聴力低下が年齢による老化を感じさせる【視力低下よりも年齢を感じる】

聴力低下 聞こえない 老化現象 老人性難聴

聴力低下 聞こえない 老化現象 老人性難聴

聞こえにくさが年齢を感じさせ老化を意識させる第1位というアンケート結果もあるそうです。
白髪や視力の低下よりも聴力の低下のほうが年を感じると思う方が多く加齢と共に避けては通れない道なのですね。
医療機関での処置で回復する難聴もありますが年齢と共に聴力低下が起こってきた場合は、治療で回復するのは難しいと思われますね。
最新の補聴器はデザインや機能などものすごい勢いで進化しています。
最新補聴器の一端を紹介しましょう。

特に衰えを感じる難聴

年齢と共にすべての器官が衰えてきます。白髪が増えてきたり、体型が変わってきたり、見えにくくなったり…。
そんな変化の中でも「特に年齢や老化を感じてしまいます」といわれているのが「聞こえにくさ」=「難聴」なのです。
聴力は20代をピークに少しづつ低下していき、60代頃から自他共に難聴を感じる方が増えてきます。
下記の表は、年齢による聴力の平均データー表です。
高い周波数、すなわち高音域から徐々に聞きづらくなり、中間音、低音域と低下が進行してきます。

30から

難聴だけは受け入れづらいネガティブイメージ

年齢的な衰えも現在では皆さま前向きなポジティブイメージで捉えておられる方が多いのは承知の通りです。
白髪が増えてきても、白髪染めをすることなく素敵なグレーヘアでオシャレに決める。
見えにくくなってもオシャレなデザインのメガネで老眼をかっこよく決める。
などなど、近年は年齢に逆らうことなく変化を受け入れ、なおかつかっこよく・オシャレに決めることがトレンドですよね。
しかし、難聴だけはそうはいかないようです。
聞き返しや返答違いなどは「年寄りに見られそう」などのネガティブイメージがあり受け入れがたいという方が多いのが現実です。

補聴器に対するイメージとは

見えづらくなれば、メガネをかけるように「聞こえづらく」なれば補聴器を使用することは当然のことです。
しかし、補聴器にどのようなイメージを持っておられるでしょうか?そのイメージが補聴器使用をためらう要因ではないでしょうか?

 補聴器は老人が使用するイメージ
 補聴器は障害があるように思われる
 補聴器はデザインもカッコよくない
 補聴器はオシャレなイメージがない

などなどネガティブイメージが強いのではないでしょうか?

ネガティブイメージの補聴器

補聴器には、どうしてもネガティブイメージがあり使用をためらう方も少なくありません。
先に紹介したように、白髪や老眼は受け入れられるが難聴は、まだまだ簡単に受け入れることは難しく、難聴が「恥かしい」とか「年齢を感じる」と多くの方が思っています。
ネガティブイメージの補聴器ですが、そのようなイメージを持っておられる方に向けた補聴器の開発も以前からかなり進んでいるんですよ。
ネガティブイメージがポジティブイメージに変わるような補聴器があるのです。

周囲から見えない超小型
カラーやデザインで魅せる斬新スタイル
ワイヤレス機能搭載の高機能タイプ

このようなタイプの補聴器が開発され登場していますので紹介してみましょうね!

周囲から見えない超小型

やはり、補聴器が耳元から見えているとどうしても周囲の視線が気になります。
その周囲の視線がネガティブイメージを思い起こさせるのではないでしょうか?
そんな方におススメなのが超小型の耳穴式補聴器です。

商品名  フォナックバートB-チタン
メーカー フォナック

その名の通り「チタン」を使用して作成された耳穴式補聴器です。
耳型採取を行い、耳型ピッタリに「チタン」を加工し外装を作成し内部に機器を実装して完成するオーダーメイドです。
強度が高く、かつ補聴器のボディを薄くできるので超小型で作成することが可能です。
見た目も「チタン」の外観にブラックのプレートでカッコよく決まっています。ちたん

<バートBーチタンの価格や機能詳しくはこちら>

カラーやデザインで魅せる斬新スタイル

補聴器を「隠す」のではなく逆に「見せる」スタイルにしてカッコよく決めてしまおう!という発想から生まれた補聴器です。
今までにない特徴的なデザインやカラー展開で、アクセサリー感覚で使用する補聴器。
まるでスパイ映画に出てきそうな「通信機」を連想させるデザイン。ワイヤレスイヤホンのようにも見えます。
あなたの耳型に合わせて作成するオーダーメイド補聴器です。

商品名  プライマックスクール(COOL)
メーカー シーメンスシグニア補聴器 難聴 声の形

<クール(COOL)関連記事はこちら>

<プライマックスシリーズ価格や機能詳しくはこちら>

ワイヤレス機能搭載の高機能タイプ

最新の補聴器にはワイヤレス機能が搭載されていてお手持ちのスマートフォンなどモバイル機器と接続してマルチに聞こえを楽しむことができます。
IPhoneユーザーの方はスマホでの通話やyoutubeなどの音楽や音声などを直接補聴器に送信して聞くことができるのです。そうです、高性能ワイヤレスイヤホンのように。
また、補聴器の音量アップや騒音抑制機能の強弱など細かな操作をスマホで操作することが可能。
最先端を行くカッコいい補聴器スタイルですよね!

