補聴器の夏対策! 汗や湿気は故障の原因!【対策を大公開!】

年間を通して夏はレジャーやスポーツなどアクティブ❕季節ですが、、補聴器には苦手な季節なのです。。
補聴器は精密機器です。そのため湿気や汗に弱く、音が出なくなってしまったり、故障が多い季節なのです。。
補聴器を長持ちさせるよう自分で出来る故障対策を紹介したいと思います。

基本的な補聴器のお手入れ

補聴器の拭き掃除

補聴器にも除菌する事を推奨します。補聴器専用クリーナーシートで補聴器の周りをサッと拭くだけで簡単にお掃除出来ます。
嫌な臭いもなく補聴器をキレイに清潔に保つ事が快適に使用するポイントです。夏場に限らず毎日行うのが良いかと思います。
やはり汗・汚れが付着した状態で毎日使用していると感度が鈍ったり、故障の原因となります。

 補聴器クリーナーシート

個包装なので外出時も便利!アルコール除菌で毎日キレイに!

●本品はエタノールを含んでます。

 

D-Dry+補聴器乾燥機

補聴器の故障を防ぎ、出来るだけ長く使用していただく為に、補聴器の湿気対策を推奨しています。
D-Dry+は、補聴器の収納、そして強力な乾燥効果と除菌が出来る
一台三役の電気乾燥機で補聴器の大敵である水分から補聴器を守ります。

 急速乾燥と除菌が出来る
 乾燥剤がいらないので経済的
 ボタンを押すだけの簡単操作

丈夫な防塵・防水補聴器がお勧め!

耳掛け型補聴器は耳にかける補聴器なので汗をかく季節になると耳の後ろに流れる汗が補聴器本体の中に浸み込み部品が腐食するケースがあります。
近年は防塵・防水に関する国際保護等級IP68により、野外の利用も安心な補聴器が増えています。

 

『IP68』とは

IPのあとに続く2桁の数字のうち第一記号は防塵性能の等級を表し、第二記号は防水等級を表しています。

 防塵⇒等級:6 (ホコリからの保護)

8時間放置し、その後補聴器が機能することが出来る。

 防水⇒等級:8  (水の侵入からの保護)

水深1m以上最深3mの水に長時間浸けておき、内部に浸水がなく機能を損なわない。

上記テストにクリアし、国際保護等級最高レベルのIP68を取得しています。

*日常防水仕様であり、完全防塵・防水を保証するものではありません。

 防塵規格

0保護がされていない
1直径50mm以上の固形異物が侵入しない
2直径12mm以上の固形異物が侵入しない
3直径2.5mm以上の固形異物が侵入しない
4直径1.0mm以上の固形異物が侵入しない
5正常動作を阻害するような粉塵の侵入がない
6粉塵の侵入が完全に保護されている

 防水規格

0保護がされていない
1鉛直から落ちてくる水滴による有害な影響がない
2鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない
3鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない
4あらゆる方向からの飛沫による有害な影響がない
5あらゆる方向からの漂流水による有害な影響がない
6あらゆる方向からの強い漂流水による有害な影響がない
7一時的に一定の水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない
8継続的に水没しても内部に浸水することがない

まとめ

補聴器は汗や湿気に弱いので水にかからないようにすることです。補聴器を長く使用するためには日頃のお手入れがポイントとなります。定期点検も必要ですので、補聴器を長く活躍し続けるには、三ヵ月に一度は補聴器専門店でメンテナンスをしてもらうことが大切です。補聴器を快適に使い続けるためにしっかりと管理・お手入れ方法を習慣にしてみて下さい。

 

補聴器のお手入れやメンテナンスなど、補聴器のこと、聞こえのこと何でも気軽にお問合せ下さい。

関東補聴器全店に認定補聴器技能者が在籍しています。 皆様の聞こえのお悩みに向き合い解決方法を一緒に探していきましょう。

<問い合わせはこちらから>

耳鳴り 難聴 補聴器 解消

補聴器による かゆみや蒸れによる不快感を軽減【試聴時に感じるかゆみから長時間使用による蒸れまで!】

かゆみページトップ

補聴器の使用時間は長い人で洗顔後から就寝直前まで。ちょっとした違和感が大きなストレスになるばかりか、症状悪化の原因になることもあります!

Get out of uncomfortable situation with hearing aid such as itching and humidity.

今回は、空気中の湿度が上昇するシーズンに特にお悩みが多いかゆみ、蒸れによる不快をケース別にご紹介し、ご家庭で改善できることから販売店でご相談すべきことまで、幅広く取り上げました。

試聴で耳栓にかゆみや違和感

購入前 試聴で耳栓にかゆみや違和感がある方

耳栓のサイズが合っていない

原因の多くは耳栓のサイズにあります。ちょうどよいサイズの耳栓で試聴した場合は良いのですが、大きすぎたり小さすぎたりすると、耳穴を圧迫したり皮膚がかるく擦れることで刺激したりするのです。

試聴時に耳栓のかゆみや蒸れに神経質にならないで!

試聴の場合、購入後耳慣らし期間を経て長くお使い頂くお客様に向く耳栓をあえて選んでいない場合があります。それは初めて補聴器で音を聞いた場合、自分の声や食事時の咀嚼の音がが大きく響いてしまうことを懸念しあえて通気性のよい小さめの耳栓を使用していることがあるからです。
ご購入後、販売店で行われる調整においてお客様の慣れに応じて最適な形状の耳栓に取り換えていきますのであまり神経質になる必要はありません。

If you feel discomfort in trial listening, it may be wrong size. However please don’t so much care about trial listening because it takes time to get used to live with hearing aid. We will support you and if you need, we can change more suitable accessories.

 

かゆみや蒸れによるトラブル

購入時 蒸れやかゆみによるトラブルの回避

耳穴型ではナノテックコーティングのシェル

耳穴型補聴器ではシェルと呼ばれる内部を覆う入れ物が毎日長時間肌に触れることになります。ですからシェルの素材が清潔な状態をキープすることができるかどうかというのは大きな問題になってきます。

おすすめのナノテックコーティングとはナノテクノロジーを用いて、膜厚ナノメートルで水をはじく特徴を発揮するものです。

ナノテックコーティングされた耳穴型補聴器は汗や湿気に触れても水分が水滴となりはじきます。また、補聴器の表面だけでなく内部部品にもコーティングされているタイプは夏の湿気や冬の結露から補聴器が守られます。

耳掛け型でイヤーモールドを使用する場合は点検時に細部にわたり掃除をしたり洗浄したりしてくれる店で

耳掛け型補聴器では肌に触れる部分は耳の後ろに掛かる本体と耳に入れる耳栓部分です。本体部分にナノテックコーティングが施されイージーケアであることに加え、耳穴に入れるイヤーモールドと呼ばれる耳栓を清掃や洗浄をしてくれるお店での購入がおすすめです。

購入前にこの点に気を付けて選ぶことにより長時間使用してもかゆみや蒸れによる不快さが軽減し快適な補聴器ライフを送ることができるのです。

Points to prevent problems

・Choose specially coated one which is strong against humidity

・Choose store which provides exceptional support like checking and cleaning every detail

