両耳装用検討中の方におすすめするおしゃれな充電式補聴器【新しいデザイン】

両耳装用スタイレット

両耳装用スタイレット

難聴になり初めて補聴器の両耳装用を検討したとき、みなさんはどんな点を重視して補聴器を選びますか?性能はもちろん価格、見た目などいろいろなポイントがありますよね。その中でもなるべくおしゃれな補聴器がいいという方のために、今までにない新しいデザインの充電式補聴器がありますのでご紹介します。音質や性能はもちろん、見た目の個性も大切にしたい方におすすめの耳かけ式補聴器となっています。

あなたが補聴器を使用しない理由はなんですか?

まず日頃から聞こえにくさを自覚してはいるものの「まだ補聴器は使いたくない」「補聴器をするほどでもない」と思っている方はいらっしゃいませんか?当社ではたとえ軽度の難聴であっても日常生活に支障をきたしている場合には、補聴器の使用をおすすめしています。しかし欧米に比べると日本では補聴器をすることに抵抗がある方は少なくありません。それには様々な理由があるわけですが、その点について日本補聴器工業会が発表しているJapantrack2015というアンケート結果がありますのでご紹介します。

補聴器を使わない理由のトップ10
  • わずらわしい
  • 補聴器を使用しても元の聞こえに戻らない
  • 難聴がそれほどひどくない
  • 補聴器は騒音下では役に立たない
  • ほとんどの場所でよく聴くことができる
  • 低音の人の声が聞きにくい
  • 補聴器を装用することが恥ずかしい
  • 補聴器を購入する経済的な余裕がない
  • 耳鳴りがある
  • 高音の人の声が聞きにくい

「わずらわしい」と回答した理由を詳しく述べてください
  • まだ補聴器が必要と思っていない
  • 補聴器がきつい、痛い、大きすぎるから
  • 補聴器の装着や装着調整
  • 不快な騒音やハウリング等
  • 価格が高い
  • カッコ悪い、恥ずかしい
  • 手入れや掃除が面倒くさい
  • 紛失する心配がある
  • 効果が無い
  • メガネと一緒だとわずらわしい
  • 耳の中でブンブン鳴る
  • かゆくなる
  • いちいち電池を換える
  • 汗に弱い

Japantrack2015より抜粋

補聴器のわずらわしさを改善した新しい機種

上記のように補聴器は「大きい」「カッコ悪い」「面倒」などの理由で敬遠される方がいらっしゃいます。たしかに補聴器は精密な医療機器ですので、日頃のお手入れ等は大切になりますが、昔の補聴器とは違って防水防塵設計であったり、小型で目立たず見た目もおしゃれなものや電池交換不要な機種などが各社より発売されています。「補聴器はお年寄りみたいで嫌だ」「目立つから恥ずかしい」「めんどくさそう」というようなイメージはかなり軽減されるのではないでしょうか。

小さくて目立たない補聴器

耳の型を採り作成する耳あな式補聴器で、CICやIICと呼ばれています。耳あなに収まるので目立たず、周囲から補聴器をしていることがわかりません。また耳を採型して作成することできつい、痛い等の不具合も起こりにくくなります。

小さく目立たない

細かい作業のいらない補聴器

最近では各メーカーより充電式補聴器が販売されています。通常の使い捨て電池ですと、5日~15日(機種により異なる)で電池を交換しなければいけませんが、充電式でしたら充電台にのせるだけなので細かい作業が苦手な方でも簡単です。また機種によっては電源ON/OFFの作業が不要なものもありますので高齢の方でも使いやすくなっています。

充電式補聴器セリオン シーメンスシグニア おすすめ

<シグニア補聴器Cellionについてくわしくはこちら>

見えてもおしゃれな補聴器

「なるべく見えない方がいい」「見えてもいいけどできればおしゃれなものがいい」「あえて目立つ色のものがいい」そんな方のために補聴器は以前に比べカラーや形状を選ぶことができるようになってきました。昔からある補聴器はベージュカラーしかありませんでしたが、現在は耳あな式・耳かけ式ともにお好みに合わせてカラーを選択する楽しみがあります。

デザインHA

新しいデザインの充電式補聴器・スタイレット

個性的なデザインで、さらに充電式がいいという方におすすめする補聴器がシグニアから発売されているスタイレットです。今までにない新しいデザインが大きな特徴となっていますので、補聴器購入を検討している方は是非参考にしてくださいね。

シグニア

ロゴマーク

充電器

 

カラー

主な特徴
  • 今までの補聴器にはない個性的なデザイン
  • 軽度~中度難聴に適応
  • 電池交換不要の充電式補聴器
  • 補聴器本体をフル充電で最大19時間使用可能
  • ケースもフル充電させれば3回分の充電が可能
  • お持ちのスマホで補聴器の音量調整ができます
  • 左右の補聴器が相互通信し周囲の音環境を自動認識
  • 汗や湿気に強いIP68防水防塵機能
価格

価格

※スタイレットは両耳に装用する事を前提としています。上記金額は、スタイレット左右各1台、充電ケース1台を一式にした価格となっています。

補聴器は両耳装用をおすすめします

スタイレットは両耳で補聴器をお使いになることを前提として作られています。一般的に加齢に伴う難聴は両耳とも聴力が低下している場合がほとんどですので補聴器も両耳に装用することが基本となります。

補聴器を両耳装用することのメリット
  • 音がどこでしているのか方向が捉えやすい
  • 騒がしい場所でも聞き取りやすい
  • 片耳装用に比べ音量が下がるので疲れにくい
  • 言葉の聞き取り能力低下を予防する
両耳装用は満足度が高いという研究結果

補聴器はあくまでも聴力を補うものであり、聞き取り能力を完全に回復させることはできません。下のグラフをみてもわかるように静かな場所であっても健聴者と同じ聞き取りレベルには届きません。それが片耳しか補聴器を装用していなければ尚更聞き取りは低下してしまいます。騒がしい環境での会話はとくに満足度が低下してしまいますので、補聴器は両耳装用するということが基本となります。

騒音下満足度

補聴器をつけていない耳は言葉の聞き取り能力が低下しやすい

以下のグラフは補聴器を片耳しかつけていなかった方の言葉の聞き取り能力を調査したものです。これは単に音が聞こえる聞こえないだけではなく、聞こえた音がなんと言ったのか言葉として理解できるかどうかについての検査をしています。この能力が低下してくると、例えば「加藤さん→佐藤さん」「魚→高菜」などというように、話し相手の言葉を正確に聞き分けられなくなります。そして補聴器をつけていない耳では、補聴器をつけていた耳に比べこの能力低下が進行していくという研究結果があります。少しでも聞こえを維持するためにも初期の段階から補聴器の両耳装用は必須となります。

会話の聞き取り

片耳装用

まとめ

補聴器の両耳装用とデザインについてご紹介しました。両耳に装用することで初めて発揮する機能を搭載した機種も増えてきましたのでこれから補聴器を使い始めようと思っている方は是非両耳での装用をおすすめいたします。今回ご紹介したスタイレットも左右の補聴器が常に通信し合い、周囲の音環境を瞬時に認識することで快適な聞こえにつなげています。持ち運びやすい充電ケースで移動中でも充電が可能です。大事な話を少しでも聞き逃したくない軽度難聴の方は検討されてみてはいかがでしょうか。

