冬場におこる耳かけ式補聴器の結露による不具合は乾燥機を使って対策を【故障する前に強力乾燥】

結露

冬場に耳かけ式補聴器をお使いになっていて突然補聴器の音が聞こえなくなってしまうなどの不具合がおきたことはありませんか?寒くなると耳かけ式補聴器は本体と耳栓をつなぐチューブ内に結露がおきてしまうことあります。結露が原因の場合は乾燥機などを使って補聴器を乾かすと改善することがあります。あわてずに対処しましょう。

冬に補聴器が聞こえなくなる理由

夏の暑い日は汗をかくことが多くなるので、補聴器に汗が付着して一時的に聞こえなくなってしまったり、ひどいときには故障してしまうこともあります。毎日のお手入れはかかせない季節ですよね。冬になってやっとその心配をしなくてもいいと思っていたら、補聴器が突然聞こえなくなってしまった…汗もかいてないのにどうして?という経験をされた方もいらっしゃるかと思います。実は補聴器は冬でも気をつけてほしいことがあるのです。

それは寒くなると室内の窓ガラスにおこる結露と同じように、補聴器にも結露により水滴がたまり不具合が発生してしまうことがあるのです。それは主に耳かけ式の補聴器に発生します。

ではどこに水滴が発生するのかというと、本体と耳栓をつなぐ透明のチューブ内におきます。ここに水滴がたまってしまうことによって、音声が耳へ届かず、音が全く聞こえなかったり、聞こえてもボワンとしたはっきりとしない聞こえ方になってしまいます。

結露がおきる原因とタイミング

寒くなると暖房をつけてお部屋をあたためますよね。そうすると外の気温と室温に大きな差がでて室内の窓ガラスに水滴がたまってしまうことがあります。補聴器もそれと同じ現象です。朝起きて補聴器を耳へつけると、体温であたためられていきます。そしてその状態で外出をすると今度は外の冷気にさらされます。そのように温度差の大きい環境を行き来していると発生してしまうのがチューブ内の水滴です。多くは水滴を除去することで聞こえが回復しますが、放置すると故障してしまう場合もありますから注意しましょう。

窓ガラス

普段から結露対策をしましょう

結露は自然現象ですので発生させないようにするのは難しいですが、水滴がたまりにくくしたり、たまってしまった水滴を除去する方法があります。

チューブ内に糸を入れておく

普段から補聴器のチューブ内に木綿糸を入れておくと、結露が発生したときにはこの糸が水分を吸い取ってくれます。とても簡単で単純な方法ではありますが、これが実に効果的ですのでおすすめです。糸を入れても音声に影響はありませんので、安心して入れたままにしておいてください。入れ方がわからない場合は販売店へご相談ください。

よく乾燥させる

結露が原因で補聴器が聞こえなくなってしまったときは肉眼でも水滴がたまっていることがわかります。チューブ内に水がたまっていたらまずはよく乾燥させてみてください。できればチューブを本体からはずして水分を飛ばしてもらうのがよいのですが、よくやり方がわからない、すぐには販売店まで行かれないというときはしばらく乾燥ケースに入れたり、乾燥機にかけたりして水滴を乾かすようにしましょう。本体の故障でなければこれだけで元通りに聞こえるようになります。

強力な補聴器専用乾燥機D-Dry

乾燥機

冬は結露の乾燥、夏は汗を乾燥と1年中活躍するのが、補聴器メーカー・フォナック社から発売されている補聴器専用の乾燥機D-Dryです。強力な乾燥と紫外線ランプによる除菌が行えますので補聴器を使用後はこの乾燥機に入れてよく乾燥させましょう。

特徴
  • 温風対流により補聴器を乾燥
  • UV-Cライトによる除菌効果で感染症のリスクを軽減
  • 乾燥終了後は自動で停止
  • 加熱防止機能付きの安心設計
  • フタを開けるとUV-C照射が止まる安全機能
  • 乾燥剤不要
  • USBのACアダプターからの電源供給仕様
仕様
  • 価格:12,000円
  • 総体寸法:幅150×奥行き72×高さ40.5mm
  • 内部寸法:幅85×奥行き53×高さ17mm
  • 本体重量:141グラム
  • 電力供給:5V電源アダプター・/USB ACアダプター
タイマー