蒸れの原因を知る

オーダーメイドの耳穴型補聴器や耳栓、イヤーモールドは補聴器から出力される音を外に漏らさず鼓膜に届けるためのものなので基本的に通気性が悪いものです。空気に含まれる熱気や湿気に加え、少量の汗が付着しても蒸れの原因になります。

オーダーメイドの耳穴型補聴器やイヤーモールドには通常自分の声が響いてしまう「こもり感」の解消を目的としたベントと呼ばれる通気孔があります。ベントの形状は補聴器各社工夫したものがあります。(聴力を勘案して形状を決めます)

ディンプルシェル・・・表面を耳穴に密着させないためゴルフボールの表面のようにぼこぼことした形状にする。

<ディンプルシェルについて詳しくはこちら>

ダブルエア
耳穴との接触面が減少するため圧迫感が減り通気性が向上

ダブルエア・・・耳穴との接触面を極限まで減らし、圧迫感が軽減し通気性が増すベントを進化させた形状。

<ダブルエアについて詳しくはこちら>

クールブルー
スタイリッシュ耳穴型COOL
耳に安定して収まり装用感が良い

耳穴型のなかには、クールのように外耳道を完全には塞がないタイプがありこちらも蒸れにくいと言えるでしょう。

<クールについて詳しくはこちら>

毎日アクティブに活動する方

毎日アクティブに活動する方

耳掛けイラスト耳掛け型補聴器をお使いの方。最新の耳掛け型補聴器は本体が汗や湿気に強いナノテックコーティングがされており、アクティブに活躍される方には強い味方でしょう。

しかしながら、夏季に汗・湿気を原因とする故障が増えてしまうのが現実なのです。

耳穴イラスト耳穴型補聴器をお使いの方。耳穴には汗腺はないから安心。最新の耳穴型補聴器はナノテックコーティングされており簡単なお手入れで清潔に保つことができます。マスク・メガネと併用したい方からも支持されています。

しかしながら、防水であったりナノティックコーティングであったりしても、補聴器は体に密着して使用するもの。肌に触れる部分に汗や皮脂がついてしまいます。特に耳穴型は密閉性が高く耳穴自体が高温多湿になってしまいます。

不衛生な補聴器にはさまざまな雑菌が繁殖しています。繁殖した雑菌は補聴器を通して耳の中に侵入。耳道で炎症を起こしてかゆくなります。

対処法

防塵・防水あるいはナノティックコーティングされている補聴器だからといってお手入れを怠らないようにしましょう。以下にまとめた方法でお手入れします。

〇 外出先から帰宅した後など、本体を一度外し付着した汗を乾いた布で拭きます。

〇 補聴器用に除菌できるクリーニングシートが販売されていますので定期的に使用して清潔を保ちます。

〇 就寝時は乾燥ケースを利用します(充電式の方は充電時に乾燥します)

〇 強力電気乾燥機をお持ちの方は、強力スピード乾燥。UV除菌で補聴器についたにおいまで解消します。

〇 2.3カ月に一度は販売店で細かい部分まで購入した店舗などで清掃・点検をしてもらいましょう。

When you have troubles…

・Clean with dry clothes

・Use drying container

・Bring it to store and check it

お忙しい方や何かと面倒に思いなかなか行動しない方

毎日鏡に向かって顔はチェックしている方でも、補聴器のお手入れが後回しになってしまう方がいます。暖かく、湿度があって栄養もある。雑菌だけでなくカビの温床になってしまうこともあるのです。

対処法

防塵・防水あるいはナノティックコーティングされている補聴器だからといってお手入れを怠らないようにしましょう。以下にまとめた方法でお手入れします。

〇 外出先から帰宅した後など、本体を一度外し付着した汗を乾いた布で拭きます。

〇 補聴器用に除菌できるクリーニングシートが販売されていますので定期的に使用して清潔を保ちます。

〇 就寝時は乾燥ケースを利用します(充電式の方は充電時に乾燥します)

〇 強力電気乾燥機をお持ちの方は、強力スピード乾燥。UV除菌で補聴器についたにおいまで解消します。

〇 2.3カ月に一度は販売店で細かい部分まで購入した店舗などで清掃・点検をしてもらいましょう。

まとめ

補聴器によるかゆみや蒸れによる不快感でお悩みの方、なかなかご自身での管理に自信が持てない方などお気軽にお問い合わせ下さい。

関東補聴器は創業30年以上の経験と技術と知識で皆様のお悩み解決のお手伝いをさせていただきます。

<問い合わせはこちらから>

補聴器を購入したお店で調整やメンテナンスなどのアフターフォローをしてもらっていますか?【補聴器のトラブル対策】

調整メンテ

調整メンテすでに補聴器をお持ちのみなさんは購入されたお店で調整やメンテナンスなどの適切なアフターフォローを受けていらっしゃるでしょうか?補聴器を快適に使い続けるためには日頃から音の調整をしたりクリーニングなどを行うことがとても大切です。補聴器のトラブル対策として面倒でも定期的に補聴器販売店に出向いたり出張訪問などを利用されることをおすすめします。

補聴器は購入したらそこで終わりではありません

補聴器は食料品や消耗品などとは違い、購入したらそこで終わりというものではありません。そこから販売店との長いお付き合いがスタートします。

初めて補聴器を使う場合は慣れるまでに時間がかかったり、音量や音質などの調整が必要になります。満足のいく調整にたどりつくまでには平均で3~10回の調整が必要だったというアンケート結果もあります。また補聴器は耳に直接装着するため、汗や皮脂汚れ等の影響をかなり受けやすくなっています。汚れたまま放置すると故障や不具合が発生しやすくなりますので、補聴器や耳を清潔に保つことも大切です。そして年齢や体調によっては聴力も変動していく可能性がありますので、様子をみながら音の調整を加えていくことは長く補聴器をお使いになる上でとても大切なことになります。

購入してから一度も補聴器をみてもらっていない、または最初の数回だけだったという方は聞こえ方が不十分なケースがよくみられますので販売店でみてもらうとよいでしょう。

 

調整回数

平均3~10回

日本補聴器工業会JapanTrack2018より抜粋

補聴器を使用する際の注意点について

補聴器はとても小さい医療機器ですので、こまめなお手入れをすることで音が聞こえないなどの不具合を予防することができます。現在お使いの補聴器がよく聞こえないという方や、過去に補聴器を購入したけど聞こえないから使用をあきらめてしまったという方は以下のようなことが原因の場合もありますので一度販売店へお持ちになってみてください。