スタイレット

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちらへ>

各店舗

補聴器の空気電池の寿命と特徴について【電池の消耗が早い方へ】

冬電池

冬電池

お客様より「最近補聴器の電池のもちが悪い」というご相談をお受けしましたので、補聴器の空気電池の寿命と特徴についてご紹介したいと思います。補聴器の電池の消耗が早い原因として冬場の空気の乾燥や暖房器具を使用していることなどがあげられます。そしてもうひとつは水銀を含まない電池へ変更になったことによるものです。今までと同じように補聴器を使っているのに電池がすぐなくなってしまうという方はこれらの原因が考えられますので以下を参考になさってください。

電池のもちが悪くなる原因

補聴器をお使いになっている方の中には、「以前に比べて電池が早くなくなってしまう」「ここ数ヶ月で電池の消耗が早い気がする。補聴器が壊れてしまったのかな?」というようなお悩みをお持ちではないでしょうか?当社にも数件お問い合わせをいただいております。今まで通りの使用時間・使用方法に変わりがないのに、なぜか数日早く電池が終わってしまう。それには次のような原因が考えられます。

1.暖房器具をお使いになっている

石油ストーブなどの暖房器具をお使いになっていると室内の二酸化炭素濃度が上昇し、電池寿命が短くなったり電圧の低下が起こります。

乾燥

2.空気が乾燥している

電池が乾燥すると電池寿命が短くなります。冬場は極端に空気が乾燥するためその影響を受けやすくなっています。

3.気温が低い

低温度の環境で使用しますと電池の電圧が下がり、電池寿命が短くなります。

4.多湿の状態

多湿状態で使用すると電池に水分が付くことがあり、電池の放電を妨害し電圧が上がらない原因になります。

5.標高の高い場所

補聴器の電池は酸素を取り込んで発電しています。高地になるほど酸素濃度が薄まるので電池寿命は短くなります。

6.水銀の含まれていない電池への変更によるもの

以前の補聴器の電池には少量の水銀が含まれていました。しかし健康や環境保護を目的とした「水銀に関する水俣条約」の締約国は日本を含め50カ国に達しています。これにより日本でも水銀を含む電池の製造や輸出入が2020年までに原則禁止となります。そのため補聴器の電池も水銀が含まれないものに順次変更となっています。健康や環境に配慮された電池となりましたが、残念ながら電池の寿命は以前の電池に比べ短い傾向にあります。今まで10日ほど使用していた場合では、無水銀の電池では1週間もたないという例も報告されております。

災害備え 補聴器 

冬場の補聴器電池使用上の注意点について

冬場は空気の乾燥と低温のため電池寿命が短くなります。補聴器の電源を入れてもすぐ作動しないときは、1分ほど待ってから再度電源を入れたり、手の中で電池を温めると電圧が上がりやすくなります。また、暖房器具を使用しているお部屋では、二酸化炭素濃度により電池寿命は短くなってしまいますので、定期的に十分な換気を行うようにしてください。

換気

電池の正しい保管方法について

  • 温度は15℃~25℃の状態で保管することが最適です。
  • 直射日光・高温・高湿の場所や冷蔵庫での保管は避けてください。
  • 電池と小銭や鍵などの金属製のものがぶつかるとショートする可能性がありますので、持ち運ぶ際はパッケージに入れたままにしてください。
  • 電池購入時はできるだけ使用期限の長いものを選ぶようにしましょう。

故障の可能性もまれにあります

電池が数日でなくなってしまう原因のひとつに、過電流という補聴器内部の不具合の場合があります。発生頻度はそれほど多くありませんが、1~3日で電池が終わってしまうときは補聴器本体の故障の可能性があります。この場合はメーカーでの修理が必要になりますので、販売店までご相談ください。

電池の消費が気になるときは充電式補聴器がおすすめ

従来の電池交換タイプの補聴器では電池の交換が面倒だったり、冬場の電池消耗が気になる、電池代を節約したいという方には充電式の補聴器がありますのでご紹介いたします。

GNロゴ

ロゴ

クアトロ

特徴


表現豊かな音質

より高音域および多くの音の聞き取りやすくなり、繊細な音から迫力のある音までをダイナミックに再現。音源をつかむ方向感覚にも優れた自然な聞こえを提供します。

クアトロ

 

雑音だけを抑え、さまざまな方向から届く言葉やその他の音がより明瞭に聞き取りやすい。周囲が賑やかでも静かでも会話に集中しやすくなります。

クアトロ


卓越した音質のストリーミング

ios端末

テレビ携帯


いつでもどこでもサポート&カスタマイズ

リサウンド・スマート3Dアプリで音量調節やプログラムなどを変更できます。

微調整


長持ち&持ち運びやすい充電式

補聴器をフル充電すれば、テレビ音声や音楽のストリーミングをしても1日中お使いになれます。また、充電器本体もフル充電しておけば3回分の電力を保持しておくことができるので、1週間程度の旅行にも安心です。

クアトロ最長

価格

※価格は2019年2月現在

まとめ

水銀を含まない電池へ変更になったことにより、年間を通して電池のもちは短くなっております。それに加え冬場は空気の乾燥や、暖房器具の使用などによりさらに短くなってしまう場合も多数報告されています。しかしながら従来の水銀を用いた電池の製造は世界的に禁止となってきており、日本国内でも補聴器電池はすでに無水銀の電池へ変更となっております。ご不便をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちらへ>

店

充電式補聴器はどこのメーカーがおすすめ?【各種の違いを比較!】

充電式補聴器 メーカー おすすめ

充電式補聴器 メーカー おすすめ

現在、人気の充電式補聴器もどのメーカーのどの機種がおすすめなのか知りたい方も多いはず。
各種特徴やおすすめポイントなど補聴器選びの参考にしてください。
市場には、各メーカーよりたくさんの充電式補聴器が登場していますがここでは、当社取扱メーカーに絞って解説します。

充電式補聴器の最大の特徴

どこのメーカーの充電式補聴器でも最大の特徴は以下のことです。

 電池交換がなく電池コストが節約できる
 電池を買いに行く、交換する手間がない
 使い捨ての使用済み電池を処分する必要なし

この3つが最大の特徴です。
逆に言うと従来の補聴器は、この3つが面倒となっていたことも事実ですね。

便利な反面、形状(タイプ)に制限

便利になって充電式補聴器なら問題解決っと思いがちですが、充電式補聴器は現在ほとんどのメーカーで耳掛け型がほとんどです。
耳穴式補聴器を希望されている方は、検討しなおすことが出てくることもありますね。
将来的なことは現時点(2018年11月)では不明ですがオーダーメイド耳穴型補聴器では充電式の販売はありません。

充電式補聴器の紹介

当社取扱メーカーで人気の充電式補聴器を紹介いたします。

メーカー シグニア
商品名  チャージ&ゴー

C&G

充電器にポンと置くだけの簡単充電。
自分の声を補聴器が記憶して、相手の声は大きくし自分の声はしっかり抑えてくれる機能を搭載。

最大の特徴おすすめポイント

自分の声の違和感(自声の響きやこもり感など)を解消し、スッキリ聞こえる機能が特徴の逸品。
補聴器を着けると相手の声だけでなく、もちろん自分の声も当然大きく聞こえてきます。
これが、頭の中で響いて聞こえてくるような不快感。この不快感を特別なデジタル機能で制御できるのがこの補聴器の最大の特徴です。
欠点、デメリットとしてはこの機能は、両耳使用時に完成する機能です。片耳の使用では機能しないことが欠点ですね…。

