補助援助システム【外部マイク:ロジャーセレクト】購入者インタビュー

デジタルワイヤレス補聴援助システム【ロジャー】は、補聴器だけでは聞き取りの難しい場所で効果が実感できるとあって、特に今まで補聴器をお使いだったものの完全に満足されていなかった補聴器経験者や現役でお仕事や活動に参加されている方々の注目を集めています。

 

実際、ロジャーを使用し始めた方々の声です。複数の人が同時に話す場所、音が反響しやすい場所、広い会場や離れた場所など補聴器単体では難しいと感じられた方が実際使用してみて、良かったことばかりではなくお困りの例を挙げて答えてくれました。

騒々しい職場で活用できる可能性

水がシンクにあたる音や食器のぶつかるや音が大きい皿洗い。洗う、刻む、炒める、揚げるなど音の絶えない調理。常にある排気の音などで厨房は常に騒々しい環境。ここがN様の職場です。
厨房での会話に困難を感じ、片方は改善が見込めないため良いほうの片耳で補聴器を使用していました。
補聴器は特に困難な職場だけではなく日常的に使用されていて、帰宅後はテレビや映画を楽しんだり、週末はドライブで音楽を楽しむ。そんな彼が今回選択したのはマーベル70の補聴器と外部マイクのロジャーでした。


Nさん①

Nさん③Nさん②Nさん④

 

デジタルワイヤレス補聴援助システム【ロジャー】について詳しくはこちら

 

趣味の習い事で重宝

O様は前向きな性格で、以前からきちんと補聴器の問題点を伝えて微調整を希望される方でした。それだけに、距離が遠い(セミナーなど話し手が遠くにいる)、複数人での会話(会議などで話す人が次々に変わる)、騒音下での会話といった補聴器単体では解決が難しい条件で、外部マイクを体験して頂いたときに効果を実感され、今回マーベル30の補聴器を両耳と外部マイクロジャーを購入なさいました。

Oさん①

Oさん②Oさん③

Oさん④Oさん⑤

デジタルワイヤレス補聴援助システム【ロジャー】について詳しくはこちら

 

デジタル無線とテクノロジーで豊かな日常

娘さんと来店されたS様は、自宅で過ごすことが多くテレビや電話など屋内での使用を中心に考えていらっしゃいました。同居している娘さんがプライベートのさまざまな場面でロジャーが役立つことに注目されてマーベル30の補聴器を両耳と外部マイクロジャーを購入されました。Bluetoothを利用した携帯電話の通話。ロジャーをテレビコネクタとしての使用し さらに、アプリのリモコン機能でテレビの音量調節をなさるなど購入直後から便利に使っています。

SさんプロフィールSさん①

音声切り替え説明

suzu④suzu④

デジタルワイヤレス補聴援助システム【ロジャー】について詳しくはこちら

まとめ

話し手の声をワイヤレスマイクが集音し補聴器まで送信。まるで、耳元で話しかけられているようです。

職場やプライベートで大変おすすめです。さらに、使い方は電源スイッチを押すだけ!!とても簡単です。

補聴器の点検・清掃時にロジャーの上手な活用法やトラブルなどをお聞きし この場でお伝えしたいと思っています。

関東補聴器では、ご購入されてからお客様との末永いお付き合いが始まると考え、確実にお客様ご自身の”耳”となるようにサービスおよび対応をさせて頂いております。

〈問い合わせはこちらから〉

補聴器を使用するうえで考えられるリスクとは?

リスクのある使い方

難聴かな?聴力が低下したことを意識すると補聴器を販売する店は数多くあります。以外に身近に販売店があることで簡単に入手できると思われる補聴器は、副作用又は機能の障害が生じた場合に人の生命及び健康に影響を与えるおそれがある管理医療機器クラスⅡに分類される機器なのをご存知ですか?

 

Is this hearing difficulty?

When you pay attention to hearing, you may find many shops selling hearing aids. It’s easy to get it, but actually it has risks of influence for health in some cases.

「私の補聴器は新調したばかりだからリスクなんてないわ。」「勧められて買った高額の補聴器にリスクなんてあるはずがないわ。」

確かに、機種を選定する際、最近の補聴器の優れた点を説明され、中でも快適に使える高額の商品を選び、リスクなんてあるはずがないと思われることでしょう。

 

しかし、強大な音が突然耳に入ったらどうでしょう。耳を傷めることがあるのは想像に難くないでしょう。

Please think of the case that suddenly big sound came out. It’s easy to imagine that you may hurt your ears.

 

 

 

耳掛けイラスト実際、補聴器は医薬品医療機器法において管理医療機器クラスⅡに分類され、販売するためにはあらかじめ営業所ごと都道府県知事に許可を届け出、厚生労働省で定める基準に該当する管理者を設置しなければなりません。

 

 

耳穴イラストたとえ、補聴器の出力制限装置が正常に働く状態であっても、それだけでは常にすべての人にとって大きすぎない音が出るように設定されているとは言えません。
補聴器の最大出力音圧が、個々人に合うように調整されている場合、このような事態は避けられます。

つまり、補聴器販売店で購入し、補聴器の取り扱いに長けた技能者に調整をしてもらう以下に示した一般的な流れに沿ってサポートしてもらっている場合、副作用又は機能の障害が生じることはなく適切に対処されますので全く問題はありません。もちろん強大音で耳を傷めるリスクはありませんのでご安心ください。

But don’t worry, if you got enough adjustment, this problem won’t happen.