まとめ

補聴器を使用中に音が聞こえなくなってしまうと、壊れてしまったとあわてた経験のある方も多いのではないでしょうか。暖房をつけるほど寒い日にはまずは結露を疑ってみてください。すぐに販売店へお持ちいただくのが一番ですが、すぐに行かれないときはよく乾燥させてたまった水分を除去しましょう。それでも回復しないときはメーカーでの修理が必要になります。また、耳あな式補聴器でもまれに内部に結露が起こることがあります。これは見ただけでは結露かどうかわかりませんが、乾燥させたほうがよいことは変わりませんので、まずは乾燥機等でよく乾かしみてください。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちら>

店

補聴器をできるだけ長く使っていただくために 【自分でできる簡単なお手入れ方法】

補聴器 ケア 方法

補聴器 ケア 方法

補聴器はとても繊細な精密機器です。補聴器をできるだけ長く使っていただくためには、日々のお手入れと、きちんと管理するということがとても大切になってきます。補聴器を守るためにも弱点を知り、しっかりとケアを行って快適な聞こえを楽しみましょう。

補聴器の寿命はどれくらい?

補聴器の耐用年数、所謂「寿命」は、一般的に4~5年と言われています。しかしこれはあくまでも厚生労働省が定めた障害者総合支援法に記載されている補装具の耐用年数に基づいたもので、補聴器を大切に使われている方の中には、メーカーや販売店による定期的なメンテナンスを受けながら「10年近く使っている」という方もいらっしゃいます。

補聴器の弱点とは?その対策とケアの方法

精密機器である補聴器には、ぜひ知っておいていただきたい弱点がいくつかあります。ここでは、補聴器の弱点とその対策・ケアのポイントなどをご紹介したいと思います。

弱点1 汚れ(耳垢、整髪剤など)

耳垢は、補聴器の故障の原因の中で、最も大きなもののひとつとされています。外耳道で発生する耳垢には、カサカサと乾燥したタイプのものと、ベトベトとした粘り気のあるタイプのものがありますが、どちらの耳垢も補聴器の重要な部分(マイクロホンやレシーバー)に入り込んでしまうと、詰まってしまい故障の原因になります。また、汚れには香水や整髪剤、化粧品などの微粒子状のものも含まれます。

補聴器 ケア 方法

 対策
補聴器を触るときは、清潔な手で取り扱うように心がけましょう。また「3日に一度、朝、補聴器をつけるとき」などと決めて、補聴器を掃除することを習慣化しましょう。
補聴器 ケア 方法

★【掃除の方法】汚れが溜まりやすい部分(音の出る部分)に付属の専用ブラシをかける。ただし、マイク部分にゴミが入り込まないよう注意が必要です。

補聴器 ケア 方法

 

本体部分は、柔らかい布で表面の汚れや汗を優しく拭き取りましょう。

補聴器 ケア 方法

補聴器 ケア 方法

 

フォナックの補聴器クリーナーシートは、ナノ銀(Ag+)で約650種類といわれるウィルスや菌をしっかり除去。軽く拭くだけでキレイを長時間保ちます。

 

弱点2 水や汗、湿気などの水分

昨今の補聴器は、ほとんどの製品(一部製品を除く)が日常防水仕様となってはいますが、やはり精密機器であるため基本的に水分(水・汗・湿気)には弱いです。できるだけ補聴器を水分(水や汗、湿気など)の多い環境に長時間さらさないように注意しましょう。

補聴器 ケア 方法

 対策

補聴器を外したら、必ず乾燥ケースに入れるようにしましょう。置き場所を固定することは、衝撃による物理的損傷や紛失防止にも繋がります!!

補聴器 ケア 方法

★補聴器の電池を外し電池ホルダーを開けた状態で入れる。ケース内の乾燥剤(シリカゲル)はビーズ状の粒が青色から紫色に変色すると交換のサインですので、定期的に交換するようにしてください。

補聴器 ケア 方法

 

シーメンス・シグニア 『パーフェクトドライ ラックス】

★電気式の乾燥機ならしっかりラクラク乾燥♪

 

 

 

 