認定補聴器技能者の私の感想

充電式補聴器 メーカー おすすめ充電器のくぼみに、簡単に補聴器を置くだけで充電できる簡単さは、高齢者の方には最適だと思います。
また、充電器に置けば電源オフ、充電器から抜けば電源オンの機能も高齢者にはわかりやすくて最高ですね。
充電式補聴器 メーカー おすすめ

<チャージ&ゴーNxシリーズ詳しくはこちら>


メーカー GNリサウンド
商品名  リサウンドリンクス クアトロ

充電式補聴器 リサウンドリンクスクアトロ

充電器が持ち運び用ケースになりクアトロを3回フル充電できる蓄電が可能。
お手持ちのスマートフォン(IPhone)などとワイヤレス接続できダイレクトに通話や音声や音楽が楽しめる。

最大の特徴おすすめポイント

お手持ちのスマートフォン(IPhone)とペアリング接続すればスマホにかかってきた通話を補聴器に直接送ることができますので、耳元に受話器を付ける必要もありません。
直接補聴器から通話が聞こえてきますのでとてもクリアに聞こえてきます。
またスマホで見るYoutubeなどの音声や音楽もワイヤレスイヤホンのようにダイレクトに聞こえますので自分だけで楽しめ、周囲に迷惑になりません。
欠点、デメリットとしてはIPhoneにしか対応していないのでIPhone以外のスマホユーザーは利用できない機能となります…。

認定補聴器技能者の私の感想

充電式補聴器 メーカー おすすめ充電器チャージャーケースが携帯用ケースにもなり充電器にもなるので、出張や旅行の好きな方には最適です。
クアトロを3回フル充電できますので充電不足を心配する必要もなし。IPhoneユーザーなら迷うことなくこの機種で決まり!
LEDライトで充電残量など確認できるのもポイント高いですね。

充電式補聴器 リサウンドリンクスクアトロ

<リサウンドリンクス クアトロシリーズ詳しくはこちら>


メーカー フォナック
商品名  オーデオB-R

充電式補聴器 フォナックオーデオ おすすめ 評判 話題 人気

周囲の音環境に合わせて最適な聴取プログラムを選択&ブレンドし自動的にコントロールしてくれる優れもの。
充電器にバッテリーパックを装着すればコードレスでどこでも充電可能。出張や旅行の強い味方です。

最大の特徴おすすめポイント

フォナック最大の特徴はオートセンスOS機能。周囲の環境に合わせて補聴器本体が自動的に最適なきこえのプログラムを選択し、ブレンド。自分で操作することなく全自動で最適な音環境を作り上げてくれます。
全自動で面倒なく快適さをお求めの方はこの機種がおすすめですね。
充電器内部に乾燥剤を装着可能で充電しながら乾燥もできる優れもの。

認定補聴器技能者の私の感想

充電式補聴器 メーカー おすすめ充電器に差し込む時、接点を合わせてガチリッと押し込まないと充電不足が起こる可能性が…。また充電器から引き抜く際も少々力が必要かと思います。
LEDライトで充電完了をお知らせしてくれたり、自動で聞こえ方を微調整してくれる機能は面倒がなく最良ですね。

充電式補聴器 フォナックオーデオ おすすめ 評判 話題 人気

<フォナックオーデオB-Rシリーズ詳しくはこちら>

充電式補聴器の注意点

充電式補聴器には、注意点もあります。
充電バッテリーは、充電を繰り返すごとに劣化し使用時間が短くなってきます。携帯電話やスマートフォンでおなじみですが、使用年数が長期間になると購入当時の使用時間よりも数十パーセントも劣化します。
補聴器の場合、本体が極小のため充電バッテリーも小型の物しか内蔵できません。
そのため3~4年で充電バッテリーの交換を検討すると万全ですね。

充電式補聴器のおすすめメーカーまとめ

充電式補聴器にも、またメーカーにも各々特徴があり得意な技術があります。
耳の状態や聴力の状態・使用スタイルや生活スタイルなどあなたに合った機種やメーカーを選ぶ必要があります。
各補聴器の特徴やおすすめポイントを参考に専門家の提案もしっかり聞いてみましょうね。
保証や特典などもメーカーによって違いが有り、この場でどのメーカーの、どの機種がおすすめかを簡単に述べることはできませんが、信頼のおける補聴器専門店でしっかり相談し、自分の耳で試聴して納得できる補聴器選びをおすすめします。複数メーカー取扱いの補聴器専門店に相談してみましょうね。

複数メーカー取扱の補聴器専門店ならば、あなたの耳の状態や生活スタイルなどから、あなたにおすすめの充電式補聴器やメーカーを提案してくれるはずです。補聴器専門家のフィッティングなくして適切な補聴器を使用することは難しいということは言えるはずですので注意してくださいね。

充電式補聴器 メーカー おすすめ

我々、関東補聴器にはご紹介した充電式補聴器の試聴器を用意していますので、あなたの耳できこえの違いを聞き比べることも可能です。

認定補聴器技能者 補聴器専門店

関東補聴器には全店舗に認定補聴器技能者が在籍しています。
最新の充電式補聴器の無料試聴体験も承っていますので気軽にお問い合わせください。

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

 

店

補聴器所有者がもっと早く補聴器を使用すればよかったと思っている理由とは【経験者の声】

もっと

もっと

補聴器所有者の中にはもっと早く補聴器を使用すればよかったと思っている方が多くいらっしゃいます。その最大の理由としては、もっと早く補聴器を使用することでより快適な社会生活を送れただろうと回答しています。難聴の方がコミュニケーションを少しでも円滑にするために補聴器は欠かせないアイテムとなっています。アンケートの調査結果より経験者の声をご紹介いたします。

日本補聴器工業会が行った調査より

初めて補聴器を使用してみようと思ったとき「まだ早いかな」「効果はどのくらいあるのかな」「なるべくつけたくないな」等、補聴器を装用することに不安や迷いがありなかなか購入に踏み切れないということはありませんか?

一般社団法人日本補聴器工業会が補聴器の使用状況などについての実態調査(JapanTrack2018)を行い、その結果が発表されています。補聴器に対する不安などが少しでも解消されますよう、補聴器を実際にお使いになっている方に向けて行った質問と回答の一部をご紹介したいと思いますので参考にしてください。

質問1

補聴器を初めて入手したときのことを思い出してください。補聴器をもっと早く使用すべきだったと思いますか?