商品名  リサウンドリンクス2
メーカー GNリサウンド

補聴器 選び方 50代 おすすめ補聴器

<リサウンドリンクス関連記事はこちら>

<リサウンドリンクス2の価格や機能詳しくはこちら>

いかがでしょう?ネガティブイメージの補聴器も、もうそんな時代ではありませんよ。
ネガティブイメージからポジティブイメージに変えて補聴器生活をもっと気楽に考えましょう。

聴力低下がより老化を感じさせるのまとめ

年齢による機能の低下は誰にでも起こります。白髪になったり、体型が変わったり、見えにくくなったり・・・。
そんな中で「聞きにくい=難聴」はより一層年齢を感じさせてしまい、老化を意識してしまう方が多いようなのです。
しかし、不便を我慢して見栄を張っても得することは何一つありません。難聴が進行してしまったり、大きな失敗にならないように補聴器の早期使用をおすすめします。
ネガティブイメージの強い補聴器ですが、最新の補聴器はもうそんなことはありません。
見えない補聴器やオシャレな補聴器、高機能の多機能補聴器などポジティブイメージになるようなワクワクする補聴器も登場しています。
ぜひ、補聴器専門店でお手に取って眺め、自分の耳で聞いてみてくださいね。

聴力低下 聞こえない 老化現象 老人性難聴

関東補聴器では最新補聴器の試聴体験を無料で行っています。
全店に在籍する認定補聴器技能者をはじめ専門スタッフがいつでも相談を受け付けています。
気軽にお問い合わせください。

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

各店舗

補聴器をつけはじめるタイミングについて教えてください【補聴器装用を迷っている方へ】

タイミング

タイミング

最近聞こえが悪くなってきたような気がするけど、「補聴器をしたほうがいいかな?それともまだ必要ないかな?」とお悩みの方はいらっしゃいますか?補聴器をつけはじめるタイミングは、聴力レベルや生活スタイルなどから判断をします。補聴器はこうなったら絶対につけなければいけませんよ~という決まりがあるわけではありませんが、聞こえなくてお困りの場面が増えてきたら早めの補聴器装用をおすすめいたします。

補聴器を使用することが適している聞こえの状態とは

補聴器は文字通り、聞こえを補助するための道具ですが、難聴になり初めて補聴器のことを考えたとき、装用するかしないか迷う方は多いと思います。特に軽度の難聴で、補聴器がなくてもある程度聞こえている場合は尚更ですよね。まず補聴器は難聴の程度に関わらず、どのような場合が使用に適しているのかという基本的な考え方は以下の点になります。

  1. 難聴のため日常生活においていろいろな生活音や会話音(言葉)が聞き取りにくい場合
  2. 補聴器で音を大きくすれば会話が聞き取りやすくなる場合
  3. 補聴器を使用することを希望している人

まずは聴力測定をして聞こえの状態を知りましょう

「最近聞こえにくいなぁ」と感じたり「自分では聞こえているつもりなんだけど家族からテレビの音量が大きくてうるさいと怒られてしまう」など、難聴は自覚症状があったりなかったりします。そんなときは1度聴力測定を受けてみましょう。どの程度聞こえていないのか具体的に数字で表されますので一目瞭然です。例えば30デシベルという音の大きさが聞こえないと軽度難聴のはじまりとされ、さらに大きな50デシベルの音が聞こえないと中度難聴というように、軽度・中度・高度・重度と4段階で難聴レベルが判断されます。

 

GNオージオ

 

聴力レベル別にみられる具体的な症状

難聴が進行すると会話音はもちろん、いろいろな生活音も聞こえなくなってきます。そしてそのことに伴い人とのコミュニケーションをとることも難しくなっていきます。補聴器は単に聞こえを良くするだけではなく、コミュニケーションを円滑に行う上でとても大切なものといえます。

下の表は聴力の平均値(聴力測定により算出されます)によって、どれぐらいの聞こえの状態か?コミュニケーションはどれぐらいとれるのか?などの目安を表したものです。あなたや、あなたのご家族は現在どの状態に該当するでしょうか。


