オーダーメイド耳栓イヤプラグで大きな音から耳を守る【失った聴力は戻らない!】

オーダーメイド耳栓カラー おしゃれ耳栓

オーダーメイド耳栓カラー おしゃれ耳栓

音から耳を守るには耳栓を使用することが重要です。その耳栓もあなたの耳型に合わせて作成するオーダーメイド耳栓ならば装着感や安定感はバッチリです。
強大音を長時間聞くことで難聴になるリスクが高まることがWHOから発表されています。
オーダーメイド耳栓を使用し、長時間の耳栓使用でもストレスなく強大音を防ぎ、難聴のリスクを回避できるならば検討する必要があるかもしれません。
一度失ってしまった聴力を正常に戻すことは難しいといわれています。
強大音による難聴リスクやオーダーメイド耳栓について詳しく解説していきます。

強大音による難聴

強大音による難聴は、専門的に音響性外傷と呼ばれ若年層にて増加傾向にあるといわれています。
強大音のする職場や趣味、耳を酷使する職業の方などは注意が必要です。
ライブや野外フェス、長時間のヘッドホン使用など難聴になるリスクがありますね。

瞬間的に強大音にさらされる場合

爆発音や破裂音など瞬間的に強大音にさらされた場合、耳鳴りが起こったり、気分が悪くなったり、めまいを起こす場合もあります。
耳が詰まったようなような聞こえになったり、耳鳴りがいつまでもしているなど自覚症状があります。
早期に医療機関に相談する必要があります。
ほんの一瞬の強大音で耳に多大なダメージを受けて難聴になるケースもあります。

長時間慢性的に強大音にさらされる場合

職業的に強大音の中で作業をしたり、大音量の音楽を流している場合など強烈な音量でなくとも慢性的に長時間大きな音量下に耳がさらされることで徐々にダメージが蓄積されていきます。
徐々に蓄積され、難聴になっていくため自覚症状が少ないのが特徴です。
そのため医療機関を受診するタイミングが遅くなってしまう傾向があるので注意してください。
近年問題視されているのがイヤホンやヘッドホンによるモバイル音楽による「スマホ難聴」です。
スマホにイヤホンをつなぎ、通勤や通学でつい長時間大音量で音楽を聞いてしまう方が多いのです。

壊れた耳の細胞は戻らない

強大音により耳の中、内耳の奥にある蝸牛という器官にダメージが及びます。
下記の画像にあるカタツムリのような器官が「蝸牛」と呼ばれます。

オーダーメイド耳栓カラー おしゃれ耳栓

この蝸牛の内部には有毛細胞という毛のようなものが無数にありますが強大音のダメージでこの有毛細胞が途中で切れてしまったり抜けてしまったりして難聴になってしまうのです。
この有毛細胞は、再生することが不可能といわれていますので失ってしまうと戻すことはできません。

強大音による異変を感じたら

強大音による異変を感じたら早急に医療機関を受診しましょう。

 耳鳴りが何日経っても収まらない
 耳が詰まったような聞こえ
 めまいやふらつきなどが起こる
 周囲からの呼びかけがわからない

強大音の後、上記のようなことを感じたら音響性外傷の可能性も否定できません。

強大音から耳を守る耳栓

強大音から耳を守るためには、まず第一に耳栓の使用が効果的です。
耳栓やイヤーマフは強大音下の仕事などでは、耳を守るために必要です。
直接強大音が耳から入ってこないように耳栓により遮音し、減音することが目的ですね。
しかし、残念ながら「わかってはいるけど…」耳栓を使用している方が少ないのも事実なんですね。
なぜ、わかってはいるのに耳栓の使用率が低く音響性外傷になってしまうのでしょうか?

なぜ耳栓使用率が少ないのか

なぜ耳栓使用率が少ないのか、我々が日々補聴器や聞こえのお悩みを伺っている経験からお話します。

耳栓が耳に合わなく長時間は不快感がある
簡単に抜けてしまうので気になってわずらわしい
つけたり外したりがいちいち面倒くさい
耳に入れている違和感があり気が散る

このようなことで「わかってはいるが…」耳栓を使用せず、後々難聴になってしまった相談をお伺いすることがあります。

耳栓使用率が低い理由を解決

上記のように耳栓使用率が低い理由を克服するのが「オーダーメイド耳栓」です!
オーダーメイド耳栓は、あなたの耳穴の型を採取し型通りに作成します。まるで入れ歯のようですが…。
オーダーメイドにすることで上記の理由が解消できるのです。

耳栓が耳に合わなく長時間は不快感がある

<解決します!>

耳穴の型通りなのでピッタリしているため違和感がなく長時間の使用も問題ない

簡単に抜けてしまうので気になってわずらわしい

<解決します!>

耳穴は通常だれでもカーブしているため耳型通りならばカーブにフィットして抜け落ちることはありません。

つけたり外したりがいちいち面倒くさい

<解決します!>

自分の耳型通りなので脱着もしやすく装着後の落ち着きは格別に良い

耳に入れている違和感があり気が散る

<解決します!>

既製品と違いオーダーメイドのためしっかりフィットし違和感もなく気にならない

耳型に合わせるとはどういうこと?

耳型に合わせるとは、入れ歯と同様、耳の穴の型を取り型を元に作成するということです。
耳型を採取するためには、特別な道具や繊細な技術が必要であり、安全に行われなければなりません。
そのため、補聴器専門店で耳型採取を行うことを強くおすすめします。
では、どのように耳型採取が行われるのか手順を下記のリンクで解説します。

<耳型採取の手順など詳しくはこちら>

オリジナルオーダーメイド耳栓の紹介

関東補聴器では、補聴器専門店として耳型採取はもちろん各種耳栓やイヤモールドを作成しています。
創業30年以上の歴史を礎に技術を磨いてまいりました。
関東補聴器で販売しているオーダーメイド耳栓をご紹介します。

価格 15,000円

納期 1週間

オーダーメイド耳栓 難聴予防 強大音

お好みのカラーを選択することも可能です。下記がカラーサンプルです。
関東補聴器 各店舗に実物のカラーサンプルもございます。

オーダーメイド耳栓カラー おしゃれ耳栓

オーダーメイド耳栓カラー おしゃれ耳栓

 

特徴

専用の音響フィルターを内蔵し、完全遮音ではなく「減音」することも可能となっています。

オーダーメイド耳栓で大きな音から耳を守るのまとめ

大きな音がする環境や長時間の強大音による音楽のリスニングなどは耳の細胞にダメージを与えて難聴になるリスクが高まります。
イヤホンやヘッドホンでのリスニングは、長時間はさけ、適度に耳に休息を与えることを忘れずに行いましょう。
そして、仕事や趣味で強大音に耳がさらされる場合は、耳栓などで耳を守り難聴のリスクに備えてください。
今は大丈夫と思っていても、加齢により以前のダメージから難聴になることも少なくありません。
一度失った聴力は戻りません。
後悔しないためにも、耳栓を使用して予防しましょう。
耳栓の長時間使用や快適さをお求めの方は、オーダーメイド耳栓が最適です。
オーダーメイド耳栓で強大音から耳を守りましょう。ご注文は関東補聴器各店舗で承っております。