早く

JapanTrack2018より抜粋

質問2

「はい」と答えた方へ。補聴器をもっと早く使用していたら得られたと思う事は以下のどれですか?(複数回答可)

最大

JapanTrack2018より抜粋

もっと早く補聴器を使用すればよかったと回答されている方は全体の54%いらっしゃいます。その理由としては、より快適な社会生活を送れただろうと考える方が最も多く72%でした。また、聞こえることで精神状態が安定したり、仕事の質も向上すると回答されている方もいらっしゃいます。全ての方が補聴器の効果に満足しているというわけではありませんが、効果を実感され、これならもっと早く使用すればよかったと思っている方は多いようですね。

もう補聴器と呼ばないスタイレット 充電式補聴器

補聴器専門店で購入すると満足度が高いという結果

補聴器はお使いになる方の耳の状態などにより効果の感じ方は異なりますが、その方にとって補聴器の効果を最大限に発揮し、上手に使いこなすには購入するお店選びも重要です。購入時の器種選択、耳型を採型する技術、日々の調整やメンテナンスはとても大切なのです。補聴器は必ずご自身の耳に合わせて作成するものですので、インターネットでの購入や電気店で売られている集音器などはおすすめできません。

あなたの補聴器はどこで購入しましたか

 

購入

JapanTrack2018より抜粋

 

補聴器の全体的満足度を教えてください

 

専門店

補聴器専門店の場合

JapanTrack2018より抜粋

 

ネット

インターネット販売の場合

JapanTrack2018より抜粋

補聴器をお使いになっている61%もの方が補聴器専門店で購入されています。その他にも補聴器を購入できるお店はありますが、肝心な購入後の満足度についてはどうなのでしょうか?補聴器専門店の場合、その効果に満足されている方は全体の46%、なにかしらの不満を抱えている方は27%です。これに比べインターネットで購入した場合、満足されている方は15%、不満を感じている方は72%にもなり、満足度は著しく低いということがいえます。どのような経緯でインターネットで購入したかはわかりませんが、聴力測定をせず、購入後のメンテナンス等も受けていない状態では満足度が低いのは当然です。補聴器は必ず専門家の適切なアドバイスを受けられるお店で購入されることをおすすめいたします。

使う人に合わせた補聴器を選択しましょう

現在補聴器は各メーカーよりたくさんの機種が発売されています。初めてお使いになる方はどのメーカーを選んだらいいのか?どんな形の補聴器を作成してもらったらいいのか?価格は?性能の違いは?などわからないことが多いと思います。

補聴器は耳の状態や生活スタイルなどによっておすすめする機種が異なります。例えばお仕事をされていて大事な話の聞き漏らしを少しでも減らしたい方には多機能なものがいいかもしれません。また高齢者の場合で、普段外出することは少ないという方でしたら多機能なものを重視するよりは、使い方の分かりやすいもの、耳へ装用しやすいものを中心に選んでいただくとよいかもしれません。このあたりの判断についてはやはり補聴器専門店の販売員にご相談いただくのが一番かと思います。お使いになる方とお話しする中で適切な補聴器を提案してくれると思いますので、それを参考に選ばれてみてはいかがでしょうか。

使用方法が簡単な補聴器を希望される場合

普段はお家で過ごすことが多かったり、手先がうまく動かせず細かい作業が苦手になってきたという方、特に高齢になるとこのような方は多いのではないでしょうか。せっかく補聴器を作成してもご自分では耳に装用できない、電池の交換ができないという方もいらっしゃいますので、ときにはご家族のサポートが必要になる場合もあります。このような方にはできるだけ簡単で細かい操作のいらないタイプをおすすめいたします。

シグニア社の耳かけ型充電式補聴器Pure Charge&Go

C

  • 充電式タイプなので面倒な電池交換不要
  • 自動で電源がON/OFFするので通常タイプのような電池ケース開閉が不要
  • オーダーメイド耳栓にすることで装用しやすく耳からもズレにくい
  • テレビ試聴モードにすればテレビ音声が補聴器からダイレクトに聞こえる

<Pure Charge&Go NXについてくわしくはこちら>

 

ご自身で音の調整もできる多機能な補聴器を希望される方へ

GNリサウンド社のスマホ対応補聴器 リンクス 3D

リンクス3D

  • お持ちのスマホにアプリをダウンロードすれば補聴器の音量や、プログラム変更、聞き取り範囲の選択などをご自身で調整することができます。会議時や電車の中など環境に応じて調整できるので便利です

<リサウンド・リンクス3Dについてくわしくはこちら>

まとめ

難聴になり初めて補聴器のことを考えたとき、購入することに迷いや抵抗がある方は少なくありません。補聴器の効果を出来る限り発揮させるには適切な使用方法で、且つ継続して使用することが大切です。満足のいく効果を得るには販売店のサポートも必要ですから、購入後も安心できる専門店を選ぶとよいでしょう。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちら>

店

2018年11月12月最新充電式補聴器キャンペーンセール

充電式補聴器 リサウンドリンクスクアトロ 年末激安キャンペーンセール

 

 

 

 

 2018年11月12月最新充電式補聴器キャンペーンセール 

昨今、人気の充電式補聴器にまたまた最新機能を搭載したモデルが登場!
皆さまからの熱いご要望にお応えして
最新充電式補聴器キャンペーンセールをドーンと開催いたします。
11月・12月の2ヶ月間、とってもお得なWeb限定のキャンペーンですのでお見逃しなく!

充電式補聴器 リサウンドリンクスクアトロ
GNリサウンドから新登場した充電式補聴器「リサウンドリンクス・クアトロ」をご注文の方は
な・な・なんと54,000円の充電器チャージャーケースを無料でご提供。
充電器チャージャーケースがプレゼントをされるこの期間に充電式補聴器への乗換えはいかがでしょう?

<リサウンドリンクス・クアトロ詳しくはこちら>

キャンペーンセール内容

期間中、「リサウンドリンクス・クアトロ」ご注文の方
54,000円の充電器チャージャーケースをプレゼント!
通常より54,000円お得にお求めできます。

クアトロ

対象商品

リサウンドリンクス・クアトロ全シリーズ対象

充電式補聴器 リサウンドリンクスクアトロ

<リサウンドリンクス・クアトロ使用時間など詳しくはこちら>

キャンペーンセール期間

2018年11月1日~12月31日まで

*他のキャンペーンとの併用はできません。
*補聴器注文時に「ホームページを見た。」を忘れずに。
*決済後の申告は無効になります。

充電式補聴器 リサウンドリンクスクアトロ

最新の充電式補聴器は長持ち電池で持ち運びも簡単【旅行にも安心】

最新充電

最新充電

最近は各補聴器メーカーより充電式補聴器が発売されていますが、今月発売された最新の充電式補聴器リサウンドリンクスクアトロは最長使用120時間の長持ち電池で充電器に入れたまま持ち運びすることもできます。外出や数日の旅行にも電池切れの心配がないので安心で高齢の方でもわかりやすい仕様になっています。

リサウンド・リンクスクアトロ充電式タイプの主な特徴について

GNロゴマーク

クアトロ

デンマークのGNリサウンドという補聴器メーカーをご存知でしょうか。補聴器の世界6大メーカーのひとつであり、最近は辰巳琢郎さんがアンバサダーとなりカタログの表紙などにも登場されています。このGNリサウンドが発売した最新の補聴器がリサウンド・リンクスクアトロといいます。形状は耳かけ式補聴器(RICタイプ)となります。

クアトロは通常の使い捨て電池を交換するタイプと、充電式タイプの両方がありますが今回は充電式タイプに焦点を絞ってご紹介いたしますね。

61

<補聴器の世界6大メーカーって?>

フル充電で何日ぐらい使用できるのか

クアトロは専用の充電器に入れておくと3時間でフル充電されます。これで通常は30時間連続使用することができます。例えば朝起きてから夜寝るまでずっと補聴器を使用している方では、1回の充電で2日間位使用することができるという事になります。

クアトロ使用

 