  • ヘアスプレー・ヘアカラー・化粧品・香水・日焼け止めなどが補聴器内部に混入すると故障する可能性があります。
  • 使用後はクリーニングクロスなどで補聴器に付着した汗や皮脂汚れを取り除いてください。
  • 使用していないときは必ず補聴器の電源を切ってください。入れっぱなしにしていると電池がすぐなくなってしまいます。
  • 使用後は電池ケースを開けてよく乾燥させてください。
  • 直射日光の当たる場所に長時間置かないようにしてください。
  • 補聴器に耳垢や汗が混入して音が聞こえなくなることがあります。こまめな耳のお掃除と販売店で補聴器のクリーニングをしてもらいましょう。
  • 耳かけ式補聴器の場合は、耳栓と本体をつなぐチューブが時間とともに硬くなりますので、柔軟性がなくなりはずれやすくなります。定期的に販売店で交換してもらいましょう。
  • 補聴器の電池は使用していなくても少しずつ消耗します。しばらく補聴器を使っていなかった場合はなくなっている可能性が高いですから、まずは電池の交換をしてみてください。また電池シールは忘れずはがしてください。
  • 補聴器は耳に入っていないと聞こえませんので、きちんと装用できるようにしましょう。
  • 耳や聴力の状態は変動します。定期的に販売店へ相談し必要があれば音の調整をしてもらいましょう。

防水

補聴器の性能を最大限に発揮するには販売店でのアフターフォローが大切

「茨城に住んでいますが東京のデパートで補聴器を購入したのでアフターフォローが受けられない。年をとり東京まで出掛けるのも大変なので困っている。」

「補聴器が聞こえないから自宅まで来てもらいたいのですが販売店へ連絡したら3ヶ月先じゃないと訪問できないと言われ困っている。」

「もっと音が大きいほうがいいのですが、通信販売で購入したので音の調整なんてしてもらったことがありません。」

これらは実際に当社でよくご相談を受けることの一部なのですが、購入後なにか不具合が起きてもすぐにみてもらえないというのは一番残念なことです。専門家がみればささいなこと(例えば音が聞こえなくなってしまってもゴミや汗が付着していただけ、きちんと電池交換したつもりができていなかっただけ、部品交換すればその場ですぐ直る程度の損傷等)が原因でも、なかなかご自分では気がつきにくいものです。音の調整も含め日頃からきちんと対応してもらえるお店を選ぶことが補聴器の性能を最大限に発揮させ、補聴器の寿命をのばすことにつながります。

失敗しない販売店選びのポイント

では補聴器の販売店選びに失敗しないためのポイントをご紹介しますので、これから購入をお考えの方は是非参考にしてください。

1.性能の良い世界6大メーカーを取り扱っている

補聴器メーカーというとあまりピンとこないという方も多いかもしれませんが、補聴器は主に欧米メーカーでの開発がすすんでいます。下記はとくに技術の優れた世界6大メーカーと呼ばれていますので、メーカー選びに迷ったときはこの中から選択されるとよいと思います。ご自分ではよくわからないという場合でも以下のメーカーを、できれば2メーカー以上取り扱っているお店がおすすめです。お使いになる方のご希望や耳の状態などから総合的に判断し最適な機種をおすすめしてくれるでしょう。

  • PHONAK【フォナック/スイス】
  • Oticon【オーティコン/デンマーク】
  • Signia【シグニア/ドイツ】※シーメンス
  • GNResound【ジーエヌリサウンド/デンマーク】
  • Starkey【スターキー/アメリカ】
  • WIDEX【ワイデックス/デンマーク】

ロゴマーク

 

2.耳の型採り技術が優れている

補聴器は基本的にお使いになる方の耳の型を採り作成しますので、最初の型採りはとても大切なんです。型採りの経験が浅い販売店や、型を採らない既製品の補聴器ばかりをすすめるお店は避けたほうがよいでしょう。耳あな式補聴器は完全オーダーメイドですし、耳かけ式補聴器も耳栓部分はオーダーメイドで作成することで不具合を防止することができます。

補聴器 ピーピー音 ハウリング 対策

 

3. 音の調整技術が優れている

補聴器そのものの性能がよくてもそれを生かした調整ができなければ意味がありません。購入後も調整をしながら使用していきますので補聴器専門家のいるお店がよいでしょう。通信販売はもちろんのこと、家電量販店やその他兼業店など専門家のいないお店での購入はおすすめできません。

 

4.  購入後も来店しやすい場所にある、出張訪問や出張相談会を行っている

なるべくご自身が来店しやすい場所にあるということも大事なポイントです。信頼できるお店が遠いという場合でも、自宅まで出張訪問してもらえるかどうかを聞いておかれるとよいと思います。購入当初は車や自転車で来店できていた方でも、年齢を重ねると運転をやめてしまったり体力的に移動することが難しくなってしまい来店できなくなるケースはよくあることです。また販売店によっては地域の会場での出張相談会を定期的に行っていることもありますので合わせて利用するのもよいと思います。補聴器は一生使っていくものですので、先々のことも考えてお店選びをすることが大切です。

バートB

自分でできる補聴器のクリーニング

日頃から一番気をつけていただくこととしては補聴器についた汗と皮脂汚れです。補聴器は水や湿気が大敵ですので、使用後はよく乾燥させておくことが大切です。また補聴器に耳垢などが付着すると音が小さくなったりして聞こえが悪くなる原因になります。使用後は補聴器のお掃除をしましょう。またいくら補聴器をお掃除しても耳に耳垢がたまっていてはすぐに補聴器に付着してしまいますから耳掃除も行うようにしてください。

補聴器を強力に乾燥させる乾燥機 D-Dry

補聴器を使い終わったらこの乾燥機に入れておきます。通常は3時間で乾燥終了しますが、夏場など湿気の多い時期や、汗っかきの方は6時間かけてじっくり乾燥を行うことができます。

PNロゴマーク

乾燥機

  • 温風で補聴器を強力に乾燥させる
  • UVライトによる除菌効果で補聴器の清潔を保つ
  • 12,000円(税抜き)

<D-Dryについてくわしくはこちら>

 

クリーニングクロスを使って補聴器をお手入れ

補聴器についた皮脂汚れやニオイを除去しますので使用後はこのクリーニングクロスでふき取りましょう。

PNロゴマーク

補聴器 ケア 方法

補聴器 ケア 方法

まとめ

補聴器は毎日お使いになるものですから、お店選びで最も重視することは「アフターフォローのしっかりした補聴器販売店を選ぶ」ということです。そのためには経験豊富な補聴器専門店での購入をおすすめしています。

これから補聴器を使ってみようかなとお考えの方は是非当社までご相談ください。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちらへ>

各店舗

冬場におこる耳かけ式補聴器の結露による不具合は乾燥機を使って対策を【故障する前に強力乾燥】

結露

冬場に耳かけ式補聴器をお使いになっていて突然補聴器の音が聞こえなくなってしまうなどの不具合がおきたことはありませんか?寒くなると耳かけ式補聴器は本体と耳栓をつなぐチューブ内に結露がおきてしまうことあります。結露が原因の場合は乾燥機などを使って補聴器を乾かすと改善することがあります。あわてずに対処しましょう。

冬に補聴器が聞こえなくなる理由

夏の暑い日は汗をかくことが多くなるので、補聴器に汗が付着して一時的に聞こえなくなってしまったり、ひどいときには故障してしまうこともあります。毎日のお手入れはかかせない季節ですよね。冬になってやっとその心配をしなくてもいいと思っていたら、補聴器が突然聞こえなくなってしまった…汗もかいてないのにどうして?という経験をされた方もいらっしゃるかと思います。実は補聴器は冬でも気をつけてほしいことがあるのです。