関東補聴器では耳型採取も安全に的確に行うことができます。
きこえの相談や補聴器・各種耳栓の相談など気軽にお問い合わせください。

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

補聴器 両耳 片耳 おすすめ

 

オーダーメイド耳栓カラー おしゃれ耳栓

補聴器は不快感がないか気になるしフィット感はどうなのか?【気になる疑問にお応え!】

補聴器 不快感 フィット感

 

補聴器 不快感 フィット感

補聴器は、歯と同じように皆さまの耳穴の型を採りオーダーメイドで作成していきます。ピッタリ耳に合いますので不快感はありません。フィット感もばっちりです。
また、近年の補聴器はオープンタイプという新タイプが開発され耳の中の異物感や閉塞感が大幅に改善されましたので不快感などは気になりません。
補聴器は耳に装着して不快感がないのか、フィット感が悪くないのか疑問をお持ちの皆さまは多いかもしれませんね。
不快感やフィット感に関するお話をしていきたいと思います。

耳の穴の形に合わせるとは

耳の穴は、大きな方や小さな方・上向きの方や下向きの方・・・など十人十色です。
耳穴にピッタリ合ってない補聴器では不快感や異物感があることは当然ですよね。
そのため、補聴器はあなたの耳穴の型を採取して耳型に合わせて作成するものなのです。
入れ歯に例えられることが多いのですが、歯も型を採取し歯型に合わせて作成しますよね?それと同様なイメージです。
左右で耳のサイズも違いますし、性別や年齢によっても変わります。よって、耳穴に合わせるということはとても重要なことなのです。

どのように耳型を採取するのでしょう?

耳型を採取するとはどのようなことを行うのか説明しますと、耳の穴に粘土のような材料を流し込み数分後、固まったら完成です。
歯型を採取するのと基本的に違いはありませんね。
しかし、耳穴は小さく・暗く・曲がっています。安全かつ適切に耳型を採取するには高い技術が必要になりますので注意が必要です。

<耳型採取の手順について詳しくはこちら>

フィット感が悪いのは聞こえも悪い

補聴器は、耳にピッタリとフィットしていなければ隙間ができて音が外に漏れてしまったりして聞こえ方が不十分になってしまいます。
また、耳穴は真っ直ぐではなく曲がっている方が多くピッタリとフィットしていないと「音の出口=出音口」が曲がっている皮膚にぶつかって塞いでしまい聞こえが悪くなってしまいます。
キッチリとフィットした補聴器ならばズレて隙間があくこともなく、出音口もしっかり鼓膜面へ向かいますので聞こえも良い状態を確保できますよね。

通常流れ

 

通信販売や既製品ではフィット感に不満

耳の穴は十人十色と説明しましたが、通信販売や既製品では各々の耳の穴にピッタリと合わせるのは不可能であることは容易に想像できると思います。
最初は、フィット感や不快感をあまり感じなくとも長時間装着すれば必ずそのような不具合は出てくるものです。
また、耳にきちんと合っていない通信販売や既製品商品を使用して余計に耳を傷めてしまったり思わぬ事態になってしまうこともあるので注意が必要ですね。

耳型に合わせて作成するオーダーメイド耳穴式補聴器

耳穴式補聴器には、難聴の程度に合わせて形状や機能など複数存在します。その中でご自身の聴力の状態、使用スタイル、機能など納得できる商品を選びます。
また、耳穴の形状によって作成できない商品もありますので補聴器専門家にしっかり相談して選択していくことが大切です。
オーダーメイド耳穴式補聴器は大きく分けて3つの形状があります。

極小タイプ
標準タイプ
パワータイプ

メーカーによって呼び方は違いますが大まかにこの3つの形状があります。

極小タイプ

文字通り「極小」ですから耳穴の奥に入り、外から見えにくいという特徴があります。
補聴器を使用していることを知られたくないという方はこちらのタイプがおすすめですね。
しかしながら、「極小」ゆえの欠点として、サイズの大きい高出力パワーの部品を搭載できないため難聴の程度が重い方には不向きです。
また、電池も小さいため電池寿命が短くなってしまいます。

補聴器 不快感 フィット感

標準タイプ

オーダーメイド耳穴式補聴器の中で一番スタンダードな形状がこれです。
ほどよい大きさのため扱いもしやすく、パワータイプも用意されていますので難聴が重い方でも対応可能ですね。
機能面でもたくさんの機能搭載するスペースがあるため高機能高性能の商品が豊富に揃っています。

補聴器 不快感 フィット感

パワータイプ

形状が大きくなるため高出力ハイパワーの部品を搭載可能なのでかなり難聴が重い人まで対応することが可能。
電池サイズも大きいため電池寿命が長く交換の手間が省けますね。
あまり小さくて手先で扱いにくい方は、こちらの形状がおすすめかもしれませんよ。

補聴器 不快感 フィット感

密閉感を考慮した開放感がある外マイク型

GNリサウンドから発売されています外マイク型といわれるタイプは特殊な形状で開放感が大きな特徴です。
もちろん耳の型を採取し作成しますが、本体から集音マイクを分離し本体サイズも小さくなり、本体にゴルフボールのようなくぼみを作り肌への密着度を軽減させることが可能です。
そのため、耳に密着した感じが少なくなり開放感が最大の特徴です。
また大きな通気孔(ベント)を設けることで装用感を向上します。

補聴器 不快感 フィット感

補聴器 不快感 フィット感

耳掛け式でも型を合わせるイヤモールド

耳掛け式補聴器には特注耳栓イヤモールドを使用することにより、より耳にフィットし、不快感を緩和することができます。
補聴器本体は、文字通り耳の上に引っ掛けるのですが、耳の穴に入る耳栓をオーダーメイドで作成可能なのです。
この特注耳栓を「イヤモールド」と呼びます。
このイヤモールドの良し悪しによりフィット感や不快感、聞こえ方も大きく違ってきます。

RICモールド 耳掛式補聴器 RICタイプ

関東補聴器では自社工場(ラボ)にてイヤモールドの作成も行っています。
創業以来33年の熟練の技工士の技で確かなイヤモールド作成をお約束します。

補聴器 ピーピー音 ハウリング 対策

<イヤモールドの問い合わせや注文はこちら>

補聴器のフィット感や不快感についてまとめ

補聴器は本来、使用する方の耳の穴の型を採取してピッタリ合わせて作成していきます。
自分の耳穴サイズにピッタリですからフィット感はバッチリOKです。
耳に入っている閉塞感などを緩和させるためにサイズやタイプ・加工も様々ありますので不快感も軽減できます。
そのためには、技術のしっかりした補聴器専門店で相談し、知識が豊富な専門店で品選びをすることをおすすめします。
通信販売や既製品の店頭購入は失敗する可能性が高いと言わざるをえません。
補聴器専門店で、きちんと相談し、納得できる補聴器選びをしましょうね。