<平均聴力レベルとコミュニケーション障害の関係>

  • 25~39dB(軽度難聴) 小さい声の会話が聞き取りにくい。静かな場所で女性が複数人で会話をしたとき声の小さい人の話を正確に理解できない。広い会議室で10名程度で会議をしたときに発音が不明瞭な人の話を正確に理解できない。
  • 40~54dB(軽度~中度難聴) 普通の会話でしばしば不自由を感じる。話が理解できていないのに相づちをうつことがある。大きい声で正面から話してもらえば会話を理解できる。
  • 55~69dB(中度難聴) 大きい声で話してもらっても会話を理解できないことが多い。ご自身の後方で行われている会話に気付かない。耳元ではっきり話される言葉は理解できる。
  • 70~89dB(高度難聴) かなり大きな声でないと聞こえない。聴覚だけでは話を理解できないことが多いので、大切な話は筆談を併用する必要がある。
  • 90dB以上(重度難聴) 補聴器を使用しても聴覚だけでは話の内容を理解できない。読話や筆談の併用が必要となる。

(「補聴器フィッティングの考え方」小寺一興著を引用して作成)


 補聴器は聞こえを補うものではありますが、健聴だった頃と同じようになんでも元通りに聞こえるようになるわけではありません。難聴は進行すればするほど、補聴器で音を大きくしても聴覚だけでは会話を理解することは難しくなります。特に加齢による難聴の場合、お話しのスピードについていけなかったり、会話内容の理解力の低下、言葉の聞き分け能力の低下なども重なります。「補聴器をすればよく聞こえる」、「補聴器をしても言葉がよく聞き取れない」など、耳の状態などにより効果の感じ方は大きく異なります。

聴力レベル別にみる補聴器の必要度

さきほどの表の内容をふまえ、聴力レベル毎に補聴器の必要性をまとめたものが以下のようになります。少しでも話を聞き漏らせない方は、初期の難聴でも補聴器が必要といわれています。逆に難聴が深刻になると補聴器は補助的なものとなり、完全に会話を理解するには筆談や手話なども必要となります。

  • 25~39dB(軽度難聴) 学生や会議にでることが多い方など、会話をできるだけ正確に聞き取る必要のある方は補聴器装用をおすすめします。
  • 40~54dB(軽度~中度難聴) 補聴器なしの生活では孤立しがちになります。補聴器の常用をおすすめします。
  • 55~69dB(中度難聴) コミュニケーションを保つためにも補聴器装用は必須となります。
  • 70~89dB(高度難聴) 会話を理解するには補聴器装用は必須ですが、重要なことは筆談が必要です。
  • 90dB以上(重度難聴) 会話を理解するには補聴器(聴覚)は補助的な役割となり、読話や手話、筆談が必要です。

難聴になったら補聴器の早期装用がおすすめです

病院で治療を受けても治らなかった聴力低下や、加齢による聴力低下がある場合はそのまま放置していても聴力が回復することはありません。そればかりか聞こえない状態が長く続くことにより脳の萎縮や、意欲の低下が起こりはじめ、そのまま認知症へとつながるケースもあることがわかっています。補聴器は「今よりもっと聞こえなくなったらそのときつければいいや」ではなく、難聴が今より進行してしまう前に早めの対策をし、補聴器を使ってできるだけ聞き取り能力やコミュニケーション能力を維持しましょう。

<難聴と認知症の関係についてはこちら>

最近の補聴器は目立たないデザインになっています

補聴器はなんとなく抵抗がある、面倒くさい、恥ずかしいというようなネガティブなイメージをお持ちの方も少なくありません。たしかに今までなにもなかった耳の中に物を入れるわけですから、うっとうしそう・・・管理も面倒そう・・・と思われるかもしれません。ご家族に補聴器をすすめられても断固拒否という方もいらっしゃいます。しかしそのままにしていても難聴が治るわけではありません。補聴器をつけなければずっと聞こえないままで過ごすということになります。それはご本人はもちろん、ご家族にもたいへんな不便や心配が生じることになります。

補聴器に対する抵抗を少しでも減らすため、最近ではつけていることが目立たない小型補聴器や、見えてもオシャレなデザインやカラーになっています。また最新のスマートフォンと連動して使用していくものもあり、昔の補聴器のイメージとは大きく変わってきています。補聴器をしようか迷っている方は一度補聴器専門店でお試しになってみてはいかがでしょうか。

ちたん

<スマートフォンと連動した便利な補聴器とは>

補聴器初心者にオススメする補聴器はこれ

セリオン表紙

オススメは充電式補聴器のCellionシリーズです。こちらは電池交換がいらない・操作が簡単・耳への装用が簡単となっています。従来の補聴器に比べ細かい作業が不要ですから、面倒なことはしたくない方や、手先がうまく動かないという方にはとくにおすすめです。

  • 機種名:Cellion(セリオン)
  • メーカー:シーメンスシグニア
  • 価格:¥200000~(片耳)

値段

 

  • おすすめポイント

 充電式 一般的な補聴器は使い捨ての電池で作動しています。機種や電池サイズにより異なり、平均で5日~15日程度で電池の交換が必要になります。Cellionは充電式ですので電池交換は不要です。補聴器を使ったあとは付属の充電器にのせておくだけです。4時間でフル充電になり、その後26時間連続使用が可能です。

セリオンランプ

 