充電器本体も充電しておける

クアトロは補聴器本体に充電することはもちろんなのですが、充電器本体にも充電池が内蔵されています。あらかじめ充電器をフル充電させておけば、補聴器を3回充電させることができる容量を備えています。つまり補聴器をフル充電すると30時間+充電器のフル充電で90時間使用できるので、両方合わせて120時間使用することができるというわけです。120時間でしたら1日15時間使用しても8日間分の電池は確保できるという計算になります。これなら数日間の旅行や、充電ができない環境でも電池がなくなる心配はいりませんし、充電ケーブルを持ち歩いたりコンセントを探す手間も省けますね。

クアトロ最長

 

充電器がそのまま携帯用ケースになり持ち運び可能

充電器は軽量(145グラム)で、フタを閉めてそのまま持ち運べますので移動中に充電することも可能です。

非接触充電なので簡単

クアトロは非接触充電なので面倒なケーブルの抜き差しも不要で、汚れなどによる接触不良も防ぐことができます。充電器のくぼみに補聴器を入れるだけですので高齢の方でも分かりやすく「充電していたつもりができていなかった」などの失敗も少ないと思います。

電池残量はお知らせライトで表示されますので、補聴器と充電器それぞれ確認することができます。

クアトロ残量

 

クアトロのワイヤレス機能について

クアトロはios端末と連動させてiPhoneやiPadでの通話や動画音声を補聴器から直接聞くことができます。またテレビと連動させて音声を補聴器へ直接送信することもできるので、テレビから離れた場所で観ていても音声が聞き取りやすくなります。

※ワイヤレス機能使用中は補聴器の電池消費量が通常時と比べて約3倍となります

ワイヤレス

 

価格

充電式補聴器クアトロはこんな方におすすめです

  • 電池の交換が面倒な方
  • 手先がうまく動かせず細かい作業が苦手な方
  • 電池のコストが気になっている方
  • 操作の簡単な補聴器をお探しの方
  • テレビが聞きづらい方
  • スマホと連動させてより便利に使いこなしたい方

まとめ

今回はクアトロの充電タイプについてご紹介しました。とくに大きな特徴としては・・・

  1. 1回の充電で約30時間連続使用可能
  2. 最長120時間使用できるパワフルな充電力
  3. 補聴器を充電器に入れたまま持ち運びできる
  4. 高齢の方でもわかりやすい非接触式充電

といったところでしょうか。もちろん音質や性能も向上していますので、気になった方はぜひ補聴器専門店でご試聴されてみてはいかがでしょうか。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちら>

店

補聴器使用者が時々誤解されてしまうこと【補聴器は万能ではない】

補聴器 誤解 聞こえ方 苦悩

補聴器 誤解 聞こえ方 苦悩

補聴器を使用すれば、普通の健聴者と同じようになると思っていられる方が多いようですが、補聴器は「聴こえを補助する機器」ですので当然限界はあります。
周囲の人たちに、時々誤解されることがあるというお話しを伺う事がありました。
難聴の程度や言葉を聞き分ける能力(語音弁別能)や判断能力などにより効果に違いがあります。
補聴器の能力を最大限に引き出し、使用者の満足度をあげ、コミュニケーションの援助をするための補聴器調整には適切なフィッティングと細かな調整と測定が必要です。
難聴や補聴器に対する理解が深まると誤解も少なくなるかもしれません。解説してみましょう。

難聴の程度に合わせた補聴器

難聴には「程度」があります。
軽度難聴・中等度難聴・高度難聴・重度難聴と大きく分けると4つに分けられます。

GNオージオ

この難聴の「程度」によってどの補聴器が適切か選定して使用していく必要があります。
補聴器ならば、何でも良いというわけではなく難聴度に見合った補聴器を使用することが第一条件です。

<補聴器の選び方について詳しくはこちら>

難聴の種類

難聴には「程度」のほかに「種類」もあります。
伝音性難聴・感音性難聴・混合性難聴と大きく分けて3つの種類に分けられます。

老人性難聴 補聴器選び方

この難聴の「種類」によって補聴器の音質調整や機能設定が違い適切なフィッティングが必要になります。
補聴器を適切に調整し、機能設定を施すことで補聴器は最大限の効果を発揮するのです。

<難聴の種類について関連記事はこちら>

見落としがちな言葉を判断する能力

上記以外にも補聴器の効果を左右する大切な事柄があるのです。
耳で集めた音は、耳の器官を通って聴神経に届き、脳へと運ばれて判別&理解されていきます。
難聴の程度や種類により聞こえた音を正しく「言葉」として処理できないことが出てくるのです。
この言葉の聞きとり能力を「語音弁別能」といいます。
この「語音弁別能」の良し悪しによって、補聴器で増幅された音を正しく言葉として理解できるか否かが決まってくるのです。

<言葉を聞き取ることについて関連記事はこちら>

電気信号仕組み

補聴器の効果

補聴器を使用し、どの程度効果が現れているのかを客観的に測定するができます。
装用効果測定といいますが、難聴の程度や種類、語音弁別能により効果には大きな個人差が出てくるのです。
当然、重度難聴の方と軽度難聴の方では補聴器を使用していたとしても同等の効果になるわけではありません。
また、伝音難聴の方と感音難聴の方でも効果は違いがあるのです。

装用効果測定とは

補聴器を装用していない状態と補聴器を装用している状態を同じ条件にして効果を測定し補聴器の効果を客観的に判断していく方法です。

装用閾値測定

スピーカーから測定音を出して聞き取れる最小値(音圧)を測定します。
この測定を補聴器装用時と補聴器を外している時で比較してどの程度補聴器により聞こえやすくなったのかを数値で現します。

語音測定

スピーカーから20文字の単音語を出して適切な音量にて、どの程度言葉を聞き取れるかを測定します。
この測定を補聴器装用時と補聴器を外している時で比較してどの程度補聴器により聞こえやすくなったのかを数値で現します。

様々な測定など行い、補聴器を調整し機能設定を行い補聴器の効果が最大になるようにフィッティングすることが大切なのです。

関東補聴器では全店舗で効果測定を実施し、あなたの補聴器が最大限に効果を発揮するようにしています。そして測定結果を公開しながら細かな解説や注意点などを細かく指導し、見えない「きこえ」を見えるように表しサポートしていきます。

誤解を受けてしまう補聴器

補聴器を使用すれば、難聴者が健聴者と同様になると思っている方が多いという現実があるのは確かです。
難聴や補聴器が、まだまだ社会の中で周知徹底されていない側面がありますのでそのように考えてしまう方が多いのかもしれません。
私どもも日々、難聴や補聴器の相談を受けていますが、家族の方に補聴器の効果や限界を説明して初めて理解していただけることも少なくありません。
そのため、周囲に補聴器使用者や難聴者がいない場合は、無知になってしまうこともあるのですね。
補聴器で最大かつ最良の効果測定結果が出たとしても、少なからず「限界」はあるのです。

誤解を受けやすい事柄

補聴器使用者の皆様からよくお聞きする誤解を受けやすい事柄を紹介します。

補聴器をしてるのに聞き返しが多い

難聴になった場合、聴力の低下と共に「語音弁別能」も同時に低下してくることがほとんどです。そのため言葉を言葉として正確に判別できないことがあります。
補聴器により「音量」としては大きくなったが、言葉を正確に判断できない時が出てくるのです。特に感音難聴や高齢者に多く見受けられます。
対策法としては、話者の顔をしっかり見せて(口の動きや表情)ゆっくり、はっきり話すことが重要です。
特別大きな声で話す必要はありません。補聴器で十分大きくなっていますので。