補聴器 不快感 フィット感

関東補聴器全店に認定補聴器技能者が在籍しています。
皆さまからのご相談を無料にて承っていますので気軽にお問い合わせください。

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

店

祖母の補聴器から鳴るピーピー音はどうすれば直せますか?【ハウリング防止策】

祖母の

祖母の

祖母が使っている補聴器から頻繁にピーピーと音が鳴っているのですがどうすれば直せますか?とご相談をいただきました。補聴器がピーピー鳴る原因の多くは耳にきちんと装用できていない、耳垢がたまっている、補聴器が耳の形に合っていないなどといったケースがほとんどです。ピーピー音が「耳掃除をしたら直った」などの簡単なことで改善するケースもありますので以下を参考にしてハウリングを予防しましょう。

補聴器がピーピーと鳴ってしまう原因と対処法

「補聴器をつけていると、しょっちゅうピーピーと音がしている」これはご本人はもちろん周りのご家族も気になってついイライラしてしまうことがあるかもしれませんね。人によってはブーブーする、キーキーするといった表現になることもあります。いずれもハウリングと呼ぶのですが、これには考えられる原因がいくつか挙げられます。

耳の中に耳垢がたくさんたまっている

高齢になるとご自身では耳掃除がうまく出来ずにたくさん耳垢がたまってしまうことがあります。人によっては固くなった耳垢が完全に耳をふさいでしまっていることもめずらしくありません。こうなるとせっかく補聴器で音を大きくして耳へ送っても、音が耳垢にぶつかって跳ね返りハウリングを起こしてしまいます。この場合は病院の耳鼻咽喉科で耳垢を除去してもらってから補聴器を使用してください。

耳ダレがたくさん出ている

なんらかの病気が原因で耳ダレが出ている場合は、先ほどの耳垢と同じように耳の中が耳ダレでふさがれてハウリングしてしまいます。補聴器が故障してしまう事もありますので、この場合も必ず病院へ行き、治療が済んでから補聴器を使用するようにしてください。

ちゃんと耳へ装用できていない

補聴器を耳にきちんと装用できていないと、音がうまく伝達されませんのでハウリングを起こします。ちゃんと入れたつもりでも曲がった角度で押し込んでいるだけだったりすることがあります。補聴器が落下する可能性もありますので、位置や向きを再確認してきちんと装用できるようにしましょう。

補聴器が耳の形に合っていない

補聴器は基本的にお使いになる方の耳の型を採り、きちんと耳にあわせて作成します。型を採らない既製品の補聴器ではゆるすぎたり、逆にきつくて耳へ入っていないこともありハウリングを起こします。また、耳の型を採って作成した場合でも、身体が痩せることでゆるくなってしまうこともあります。最初は問題なかったのに、ここ最近になってピーピー鳴るようになった場合は現在の耳の形に合わなくなっている可能性が考えられます。補聴器の買い替えを検討しましょう。

補聴器に破損や故障がある

補聴器は小さな部品ですので、パッと見ただけでは破損していることに気がつかないこともあります。お店で部品を交換しただけですぐに改善されることもありますので販売店に相談をしてみてください。また、まれに補聴器内部の不具合によりハウリングを起こしていることもあります。この場合はメーカーへ修理を依頼する必要があります。

補聴器がハウリングする仕組み

では補聴器がピーピーとハウリングをしているときはどんな状態になってしまっているからなのか?補聴器の音の伝わり方を簡単にご説明しますね。

補聴器の通常の音の流れ

通常流れ

通常は①のマイクで周囲の音を集め、②のアンプで音声処理をし、③のレシーバーから出た音を聞くという流れになります。これは補聴器に限らず、講演会などで使う普通のマイクと同じ仕組みですね。

 

補聴器がハウリングを起こしているときの音の流れ

ハウリング起きている

通常の①→②→③の流れの後に、レシーバーから出た音が耳から漏れてしまうことで、その音をマイクで拾ってしまい、①から④の流れが繰り返されることでハウリングが起きてしまいます。カラオケのマイクをスピーカーに近づけるとピーと鳴るのと同じ状態です。

また、難聴が重いほど補聴器から出る音も大きくなっていますから、ハウリングの音も大きくなります。例えば軽度難聴の方はハウリングをしたとしても小さいピーピー音ですが、重度難聴の方の場合はかなり大きなピーピー音で聞こえます。

ハウリング抑制機能がついています

以前のアナログ補聴器の時代とは違い、最近の補聴器はハウリングを抑える機能がついていますので、昔に比べるとピーピー音が鳴ることは少なくなりました。ウルトラDFS、ハウリングストッパー、ホイッスルブロックなど、各メーカーによって呼び名は違いますが、デジタル補聴器のほとんどの機種に搭載されています。それでもさきほどのように、ちゃんと装用できていなかったり、耳垢がある場合などはハウリングが発生しやすくなります。ハウリング防止

ハウリングを防ぎにくい状況もあります

きちんと装用もできていて、補聴器の故障もないのに以下のようにハウリングが起きることもあります。これは防ぎにくい状況ですので、補聴器の不具合等ではありません。

補聴器を耳に装用しようとしているとき

補聴器がきちんと耳穴へ入るまではピーピー音が鳴ることがあります。この場合はしっかり耳へ装用してしまえば止まりますので問題ありません。

装用していないのに補聴器の電源を入れたままにしているとき

電源を入れたままの補聴器をテーブルの上に置いたり、ポケットの中や保管ケースなどにしまっているとピーピー鳴ることがあります。使用しないときは補聴器の電源を切っておいてください。

電話をしているとき

補聴器をしたまま電話をするとピーピー鳴ることがあります。ちなみに電話の場合は補聴器に頼るよりも、電話機の音量を大きくして直接聞いたほうが聞き取りやすいといわれています。もし補聴器をしたまま電話をしたいときは受話器の当て方にコツがいります。受話器を普通に耳へピタッと押し当ててしまうと補聴器に覆いかぶさりハウリングを起こしてしまいますから、耳穴式補聴器の場合は受話器を耳から少し離し、斜めに傾けるようにしてみてください。耳かけ式補聴器の場合は、耳の上に補聴器本体がありますので、やはり受話器は耳から少し離した状態で耳の上の補聴器へ向けます。持ち方をいろいろ試しながら、ハウリングを起こさずに聞きやすい位置を探してみてください。

帽子やヘルメットなどをかぶっているとき

補聴器は上から物がかぶさるとハウリングを起こすことがありますので、手をかざしたり帽子などで覆わないようにしましょう。また、ハウリングは音の調整により軽減することもありますので販売店で相談をしてください。