 操作が簡単 Cellionは充電器にのせると自動的に電源が切れます。ご使用になるときは充電器からとるだけで電源がはいります。一時的に電源を止めておきたいときもボタンを押すだけですので簡単です。

充電式補聴器セリオン シーメンスシグニア おすすめ

 

 関東補聴器ならオーダーメイド耳栓で作成するから装用も簡単 通常はゴムでできた既製の耳栓を使用しますが、当社では基本的にお使いになる方の耳型をとり、きっちりと耳に合わせたオーダーメイド耳栓を使用いたします。そうすることで装用も簡単な上に、耳からズレにくくなりますのでおすすめです。

RICモールド 耳掛式補聴器 RICタイプ

 

まとめ

普段からたびたび会話が聞こえづらいと感じ始めたら補聴器の装用開始を検討するタイミングです。大切な話しを聞き逃してしまうことがあり、お仕事や生活する上で支障が出始めている場合はできるだけ早めの補聴器装用をおすすめいたします。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちらへ>

耳穴式補聴器 専門店 耳型採取

 

 

 

 

職場の健康診断で聴力検査を受けたら1000Hzと4000Hzで所見ありとの結果にショック【補聴器装用開始のキッカケ】

10004000

10004000

職場の健康診断で聴力検査を受けたことはあるでしょうか。検査では1000Hzと4000Hzの音が聞こえるかどうかを測定しますが、その結果所見ありとなり再検査をすすめられることもあります。聞こえにくさを感じていなかった方は意外な検査結果にドキッとしますよね。すでに日頃から聞こえにくさを感じ始めていた方には、やっぱり聞こえていないのか・・・とショックを受けることもあるかもしれません。しかしご自分の今の耳の状態を知ることは大切なことです。今回は診で行う聴力検査についてと、その後に補聴器の装用を開始するタイミングについてお話しをしたいと思います。

健康診断で行う聴力検査の基準について

通常聴力検査は静かな防音室で行われます。そして的に職で実施する健康診断では1000Hzと4000Hzという2種類の音が聞こえているかどうかを測定します。(施設により測定方法が異なることもあります。)これは職場における労働者の安全と健康を守り労働災害を防止することを目的とする「労働安全衛生法」という法律で定められています。基準としては1000Hzと4000Hz(ヘルツ=音の高低)の音が30dB(デシベル=音の大きさ)以下で聞こえれば正常と判断されます。

  • 1000Hz:日常生活で最もよく使われている音の周波数。
  • 4000Hz:1000Hzに比べ高い音。工場や工事現場など大きな音がしている環境に長時間いると、4000Hz付近の聴力だけが低下することがある。また、加齢に伴う難聴は高い周波数から聞こえにくくなることが多い。いずれも自覚症状がないことも多いため、難聴の早期発見のために実施する。

人間ドック

公益財団法人日本人間ドッグ学会ホームページより引用

検査の結果が所見ありならまずは耳鼻咽喉科へ

健診ではご自身では気付かなかった難聴が発見されることがあるわけですが、すでに普段から聞こえにくいと感じていた方にとっては病院へ行ったり、その後に補聴器を使い始めるきっかけになることも多いようです。いずれも難聴の自覚症状の有無に関わらず、所見あり(異常あり)との結果でしたらまずは病院の耳鼻咽喉科での診察をお受けになることをおすすめいたします。

こんな症状ありませんか?

チェック

聴力は30歳代を境に衰えはじめる

例えば加齢により老眼になるのと同じように、とくに耳の病気がない場合でも聴力は年齢と共に低下をしていきます。もちろん個人差はありますが、聴力は一般的に30歳代を境に衰えはじめるといわれています。そして周波数の高い音から徐々に聞こえにくくなるのが特徴です。難聴というと高齢者がなるものというイメージを持たれている方も多いと思いますが、加齢による難聴は実際にはもっと早くに始まっているということになります。

30から

健診では1000Hzと4000Hzの音がそれぞれ30dB以下で聞こえれば正常と判断されます。上の表で示されているように、補聴器の装用を検討する目安のレベルは30dBとなっています。30dBとは時計の秒針の音ぐらいの大きさと言われ、普通の会話音は60dB程度の大きさとされています。

sm

加齢による難聴ではない場合

加齢によること以外にも難聴の症状には様々な原因が考えられます。これらは治療により改善することもありますし、残念ながら改善しない場合もあるようです。下記のように年齢が若い方でも難聴になる可能性はあります。心当たりのある方はなるべく早めに適切な治療を受けることが大切です。

  • 水、異物、過度な耳アカが詰まっている
  • 職場などで大きな音のする環境にいることが多い(騒音性難聴)
  • イヤホンやライブで大音量の音楽を聴いたことによるもの(音響性外傷)
  • ストレスによるもの
  • 病気によるもの(中耳炎、突発性難聴、メニエール病など)   …など