遠くからの話や小声がわからない

当然、距離が離れれば聞こえは落ちます。補聴器に搭載されているマイクは米粒1つ程度の超小型です。
離れた距離や小声では、そもそも小さなマイクで集音することに限界があるのです。そのため、補聴器のボリュームを上げると身近な音ばかりさらに集音してうるさくなるだけです。
離れた距離の話などは、ワイヤレスマイクの併用や小声の話には、距離を縮めるなどの対策しかありませんね。

複数の中での会話

複数の会話音が存在するレストランや居酒屋などでは、雑音抑制がある補聴器でも聞き取りは落ちます。補聴器の雑音抑制はあくまで会話とは異なる周波数や特徴を持つ音を抑制します。
全てが会話音だった場合、補聴器はどれが雑音でどれが会話音かを識別することは難しいのです。
そのため「指向性機能」といわれる顔を向けた正面の音を集中的に強調する機能が搭載された補聴器を使用するのが良いでしょう。
可能ならば指向性機能搭載の補聴器を両耳に使用するのが最善の方法ですよ。

電話での会話がわからない

電話は機械です。補聴器も機械です。機械から出力される音を機械で拾って聞くのには限界があります。
また電話で再生されている周波数は700Hzから2000Hz程度といわれています。会話で必要な周波数は500Hzから4000Hzといわれています。
そのため補聴器越しに受話器を当てても音声が歪んで聞こえ、会話がよくわからない時があるのです。また補聴器に受話器を押し付けすぎるとピーピー音(ハウリング)を起こします。
最新の補聴器では携帯電話の音声を補聴器にダイレクト送信し、聞き取りやすくする機能や機種がありますので検討することも必要かもしれませんね。

上記のような補聴器の弱点を少しでも改善できるよう近年の補聴器には、最新機能が搭載されています。
ワイヤレスマイクと直接接続できたり、スマートフォンの通話を直接補聴器に転送したりできる補聴器も登場しています。

おすすめの最新補聴器紹介

最新の機能を搭載し、上記のような事柄を少しでも手助けできるよう開発された補聴器を紹介します。

・商品名  リサウンド・リンクス3D
・メーカー リサウンド
・価格   220,000円~

リサウンドリンクス ワイヤレス補聴器

 

 

リサウンドリンクス ワイヤレス補聴器

最大の特徴は、iPhone(スマートフォン)と直接接続できるので通話を直接補聴器に送信し聞き取ることができます。
さらに両耳に補聴器を装用していれば通話も両耳からステレオ効果で聞こえてきますので聞き取りが向上します。
また、別売のワイヤレスマイク「マルチマイク」(54,000円)と接続すれば、離れた会話も耳元で聞こえてくるので快適です。

<マルチマイクに関連記事詳しくはこちら>

難聴 仕事 悩み 補聴器 ワイヤレス

補聴器が時々誤解されてしまうことのまとめ

補聴器を使用する方も、周囲の方も補聴器を使用すると健聴者と同等に聞こえが回復すると思いがちです。
しかし、補聴器には当然「限界」があります。そのため周囲の方も理解し、温かな対応をお願いしたいと思います。
なるべく、ゆっくり・はっきりお話しいただくことや騒音下では、補聴器に近づき距離を詰めてお話しいただくと良いと思います。
そして、補聴器を使用するにあたっては必ず補聴器専門家による補聴器の適切なフィッティングや調整が必要になります。
通信販売や中古品などは効果が望めません。補聴器専門店で相談し、適切な補聴器を使用しましょう。
しかしながら、補聴器は万能ではありません。様々な場面で誤解を受けてしまうこともあるかもしれません。
補聴器の機能設定や再調整で効果が変化する場合もありますので補聴器専門店で相談してみることも大切です。。
また、最新機能を搭載した補聴器は、補聴器の苦手な場面を手助けする機能を開発&搭載していますのでぜひご検討ください。

補聴器 誤解 聞こえ方 苦悩

関東補聴器には全店舗に認定補聴器技能者が在籍しています。
皆様の聞こえに関するお悩みやご相談を受け付けています。
最新補聴器の無料試聴体験も行っていますので気軽にお問い合わせください。

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

店舗

災害に備える ~難聴の方とその家族の方のための防災のヒント~

災害備え 補聴器

災害備え 補聴器

 

この度の西日本豪雨により被災された皆さまに謹んでお見舞い申し上げます。

被災地の一日も早い復旧と皆さまの健康を心よりお祈り申し上げます。

 

関東補聴器 スタッフ一同

 

災害は誰にでも遭遇する可能性があり、それは本当に突然やってきます。時として私たちの想像をはるかに超える力で、私たちの暮らしを脅かし、平穏な日々を奪ってしまうこともあります。

そんな「もしも」に備え、耳の不自由な方とその家族の方に、ぜひ知っておいてほしい防災のヒントを補聴器店の視点からお届けします。

「もしも」のときに聞こえてないと、どんなことに困るのか

もし実際に大規模な災害が起きたとき、聞こえていないと以下のような問題が考えられます。

●警報音や避難指示が聞こえず、災害の状況や避難場所についての情報が得られないため逃げ遅れてしまう。

●離れた場所にいる家族などと連絡を取り合うのが難しくなる

●避難所での大切な案内や災害の被害状況などの情報が得られない(避難所での放送や呼びかけなどが聞こえず、食事の配給などの援助がなかなか受けられないなど。)

●周囲とのコミュニケーションがうまく取れない。

●補聴器や人口内耳などに使用する電池の入手が困難になる。

災害に備える

補聴器や人口内耳を使っている方をはじめ難聴のある方は、いざというときのために、非常用持ち出し袋の中に以下のものを追加していただくことをおすすめします。

 補聴器・人口内耳などの電池

災害備え 補聴器 

 バッテリーや充電器、使用可能な古い補聴器

災害備え 補聴器災害備え 補聴器

充電式補聴器Cellionの充電器は、コネクターの形状が合うものであればスマホ用充電器で対応できますが、あくまでも緊急時の一時的な対処法ですので、長期間の使用はおすすめできません。

 

 聴器の簡易型乾燥ケース

災害備え 補聴器

 補聴器脱落防止ストラップ

災害備え 補聴器

 電話お願い手帳

耳の不自由な方のコミュニケーション支援としてNTT東日本・NTT西日本が発行しており、各支店のお客様窓口や地方自治体や福祉団体で配布されています。災害備え 補聴器

 

 障害手帳やお薬手帳
 筆記用具やメモ用紙、ホワイトボードなど。
 助けを呼ぶための笛やブザーなど。

普段からの備え

自分でできる準備
 補聴器やスマートフォンなど情報を得るために必要なものは、いざというときにすぐ持ち出せるように常に身近な場所において置くようにしましょう。(保管場所は家族にも伝えておきましょう
 非常用持ち出し袋を用意しておきましょう。
 避難時に支援が必要な場合は、住んでいる地域の自治体が作成する「災害時要支援者名簿登録制度」登録をしておきましょう。
 支援を受ける際に配慮してほしいことを書いた「ヘルプカード」を作成しておくと良いでしょう。
 日頃から地域の防災訓練などに参加しましょう。
周囲の人と相談しておくこと
 避難を呼びかける指示、警報、サイレンがあった場合は、個別に知らせてもらえるよう近所や周囲の人にお願いしておきましょう。
 補聴器や人口内耳が壊れてしまったとき、情報伝達・取得をどうすれば良いか、周囲とあらかじめ相談し決めておきましょう。
 家族と話し合って、災害が起きたときの連絡手段や集合場所などを決めておきましょう。