ピー

少しでもハウリングを抑えたい方におすすめのメーカー

GNロゴマーク

数あるメーカーの中から特にハウリングを抑える機能が優れているのが、世界6大メーカーのひとつであるGNリサウンドの補聴器です。以下のような方におすすめですので、購入の際は検討されてみてはいかがでしょうか。

  • 購入当初は良かったが最近になり頻繁にハウリングするようになってきた
  • 何度も販売店へ相談してもハウリングが止まらない
  • 初めて補聴器をつけるので少しでもピーピー鳴らないものにしたい
GNリサウンドのウルトラDFS(ハウリング抑制機能)

GNDFS

DFS

 

外マイク耳あな型ならハウリングが起きにくい

耳かけ型も耳あな型もGNリサウンドのほぼ全ての機種にハウリング抑制機能は搭載されていますが、今回は耳あな型の中でも特にハウリングの起きにくい外マイク耳あな型をご紹介します。通常の耳あな型補聴器とは違い、マイクだけを本体の外に出すことで小型化され、自然に近い方向感覚、ハウリングもしにくいという特徴があります。MIH反射

MIH

MIH装用

リサウンド・リンクス3D MIH-S/W

9シリーズ/\500,000(片耳)\900,000(両耳)

7シリーズ/\340,000(片耳)\612,000(両耳)

5シリーズ/\190,000(片耳)\342,000(両耳)

耳かけ型補聴器はイヤモールドで使用しましょう

耳かけ型補聴器がハウリングする原因の多くは耳栓にあります。既製のゴム耳栓でお使いになっている方にはイヤモールド(RICモールド)という、耳の形に合わせた耳栓に変えるとハウリングが止まることがあります。きちんと型を採り作成することで補聴器がずれにくく、耳のすき間から音が漏れないためです。イヤモールド代として1万円前後かかりますが、ピーピー鳴りやすい場合は補聴器専門店で相談し、作成されることをおすすめいたします。

EMハウリング防止

<耳型を採るとは?>

まとめ

補聴器のピーピー音を不快に思っている方も多いかと思います。装用中にずっとハウリングしている、ずっとではないけどよくハウリングをしているという場合はなにかしらの対策が必要です。補聴器専門店でしたら原因がわかると思いますので相談をされてみてください。また、周りのご家族には聞こえているのに、ご本人はハウリングしていることに気がついていないこともあります。まずはきちんと耳に装用できているか?耳掃除ができているか?を確認してあげてくださいね。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちら>

店舗

補聴器がピーピーとハウリングして困っている方へ【原因と対策法】

補聴器 ピーピー音 ハウリング 対策

補聴器 ピーピー音 ハウリング 対策

補聴器がピーピーとハウリングして困っている方が意外と多いんですよね。このピーピー音は使用者本人だけでなく周囲の人にもストレスになりますからしっかり原因を把握し、対策したいものです。
会社の上司やいつも一緒にいるパートナーの補聴器がピーピーとハウリングしていると周囲の方もどうしたらいいのか困ってしまいますよね。
なぜ補聴器がピーピーとハウリングするのか、どうしたら防げるのか解説しましょうね。

ピーピー音の正体はハウリング

ハウリングとは、スピーカーから出力された音をマイクが拾い、その音をまたスピーカーが再生するということを繰り返すと起こる現象のことをいいます。
カラオケをやる時にスピーカーにマイクを近づけるとピーっと反響音が起こりますよね。
これが、ハウリングです。
補聴器にもマイクとスピーカー(補聴器ではレシーバーと呼びます)が内蔵されていますので、このカラオケで起こるハウリングのリスクはあるのです。

補聴器で起こるハウリングの仕組みとは

補聴器は、マイクで拾った音声を大きく増幅してスピーカー(補聴器ではレシーバーと呼びます)から出力して耳の中に届けます。
このとき、耳穴に入った音が補聴器と耳穴の隙間から外に漏れて、また補聴器のマイクに入ってしまうと起こるのです。
そうです。
補聴器が耳からずれたり、隙間があいているとピーピー音、ハウリングが起こるのです。

パートナーの補聴器がハウリングしていたら

パートナーの補聴器がハウリングしていたら、補聴器がずれてしまっている可能性が高いのです。
そのままにしていて、自然にハウリングが収まることはありませんので使用者本人に教えてあげてください。
動いたり、触ったりしたためか補聴器がずれていると思われますのでしっかり装着しなおすように促すと良いでしょう。
きちんと耳穴に収まればハウリングは解消されますからね。

耳から外した補聴器がハウリングしている

よく補聴器使用者のご家族から質問されることですが、「外した補聴器が、机の上やケースの中でピーピーとスゴイ音を発している!」っと。
これは、補聴器の電源が入ったままになっているからです。
電源が入っていればスピーカー(補聴器ではレシーバーと呼びます)から増幅された音が出ていますのでマイクで拾ってしまいハウリングがおきます。先に解説した通りですから。
こんな場合は、きちんと電源を切りましょうね。

ハウリングの仕組みやハウリングが起こってしまったときの解消法を解説しました。

ただ、そもそもハウリングが起こらないようにすることが必要ですよね。
ハウリングを起こさないようにする対策法を、いよいよ紹介します。

そもそもハウリングさせない対策法

補聴器 ピーピー音 ハウリング 対策上記で解説したようにハウリングの原因は補聴器が耳穴からずれて音が外に漏れることで発生します。
では、補聴器がずれないようにすれば、ハウリングは起こらなくなります。
ずれないようにするためには、どのようにしたら良いのでしょうか。

耳型採取のオーダーメイド

耳穴からずれないようにするのに最も効果的な方法は、耳型採取を行い、自分の耳の形にあわせてピッタリ合わせて作成してしまうオーダーメイドです!
入れ歯に例えられることが多いのですが、ピタッと耳穴に収まります。
耳の穴は、大きな方や小さな方・曲がっている方や真っ直ぐな方・上向きな方や下向きの方…などなど十人十色です。
出来合いの補聴器やゴムの耳栓などでは、ずれてしまうことは容易に想像がつきますよね。

<補聴器の耳型採取について詳しくはこちら>

補聴器の耳型採取は重要

補聴器はカラオケの機材のような大きさではなく、超小型です。
小型であるためスピーカー(補聴器ではレシーバーと呼びます)とマイクの距離はとても近くにありますからハウリングのリスクはとても高いのです。
そのため、補聴器の耳型採取は、ハウリング回避のためにも、とても重要になってくるのです。

耳型採取には高度な技術が必要

耳型採取には、とても高度な技術が必要になります。
この型の取り方ひとつで、補聴器のハウリングリスクや聞こえ方、装用感などが決まってきます。
経験や技術がある補聴器専門店できちんとした耳型採取を行って、補聴器を作成することを強くおすすめします。
通信販売や店頭に並んでいる補聴器を安易に手にすると失敗する恐れもありますから注意してくださいね。