医師に聴力の改善は難しいと言われたら補聴器を検討しましょう

病院に行き再検査を受けたらやはり聴力が下がっていた場合に、医師より「とくに治療の必要はない」「これ以上は回復しません」「年のせいですね」などの診断を受けられた場合には補聴器の装用開始を検討するタイミングです。もちろん生活に支障がない場合は無理に補聴器をつける必要はないと思いますが、日頃から聞き間違えがあったり、ご家族から聞こえていないのでは?などと指摘されることがある場合は早めの補聴器装用をおすすめします。

<補聴器の早期装用のメリットについて詳しくはこちらへ>

軽度の難聴には小さく目立たない補聴器があります

最近の補聴器は小さく目立たないタイプのものが主流となっています。補聴器を使用してみたいけど目立つのはイヤだ、つけている事を人に知られたくないというお気持ちの方も多いと思います。そこで軽度難聴で初めて補聴器をお使いになる方におすすめの補聴器をご紹介いたします。

耳穴型 CICタイプ
  • メーカー:フォナック
  • 商品名:バートV-10NWO
  • 価格:¥180000(片耳)

バートV耳穴にぴったり収まるので補聴器をつけていることを周りに気付かれないタイプ。とにかく目立たないことを重視する方へおすすめです。

B-10

<フォナックバートVについて詳しくはこちら>


耳掛け型 RICタイプ
  • メーカー:シーメンスシグニア
  • 商品名:PURE312Nx
  • 価格:¥270000(片耳)

NX312

小さく目立たないことはもちろん、高機能搭載。音のこもり感が少なく、自然な聞き心地で装用感のよいタイプ。

RIC画像

<シグニアPURE312Nxについて詳しくはこちら>

まとめ

健康診断の聴力検査で難聴が発見されることはよくあります。ただしその難聴が軽いものなのか、それよりも重い状態なのかは再検査でもっと詳しい検査をしないとわかりません。1000Hzだけ所見ありだったり、1000Hzも4000Hzも両方所見ありだったりと個人差はありますが、難聴の疑いのある場合はそのまま放置しないようにしましょう。また残念ながら回復の見込みのない難聴だった場合には、補聴器を使用し聞こえを補うという方法がございます。難聴が悪化してからいよいよ補聴器をご使用になるより、できるだけ早期に装用すればその効果も大きいことがわかっています。健診をきっかけに補聴器をしてみようかなと思ったときは是非関東補聴器までご相談ください。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちらへ>


耳穴式補聴器 専門店 耳型採取

 

シーメンスシグニア補聴器COOLのメリットをご紹介します【デザインと付け心地】

C

 

C

補聴器は様々なタイプがありますがその中でもシーメンスシグニア補聴器が発売しているCOOLという補聴器をご紹介します。最大のメリットとしては従来の耳穴型補聴器に比べ音声のこもり感や耳への圧迫感が少ないという点です。そして個性的なデザインであえて見せるタイプの補聴器となっています。今までの補聴器ではご自分の声が響きやすかったり、見た目にこだわる方にもおすすめです。

COOL(クール)の特徴について

難聴になり初めて補聴器をお使いになる場合、今までなにも入っていなかった耳に物(補聴器)を入れるわけですから、人によっては異物感や補聴器から聞こえる音声に強い違和感を感じる方もいらっしゃいます。そのような方向けに開発された補聴器がCOOLです。斬新なデザインで耳穴式補聴器の新しいカタチとして人気があります。そして購入者の5人に1人が50歳代以下という若い世代の方からも支持されています。

COOL

ワンタッチで耳への装用が簡単

小さすぎずつかみやすい形状になっているので、手先がうまく動かせない方でも耳への出し入れがしやすい。

こもり感・圧迫感が少ない

耳の奥まで入らない構造なので、音声がこもったり異物が入っている違和感が少ない。また不快な蒸れが軽減し耳がかゆくなりにくい。クール

風切り音防止

補聴器についたマイクを耳のくぼみに隠した設計なので風が吹く音が気にならない。

適応聴力

軽度難聴~中度難聴に対応。聴力測定をしたときに、下図の水色と青色の範囲にグラフがきていれば適応範囲となります。クール適応聴力

豊富なカラーバリエーション

 耳の中に入る部分。装用中は外から見えません。

クールカラー
 外から見える部分。3色あります。

フェースプレートカラー

お好きな  を組み合わせて作成します

 

幅広い価格設定

Insioprimax7COOL-COOL13    \510000   

Insioprimax5COOL-COOL13    \360000   

Insioprimax3COOL-COOL13    \270000   

Insioprimax2COOL-COOL13    \200000   

Insioprimax1COOL-COOL13    \160000   

Sirion2COOL-COOL13       \120000   

※価格は2018年11月現在

<Insioprimaxシリーズの性能についてはこちら>

アニメクール

実際にお使いになっている方の感想

千葉市にお住まいの48歳女性のお客様が実際にクールをお使いになってみた感想です

気に入っています
以前耳鼻科にてカナルサイズの補聴器をすすめられ使用していましたが、自分のしゃべる声が響いたり、耳に密着している感じが不快でした。それに比べクールは音のこもり感が圧倒的に少なく着け心地に満足しています。また風の強い日に補聴器をつけて外を歩いても風の音があまり気にならなくなりました。補聴器に見えないデザインも気に入っています。

