言葉がはっきりしない方必見!【最新の補聴器はここまでできる】

補聴器のお悩みの常に上位にランクインする【言葉のききとり】は、「言葉がもやもやしてすっきり聞こえない」など人によって表現の仕方はさまざまですが、ききとりに問題のない方にはなかなかわかってもらえない悩みなのです。

言葉のききとりの難しさ

言葉のききとりを測定したことがありますか?
当店では補聴器購入前に聴力とともに言葉のききとりのテストを行います。

簡単に言えば『あ』と発音されたものが『あ』と聞き取れるかというテストです。
語音が十分聞き取れる大きいレベルで与えられたときの最高の正解率を調べます。

実際にテストを行うと聴力はさほど悪くなくても 聞き分ける力の落ちてしまっている人。
逆に聴力は補聴器を手放せないほどであるにもかかわらず 聞き分ける力のある人がいます。

 

補聴器で効果が期待できる方

補聴器を購入する前にこのテストをするのには大きな意味があります。なぜなら、聞き分ける力が極端に落ちてしまっている方は補聴器を使っても、コミュニケーション能力が上がらず 視覚的情報をプラスするなど周りの協力とトレーニングが必要になってくるからです。

100%~80% 聴覚のみで会話を容易に理解できる
80%~60% 家庭の日常会話、普通の会話はほとんど理解可能であるが、不慣れな話題は注意の集中が必要
60%~40% 日常会話で内容を正確に理解できないことがしばしばある。重要な内容は確認やメモの併用が必要
40%~20% 日常会話においても読話や筆談が必要

適合機種で調整を行えば音に関してはきちんと届きますが、言葉として聞き分ける力が落ちてしまっているので補聴器では解決できないことをカウンセリングで説明し納得して頂く必要があると考えます。

言葉のききとり正解率と補聴器装用時のコミュニケーション能力

 

補聴器を使えば、ききとりも改善すると期待してしまいがちですが、あくまで補聴器は音を補う機械です。
声を張り上げずとも ご自身の最高の正解率が出せるよう補聴器を調整していくことになります。

一方、補聴器各メーカーは ユーザーにとって言葉のききとりがよくなるように あらゆる角度から研究をしています。
販売店でフィッテングソフトを用いて、500Hz~3000Hz程度の会話の音域で60dB程度の会話の大きさの音が入ったときの音量を増幅する。というのが一般的ですが、ここからは各メーカーが言葉のききとりの良さを追求した最新の機能を紹介します。

最近の補聴器の技術

環境に応じて自動的に聞きやすい音量に調節する

 

 

話す人(前方)にマイクをフォーカスし、周りのから入る音量を小さく抑える

 

 

会話と雑音が混在する場合に雑音を除去し、会話を効果的に抽出する

 

 

環境を認識し、話のする方向を見極め入力音に差をつける

 

 

 

静かな環境下でのことばの抑揚を大きくつける

 

 

 

テレビや携帯電話の音声をダイレクトに補聴器に届ける

 

 

アプリの機能を使って自分でききとりやすい音を工夫する

 

まとめ

一度落ちてしまった言葉のききとり能力が容易に回復することがない事をお伝えするのは大変つらいことでありますが、残った能力を効果的に引き出す工夫がいくつも搭載された補聴器があるのです。

聞き取りやすい夢のような補聴器があるなら一度試聴してみたいとお思いでしょう。しかしながら、それはかなわないことが多いのです。なぜなら、その違いは微妙ですから 補聴器が初めての方では半年くらいかけて音に慣れ、十分に音を耳に入れてやっと実生活でききとりの良さを実感するものだからです。

例えば、エアコンや車の走行音など生活音が使い心地にどのような影響を及ぼしているか?使い続けることが出来そうか?など試してすぐにわかることもあります。一度お試し頂いた上で 半年後の聞こえを想像してみて下さい!!

ここまでの話では、有名メーカーの開発した最新の機能を搭載した高級な補聴器が一番よいと感じるかもしれませんが、ご存知の通り技術の進歩は目覚ましく新しい機種には基本性能を重視した比較的低価格のタイプであっても搭載されているききとりにフォーカスした機能もありますのでご安心ください。

お求めの補聴器をどう調整しお客様の希望に合わせるかというのは、経験とお客様・お店側双方に熱意が必要なことはいうまでもありません。よい補聴器と巡り合うことと同様によい販売店と巡り合うことが大切です。

 

当店は豊かな経験と実績で補聴器選びのお手伝いを致します。

 

〈関東補聴器への問い合わせはこちらから〉

各店舗