<通信販売の補聴器のリスクについて詳しくはこちら>

最新のデジタル技術でハウリングを抑制

最新のデジタル補聴器は、ハウリングを抑制する機能が搭載されています。
この機能を使うことでハウリングのリスクを軽減し、機械的な機能で抑制することもできるのです。
補聴器専門店で補聴器の微調整や機能設定を行ってくれますので、ハウリングのことは遠慮なく相談し、機能設定を微調整してもらうことも必要ですからね。

補聴器 ピーピー音 ハウリング 対策

 

オーダーメイド耳穴式補聴器紹介

関東補聴器で人気のオーダーメイド耳穴式補聴器を紹介しましょう。

メーカー シーメンスシグニア
商品名  プライマックス1 MC/MC312
価格   160,000円

シーメンス シグニア おすすめ補聴器補聴器 耳穴型オーダーメイド 南房総館山

あなたの耳型採取を行い作成するオーダーメイドです。
サイズも小さく耳穴に装着してしまえば、周囲から気付かれることはないでしょう。
軽度難聴から高度難聴まで対応できる幅広さも人気の理由。
もちろん、ハウリング抑制の機能も搭載していますので、機能設定とオーダーメイドでハウリングのリスクを極限まで抑えます。

耳掛け式補聴器はオーダーメイド耳栓

耳掛け式補聴器では、耳に入る耳栓を耳型採取を行い、オーダーメイド耳栓イヤモールドにすることで耳からずれることを防ぐことができます。
耳掛け式補聴器は、耳の上に補聴器本体が乗っかっていますので、動いてずれてしまうことがよくあります。
イヤモールドを使用することで耳栓がピッタリ収まって、ずれることを防止してくれます。

補聴器 ピーピー音 ハウリング 対策

オーダーメイド耳栓イヤモールド紹介

関東補聴器は自社ラボ(工場)完備ですので耳型採取からイヤモールド作成まで最速で作成可能です。
創業30年以上の歴史を背負い、専門技工士による匠の手技で作成するイヤモールドは皆さまから高い評価と支持をちょうだいしております。
お好みのカラーを選ぶこと(無料)もできますし、修正や再作もタイムリーに対応可能です。

補聴器 ピーピー音 ハウリング 対策

補聴器 ピーピー音 ハウリング 対策

価格 10,000円

最寄の関東補聴器各店で耳型採取を行い、ご注文いただけます。

耳穴も加齢と共に変化します

耳穴も加齢と共に、シワがよってきたり、皮膚がたるんできたりして変化してきます。
痩せたり太ったりしても耳穴は変形しますが、オーダーメイドした補聴器でも耳穴の皮膚の変化などでずれてくることがありますので、定期的に補聴器専門店で補聴器のメンテナンスも含めて観察&管理していくことが必要になってくることでしょう。
購入後、数年経過している補聴器は、オーダーメイドしたものでも合わなくなってハウリングが起こってくることがありますので注意が必要ですからね。

補聴器のハウリング対策についてまとめ

補聴器がピーピーするハウリングは、本人も含め周囲の方もとても不快ですよね。
原因は補聴器が耳からずれて音が外に漏れてしまっているからです。そのままにしていてもハウリングは収まりませんので周囲の方が気付いた時は、キッチリ耳に入れなおすように促してあげるとよいと思います。
そして、そもそも耳穴からずれないようにするのが最大の対策法ですよね。
そのためには、耳型採取を行い、耳穴にピッタリ合わせたオーダーメイドで作成することが最善の方法です。
信頼のおける補聴器専門店で耳型採取を行い、オーダーメイドで作成してもらいましょうね。

関東補聴器は30年以上の歴史と経験を持つ補聴器専門店です。
聞こえの悩み、補聴器の悩みは気軽にお問い合わせください。

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

補聴器 ピーピー音 ハウリング 対策

補聴器が耳穴が小さく外れたりズレたりする方へ【解決法を伝授!】

補聴器 小さい 小型 イヤホンはずれる

補聴器 小さい 小型 イヤホンはずれる

耳穴が小さくて補聴器やイヤホンが外れたり、ずれたりして不便を感じる方は耳型を採取して自分の耳型通りに作成するオーダーメイドのカスタム補聴器やカスタムイヤホンなら解決できます。
特に耳穴が小さい方は、既製品などはしっくりこないため強くおすすめします。
耳穴にしっかり納まっていなければ補聴器の効果は発揮できませんのでご注意くださいね。
耳穴が小さい方、外れやすい方の解決法を解説しましょう。

補聴器が耳から外れやすい耳穴の小さい方

女性の方や子供さんは耳穴が小さい方が多く補聴器やイヤホンがうまく入らず外れてしまったりずれてしまってストレスになるという相談を受けることがあります。
無理やり押し込んでも耳を傷めるだけですし、長時間の使用に耐えるのは難しいですよね。

補聴器が耳から外れる不満

このようなことでお悩みの方が多いようです。

 補聴器がゆるんでピーピー(ハウリング)する
 外れて紛失しそうで気がかり
 無理に押し込んだり押さえたりして痛い
 そもそもぴったりしないので良く聞こえない

このようなお悩みをうかがうことが多いですね。

耳の形に合わせることが大切

耳の大きさも個人個人違います。
耳穴の小さい方や細い方は、特に補聴器に限らずイヤホンなども耳から外れて不快な思いをされています。
耳の形に合わせることが問題解決の近道です。
補聴器専門店であなたの耳型採取を行いオーダーメイドで作成することをおすすめいたします。

<補聴器の耳型採取についてはこちら>

<オーダーメイドイヤホンについてはこちら>

オーダーメイド耳穴式補聴器

耳穴式補聴器は、耳型採取を行いあなたの耳に合わせたオンリーワン補聴器を作成できます。
耳穴が小さい方や細い方は、しっかり合わせることが重要ですね。
人気のオーダーメイド耳穴式補聴器を紹介しましょう。

プライマックス1 CIC(シーメンスシグニア)
価格 160,000円

軽度難聴から中等度難聴まで対応可能で、補聴器用電池の最小サイズPR536/10Aを使用しますので耳穴が小さく細い方でもしっかりと作り上げることができます。
関東補聴器でもとても満足度が高い補聴器のひとつです。

小さく

<プライマックスシリーズ性能など詳しくはこちら>

耳掛け型補聴器もオーダーメイド耳栓で

耳掛け型補聴器でも耳穴に入る耳栓部分をオーダーメイドで作成することが可能です。
オーダーメイド耳栓のことをイヤモールドと呼びます。
関東補聴器では自社ラボ完備ですので外部に作成依頼するのではなく自社でイヤモールドを作成していますのでお待たせいたしません。

<イヤモールドについて詳しくはこちら>

補聴器 小さい ずれない 

イヤモールド付き耳掛け式補聴器

耳穴の小さく細い方でもイヤモールドを使用すれば耳掛け型補聴器も使用できます。
耳型採取を行いイヤモールドを作成すれば外れたり、落下することはなくなりますね。
ワンランク上の使用感を体感できます。
人気の耳掛け式補聴器を紹介しましょう。