長さ比較48歳

クールを使用するメリットについて

 音のこもり感・異物感・圧迫感が少ない
 耳への着け外しが簡単
 風切り音が少ない
 見た目がカッコいい
 通気がよく蒸れないのでかゆくなりにくい

高度難聴・重度難聴の方には音量不足やハウリング(ピーピー音が鳴りやすい)などの問題がありますので使用は難しいと思います。

まとめ

補聴器を初めて装用すると思っていたより異物感が強かったり、耳への取り外しがしにくいという場合もあるかもしれません。耳穴式補聴器がいいけど自分の声のこもり感に慣れない、手が不自由だからなるべく装用しやすいものがいいという方におすすめです。興味のある方はシーメンスシグニア補聴器を取り扱っている補聴器専門店にご相談ください。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちら>

店

 

若い人向きの補聴器で人気があるのはどれですか?【目立たない小型補聴器】

若い

若い

難聴は高齢者に限らずなんらかの原因で年齢の若い方でも発症します。補聴器は若い人用や高齢者用というように区別されているわけではありませんが、若い人向きの補聴器で人気があるのは目立たない小型の補聴器です。昔の補聴器に比べデザインもおしゃれになっていますので装用することへの抵抗感は少なくなってきていると思います。難聴で日常生活に支障がでてきているけど購入をためらっている方は参考にしてくださいね。

年齢が若い人でも難聴になります

難聴には様々な原因があり、単に加齢に伴うものだけではありません。例えば中耳炎や突発性難聴などの病気による場合や、コンサートやライブに行った際に強大音を聞いたことにより聞こえなくなってしまった場合などです。またとくにこれといった原因がなくても加齢による聴力低下も早い方では30歳代後半から始まるといわれています。もし難聴に気付いたときはすぐに病院で治療を受けてください。治療が終わっても聞こえが元に戻らず生活にも支障がでてしまう場合は補聴器の早期装用をおすすめいたします。

30

若い人に人気の小型補聴器

補聴器は形が大きくて目立つしダサいしお年寄りみたいで恥ずかしいと思っている方もいらっしゃいますよね。若くして難聴の症状に直面してしまった方がそう思われるのも当然だと思います。できることなら装用したくないですよね。でも難聴はそのまま放置していても良くなることはありません。最近は補聴器も小型化されていますので、目立つのはイヤ・ダサいのはイヤという方でも補聴器を活用しやすくなってきています。

耳あな式タイプで人気の補聴器

小さくて目立たないCICタイプCIC写真でもおわかりのように補聴器本体は指の先ほどの大きさですので耳穴にすっぽり入ってしまいます。外からみても気づかれることがありませんのでなるべく目立たない補聴器をお探しの方にはおすすめです。こちらは耳の型を採り作成しますので落下したり、逆に耳の奥に入りすぎて取れなくなるというような心配もありません。デメリットとしては、耳穴にぴったり入るがゆえに人によっては自分の声が反響するような感じを訴える方がいらっしゃいます。健康な聞こえの方でも耳をふさいでしゃべると自分の声が詰まったような変な感じで聞こえますよね。慣れないうちは補聴器を装用するとこれと似た違和感がある方もいます。また本体が小さいと電池も小さくなりますので(補聴器は電池で作動しています)、電池の交換頻度が多くなります。目安としては5日~7日での交換となります。

<耳型を採るとは>

耳かけ式タイプで人気の補聴器

便利な機能も搭載されたRICタイプ

RIC

耳かけ式の中でも小さくて目立たず、軽い付け心地になっています。また先ほどのCICタイプよりも様々な機能が搭載されているものもあります。例えばスマートフォンと連動させて電話や動画の音声を補聴器から直接聞くことができたり、電池も充電式のものがあります。耳穴式より形は大きいですが、そのぶん便利な機能を搭載することができるというわけです。

<簡単便利な充電式補聴器について>

難聴者のご家族からのご相談より

「59歳の母親の聞こえが悪いので補聴器をつけてもらいたいのに本人が使うのを嫌がっていて困っているんです。」

このようなご相談を同居されている娘さんよりお受けしたことがあります。「聞き返しが多く、時には聞こえたフリをしているようです。テレビの音も大きくて、補聴器をしてみたらとすすめても自覚がないのか全くつける気がないようで困っているんです。」とのことでした。病院で聴力を測定してもらったところ、両耳とも全体的に中度難聴程度まで低下していらっしゃいました。

目

ご本人にお話しをうかがうと「度々聞こえないことがあるので、耳が悪いのはわかっているけど、この年でまだ補聴器なんてつけたくないんです。」とのことでした。59歳でしたらまだまだお元気ですし、老人というには早いですよね。補聴器はお年寄りがつけるものという風潮のある日本では、補聴器なんてつけたくないというお気持ちは理解できます。また新聞広告などで通信販売されている大きくて目立つ集音器のイメージもお持ちのようでした。