それは寒くなると室内の窓ガラスにおこる結露と同じように、補聴器にも結露により水滴がたまり不具合が発生してしまうことがあるのです。それは主に耳かけ式の補聴器に発生します。

ではどこに水滴が発生するのかというと、本体と耳栓をつなぐ透明のチューブ内におきます。ここに水滴がたまってしまうことによって、音声が耳へ届かず、音が全く聞こえなかったり、聞こえてもボワンとしたはっきりとしない聞こえ方になってしまいます。

結露がおきる原因とタイミング

寒くなると暖房をつけてお部屋をあたためますよね。そうすると外の気温と室温に大きな差がでて室内の窓ガラスに水滴がたまってしまうことがあります。補聴器もそれと同じ現象です。朝起きて補聴器を耳へつけると、体温であたためられていきます。そしてその状態で外出をすると今度は外の冷気にさらされます。そのように温度差の大きい環境を行き来していると発生してしまうのがチューブ内の水滴です。多くは水滴を除去することで聞こえが回復しますが、放置すると故障してしまう場合もありますから注意しましょう。

窓ガラス

普段から結露対策をしましょう

結露は自然現象ですので発生させないようにするのは難しいですが、水滴がたまりにくくしたり、たまってしまった水滴を除去する方法があります。

チューブ内に糸を入れておく

普段から補聴器のチューブ内に木綿糸を入れておくと、結露が発生したときにはこの糸が水分を吸い取ってくれます。とても簡単で単純な方法ではありますが、これが実に効果的ですのでおすすめです。糸を入れても音声に影響はありませんので、安心して入れたままにしておいてください。入れ方がわからない場合は販売店へご相談ください。

よく乾燥させる

結露が原因で補聴器が聞こえなくなってしまったときは肉眼でも水滴がたまっていることがわかります。チューブ内に水がたまっていたらまずはよく乾燥させてみてください。できればチューブを本体からはずして水分を飛ばしてもらうのがよいのですが、よくやり方がわからない、すぐには販売店まで行かれないというときはしばらく乾燥ケースに入れたり、乾燥機にかけたりして水滴を乾かすようにしましょう。本体の故障でなければこれだけで元通りに聞こえるようになります。

強力な補聴器専用乾燥機D-Dry

乾燥機

冬は結露の乾燥、夏は汗を乾燥と1年中活躍するのが、補聴器メーカー・フォナック社から発売されている補聴器専用の乾燥機D-Dryです。強力な乾燥と紫外線ランプによる除菌が行えますので補聴器を使用後はこの乾燥機に入れてよく乾燥させましょう。

特徴
  • 温風対流により補聴器を乾燥
  • UV-Cライトによる除菌効果で感染症のリスクを軽減
  • 乾燥終了後は自動で停止
  • 加熱防止機能付きの安心設計
  • フタを開けるとUV-C照射が止まる安全機能
  • 乾燥剤不要
  • USBのACアダプターからの電源供給仕様
仕様
  • 価格:12,000円
  • 総体寸法:幅150×奥行き72×高さ40.5mm
  • 内部寸法:幅85×奥行き53×高さ17mm
  • 本体重量:141グラム
  • 電力供給:5V電源アダプター・/USB ACアダプター
タイマー

まとめ

補聴器を使用中に音が聞こえなくなってしまうと、壊れてしまったとあわてた経験のある方も多いのではないでしょうか。暖房をつけるほど寒い日にはまずは結露を疑ってみてください。すぐに販売店へお持ちいただくのが一番ですが、すぐに行かれないときはよく乾燥させてたまった水分を除去しましょう。それでも回復しないときはメーカーでの修理が必要になります。また、耳あな式補聴器でもまれに内部に結露が起こることがあります。これは見ただけでは結露かどうかわかりませんが、乾燥させたほうがよいことは変わりませんので、まずは乾燥機等でよく乾かしみてください。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちら>

店

補聴器をできるだけ長く使っていただくために 【自分でできる簡単なお手入れ方法】

補聴器 ケア 方法

補聴器 ケア 方法

補聴器はとても繊細な精密機器です。補聴器をできるだけ長く使っていただくためには、日々のお手入れと、きちんと管理するということがとても大切になってきます。補聴器を守るためにも弱点を知り、しっかりとケアを行って快適な聞こえを楽しみましょう。

補聴器の寿命はどれくらい?

補聴器の耐用年数、所謂「寿命」は、一般的に4~5年と言われています。しかしこれはあくまでも厚生労働省が定めた障害者総合支援法に記載されている補装具の耐用年数に基づいたもので、補聴器を大切に使われている方の中には、メーカーや販売店による定期的なメンテナンスを受けながら「10年近く使っている」という方もいらっしゃいます。

補聴器の弱点とは?その対策とケアの方法

精密機器である補聴器には、ぜひ知っておいていただきたい弱点がいくつかあります。ここでは、補聴器の弱点とその対策・ケアのポイントなどをご紹介したいと思います。

弱点1 汚れ(耳垢、整髪剤など)

耳垢は、補聴器の故障の原因の中で、最も大きなもののひとつとされています。外耳道で発生する耳垢には、カサカサと乾燥したタイプのものと、ベトベトとした粘り気のあるタイプのものがありますが、どちらの耳垢も補聴器の重要な部分(マイクロホンやレシーバー)に入り込んでしまうと、詰まってしまい故障の原因になります。また、汚れには香水や整髪剤、化粧品などの微粒子状のものも含まれます。

補聴器 ケア 方法

 対策
補聴器を触るときは、清潔な手で取り扱うように心がけましょう。また「3日に一度、朝、補聴器をつけるとき」などと決めて、補聴器を掃除することを習慣化しましょう。
補聴器 ケア 方法

★【掃除の方法】汚れが溜まりやすい部分(音の出る部分)に付属の専用ブラシをかける。ただし、マイク部分にゴミが入り込まないよう注意が必要です。

補聴器 ケア 方法

 

本体部分は、柔らかい布で表面の汚れや汗を優しく拭き取りましょう。

補聴器 ケア 方法

補聴器 ケア 方法

 

フォナックの補聴器クリーナーシートは、ナノ銀(Ag+)で約650種類といわれるウィルスや菌をしっかり除去。軽く拭くだけでキレイを長時間保ちます。

 

弱点2 水や汗、湿気などの水分

昨今の補聴器は、ほとんどの製品(一部製品を除く)が日常防水仕様となってはいますが、やはり精密機器であるため基本的に水分(水・汗・湿気)には弱いです。できるだけ補聴器を水分(水や汗、湿気など)の多い環境に長時間さらさないように注意しましょう。

補聴器 ケア 方法

 対策

補聴器を外したら、必ず乾燥ケースに入れるようにしましょう。置き場所を固定することは、衝撃による物理的損傷や紛失防止にも繋がります!!