弱点3 高温になる場所

ヒーターやエアコンなどの温風が直接あたる場所や車の中などは、電子機器にとってとても危険な場所です。とくに夏の炎天下の車内70℃~80℃にもなります。

補聴器 ケア 方法

車内に長時間放置はしないよう注意してください。

定期点検メンテナンスは補聴器販売店へ

これまでご自分でできるお手入れ方法をご紹介しましたが、ご自身でうまくできないとお感じになられたら無理せず補聴器販売店で掃除してもらうようにしましょう。また、細かい部分のクリーニングや点検、音の調整などは補聴器販売店で行いますので、定期的に販売店で補聴器の状態を確認してもらうと良いでしょう。

補聴器 ケア 方法

 

日々の暮らしを彩る大切な補聴器。少しでも長く、またより快適な聞こえを楽しむためにも、日頃のお手入れと定期的なメンテナンスを心がけましょう。

補聴器のご相談はお近くの関東補聴器へどうぞ。

各店舗

 

耳穴式補聴器の海外メーカーは海外で作成なのか

補聴器 メーカー 耳穴式オーダーメイド

補聴器 メーカー 耳穴式オーダーメイド
海外メーカーの耳穴式補聴器は、海外で作成するのではなくほとんど国内で作成しています。海外メーカーもほとんど日本国内に日本支社を構えていますので、耳穴式補聴器の作成や補聴器の修理などは国内で行っています。

耳穴式補聴器はオーダーメイドで作成

耳穴式補聴器はあなたの耳型を採取して、入れ歯のように型に合わせてあなた専用にオーダーメイドで作成します。あなたの耳型通りに作成しますので装用感も良く、聞こえ方も上質ですね。

*耳型採取についてはこちら

*オーダーメイド補聴器についてはこちら

補聴器は海外メーカーが多い

現在の補聴器は海外メーカーが多いですね。海外では日本よりも補聴器を使用する文化がありますので、よい補聴器を開発し発売すると良く売れて開発費用が回収でき、さらに開発資金に回し、もっとよい製品が開発されるという好循環の流れになっています。

補聴器 メーカー 機能

海外メーカーも日本支社

補聴器 メーカー 海外ほとんどの補聴器海外メーカーは日本に日本支社があり工場を併設しています。ほぼ全ての業務は日本国内で行われています。

 

耳穴式オーダーメイド補聴器の作成

上記で説明しましたが、ほとんどの海外メーカーが、オーダーメイドで作成する耳穴式補聴器は海外に送って作成するのではなく、日本国内で日本人の技術者が、日本の品質(クオリティー)で作成しています。
一部、海外で作成するメーカーもありますが作成に関するほとんどの工程は日本で行い、日本で検査・検品されて皆様のお手元に届きます。

補聴器の修理も国内修理

補聴器 メーカー 耳穴オーダー補聴器オーダーメイド耳穴式補聴器と同様、補聴器の故障に関しても修理するのは国内工場の日本人技術者が修理を行い、検査・検品されて皆様の手元に戻ってきます。

 

海外メーカーの耳穴式補聴器もほとんどのメーカーで日本支社がありますので日本国内で作成され、世界に誇れる日本品質(ジャパンクオリティー)です。

補聴器 海外メーカー

うっかり補聴器を外すのを忘れお風呂に入ってしまった

補聴器 防水

うっかり補聴器を外すのを忘れお風呂に入っていしまったら補聴器販売店に行き、真空乾燥や点検をしてもらうことをお勧めします。
補聴器は精密機器なので汗や水に弱く故障の原因になるので早めに解消すると良いですね。
ではどのような対処をしたら良いか説明します。

補聴器が水に濡れるとどうなるのか

suiteki-1 全く音が出なくなる
 補聴器マイクに水が浸透し音がこもって聞こえる
 電池の切片に水分が付着し通電しない

補聴器が水に濡れてしまうと様々な故障原因が考えられるので早めに補聴器販売店に行く事が大事です。

うっかりミスで水に濡れてしまったら

うっかり耳掛け式の場合は、本体のフックとイヤモールドを外し水分を拭き取り、電池を取り外し電池部分の水分を十分に拭きとってください。
耳あな式の場合も補聴器全体の水分を拭き取り、電池を取り出し電池部分に水滴等が残らないようにしっかり拭き取ってください。

水分が取りきれたら乾燥ケースに入れて乾燥させ、早めに補聴器販売店で詳しく診てもらうと良いと思います.