まとめ

難聴の程度や状況は様々なため、災害などの非常時にどんなことが不自由なのか、またどんなサポートを必要としているのかなどは、他人もそうですが家族であってもなかなか伝わりにくかったりするものです。「もしも」のときに備え、事前の準備とともに日頃から家族で話し合っておくこと、また近所や周囲の方にも状況を伝えておくなど、コミュニケーションをとることを心がけましょう。

 

 

補聴器・付属品やアクセサリーなど、補聴器のご相談はお近くの関東補聴器へ

災害備え 補聴器

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

補聴器を購入するときはクチコミランキングを参考にするべきか【自分に合った補聴器を】

クチコミ

クチコミ

補聴器を購入しようと思ったとき、数ある機種の中からどれにしたらいいかわからないということはありませんか?クチコミランキングで評判のいいものを参考にして決めようという方もいらっしゃると思います。でもちょっと待って下さい。補聴器は一般的な家電製品とは違い医療機器であり、お使いになる方の耳に合ったものを選択する必要があります。補聴器にランキングをつけること自体、少し難しい商品となりますから購入時は補聴器専門店でよくご相談されることをおすすめします。

補聴器は耳の状態に合わせて使います

補聴器は耳あな型・耳掛け型・箱型と大きく3つにわかれているのですが、聴力の状態、生活スタイル、使い勝手など細かい点を考慮しながら機種を選択していきます。どの機種を買ってもご自身の耳に合うというわけではないのです。きちんと聴力を測定し、基本的には耳の型を採ってをしなければいけません。ですから補聴器のクチコミランキングが紹介されていたとしてもあまりあてにならないのです。

また、通信販売やインターネットなどでお手軽に購入できる集音機は補聴器ではありませんのでおすすめしません。なかには耳を痛める可能性のある商品もありますのでご注意ください。

他の人の補聴器を借りて判断するのはやめましょう

  • 友達がよく聞こえると言っているから私もあの人と同じ補聴器にしたい
  • 知り合いの人の補聴器をちょっと借りてみたらよく聞こえた

お客様の中にはこのような理由で機種を決めてご来店いただく方もいらっしゃいます。しかしこの決め方はあまりおすすめできません。聴力の違いはもちろんのこと、耳の形、耳垢や耳ダレの有無、手先や目の不自由さがないか等、機種を選択するときはいろいろな面を考慮しておすすめしています。また、お知り合いの方の補聴器を借りてみたらよく聞こえたと思っても、ご自身の耳に合わせていないものを長時間使い続ければうるさく感じたり、耳が痛くなったり、疲れる原因になりかねません。もちろん同じ機種でも問題ないこともありますが、音量や音質の調整は必ずおひとりおひとりの聴力に合わせなければいけません。安易に機種を決めず、販売店でよく相談をされてください。

とも

補聴器の出荷台数について

2017年 補聴器出荷台数

総合計 562,747台

  • 耳掛け型    357,177台
  • 耳あな型    181,852台
  • ポケット型   23,238台
  • めがね型       480台

一般社団法人日本補聴器工業会発表

これは日本補聴器工業会が発表している国内における補聴器の出荷台数です。この統計からみると耳掛け型が一番出荷されているようですね。とはいえ当社では耳あな型をお使いになっている方もたくさんいらっしゃいます。耳あな型はきちんと耳の型を採り作成するオーダーメイド補聴器となります。耳型をとるにはより専門的な技術が必要になりますから、販売店によっては既製品の耳掛け型しか取り扱っていないところもあるようです。「街の電気屋さんに補聴器を取り寄せてもらって購入したんです。ほんとは耳あな型がよかったんだけど、お店の人にすすめられるがまま耳掛け型を買ってしまって失敗した。」というお話しを聞くこともあります。もちろん耳掛け型が悪いといっているわけではないのですが、人気があるからということだけにとらわれず、ご自身にとって使い勝手のよいタイプを選ぶことと、お店選びも大切にしましょう。

<お店選びのポイントについてはこちらへ>

どのタイプの補聴器を選んだらいいのか

  • 補聴器のタイプを決める・・・耳掛け型、耳あな型、箱型から選択します。難聴が重くなるにつれて補聴器本体のサイズも大きくなっていきますので、小さいサイズのものがいいと言っても希望に沿えないこともあります。

<耳掛け型・耳あな型・箱型の違いについてはこちらへ>

  • 性能と価格・・・価格が上がるほど当然性能も高くなります。性能が良いものは騒がしい場所での聞き取り向上や、音質のなめらかさに違いがありますが、ご予算にあまり無理のない範囲で決めていただくとよいと思います。また、基本的に両耳に装用することをおすすめいたしますが、当社では、例えばご予算が30万円だった場合、片耳だけに30万円の補聴器をつけるよりは、性能が下がっても15万円の補聴器を両耳につけて使用するほうがよいと考えています。

<両耳装用についてはこちらへ>

  • 使い勝手を考えて機種を決める・・・「補聴器をしていることを知られたくないからなるべく目立たない補聴器にしたい」「老人施設に入所するので、紛失防止の為に大きめで目立つ色の補聴器にしたい」「手先がうまく動かないから持ちやすい補聴器がいい」「電池の交換がいらない簡単な補聴器がいい」などいろいろなご希望があるかと思います。よく相談をしてできるだけ希望に沿ったものを選択しましょう。その為には複数メーカー取り扱っているお店でしたら選択肢が広がりますので、ご希望に合う機種を見つけやすくなります。

RIC紹介

希望に合わせた補聴器の一例をご紹介します

なるべく小さくて目立たない補聴器がいい方には

GNリサウンドの最小クラスIIC補聴器

IIC

  • 耳あなの奥深くに収まるので横からもほとんど見えない
  • 人間の耳が持つ集音効果を最大限に生かした自然な聞こえ
  • 風を切る音がしないため、スポーツなど屋外で活動する方に最適
  • かなり小さいため、耳への取り外し、電池交換などは手先の器用さが必要になる
  • 内部の部品を適切に配置する必要があるため、外耳道が細い方は作成できない
  • 軽度から中度難聴程度まで対応

IICかかく

 

操作が簡単な補聴器がいい方には

シーメンスシグニアの充電式補聴器Cellion

操作のしやすさ

  • 充電式なので面倒な電池交換が不要
  • 自動で電源がON/OFFするので不器用でも安心
  • 軽度から高度難聴まで対応

充電式補聴器セリオン シーメンスシグニア おすすめ

値段

<Cellionについて詳しくはこちらへ>

まとめ

補聴器はクチコミランキングで上位の機種を購入しようと思っていた方には、補聴器を買うのって思っていたより大変そう、面倒そうと思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。でもご安心ください。その面倒や疑問・不安を解決するために補聴器専門店があります。長くお使いいただける補聴器にするには購入後の調整やメンテナンスも欠かせません。是非お近くの関東補聴器までご相談ください。ご自宅への出張相談も承っております。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちらへ>