補聴器 ケア 方法

★補聴器の電池を外し電池ホルダーを開けた状態で入れる。ケース内の乾燥剤(シリカゲル)はビーズ状の粒が青色から紫色に変色すると交換のサインですので、定期的に交換するようにしてください。

補聴器 ケア 方法

 

シーメンス・シグニア 『パーフェクトドライ ラックス】

★電気式の乾燥機ならしっかりラクラク乾燥♪

 

 

 

 

弱点3 高温になる場所

ヒーターやエアコンなどの温風が直接あたる場所や車の中などは、電子機器にとってとても危険な場所です。とくに夏の炎天下の車内70℃~80℃にもなります。

補聴器 ケア 方法

車内に長時間放置はしないよう注意してください。

定期点検メンテナンスは補聴器販売店へ

これまでご自分でできるお手入れ方法をご紹介しましたが、ご自身でうまくできないとお感じになられたら無理せず補聴器販売店で掃除してもらうようにしましょう。また、細かい部分のクリーニングや点検、音の調整などは補聴器販売店で行いますので、定期的に販売店で補聴器の状態を確認してもらうと良いでしょう。

補聴器 ケア 方法

 

日々の暮らしを彩る大切な補聴器。少しでも長く、またより快適な聞こえを楽しむためにも、日頃のお手入れと定期的なメンテナンスを心がけましょう。

補聴器のご相談はお近くの関東補聴器へどうぞ。

各店舗

 

難聴で夏場に補聴器をすると耳の穴が蒸れてかゆくなる方へ【クールな付け心地!】

夏場

夏場

難聴で補聴器をしているけど耳の中が蒸れてかゆくなってしまい、夏場はつけていられないとお悩みの方はいらっしゃいませんか?だからといって補聴器をしなければ聞こえないしどうしたらいいか困ってしまいますよね。補聴器を頻繁に付けたり外したりしているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方には通気性の良いタイプの補聴器がありますのでご紹介いたします。蒸れによる補聴器のわずらわしさを少しでも解消したいという方におすすめです。

補聴器を持っていても使わない理由

「難聴になり、数年前に補聴器を購入したんだけど全然使っていないんです。」というご相談をいただくことがあります。実際に補聴器をお持ちの方に行ったアンケートでも、「わずらわしいので使っていない」と回答される方が少なくないようです。具体的になにがわずらわしいのかを調査してみると「補聴器をすると耳がかゆくなる」と回答された方がいらっしゃいます。

補聴器をわずらわしいと思う理由

わずらわしい

日本補聴器工業会JapanTrack2015より抜粋

補聴器を使用するためには、耳の中に物(補聴器)を入れるわけですから、当然使用中は耳穴が塞がれてしまいますよね。その為、耳への通気が悪くなり、人によっては蒸れて不快に感じたり、かゆみを伴うことがでてくるというわけです。

耳がかゆくなりやすい人には通気性のよいタイプの補聴器を

耳がかゆくなるから補聴器を外してしまってはせっかく購入した補聴器がムダになってしまいますよね。体質的に汗っかきの方、耳アカが湿っぽいタイプの方、外でお仕事をされる方、スポーツをされる方などはできるだけ通気性のよいタイプの補聴器を選択していただくことをおすすめします。デメリットとしては通常の補聴器よりも、耳と補聴器とのすき間が多くなる形状になりますので、音が外に漏れやすく、ハウリング(ピーピー音が鳴る)のリスクが上がります。軽度~中度難聴程度の場合は問題ありませんが、補聴器の音量を強くしなければならない高度~重度難聴の方には不向きです。

RICタイプ

りっく

通気こう

こちらは耳かけ型の補聴器となります。耳穴に入れる部分(耳せん)に穴があいています。この穴によって通気性が良くなり、軽い付け心地になります。

イメージ1

 

外マイクタイプ+ディンプルシェル加工

外マイク

ディンプル

こちらは耳の型を採り作成するオーダーメイド耳あな型補聴器です。通常なら補聴器本体内部にあるマイクを、外に出す設計にすることで全体が小型化され耳への圧迫感が減少します。また、ディンプルシェルといって表面をゴルフボールのような加工をすることによって、肌への接触面積を最小限に抑えることができ、従来の耳あな型に比べて通気性がよくなります。

イメージ2

 

COOLタイプ

赤くーる

クール

こちらもオーダーメイド耳あな型補聴器です。従来の耳あな型補聴器よりも耳の中に入る部分を短くすることにより通気性が向上します。

人気補聴器シーメンスシグニア クール 茨城 水戸

 

COOLタイプをもう少し詳しくご紹介します

クールカラー

COOLはシーメンスシグニア社の補聴器で、他社にはない独特の形状をしています。初めて発売されたのは2011年で、当時話題になっていたフィギュアスケートトリノ五輪金メダリスト荒川静香さんのイナバウアーの曲線をイメージさせるということで、商品名もクールビューティーから名付けられたと聞いています。発売当初はシーメンスのイメージキャラクターとして荒川さんが起用されていました。また、2012年にはグッドデザイン賞も受賞しています。2018年現在でも見た目はそのままに、中身の性能はバージョンアップされながら発売を続けている人気商品です。

COOLのメリット
  • 耳穴をふさがない設計なので熱がこもらず蒸れずかゆくなりにくい
  • 耳に物が入るという異物感、圧迫感、閉塞感を軽減する
  • 音がこもらず自分の声が響きにくい
  • 補聴器ではなく、イヤホンをつけているように見えるデザインカラー
  • 耳への装用がワンタッチで簡単
COOLのデメリット
  • 耳穴にすき間があることでハウリング(ピーピー音)が起きやすいので、高度~重度難聴の方には不向き
  • あえて周りに魅せるデザインのため、少しでも目立たない補聴器をご希望の方には不向き
COOLはこんな方にもおすすめです
  1. 軽い付け心地を求めている方に
  2. 補聴器をすると自分の声がこもったり、響いたりして不快な方に
  3. つけてもカッコいい補聴器をお探しの方に
  4. 耳への着け外しがカンタンな補聴器をお探しの方に
COOLの価格

COOLは全部で6機種

 7primaxCOOL \510,000(片耳) 

 5primaxCOOL \360,000(片耳)  

 3primaxCOOL \270,000(片耳)  

 2primaxCOOL \200,000(片耳)  

 1primaxCOOL \160,000(片耳)  

 Sirion2COOL   \120,000(片耳) 

<primaxシリーズについて詳しくはこちらへ>

いなばうあー

 

さらに乾燥機を使うと完璧

補聴器を使用したら乾燥剤の入ったケースへ保管している方が多いと思いますが、汗をたくさんかく季節はそれだけでは充分に乾燥できていないことがあります。より強力に乾燥させるためには、乾燥機のご使用をおすすめいたします。汗や湿気による補聴器の故障予防や、従来の乾燥ケースではできない紫外線ランプによる除菌効果もあります。コンセントをさしてスイッチを押すだけの簡単操作で、乾燥剤の定期的な交換も不要になります。