修理に関して

補聴器が故障していれば補聴器を預かりメーカーへ修理を出します。
修理期間はメーカーにより異なりますが2週間程で修理が完了します。また、どの部分に水分が浸透し故障したかによっても修理金額が異なりますので、補聴器販売店に問い合わせてみてください。

水や湿気を気にしないで使いたい方

防水補聴器従来までの補聴器は水湿気に非常に弱く、故障の原因も汗や水による修理が多くあります。
現在では補聴器も防水の時代になっていますので汗や水での故障が心配な方は是非参考にしてみてください。

詳しくはこちら

また、補聴器はいつどんなタイミングで故障してしまうかわかりません。

修理中は補聴器のない生活になるので聞こえにくさ感じたり、大事な用事がある時に補聴器がなければ困ってしまいますよね。
万が一の故障に備え予備の補聴器を準備しておくことも非常に大切なんですよ。

まとめ

明るい未来補聴器は水湿気には弱い製品なので、うっかり補聴器を外すのを忘れてお風呂に入ってしまった際にシャワーがかかり補聴器が故障してしまうと、故障の原因になるので自分の判断で処置せずに補聴器販売店に行き専門家に診断してもらうようにしましょうね。
防水型補聴器で温泉やプールも楽しみたいと願う方には良い選択だと思います。
また、より安心して補聴器を使用するにはもしもの時の予備を考えるといいのではないでしょうか。
皆様の生活が少しでも快適で豊かな時間になれば私達もうれしく思います。

障害者差別解消法について

障害者差別解消法について

障害者差別解消法について説明します。平成28年4月1日より施行される法律で一般の企業や店舗で障害を理由に「不当な差別的取扱い」をしてはいけない。「必要かつ合理的な配慮」をするよう努力しなければならないということです。
つまり、個人ではなく企業に対してが主になります。

特に聴覚障害は見た目では判断が難しく、聞こえないことでコミュニケーションが難しく、銀行や郵便局では窓口業務が筆談になることで迅速に業務が遂行できなくなることがあります。
これらの窓口業務には合理的配慮の名の下、様々な工夫が求められます。

何をしなければならないのか?

合理的配慮とはある一定の基準があるわけではなく、個々の障害に応じて企業として配慮していくことになります。
企業として大幅な負担になるほどのものは必要ありません。

企業の皆さまに関東補聴器が提案できること

私ども関東補聴器は補聴器専門店ですので、聞こえについての提案が可能です。

障害者差別解消法1障害者差別解消法

DSF線音源スピーカーシステムを使用しますと銀行や病院の待合所で名前を呼び出された際、呼び出しが聞こえやすくなり聴覚障害の方にも配慮し、窓口までの呼び出しをスムーズに行えます。

話者はピンマイクを装着し、呼び出せば音声が拡散することなく座席に座った高さで直線的に音声が進みます。

ポケット型補聴器ポケット型補聴器

窓口にポケット型補聴器を据え置き、大きな声で会話できない場面では、お客様の耳にイヤホンをいれていただきスイッチを入れてボリュームを適当な位置まで上げて、会話をすることができます。

窓口業務の呼び出し、窓口での個別対話、両方とも「必要かつ合理的な配慮」をすることができます。

関東補聴では差別のない住み良い街づくりに貢献できるよう活動していきます。

 

障害者差別解消法について検討中の企業さまは、関東補聴器 各店にご連絡ください。

 

補聴器を使用中の高齢者の方の悩み

補聴器 高齢者 悩み

補聴器をつけている高齢者の家族(母親・父親・祖母・祖父等)話しかけるとき、補聴器で十分大きくなっていますので、大声で話すと大きくなりすぎてガンガン音割れをしてかえってわかりづらくなってしまいます。補聴器専門の資格や技能が豊富な専門店に話し方を相談してみてください。

顔をみて、口元を見せて、普通の声で、ゆっくり話をする、とわかりやすくなりますよ。

聴力の状態が悪くなればなるほど、聴力だけではなく言葉の解析能力(語音弁別能)も悪くなりますから、聞こえていても言葉として判別しにくくなってきます。

補聴器は問題なくしっかり出来ていても、音を聞くということと、言葉を理解するというのは同一ではないのです。

聴力はさほど悪くなくても言葉の解析能力(語音弁別能)が悪い方もいますし、聴力はかなり悪いのですが言葉の解析能力(語音弁別能)はいい方もいます。

補聴器が言葉を判断、理解するわけではなく、あくまで音を大きくして聞こえやすく耳の中に伝達する機器です。

その音を耳の神経が脳に伝え、脳で理解していくわけですので、補聴器でできる事も限界があるということです。

他の補聴器を次々買い替えても無駄使いになってしまうこともあるので、今お持ちの補聴器を購入店でしっかり見て補聴器 高齢者 悩みもらい、耳の状態を測定、再調整、部品の交換や修正で間に合うのかを相談しましょう。