各店舗

難聴と認知症でコミュニケーションが取りづらいと感じたら【ご家族の方へ】

難聴と認知症

難聴と認知症

「母親が難聴だけど認知症でどうせ話しがわからないから補聴器をしても意味がない。」こんなお話しを聞くことがあります。でも本当にそうでしょうか?たしかに高齢の方、とくに認知症の方の場合は、補聴器をして声が聞こえているにも関わらず、会話の内容が理解できずに周りの方とコミュニケーションが取りづらいことも多いかもしれません。しかし補聴器をしていないと、脳に音の刺激を受けにくい状態となり、さらなる認知機能の低下につながることがわかっています。難聴で認知症の人にこそ補聴器を使ってあげてほしいと思うのです。

難聴は認知症の発症要因のひとつです

現在、日本の高齢者の4人に1人は認知症、またはその予備軍といわれています。そこで政府は認知症施策推進総合戦略として新オレンジプランというものを策定しています。その中で、認知症を引き起こす要素として、加齢・高血圧・遺伝・喫煙・頭部外傷・糖尿病・そして難聴を挙げています。

オレンジ

 

聞こえていないことで起こる悪循環

加齢による難聴は、早い方では30歳代から始まるといわれています。会話がよく聞き取れないことで難聴を自覚されることが多いですが、少しずつ進行している場合はご自身が聞こえていないことに気がついていないこともあります。周りの方からは「声をかけても返事がない」「とんちんかんな返事が返ってくる」「大きな声で何度も同じことを言うのが疲れる」と言われてしまい、だんだんと余計な話しをしなくなってしまう傾向があります。そうなると少しずつ家族や社会から孤立してしまったり、自信や意欲もなくされてしまい、だんだんと認知機能に影響がでるといわれています。

広がり

 

補聴器を使って脳に音を届けるということ

私たちは普段、様々な音が聞こえていますが、何の音がしているのかは意識していなくても一瞬で判断しています。例えば、散歩中に車が近づいてきた音が聞こえれば「危ないから道のはじっこに寄ろう」と思いますよね。音情報が耳に入ると、今聞こえたのは何の音で、どうしたらよいのかを脳で考えているわけです。これが難聴の方になると、耳に入ってくる音情報が極端に少なくなりますので、当然脳で考える機会が減ってしまいます。会話に関しても、相手の声を聞く→何と言ったのか脳で判断する→返事をする、といったことが聞こえないことによりできなくなります。つまり聞こえないままにしておくのは脳が働くチャンスが減るということですので、認知症の方や、その予備軍にとって良くない状態であるといえるのです。補聴器を使って積極的に聞こえを補いましょう。

脳から

 

補聴器は周りの方のサポートも大切です

家の中でも、外出中でも周囲はたくさんの音であふれていますよね。例えば、近くで誰かが新聞をめくっている音、レストランでの食器が当たるカチャカチャ音、エアコンから出る風の音、犬の鳴き声、スーパーマーケット内に流れる音楽。健康な聞こえの方は、よほどの強大音でない限りは聞こえていてもいちいち気になりませんよね。しかし、聞こえない状態が長く続いた方が補聴器をつけるとこのような音が突然聞こえてくるわけです。これを「よく聞こえてうれしい」と思う方もあれば、逆に「うるさい」と感じてしまう方もいます。補聴器は初めてつけたその日から、違和感なく使用できるという方は少ないものです。音の調整を繰り返したり、音を聞くためのリハビリだと思って少しずつ慣らしていくことが大切です。また、周りの方が難聴者と会話をするときは、ゆっくりと分かりやすい言葉でお話ししてあげることも会話を理解しやすいポイントになります。

周り

 

補聴器の基本の使い方

いざ補聴器を使おうと思っても、操作方法が難しいのではないかと心配される方もいらっしゃると思います。ご自身で行う(周りの方がやってあげる)こととしては以下の4つが補聴器の基本的な使い方です。

 補聴器を耳へ装用する・・・いくら補聴器の音を調整しても耳へ入っていなければ聞こえません。落下の心配もあります。初めての方は最初は少しお家の中で練習してみましょう。

 電池がなくなったら交換する・・・電池は5日~15日程度(機種により異なる)で消耗します。なくなったらその都度、交換しなければいけません。

 補聴器の電源を入切する・・・電源を入れっぱなしにしていると電池があっという間に消耗してしまいますから、使用しないときは必ず電源を切りましょう。

 補聴器のクリーニング・乾燥・・・毎日お使いになっていると補聴器に耳アカや汚れ、汗が付着し、聞こえが悪くなることもあります。補聴器店でクリーニングや乾燥などのメンテナンスは行ってくれますが、なるべく清潔を保つには、耳掃除をして補聴器へ耳アカがつかないようにしておくことも大切です。

認知症の方の場合は、ご自身で行うのは難しいこともあるかもしれません。その場合はご家族や周りの方の手助けが必要です。

認知症の方におすすめの補聴器はこちら

初めて補聴器を使用する方や、ご自身では補聴器の管理が難しい場合はできるだけ操作がわかりやすく、面倒の少ない補聴器を選択されるとよいと思います。できるだけ扱いやすい機種にすることで、長くお使いいただける補聴器になるのではないでしょうか。

シーメンスシグニアの充電式補聴器 Cellion 

セリオン表紙

 

おすすめポイント

 持ちやすく、装用が簡単・・・補聴器は小さく目立たない機種もありますが、逆に小さすぎて持ちづらい、耳へ入れづらいということもあります。また紛失防止の為にも、ある程度の大きさがあるとよいのではないでしょうか。また、耳栓部分は耳型をとり作成するオーダーメード耳栓にすれば簡単に耳へ装用でき、ハウリング(ピーピー音)防止にもなります。

補聴器 小さい ずれない 

 

 電池交換不要で細かい作業がいらない・・・補聴器の電池はとても小さく、長くても半月程で消耗してしまいます。電池の交換の仕方がわからなくなってしまったり、予備の電池を買い忘れていたということもあります。また、電池が消耗していることに気付かず補聴器を装用し、全然聞こえないと訴える方も少なくありません。こちらは充電式タイプになっていますから電池交換は不要です。

セリオンランプ

 

 電源のON/OFF作業がいらない・・・一般的には補聴器の電池ケースを開閉することで電源のON/OFFを行います。うまく開閉が行えていないと、電源が入りっぱなしだったり、電源が切れたまま装用していたというケースもあります。こちらは充電台に乗せると自動的に電源が切れ、取りだすと電源が入りますので安心です。

充電式補聴器セリオン シーメンスシグニア おすすめ

 

価格

 

身障者手帳があれば補助制度が利用できます

聴覚での障害者手帳をお持ちの場合は、補聴器購入時に補助制度があります。もちろん認知症の方でも利用することができます。これは補聴器を現物支給される場合と、補助金を支給される場合とがあり、各自治体により異なります。また、補聴器を現物支給される場合は、ご自身で好きな補聴器を選べるわけではありませんのでご注意ください。

<身体障害者の補聴器補助について詳しくはこちらへ>

まとめ

高齢の方は単に耳が聞こえないというだけではなく、聞こえても正確に言葉を聞き分けられない、会話のスピードについていけない、単語の意味が分からないなどといったことが重なり、スムーズに会話が成り立たないことも多いと思います。だからといって聞こえないままにしておいてはコミュニケーションをとることがますます難しくなってしまいます。難聴の方には補聴器を使ってできるだけ音が聞こえる状態にしてあげることが大切です。認知症だからといって補聴器をしても意味がないということはありませんので、可能な限り補聴器をお使いいただくことをおすすめいたします。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちらへ>

耳穴式補聴器 専門店 耳型採取