<集音器の危険性について>

そこで若い方に人気のある耳穴式CIC補聴器をご紹介したところ、補聴器に対するイメージががらりと変わられたようです。結果から申しますと、とりあえず片耳だけ作成して使用するということになりました。初めは不安そうにされていましたが、音の調整を何度も繰り返しながらゆっくりと慣らしていくうちに聞こえるということを実感されていき、数週間後には朝から夜まで一日中お使いになるまでになりました。娘さんも補聴器をつけている耳側から話しかけるよう気をつけなくてはいけませんが、以前より会話が楽になったと効果を実感されいます。

きれいなパープルカラーです
パープルCIC

 

まとめ

補聴器は若い年代の方にも抵抗なく装用できるように様々なタイプがあります。補聴器は必要だけど目立ちそうで恥ずかしい、カッコ悪いからつけたくないなどマイナスのイメージをお持ちの方は是非一度、補聴器専門店まで足を運んでみてください。性能もアナログからデジタルに変わり昔よりも様々な機能が搭載されています。試聴することもできますのでまずはお気軽にご相談されてみるとよいと思います。

<関東補聴器へのお問い合わせはこちらへ>

店

シーメンスシグニアの補聴器クール(COOL)の評判

人気補聴器シーメンスシグニア クール 茨城 水戸

人気補聴器シーメンスシグニア クール 茨城 水戸

シーメンスシグニアの補聴器クール(COOL)の評判をお伝えします。使用者の評判は星5つの高評価です。
従来の耳穴型補聴器の概念を打ち破り、外観も装用感も革命を起こしたクール(COOL)について紹介しましょうね。

耳穴型補聴器とは

耳穴型補聴器とはあなたの耳型を採取(インプレッション)して耳型通りに補聴器を作成するオーダーメイド補聴器です。出来合いの既製品と違い装用感や使用感は特別ですよね。

<オーダーメイド補聴器詳しくはこちら>

<耳型採取インプレッション詳しくはこちら>

人気補聴器シーメンスシグニア クール 茨城 水戸

耳穴型補聴器の特徴

・耳穴にすっぽりだから目立たない
・ピタッと入るので外れることがない
・自分の耳型通りだから違和感が少ない
・小型で軽量なので疲れない

耳穴型補聴器の人気が高いのもうなづけますね。

クール(COOL)の紹介

シーメンスシグニアの補聴器クール(COOL)は上記の耳穴型補聴器の特徴を最大限生かし、さらにその上を行く商品開発をしてきました。

人気補聴器シーメンスシグニア クール 茨城 水戸

 

クール(COOL)の特徴

 耳穴に物を入れたときの閉塞感を大幅に軽減
 ワンタッチで装着できる絶妙の深さ
 外れることがないように耳全体で支える
 今までにない独特なデザイン&カラー

オシャレを楽しみながら補聴器も

オシャレを楽しみながら補聴器も選ぶ方が増えてきています。クール(COOL)はオシャレだけでなく補聴器としての基本性能=「きこえ」も充実しています。
シーメンスシグニアのほとんどの機種グレードで作成できますので価格・機能性能で選ぶことが可能です。

人気補聴器シーメンスシグニア クール 茨城 水戸

クール(COOL)作成可能な機種グレード(価格・性能)

・プライマックスシリーズ <価格・性能など詳しくはこちら>
・バイナックスシリーズ
・オリオン2シリーズ <価格・性能など詳しくはこちら>
・シリオン2シリーズ <価格・性能など詳しくはこちら>

クール(COOL)評判お客様の声

耳につけた感じも軽くて違和感が少なく重宝していますよ。
カラーは、なくしにくいようにかえって目に付くようにホワイトがいいと勧めてもらったのでホワイトで使っていますが周りからは「これが補聴器かい?」と「おしゃれだね~!」と言われますよ。

62歳 稲敷市 男性

人気補聴器シーメンスシグニア クール 茨城 水戸 人気補聴器シーメンスシグニア クール 茨城 水戸

 

ワンタッチで耳に装着できるので手間がかからなくて良いですね。耳の中がふさがった感じがなく軽い感じで良好ですよ。聞こえ方もやわらかに聞こえてきて満足していますよ。

76歳 日立市 女性

人気補聴器シーメンスシグニア クール 茨城 水戸 人気補聴器シーメンスシグニア クール 茨城 水戸

クール(COOL)認定補聴器技能者の個人的感想

「評価」はあくまでも補聴器を使用してもらっている当人様で評価してもらうものですが、皆様の声をお聞きしているととても高評価が多いですね。
補聴器専門店 認定補聴器技能者 茨城 水戸装用感とワンタッチ装着が一番の「強み」だと思います。
オシャレで個性的に決めたい方はカラーを、目立ちたくない方は肌の色に合わせたベージュも用意されていますので。
ぜひ皆様におすすめしたい補聴器ですね。

 

関東補聴器では人気の補聴器クール(COOL)をはじめ評判の補聴器を多数取り揃えています。

無料試聴体験も随時受け付けていますのでぜひお試しください。

<関東補聴器各店の問い合わせはこちら>

関東補聴器 水戸店 アクセス

関東補聴器水戸店

片耳難聴で補聴器を探してますがお洒落なものはありますか?