プライマックス1 Pure(シーメンスシグニア)
価格 140,000円+イヤモールド10,000円=150,000円

補聴器本体サイズは小さい上にスピーカー(レシーバ)を耳穴内部に配置する設計のためクリアな音質です。
軽度難聴から高度難聴までカバーできる万能型。専用のイヤモールド(RICモールド)を使えば耳穴が小さく細い方でもしっかりホールドでき満足度アップ間違いなし。

聴覚障害2級 仕事 目立たない補聴器

補聴器 小さい ずれない 

イヤホンもオーダーメイドでズレません

イヤホンも耳型採取インプレッションを行い、あなたの耳に合わせたオーダーメイドの耳栓を取り付けることであなた専用のオンリーワンイヤホンになり、ずれたり外れたりすることはなくなります。

近年オーダーメイドでイヤホンを作成する方が増えています。外れたりずれたりしてお悩みの方はご相談ください。

補聴器 小さい 小型 イヤホンはずれる

補聴器が外れる耳穴の小さい方へ

耳穴が小さくて細く補聴器やイヤホンが外れてします方は、補聴器専門店で耳型採取を行いオーダーメイドで作成すればお悩みの解決できると思いますよ。
耳型採取には技術と経験と知識が必要ですので信頼のおける補聴器専門店でお願いしましょう。

関東補聴器では、オーダーメイド補聴器はもちろんカスタムイヤホンの耳型採取も行っていますので気軽にお問い合わせください。

<お問い合わせはこちら>

創業32

耳穴式補聴器は専門店で購入することをおすすめします

耳穴式補聴器 専門店 耳型採取

耳穴式補聴器 専門店 耳型採取

耳穴式補聴器は耳型採取や調整・加工などの専門性を必要としますので、補聴器専門店で購入することをおすすめします。
補聴器は、店頭に並んでいるものを購入すればすべてOKという代物ではありません。
専門的な知識・技術・経験が最も重要ですのでやはり専門店が間違いないでしょうね。

耳穴式補聴器は耳型採取が基本

耳穴式補聴器は、あなたの耳穴に合わせて作成するのが一般的です。オーダーメイドですね。
耳型採取をしてあなたの耳にぴったり合うように作成します。
そのため、通信販売や既製品の耳穴式補聴器では満足できませんよね。

耳の穴に合っていない場合

耳の中にしっかり収まらず落下してしまう

・しっかり収まっていなければ音量も不十分

・隙間ができ音モレが起きてピーピー鳴ってしまう

・そもそも合っていないので装着感が悪く不快

耳型採取をしてあなたの耳型に合わせて作成することによりあなた専用のオーダーメイド補聴器が完成します。

<補聴器の耳型採取について詳しくはこちら>

補聴器 耳穴型オーダーメイド 南房総館山

通販や既製品補聴器と一味違うオーダーメイド耳穴式補聴器

通販の簡易型補聴器や集音器、既製品補聴器ではあなたの耳の形に合うことはないでしょう。
上記のような不具合が最初から予想されますので注意が必要になるのはお解かりいただけますよね。
そのようなカラクリがあるからこそ安価で提供されているわけです。

耳型採取をしたオーダーメイド耳穴式補聴器の場合

・入れ歯と同様、ピッタリしますのでズレて外れたり落下の心配なし

・隙間なく収まるので音量もしっかり確保

・音モレからくるピーピー音を防ぐ

・あなたの耳に合わせてありますので装用感も抜群に良い

 

耳型採取には高度な技術と豊富な経験が必須条件

耳型採取には、高度な技術が必要となります。この採取した耳型が悪いと「良い補聴器」が出来上がることはありません。また、凄腕の外科医のように豊富な経験に裏づけされた手技が重要になりますので、1ヶ月で1回しか耳型採取を行わない技術者と1ヶ月に10回行う技術者では同じ技術者でも腕前には大きな差が出るのは当然のことです。

耳穴式補聴器 専門店 耳型採取

補聴器専門店の経験数は兼業店とは比べ物にならない

補聴器は、兼業店と呼ばれるメガネ店や電気店などでも取り扱いがありますがメガネ店はメガネが専門ですから補聴器の経験は当然少ないでしょう。
電気店も同様ですよね。
補聴器専門店は補聴器のお客様しか対応していませんのでその経験数や内容は兼業店のそれとは、比較になりません。

補聴器専門店を強くすすめる理由

上記のような専門性が必要になりますので補聴器専門店を強くおすすめする理由がご理解いただけたと思います。
また、外出が困難な方に対応する「出張訪問サービス」も実施しているのでとても便利だと思います。

<出張訪問サービスについてはこちら>

完成した補聴器を調整するのも専門店の技術

完成した補聴器を各種測定結果に基づいて音量や音質・機能設定などの「調整」を施して、はじめて補聴器はあなた専用のオーダーメイド補聴器として出来上がるのです。
この「調整」にも、確かな知識や経験・技術が必要です。
補聴器専門店ならばきちんとした「調整」を行ってくれるはずです。

補聴器専門店で購入を強くおすすめすることのまとめ

補聴器は、店頭に並べてある商品を適当に買ってきて使うような商品ではありません。
ましてや通信販売などで購入するには危険がいっぱい。
耳型採取を行いきちんとあなたの耳に合わせる必要があります。
その「合わせる」という作業も高度な技術と経験・豊富な知識が必要になります。
耳型採取から始まり調整や不具合の解消などなど…。
兼業店よりも圧倒的に「技術」「知識」「経験」が豊富な補聴器専門店が安心です。

充電式補聴器 おすすめ 評判 話題 人気

創業30年以上の補聴器専門店、関東補聴器にご相談ください。
聞こえのこと、補聴器のこと、イヤホンやオリジナル耳栓イヤピースなどなどトータルサポートしています。
自社ラボ(工場)完備ですのでスピード対応可能です。

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

耳穴式補聴器 専門店 耳型採取

イヤモールドとは耳かけ式補聴器のオーダーメイド耳栓のことです【安定した聞こえ】

オーダー

 

オーダー

耳かけ式補聴器には耳栓をつけて使用しますが基本的にはイヤモールドと呼ばれるオーダーメイド耳栓を使用します。イヤモールドは耳の型を採り作成しますので既製のゴム耳栓に比べて耳からズレてしまうことやハウリングというピーピー音を予防することができるなど様々なメリットがあります。補聴器の安定した聞こえのためには必須アイテムとなります。

耳かけ式補聴器の耳栓種類について

耳掛け式補聴器をお使いになっている方はどんな耳栓をお使いでしょうか?補聴器購入時に付属されているゴム耳栓の場合、食事中や会話中にアゴが動くことにより耳も一緒に動きますので耳からずれてしまったり、ピーピー音がしたり、中には長期間の使用により耳穴が変形してしまっている方もいらっしゃいます。既製品のゴム耳栓ではこのような不具合が起きるケースがとても多いため、基本的には耳の型を採り作成する耳栓=イヤモールドをご使用になることをおすすめしています。