補聴器乾燥機 D-DryDDRY

<D-Dryについてくわしくはこちらへ>

まとめ

汗をかきやすい季節や、肌がデリケートな方は補聴器をするとかゆくなったり、かぶれてしまったりする方もいらっしゃいます。そのためには通気をよくしたり、肌への接触を最小限にすることで解決することもあります。すでにかゆみでお悩みの方、これから補聴器の使用を考えているけど汗をかきやすかったり、耳アカが湿っぽいタイプの方などは今回ご紹介した機種を参考になさってくださいね。

<関東補聴器へのご予約・お問い合わせはこちらへ>

店舗

 

 

災害に備える ~難聴の方とその家族の方のための防災のヒント~

災害備え 補聴器

災害備え 補聴器

 

この度の西日本豪雨により被災された皆さまに謹んでお見舞い申し上げます。

被災地の一日も早い復旧と皆さまの健康を心よりお祈り申し上げます。

 

関東補聴器 スタッフ一同

 

災害は誰にでも遭遇する可能性があり、それは本当に突然やってきます。時として私たちの想像をはるかに超える力で、私たちの暮らしを脅かし、平穏な日々を奪ってしまうこともあります。

そんな「もしも」に備え、耳の不自由な方とその家族の方に、ぜひ知っておいてほしい防災のヒントを補聴器店の視点からお届けします。

「もしも」のときに聞こえてないと、どんなことに困るのか

もし実際に大規模な災害が起きたとき、聞こえていないと以下のような問題が考えられます。

●警報音や避難指示が聞こえず、災害の状況や避難場所についての情報が得られないため逃げ遅れてしまう。

●離れた場所にいる家族などと連絡を取り合うのが難しくなる

●避難所での大切な案内や災害の被害状況などの情報が得られない(避難所での放送や呼びかけなどが聞こえず、食事の配給などの援助がなかなか受けられないなど。)

●周囲とのコミュニケーションがうまく取れない。

●補聴器や人口内耳などに使用する電池の入手が困難になる。

災害に備える

補聴器や人口内耳を使っている方をはじめ難聴のある方は、いざというときのために、非常用持ち出し袋の中に以下のものを追加していただくことをおすすめします。

 補聴器・人口内耳などの電池

災害備え 補聴器 

 バッテリーや充電器、使用可能な古い補聴器

災害備え 補聴器災害備え 補聴器

充電式補聴器Cellionの充電器は、コネクターの形状が合うものであればスマホ用充電器で対応できますが、あくまでも緊急時の一時的な対処法ですので、長期間の使用はおすすめできません。

 

 聴器の簡易型乾燥ケース

災害備え 補聴器

 補聴器脱落防止ストラップ

災害備え 補聴器

 電話お願い手帳

耳の不自由な方のコミュニケーション支援としてNTT東日本・NTT西日本が発行しており、各支店のお客様窓口や地方自治体や福祉団体で配布されています。災害備え 補聴器

 

 障害手帳やお薬手帳
 筆記用具やメモ用紙、ホワイトボードなど。
 助けを呼ぶための笛やブザーなど。

普段からの備え

自分でできる準備
 補聴器やスマートフォンなど情報を得るために必要なものは、いざというときにすぐ持ち出せるように常に身近な場所において置くようにしましょう。(保管場所は家族にも伝えておきましょう
 非常用持ち出し袋を用意しておきましょう。
 避難時に支援が必要な場合は、住んでいる地域の自治体が作成する「災害時要支援者名簿登録制度」登録をしておきましょう。
 支援を受ける際に配慮してほしいことを書いた「ヘルプカード」を作成しておくと良いでしょう。
 日頃から地域の防災訓練などに参加しましょう。
周囲の人と相談しておくこと
 避難を呼びかける指示、警報、サイレンがあった場合は、個別に知らせてもらえるよう近所や周囲の人にお願いしておきましょう。
 補聴器や人口内耳が壊れてしまったとき、情報伝達・取得をどうすれば良いか、周囲とあらかじめ相談し決めておきましょう。
 家族と話し合って、災害が起きたときの連絡手段や集合場所などを決めておきましょう。

まとめ

難聴の程度や状況は様々なため、災害などの非常時にどんなことが不自由なのか、またどんなサポートを必要としているのかなどは、他人もそうですが家族であってもなかなか伝わりにくかったりするものです。「もしも」のときに備え、事前の準備とともに日頃から家族で話し合っておくこと、また近所や周囲の方にも状況を伝えておくなど、コミュニケーションをとることを心がけましょう。

 

 

補聴器・付属品やアクセサリーなど、補聴器のご相談はお近くの関東補聴器へ

災害備え 補聴器

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

補聴器の修理はどんな症状の時なのか?【故障の症状と原因を解説】

補聴器 修理 故障 症状 修理代

補聴器 修理 故障 症状 修理代

補聴器が故障しているのか、していないのか、故障の場合はどのような症状になるのか不安な方もいるかと思います。
困った時は、補聴器専門店に診てもらい対処するのが間違いありませんがよくある症状などを紹介します。
このような症状がある場合は、故障と考えられます。メーカー修理が必要になる場合がほとんどです。
故障の原因も紹介しますので対策を検討しましょうね。

補聴器の故障は修理可能です

補聴器が故障してしまったときは、補聴器店にお持ちいただければ修理することが可能です。
内部の部品交換が必要の場合などメーカー修理となりますので数日間お預かりとなりますが、故障したら終わりというわけではなく、故障の場合はしっかり対応できるので補聴器専門店にご相談ください。

どのような症状がでますか

補聴器の故障といってもどのような症状が考えられるのでしょうか?
よくある症状をご紹介いたします。

 電池を交換しても全く音がしない
 聞こえてはいるが音が小さくわかりずらい
 音が聞こえたり止まったりを繰り返す
 ザーザーと雑音だけで音声が聞こえず

このような症状がある場合、故障が疑われますので補聴器専門店へお問い合わせください。

症状別の原因予想

上記のような症状でも故障ではない場合もありますので、原因を予想します。

 電池を交換しても全く音がしない

音が出てくる出音口に耳アカや湿気が詰まってしまっていることが予想されます。また音の入り口=マイクにゴミや湿気が詰まり遮音されてしまうこともありますが、どちらも補聴器専門店にて解決できる可能性が高いので補聴器店にお問い合わせください。

 聞こえてはいるが音が小さくわかりずらい

上記に記した原因とほぼ同じですが、完全に耳アカや湿気・ゴミが詰まったわけではなく7~8割詰まってしまったため聞こえ方が悪くなっていると考えられます。同じく補聴器専門店でのメンテナンスで改善する可能性が高いと思います。
電池の残量が少なくなり電圧が下がることにより音弱になっている可能性もありますので新しい電池に交換してみましょう。

 音が聞こえたり止まったりを繰り返す

電池の接点がサビや汚れによりしっかり接触していないため通電したり断電したりしている可能性があります。電池ケースの接点の修正やサビとりなどで改善することがあります。
しかしこの症状は、最も多い故障症状でメーカー修理の可能性が高いと考えられます。