最適な状態に補聴器を調整して上質なコミュニケーションが取れるように

お手伝いさせていただきたいと思います。

補聴器をつけて大きな声を出されると響いて何をいっているのかわからないとお悩みの方、会話する
時のコツは・ゆっくり・はっきり・顔を見て・ですね!

耳かけ式補聴器の耳栓と音の関係

耳かけ式補聴器の耳栓耳かけ式補聴器の耳栓と音の関係は極めて重要です。
耳かけ式補聴器はゴム耳栓や既製耳栓ではなくイヤモールド(耳型特注耳栓)の使用をお勧めいたします。

イヤモールドと呼ばれるオーダー耳栓を使用し、音の漏れを防止し、音を鼓膜までしっかりと伝える必要があるんですよ。
ゴム耳栓で使用すると音は聞こえるのですが鼓膜に音が届くまでに音のひずみが生まれ、聞きにくい原因にもなります。
なのでしっかりと鼓膜に音の出る出口を向けないと良い音では聞けないことやピーピー音(ハウリング)の原因になります。
また、ゴム耳栓ですと、ズレたり外れてきたりと装用感にも問題が出ることがあります。
耳かけ式補聴器はオーダーメイド補聴器と違い本体は既製品です。

大体の補聴器販売店はイヤモールドの業者に発注しお客様の手元に届くまでには耳かけも耳あなも1週間弱のお時間
を頂く場合が多く、耳に合わないときはイヤモールドの修正等でさらにお預かりなんて事も少なくありません。

当社は自社にラボ(自社工場)を持ち、イヤモールド(特注耳栓)の作成・修正などスムーズにお客様にご提供できる環境を完備しております。
当社は、強みであるラボ(自社工場)の完備により安心してお客さんの聞こえをサポートいたします。
耳かけ式補聴器と耳栓の関係をよく理解したうえでよい音で聞く事も補聴器をうまく使うコツと言えます。

補聴器の価格は一般的にいくらなのか

補聴器を購入する時は価格が一般的にいくらなのかを知って補聴器 価格おくことは重要ですよね。補聴器は耳掛式補聴器・耳穴式補聴器・箱型補聴器(ポケットタイプ)で価格も大きく違います。
耳掛け式補聴器ですと5万円くらいから40万円くらいまであります。耳穴式補聴器(オーダー)は耳の型を採り1つづつオーダーで使用者あわせて作成しますので最低でも9万円くらいかかり
ます。最高ですと50万円くらいまであります。最後にポケットに入れて携帯ラジオのようにイヤホンを耳入れて使用しイヤホンにコードがついているようなポケットタイプは3万円くらいから10万円くらいまであります。

これは方耳の値段ですので両耳使用の場合は2個分になります。

値段の違いは「性能」の違いです。

価格の低いものは性能も低いので騒音が響いても制御できなかったり調整する幅が狭く満足な音質にならなかったり、また外観が大きく目立って重量もあり装用感がいまひとつであったり・・・。

高価格のものは高性能ですので騒音の抑制も強くかかったり、全自動で調整を切り替えてくれたり、調整の幅も広く柔軟に使用者の音質に対する要望にも応えられるでしょう。リモコンなどをつかってテレビや電話の音声を電波で直接補聴器に送信して耳元で聞こえるようにできる無線機能なども搭載しています。

実際にはあまり安くもなく、高くもなく、真ん中あたりの価格帯、性能でお使いになっている方が多数かと思います。
耳かけタイプですと10万円~15万円ぐらい、耳穴(オーダー)タ補聴器 価格イプですと15万円~20万円ぐらい、ポケットタイプですと6万円ぐらいですかね。

 

メーカーによっても価格は少し違いますし、性能も違いますので一概には当てはまらないこともあるかと思いますが・・・。

 

使用者の方の使用スタイル、お悩みの状況で必要な性能・機能
はありますのでしっかり専門家に相談して予算と性能・機能を検討して購入されたほうがいいですね。