難聴 補聴器 お洒落

難聴 補聴器 お洒落
片耳難聴で補聴器を検討中の女性でお洒落な補聴器を探している方からのご相談です。
現在の補聴器は、デザインやカラーなどとてもお洒落な補聴器があります。
価格・性能・デザインいろいろな角度から補聴器選びができるのが補聴器専門店ですから今回はお洒落なデザインやカラーから補聴器をご紹介します。

片耳難聴でも難聴の程度が重要

補聴器は、難聴の程度によってどの機種が適合しているのか判断しなければなりません。
難聴度に合った補聴器でなければ、役に立たない場合がありますので補聴器専門店で難聴度の測定を行います。

<補聴器の選び方について詳しくはこちら>

補聴器 メガネ店 価格

個性的なデザインの耳穴型補聴器

難聴 補聴器 お洒落個性的なデザインの耳穴型補聴器をご紹介しましょう。
一見すると補聴器には見えない独特のスタイルです。
スパイ映画に出てくる無線機のような…お洒落な音響ワイヤレスイヤホンのような…。
形状名 COOL(タイプ)
メーカー シーメンスシグニア

補聴器 難聴 声の形

 

シーメンスシグニアの多彩なシリーズに対応

お洒落なデザインのCOOLは以下のシリーズに対応可能です。

・プライマックスシリーズ
・バイナックスシリーズ
・オリオン2シリーズ
・オリオンシリーズ
・シリオン2シリーズ

耳掛け型補聴器はお洒落なカラー

耳掛け型補聴器は本体のカラーが選べますのでお好みのカラーでお洒落を演出できます。
豊富なカラーバリエーションを紹介しましょう。

商品名 プライマックス
メーカー シーメンスシグニア

難聴 補聴器 お洒落

お洒落な補聴器の価格について

 プライマックスシリーズ 詳しくはこちら
 オリオン2シリーズ 詳しくはこちら
 シリオン2シリーズ 詳しくはこちら

難聴 補聴器 お洒落

片耳難聴で補聴器を探してますがお洒落なものはありますかと質問されましたが、最近の補聴器はデザインやカラーはもちろん、スマートフォンと接続できる最先端補聴器などあなたのご要望にお応えできる補聴器が数多くあります。
品揃え豊富・確かな知識と技術の補聴器専門店、関東補聴器 各店に気軽にお問い合わせください。
あなた好みの補聴器にきっと出会えるでしょう。

<お洒落な補聴器の問い合わせはこちら>

難聴 補聴器 お洒落

補聴器の試聴について

images補聴器の購入をお考えの方は補聴器の試聴が重要。

補聴器はメーカーが違えば音も違い、価格によっても音質や機能も全然違うんですよ。

自分の好みの音質や希望の価格帯の補聴器を実際に自分の耳で聞くことが大切なんです。

洋服ならば試着、補聴器なら試聴

何かの購入を検討した時には試すことをしますよね。

洋服であれば、気に入ったデザインを探し、見つかったらまずサイズを選びますよね。

大体の方が試着し自分に合っているかを確認し購入するケースが多いと思います。

補聴器も試聴しないことには合っていのかもわかりませんので、まずは自分の要望を伝え試聴をすることが大切なんですよ。

補聴器をつけると年老いて見えるようで抵抗がある

補聴器をつけてみたらどんな音で聞こえるのか?

また、外から見えて恥ずかしくないか?

補聴器をつけていることが周囲に知れてしまうと恥ずかしいとか、雑音ばかりで良くないなんて話を聞いたことがあるなど不安がありますよね?

補聴器のこと、補聴器専門店のことを知れば大丈夫

 

残念ながら御来店くださるお客様の中で「以前購入したところでは試聴なんかしなかった」等のお話も耳にすることがあります。

補聴器の試聴には、当然音を合わせるお店側の技術がなければよい音作りやよい製品を提供することは不可能です。

外から見えないような極小タイプの補聴器もありますし、デザインもカラフルになって、むしろ見せたくなるようなアクセサリーのような補聴器もありますよ。補聴器 カラー

何よりも試聴し、耳で納得 目で見て納得

補聴器専門店ではあなたの耳の状態に合わせた補聴器で試聴することができます。

どのような聞こえ方をするのか、どのくらい聞きやすくなるのか、どんなデザインがあるのか、予算はどのくらいか・・・

試聴をしすべての面で納得した上での購入が望ましいですね。

素敵な出会いと発見があるはずです!補聴器 試聴