★★★リスクを避けるためには、適正な手順を踏んで購入することです★★★

販売店でご購入いただく場合、補聴器をどのように選ぶことになるのかをまとめてみました。

 

補聴器販売店で購入した場合の一般的な流れ

1.カウンセリング → 2.聴力測定 → 3.補聴器の選定 → 4.フィッティング → 5.試聴 → 6.型取り → 7.補聴効果の確認 → 8.ご購入 → 9.アフターサポート

Here is some steps to buy your hearing aid.

First is counseling, second is hearing test, third is choosing machine, fourth is fitting, fifth is trial hearing, sixth is mold making, and lastly, purchasing. Of course we will do after support, like cleaning, regular check.

1.カウンセリング お店の専門スタッフが「聞こえ」の悩みをお伺いします。いつから、どんなふうにお困りですか?などカウンセリングでお客様の要望を伺います。カウンセリング

 

 

2.聴力測定 お客様の聴力を測定します。病院などで測定された方はお持ちいただければ参考になります。

聴力測定

 

 

3.補聴器の選定 お客様の希望のタイプをお伺いしますが、聴力測定の結果やこれからご使用なさる環境、ご予算などから総合的に判断し適した補聴器をお選び致します。

 

 

4.調整(フィッティング)測定した聴力をもとに補聴器の音を調整します。補聴器は、右耳、左耳それぞれに、聞こえが悪いところに必要な音量を出すよう設定し、さらに不快な音を抑えるなど細かな調整を加えることができます。

 

 

5.試聴 補聴器の最初の調整は主に測定した聴力で行います。しかし、それで簡単フィッティング終了!というわけにはいきません。なぜなら、聞こえ始める音量がわかっているものの、聞き取りやすい音量や不快に思う音や音量は人それぞれです。その違いに合わせた調整は補聴器で音を試聴してみてはじめてできるのです。


試聴

 

 

6.型どり 耳穴型の補聴器やイヤーモールドを取り付けて使用する補聴器の場合に認定技能者及びこの指導を受けたものが耳型を取ります。

型取り

 

 

7.補聴効果の確認 装用の有無による聞こえ方の違いを主観的及び客観的に評価します。

 

 

8.ご購入 ここからが、購入店との長いお付き合いが始まります。まずは電源の入れ方など基本的な取り扱い方法と、装用の練習をします。その後、便利な機能やクリーニングなどケアの仕方などを徐々に覚えていただきます。

 

 

 

 

9.アフターサポート 小型で目立たない自慢の補聴器も、いざお掃除しようと思うと小さいがゆえに大変です。小さなマイクに耳垢がこびり付いて断音してしまったり音が小さくなってしまったり。そんな補聴器がきちんとケアすると音が蘇る様子を販売店では日々目にしているのです。毎日のお手入れに加え、2~3カ月に一度 点検・清掃 をしてもらうことはとても大切です。

 

アフターサポート

 

多少順番などが前後することがありますが、大きな違いはありません。これらすべて補聴器を安全してご使用いただくために必要な手順になっています。

★★★気を付けて!!できれば避けて頂きたい例をあげてみました★★★

 

正規の販売店以外で補聴器を手に入れた場合

オークションサイトなどで、個人売買で手に入れた補聴器は当然個々人にあった調整ができておらず、補聴器本体は壊れていなくてもそのまま使用するのは非常にリスクが高いといえます。補聴器販売店で購入した場合の一般的な流れにある カウンセリング聴力測定フィッティング試聴型どり補聴効果の確認が、カウンセリングできこえにおいて何に不満がありどのようなシーンで困っているのかお聞きして補聴器の選定をするのでそのアドバイスが抜けたと考えると、すべてが正規の販売店と違うスタートであると言わざるを得ないのです。

 

 

 

他人の耳に合わせて調整した補聴器を譲りうけた場合

親や伴侶の補聴器を本人が使わないという理由で譲り受ける場合があります。耳が遠いという共通点があっても、聴力を測定すると同じ聴力ではありません。他の耳に調整された補聴器はそのまま使うことはリスクがあります。補聴器販売店で購入した場合の一般的な流れと比較すると、カウンセリング聴力測定補聴器の選定フィッティング試聴型どり補聴効果の確認 すべてが正規の販売店と違うスタートであると言わざるを得ないのです。

 

These steps is important. So if get out of professional shop, like auction, used items have risks to use without adjusting or other important processes.