ゴム耳栓違い

イヤモールドの特徴について

EM装用時

 耳の型をとり作成するのでぴったり耳にフィットしズレにくい
 ピーピー音(ハウリング)を防止する
 万が一補聴器本体が耳から外れても、イヤモールドで支えているので落下しにくい
 価格は片耳8000円~12000円位

素材による違い

イヤモールドは素材によって用途や硬さなどが違います。大人でしたら一般的にはハードタイプをお使いの方が多いのではないでしょうか。

 ハード    硬く、抗菌性、耐久性がある・成人向け
 ソフト    柔らかいが、汚れやすく耐久性がない・児童向け
 サーモソフト 体温により柔らかくなる特殊なタイプ
 シリコン   アレルギーでかゆみ、かぶれが出てしまう方向け

形状による違い

大きさもお使いの方の耳の状態などに合わせて作成します。

 スタンダード 密閉度が高く重度難聴まで対応できる
 セミカナル  安定感が良い
 カナル    装用感が良く耳から出し入れしやすい
 ミニカナル  小型で軽い         
 スケルトン  特殊な加工により軽い着け心地になる
 RICモールド RIC補聴器専用でゴム耳栓より安定感がある

モールド

耳型はどうやって採るのですか?

お時間は片耳で5分~10分程度。材料が粘土のような素材ですので、注入したときに多少冷たい感じはありますが、痛みは全くありません。

ストッパー

ストッパーと呼ばれるスポンジを耳に入れます。少しガサガサした感じがします。

印象材

印象材という粘土のようなものを注入します。痛みはありませんが、少しだけ圧迫された感じがします。さきほどのスポンジで材料が奥まで入るのを防ぎますので鼓膜を傷つけることはありません。

待つ

固まるまで5分ほど待ちます。このあと1週間程度でイヤモールドが完成します。

関東補聴器オリジナルイヤモールド

関東補聴器では創業時よりイヤモールド作成の技工士が在籍しております。長年の経験による技術力で当社のお客様のイヤモールドはもちろんのこと、他社の補聴器店さんのイヤモールド製作も行っております。

このような方は関東補聴器でイヤモールドを作成してみませんか?

 今お使いの補聴器はそのままでイヤモールドだけ注文したい方
 ゴム耳栓によるズレやハウリングで困っている方
 すでにイヤモールドを使っているが痛い、ゆるい、古くて黄ばんできたなどお悩みの方
 きれいな色のイヤモールドをお探しの方

カラーカラー

喜ぶ夫婦

まとめ

耳かけ式補聴器は耳にきっちり合わせたものを使用することで音量感も上がり聞こえ方が安定します。耳に入れているつもりが入っていなくて聞こえなかったなどの失敗も少ないと思います。またすでにイヤモールドをお使いの方の場合でも身体が痩せたり、高齢の方はシワが増えたりすることでだんだんと耳の形状に合わなくなることもあります。新しくイヤモールドを変えることで不具合が解決することもありますので、ご希望の方は当社までご相談ください。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちらへ>

店

スポーツ中でも使える補聴器があります

スポーツ補聴器 防水 汗湿気

スポーツ補聴器 防水 汗湿気

スポーツ中でも使える補聴器はもちろんあります。
汗や湿気に強く、耳から外れない補聴器がありますから大丈夫です。
スポーツ中でも使える補聴器について説明しましょう。

スポーツ中に補聴器を外していた

スポーツ補聴器 防水 汗湿気スポーツ中に汗をかいたり、耳から外れてしまうので補聴器を外していた方は多いと思います。
しかし、音や会話が聞こえないとスポーツの楽しさは半減してしまいますよね~。

 合図や仲間との会話が聞こえない
 応援や音楽も聞こえない
 音の気配がないと孤独になる
 補聴器が故障や紛失しないか不安

補聴器を外してスポーツしている方は上記のようなことがあるんではないでしょうか?

なぜ補聴器を外していたのか

補聴器を外していたのには理由がありますよね。

 汗や湿気で故障してしまう
 屋外では突然の雨など
 耳から外れて紛失の恐れあり
 落下などによりプレーが一時中断

こんな理由があって補聴器を外していたのでは…。

スポーツ中に補聴器を使うのに大事なこと

スポーツ補聴器 防水 汗湿気スポーツ中に補聴器を使うためには大事なこと(大事な機能・大事なタイプ)がありますのでお伝えしましょうね。
上記のような理由で補聴器を外していた方は、スポーツ中でも補聴器を外さなくても大丈夫です。

汗や湿気、水分で故障しないために

補聴器の大敵は水分です。補聴器本体に汗や湿気が入ると内部部品に不具合が出て故障してしまうことがあります。

防水・防塵機能

最新の補聴器には防水・防塵機能を搭載している補聴器があります。
防水・防塵機能には国際基準がありとても性能が高いものとそうでないものがあります。
防水機能などについては下記のリンクで詳しく説明しましょう。

<防水補聴器についてはこちら>

スポーツ補聴器 防水 汗湿気

耳から補聴器が外れて落下しないために

スポーツ中に耳から補聴器が外れて落下してしまうと大変です。そんなことにならないためには耳の型に合わせてピッタリ装着することが大事です。

耳型採取でオーダーメイドに作成

スポーツ補聴器 防水 汗湿気あなたの耳型採取をして耳穴にピッタリするように補聴器を作成します。
防水・防塵機能が高い耳掛け型補聴器には特注オーダー耳栓「イヤモールド」で解決。
耳栓があなたの耳穴通りですから入れ歯のようにピッタリです。外れて落下することを防げます。

スポーツ補聴器 防水 汗湿気

<オーダー耳栓イヤモールドについてはこちら>

<耳型採取についてはこちら>

耳穴型オーダー補聴器でも

スポーツ補聴器 防水 汗湿気耳穴型オーダー補聴器は、耳型採取をして補聴器本体をあなたの耳穴通りに作りますので先ほど説明したようにピタッと入りますので外れにくいです。
しかし、防水・防塵機能がなかったのですが…。
最新の耳穴型補聴器にも防水・防塵機能を搭載することができます。

耳穴型オーダー補聴器の防水・防塵機能

耳穴式補聴器 防水 汗 湿気 故障シーメンスシグニアの耳穴型オーダー補聴器にはオプションで「アクアプロテクト」を取り付けることができます。
「アクアプロテクト」は補聴器内部に水分などが入り込まないよう接合箇所などをパッキンでシールド加工するものです。これで水分から補聴器内部を守ります。

スポーツ補聴器 防水 汗湿気
スポーツでも使える補聴器があります。
汗や湿気、または落下の心配があって補聴器を外していた方のお悩み解決の方法があります。
補聴器専門店では豊富な知識と経験で皆様のお悩み解決のお手伝いをしています。
どんな悩みでも気軽にお問い合わせください。

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

中古のもらい物の補聴器は私の耳にも合いますか?【耳は千差万別】

千

 

