド・リンクスクアトロ7】

¥330,000(片耳)¥594,000(両耳)

おすすめ補聴器 リサウンドエンツォ3D 高度難聴

 

【リサウンド・リンクスクアトロ5】 

¥220,000(片耳)¥396,000(両耳)

おすすめ補聴器 リサウンドエンツォ3D 高度難聴

※価格は2020年6月現在

片耳10万円以下で購入できるおすすめの補聴器はこれ

GNロゴ

【リサウンド・エンヤ2耳かけ式補聴器】

エンヤ88カラー

¥88,000(片耳)

エンヤ2

こちらは軽度~高度難聴までの幅広い聴力に対応できる耳かけ式補聴器になります。先ほどご紹介したクアトロシリーズと比較すると性能は劣りますが、なるべくご予算をおさえて作成したい方や、予備の補聴器としてお持ちになりたい方におすすめです。

本体のほかに別途、耳栓(イヤモールド)が必要ですのでこちらが10,000円となります。本体と合わせて合計98,000円で作成することができます。

<イヤモールドとは?オーダーメイド耳栓についてはこちらへ>

  • 補聴器本体¥88,000
  • 耳栓(イヤモールド)¥10,000
  •  合計 ¥98,000(片耳) ※消費税はかかりません

※価格は2020年6月現在

できれば耳穴式がいいという方にはこれ

シグニア

【インティス3シリーズ】

おすすめ補聴器 低価格 インティス3耳穴式

¥110,000(片耳)

予算は10万円ぐらいだけど、耳かけ式補聴器は目立つから嫌だという方には耳穴式補聴器もあります。こちらは完全オーダーメイドの補聴器となります。全体が耳穴におさまりますので補聴器をしていることが目立たず、メガネやマスク等の邪魔にもなりません。こちらも軽度~高度難聴まで対応可能です。

価格は ¥110,000(片耳) で作成することができます。ご予算から1万円オーバーしてしまいますが、どうしても耳穴式がいいという方にはこちらがおすすめです。

※価格は2020年6月現在

まとめ

補聴器は価格が高いというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、性能とその価格はかなり幅広く設定されています。

  • なるべく予算をおさえて作成したい
  • 安いものがいいけど通販で売ってる集音器では不安
  • 初めて補聴器をするので安いもので様子をみたい
  • 予備の補聴器にするのであまり高性能なものは必要ない

このような場合は当社関東補聴器までご相談ください。ご予算も含めお使いになる方にとって最適な補聴器を一緒に選んでいきましょう。

<関東補聴器へのお問合せ・ご予約はこちらへ>

補聴器 両耳 片耳 おすすめ