 ザーザーと雑音だけで音声が聞こえず

汗や湿気が音の入り口=マイクに付着したことで起こることがあります。水分を良くふき取り乾燥ケースなどでしっかり乾燥させると症状が回復することがあります。
また、電池残量がなくなる寸前の時に起こることもあり、新しい電池に交換することで復活することがあります。
しかしこの症状も故障症状としては多く、メーカー修理になる可能性が高いと思われます。

メーカー修理になった場合

メーカー修理になった場合は、数日間の修理期間になります。
保証期間が過ぎていたり、保証対象外になってしまった場合は修理代金が発生します。
症状別にどのような部品交換が行われるか予想してみましょう。

 電池を交換しても全く音がしない

この症状でメーカー修理になった場合は、以下の部品交換が考えられます。

・アンプ(IC)交換
・レシーバー交換
・マイク交換

この3つの部品交換が有力ですが、3つ全て交換になる可能性もありますが…。

アンプ(IC)交換になった場合は、かなり高額な修理代金になります。
補聴器の心臓部分であるアンプ(IC)の場合は4~6万円ほどの修理代金になることがあります。
レシーバーやマイクの交換は、各15,000円程度が多いようですが両方交換となるとかなり高額になることが予想されます。

 聞こえてはいるが音が小さくわかりずらい

上記の症状の場合は、メーカー修理時には以下の部品交換が予想されます。

・レシーバー交換
・マイク交換

レシーバー(スピーカー)に出力低下やマイクの感度低下があった場合は、交換が必要となり両方交換が必要の場合もありますので2つの部品交換が同時になると修理代金が高額になることがあります。各部品ごと約15,000円程度が多いようです。

 音が聞こえたり止まったりを繰り返す

この症状は、接触不良と思われますので単一部品だけではなく部品をつなぐリード線腐食も考えられます。
また複数の部品が関係していることもあり簡単に改善するケースと複数部品交換になる場合とがあります。

・電池接点交換
・スイッチ交換
・リード線半田修正

リード線修正などの軽いものならば修理代が高額になることはありませんが、複数部品の劣化や腐食による部品交換の場合、修理代が高額になる場合もあります。

メーカー修理の場合は修理見積

メーカー修理になった場合は、修理見積をとりましょう。そして修理代と使用期間などを考慮して修理を進めるか買換えをするのかを決めていくとよいでしょう。
補聴器の対応年数は、およそ5年が目安といわれていますので年数が経過している補聴器を高額で修理してもまたすぐ故障が発生するかもしれません。
あくまで故障していた部品は新品に交換されますが、その他の部品は古いままですので・・・。
修理見積をとることで料金が発生することはありませんので修理見積が出た段階で補聴器専門店の意見も参考にしながら決定してくださいね。

一律修理代金制度

近年のメーカー修理では、修理代金の負担を少なくするためとお渡し納期を短くするために各メーカーにて独自の一律修理システムがあります。
購入後、2年間は無料保証が付いていて3年目からは一律数万円4年目からは数万円・・・などといった内容です。
見積もりを取る必要がないのでその場で修理代金がわかることと、見積もりを出す手間がかからないため修理品完成納期が2日程度短くなる効果があります。
各メーカーや購入機種によって細分化していますので購入した補聴器専門店に問い合わせてみてください。
各メーカーの一律修理の内容を紹介しておきましょう。(2018年6月現在)

シーメンスシグニア

補聴器メーカー シーメンスシグニア

補聴器 修理 故障 症状 修理代

補聴器 修理 故障 症状 修理代

購入後2年間は保証期間(1年の機種もあり)
任意のオーバーホールはすべて6000円かかります。
おおまかに購入後3~5年は24000円程度(外観の破損等あれば8000円追加)
購入後5年以上は40000円程度(外観の破損等あれば12000円追加)

リサウンド

GNリサウンド

補聴器 修理 故障 症状 修理代

購入後2年間は保証期間(1年の機種もあり)
購入後3年目は20000円、4年目は40000円上限金額

フォナック

補聴器メーカー フォナック

補聴器 修理 故障 症状 修理代

購入補聴器のグレードにより保証の厚みが違いますがおおむね購入後2年間は保証期間。
購入後3年目は20000円まで、4年目は40000円までの上限金額

故障予防のために

補聴器が故障してしまった場合は、修理代金も負担になりますし修理に預けている期間は補聴器なし生活のため不便を強いられます。
そうならないためには、予防しておくことが大切です。
故障予防について心がけていただきたいことは以下の2点です。

定期的に補聴器専門店でメンテナンスを受ける
ご使用後は専用の乾燥ケースにて十分に乾燥する

この2点は基本ですのでしっかりと守りましょう。

定期的に補聴器専門店でメンテナンスを受ける

補聴器専門店では、専用の機器を使用してお使いの補聴器をメンテナンスしてくれます。故障の大きな原因は汗や湿気・汚れなどが多いのです。
ご自分でクリーニングするのにも限界があります。専門店ならば特殊な機器や道具でメンテナンスでき故障予防することができます。

ご使用後は専用の乾燥ケースにて十分に乾燥する

夏場や屋外作業の多い方は汗や汚れに影響を受けることが多いので強力な乾燥機で乾燥すると安心です。
補聴器用電気乾燥機など補聴器専門店で取扱いがありますので上手に利用し水分から補聴器を守りましょう。

<電気乾燥機D-Dryについて詳しくはこちら>

補聴器の修理についてまとめ

補聴器の故障には様々な症状が出ることがあります。
症状によっては、内部部品を交換するメーカー修理になる場合がありますので注意が必要です。
メーカーによって補聴器の故障に関する保証やサービスがありますので補聴器専門店に気軽にお問い合わせください。

また、故障しないためには日々のお手入れやメンテナンスが欠かせません。
補聴器専門店にて定期的な補聴器のメンテナンスやクリーニングを強くおすすめします。

補聴器 修理 故障 症状 修理代

関東補聴器ではお買い求めいただいた補聴器に関しまして全てカルテでキッチリと管理しています。
購入日や調整記録、不具合の内容など皆さまの補聴器はすべて私どもでしっかりカルテ管理しておりますので安心です。
定期的なメンテナンスのお知らせハガキや自宅訪問サービスなども行っていますので故障のリスクに備えていただけます。
補聴器の修理や不具合など気軽にお問い合わせください。

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

各店舗

シーメンスシグニアが発売している補聴器専用の乾燥機パーフェクトドライラックスについて【乾燥・UV除菌】

パーフェクト

パーフェクト

 

補聴器は水や汗に弱いため普段から乾燥剤を入れたプラスチックケースに保管されている方が多いと思います。シーメンスシグニアが発売している補聴器専用の乾燥機パーフェクトドライラックスは乾燥はもちろんUV除菌までしてくれる優れものです。大切な補聴器のために、乾燥効果が高く清潔を保ちたい方におすすめの乾燥機となっています。

一般的な乾燥ケースについて

補聴器を購入したときには乾燥剤の入ったプラスチックケースがサービスで付属されていることが一般的です。多くの方はこの乾燥ケースをお使いになっていると思います。ケースの中には乾燥剤が入っていて補聴器についた汗や湿気を除去する役割があります。お手軽に使える一方で、定期的な乾燥剤の交換が面倒だったり忘れてしまう方も多いのではないでしょうか。ドライケース