千

知り合いの方から中古の補聴器をいただいたのですがこれは私の耳にも合いますか?とご相談がありました。残念ながら補聴器はお使いになる方の聴力や耳の形状に合わせて作成してありますので他の方の耳には合いません。音の大きさや形状が合っていない補聴器を無理に使用すると耳を痛めたり、ケガをする原因にもなりますので、中古の補聴器をご使用になることは絶対にやめましょう。

補聴器はお使いになる人の耳に合わせています

必ず聴力測定をし、音量などの設定をしています

ひとことで「聞こえない」と言っても軽度難聴の方もいれば重度難聴の方もいます。また「右耳は聞こえるけど左耳はぜんぜん聞こえない」など聴力の状態はみなさん違いますよね。補聴器の音量もそれに合わせて適切な状態に設定しなければいけません。例えば「まだ少し聞きにくい程度なんだけど」という方が重度難聴だった方の補聴器をもらっても音が大きすぎてしまいます。逆に「耳元で大きな声で話してもらわないと聞こえない」という方に軽度難聴だった方の補聴器をつけても音が小さすぎてしまいます。さらに言いますと、どの周波数が聞きづらくなっているのかも聴力測定を行うと分かりますので、その結果を元に補聴器の音も細かく調整をしていきます。ですから他の方の補聴器をつけても、ご自身の聞こえの状態とは全く合っていないということなのです。

聴

 

補聴器は基本的に耳の型をとって作成してあります

耳の形は人によって違いますから、補聴器の形も基本的に全て違います。これは補聴器を作成する際にお使いになる方の耳を採型し、型に合わせて作られているためです。そうすることで補聴器が耳からずれにくくなりますので、安定した聞こえを維持できますし、落下を予防することができます。他人の耳で作成された補聴器を耳に入れてもぴったり入りませんので、耳にぶつかって痛みが出たり、逆にゆるすぎてすぐ落っこちてしまいます。形状の面でもご自身の耳に合わせるということはとても大切なのです。

 

R

 

衛生面での問題もあります

補聴器は直接肌に触れている状態で使用しますので、皮脂汚れや汗などが思った以上に付着しています。他人の中古の補聴器ではきれいにクリーニングされているように見えてもとても清潔な状態とは言えません。そのまま装用すれば感染症を起こす可能性もありますので絶対におやめください。

batu

小型のオーダーメイド補聴器をご紹介します

補聴器を初めてお使いになる方の中には、なるべく目立たない小型の補聴器をご希望されるお客様は多くいらっしゃいます。なるべく小さく作成するためには耳を採型して作成することが必須となります。

GNリサウンドのIIC補聴器

GI

リサウンド史上最小、オーダーメイド補聴器登場!

「とにかく目立たない補聴器が欲しい。」というご要望に応え、リサウンド耳あな型に最小クラスのIICタイプが登場しました。耳あなの奥深くに収まるので、横からもほとんど見えません。人間の耳が持つ集音効果を最大限に生かした自然なきこえ。風切り音のわずらわしさや、汗による汚れも気にせず装用いただけます。

適応聴力:軽度~中等度

GI価格

まとめ

他の方がお使いになっていた補聴器を使うということは、他人の視力に合わせたメガネを使用することと同じです。度数が合っていませんからよく見えるわけありませんよね。また形状も合っていませんから、他人の入れ歯を使用するようなものなのです。ぴったり噛み合うわけもなく、不衛生ですね。補聴器もご自身の耳に合わせたものを使用するようにしましょう。そのためには聴力測定と、型採り技術の優れた補聴器専門店での購入をおすすめいたします。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちらへ>

店舗

耳掛け式補聴器の突然故障する原因とは

耳掛け型補聴器 故障原因 修理

耳掛け型補聴器 故障原因 修理

耳掛け式補聴器の突然故障する原因はやはりメンテナンス・お手入れ不足です。
故障と思っていても実は故障ではなくちょっとした手直しで復旧することも多々ありますから、すぐ補聴器専門店にみてもらいましょう。
徐々に不具合が出てきてから故障する場合と突然故障する場合がありますが、しっかりメンテナンスやお手入れをしていなければ機械は故障するものです。

故障の予防は定期メンテナンス

耳掛け型補聴器 故障原因 修理故障の予防は定期的なメンテナンスです。
故障原因の第一位は、汗や湿気・水分によるサビや腐食です。
定期的にメンテナンスを行いサビや腐食の状態を把握し、進行しないよう対処していくことが重要です。
それには、補聴器専門店の高度な技術と豊富な経験・知識が必要になります。

故障じゃないケースもよくある

故障と思って補聴器専門店に相談したら実は、故障ではなくその場ですぐ復旧した。
なんてことはよくあります。

よくある故障と勘違いするケース

電池が逆向きに挿入されていた
音の入り口(マイク)に異物が詰まっていた
補聴器と耳栓をつなぐパイプチューブの亀裂
電池接触接点のサビによる接触不良
パイプチューブや本体内部の結露現象

などなど…経験豊富な補聴器専門店ではいろいろ経験します。

補聴器専門店で点検してもらえば防げる

上記の事柄は、補聴器専門店でみてもらえば簡単に発見でき、予防することもできます。
やはり定期的な補聴器のメンテナンス・お手入れが大切だということはご理解いただけると思います。

耳掛け型補聴器 故障原因 修理

特に冬場に多い結露現象

耳掛け型補聴器 故障原因 修理冬場になるとストーブや暖房を利用します。暖かい部屋と寒い外を行き来するとメガネが曇ることがあります。経験したことがある方も多いと思います。
また、窓ガラスの内側に水滴がたまることがあります。
どちらも「結露現象」です。

結露現象で補聴器が故障?

耳掛け型補聴器と耳栓をつなぐパイプチューブ内部にこの結露現象が起こることがあります。
パイプチューブ内部に水滴がたまり、ふさがってしまいますと完全に音が遮断されて聞こえなくなったり、エコーがかかったように聞こえたり…故障と勘違いすることがあります。

補聴器用乾燥ケースで結露も除去

耳掛け型補聴器 故障原因 修理補聴器用乾燥ケースに保管することで、パイプチューブ内部の結露を乾燥することが可能ですので補聴器を外したら必ず乾燥ケース内に保管し乾燥を心がけましょう。
乾燥ケース内の乾燥剤も定期的に交換しておかなければ乾燥効果がなくなります。
乾燥効果が切れている乾燥剤では全く意味がありませんから、合わせて補聴器専門店によくみてもらいましょうね。

 
耳掛け式補聴器の突然故障する原因はメンテナンス・お手入れ不足が多くの原因です。
本当に故障してしまっている場合は、製造メーカーに修理してもらう必要があります。
製造メーカーに修理に出すまでもなく、補聴器専門店で簡単に復旧することも多数ありますのでまずは補聴器専門店に補聴器をみてもらうことからはじめましょうね。

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

耳掛け型補聴器 故障原因 修理