海苔やおせんべいの袋に入っていた乾燥剤でも大丈夫ですか?
おすすめしません。すでに食品が湿気ないように入っていた使用済みの状態ですので、乾燥効果は万全の状態ではありません。補聴器の乾燥には適していませんのでやめましょう

そもそもなぜ乾燥ケースに入れるのか

補聴器は精密につくられた医療機器となります。装用中は常に肌に密着した状態で使用しますので、汗や湿気の影響を大きく受けます。水分が補聴器内部に入り込んだ状態をそのまま放置するとサビてしまったり、故障してしまう可能性があります。最近は補聴器の防水性能や撥水性能も高くなりましたが、完全防水ではありませんので気をつけなければいけません。そのため使用後は必ず乾燥ケースに入れてできるだけ補聴器を乾燥させておく必要があるのです。

特に注意しなければいけない方

  体質的に汗っかきの方
  スポーツをされる方
  外でお仕事をされている方
  湿度の高い環境でお使いの方
  耳ダレがあったり、耳垢が湿っぽいタイプの方

サビ

より乾燥効果の高いものを使いましょう

パーフェクトドライラックス

乾燥機

  • 補聴器が2個同時に入れられます
  • 重さ144グラム
  • 価格\9,000(税抜き)

 乾燥効果

  • 急速循環ファンにより効率よく30分で乾燥終了
  • 熱くなりすぎない45℃で優しく乾燥
毎日ジョギングをしています
走った後はパーフェクトドライラックスで必ず乾燥させています。以前より補聴器の調子がよくなりました。

 

 除菌効果

  • UVランプで紫外線を照射し99%除菌

従来の乾燥ケースではある程度の乾燥はできますが除菌に関しては全く効果がありません。菌が増えるとニオイの原因になります。こちらの除菌効果で補聴器についたニオイをなくしましょう。

ニオイがつきにくくなりました
以前、飼っていた犬に補聴器を噛み砕かれてしまいました。補聴器から飼い主のニオイがするので気になったようです。除菌することでニオイも軽減し清潔を保てるようになりました。

 

 乾燥剤不要

  • 乾燥剤の定期的な交換が不要
面倒がなくなりました
今まではつい乾燥剤の交換を忘れがちでしたが、パーフェクトドライラックスだと乾燥剤はいらないので安心です。

乾燥機

補聴器が故障する一番の原因は汗や皮脂汚れです

補聴器は汗や汚れがついたまま放置すると音が小さくなってしまったり、全く聞こえなくなってしまうこともあります。補聴器をクリーニングすることで解消されることもありますが、ひどい場合はメーカーへ修理へ出さないといけない場合もあります。その場合は最低でも1週間お時間がかかりますし、修理代も数万円かかってしまいます。また不潔な状態で使用していると菌が繁殖しニオイの原因にもなります。

このような不具合をできるだけなくすためにはより乾燥効果や除菌効果の高い乾燥機で毎日のメンテナンスを行っていただくとよいと思います。

イヤホンのお手入れにも使用できます

カスタムイヤホンは補聴器同様に日頃のメンテナンスが大切になります。パーフェクトドライラックスはカスタムイヤホンの乾燥・除菌にも最適ですので、大切なイヤホンのお手入れにおすすめいたします。

イヤホン

まとめ

補聴器は内部に小さな電子部品が入っています。汗や皮脂で汚れたままにしておくと不具合が起きてしまうのはよくあることです。定期的に補聴器店でメンテナンスを受けてもらうことはもちろんですが、使用後は毎回乾燥機を使うとより効果的です。

<関東補聴器へのお問い合わせご予約はこちらへ>

店

耳穴型補聴器の方が汗や雨に強いのでしょうか?

耳穴式補聴器 防水 汗 湿気 故障

耳穴式補聴器 防水 汗 湿気 故障

耳穴型補聴器の方が汗や雨に強いのか質問されましたが、防水性能は耳穴型補聴器も耳掛け型補聴器も搭載しています。
したがって、どちらのタイプも汗や水に強くなっています。
しかし、耳穴型補聴器はメーカーによって防水性能が搭載されていない商品もありますので補聴器専門店に相談してしっかりとした補聴器選びをしてくださいね。

補聴器の大敵は汗や雨などの水分

補聴器の内部にはデジタル機能を制御している「基盤」などの精密部品が内蔵されています。
水分が入っていしまうと故障してしまうのは当然ですよね。
サビや腐食も故障の大きな原因ですからメンテナンスは重要になります。

補聴器の保管や管理は乾燥ケース

耳穴式補聴器 防水 汗 湿気 故障就寝時やお風呂に入っているときなど、補聴器を外した場合は乾燥ケースに保管して補聴器に付いた汗や水分を乾燥させることが必要ですよ。
寒くなる冬の時期は補聴器内部に「結露」が発生することもあります。
必ず乾燥ケースに保管してしっかり管理しましょう。

補聴器用乾燥ケースの紹介

補聴器専門店で補聴器用乾燥ケースを取り扱っていますので購入をおすすめします。

耳穴式補聴器 防水 汗 湿気 故障<電気式補聴器乾燥ケース詳しくはこちら>

耳穴型補聴器 防水 汗 湿気 故障

乾燥剤(シリカゲル)補聴器乾燥ケース   800円(税別)

 

耳穴型補聴器の防水性能

耳穴式補聴器 防水 汗 湿気 故障耳穴型補聴器は、あなたの耳型採取インプレッションを行って耳型通りに作成しますのでいろいろオプションをオーダーすることができます。
その、オプションの中に防水性能があります。

シーメンスシグニアの防水オプション「アクアプロテクト」

補聴器メーカー・シーメンスシグニアの耳穴型補聴器には、「アクアプロテクト」という防水オプションが用意されています。
耳穴型補聴器内部に水分が入らないような特殊な加工を施します。
補聴器作成時にこのアクアプロテクトをオプション追加することで耳穴型補聴器も防水性能を搭載できるんです。

アクアプロテクト オプション追加 6000円

耳穴式補聴器 防水 汗 湿気 故障

防水だから故障しないというわけではない

防水だから故障しないと思っている方も多いようですが、補聴器の故障の原因はほかにもたく耳穴式補聴器 防水 汗 湿気 故障さんあります。
あくまで外部からの水分の浸入を防いでいるだけで、故障しないことを保証しているわけではありません。
やはり、故障を防ぐには定期的なメンテナンスとしっかりした管理が大事です。

 

 

耳穴型補聴器の方が汗や雨に強いかというと現在の補聴器は耳穴型も耳掛け型も防水性能を搭載している機種がありますので、防水性能搭載の補聴器であればどちらも心配はありません。

防水性能やデザイン・価格など補聴器のことならどんなことでも相談してください。
創業31年の経験・知識・技術であなたの聞こえの悩みに向き合います。

<関東補聴器への相談や問い合わせはこちら>

耳穴式補聴器 防水 汗 湿気 故障