集音器をお使いの場合

 

集音器は、周波数ごとに音量を調整して音を出す機能はありません。

音量のみ調整し周波数ごとに違う個人に合わせて音を作る機能のない集音器を使用する場合は聞こえている周波数も、聞こえていない周波数に合わせて設定された音量で聞くことになりますから、聞こえる音域は大変大きな音で聞くというリスクがあります

補聴器販売店で購入した場合の一般的な流れと正規の販売店以外で入手した場合譲受品集音器

カウンセリング 聴力測定 補聴器の選定 調整 試聴 型どり 補聴効果の確認 購入 アフターサポートで比較してみました。

Next topic is about sound collector. The difference between hearing aid and sound collector is whether it can choose which tone to amplify. Hearing aid pick certain range of sound and amplify. On the other hands, sound collector amplify all tone of sound, which means it has risk to hear loud noise which is not necessary even uncomfortable. As you imagine the process of buying sound collector is also different from that of hearing aid, because it isn’t be adjusted for each person.

 

購入の流れ表

まとめ

補聴器の販売店では、お客様の聴力をはじめとして様々な情報を保管し、常に適切なアフターサービスが提供できる体制を整えています。さらに、販売した補聴器の保証書の写しを保管し納品から6年間は製品番号補聴器本体の修理や使用履歴をいつでも調べることができる体制でおります。

管理医療機器である補聴器は少しの不備もないよう十分に注意が払われる正規の販売店で購入することによって、リスクが低い安全な補聴器ライフが保障されるのです。

 

 

 

関東補聴器では、ご購入されてからお客様との末永いお付き合いが始まると考え、確実にお客様ご自身の”耳”となるようにサービスおよび対応をさせて頂いております。

In conclusion, we strongly recommend to buy in proper shops with reliable staff. Then you can get safe and comfortable life. We will support you for your reassurance.

 

〈関東補聴器への問い合わせはこちらから〉

各店舗

 

 

 

購入した補聴器を使っていない!?【使っていない補聴器をそのままにしないために】

最近の補聴器は高性能ですが価格も高額です。聴力低下を補い便利な生活を取り戻そうと手に入れた補聴器を上手く活用できず使っていないとしたら・・・?
残念に思っているのは、ご本人やパートナー、ご家族であることは間違いありません。あきらめる前にお試しください。使わない補聴器をお使いいただくために。

補聴器をつけずに今の聞こえを確認

補聴器を購入されたきっかけは何でしたか?

「聞き返すことが増えた」 「家族に指摘された」 「病院や趣味のサークルで不便を感じて」 「病院で補聴器を勧められた」etc.

しかし、補聴器を活用していないならお悩みは解決できていないのでは?購入前に立ち返ってチェックしてみましょう。

現在の聞こえ

補聴器をつけずにチェックしてみましょう。

そう思う ← どちらとも言えない → そうは思わない
1.ぼそぼそ話す人が多い
2.テレビの音が聞こえにくい
3.電話で声が聞こえにくい
4.音がどの方向から聞こえるのかよくわからない
5.ささやき声など小さい声がよく聞こえない
6.レストランや大勢の人がいる場所での話声がよく聞こえない
7.二人以上の人に話しかけられているときは集中力が必要だ
8.会話についていくのが難しいので人との付き合いを避けてしまいがちだ
9.人と話すことが多かった日は精神的に疲れる
10.会話の内容を覚えているのが難しい
11.テレビのボリュームはどうですか?ボリュームの数字を書いてください。
 一人で見ているとき______  みんなと見ているとき_______

現在の補聴器をつけない周りの聞こえ方をどう感じているか、できればご家族など身近な方とお話されながら✔チェックしてみてください。

 

現在の聞こえかたをチェックしていかがでしたか?

現在の聞こえをチェックすると、聞こえに不便を感じているかどうかがわかります。

「そうは思わない」にチェックがある方は、ご自身の聞こえにあまり不便を感じていないということです。

「どちらとも言えない」、「そう思う」にチェックがある方は実生活にお困りのことがあるということです。

 

補聴器の必要性

今補聴器が必要だと思う気持ちはどれくらいですか?

♦先に行った現在の聞こえのチェックでは「聞こえに不満がある」のに、補聴器の必要性を問われ「補聴器の必要性がない」と答えた方。

もしかしたら購入した補聴器を使っていない理由がこの補聴器の必要性を数字にした理由として書かれているかもしれません。

例えば、「お手入れがたいへんだから」とか、「補聴器を使っても使わなくても聞こえの違いがほとんどないから」とか、「耳障りな音が響くから」など具体的に書いてあればその理由をひとつひとつ解決する方法を探っていきましょう。販売したお店に行ってみましょう。相談に乗ってくれるはずです。

 

♦ただ、なんとなく補聴器はいらない・・という方。

補聴器があれば、家族や仲間とのおしゃべりの輪の中に迷わず入れて楽しい!など具体的に実現したいことを思い描くといいですね。

 

使い方の確認

 

補聴器を触るのが不安販売店で説明してもらったときは、使い方を理解できたのに、ちょっとした理由で少し使わないうちに忘れてしまったり、自信がなくなってしまったり。このような場合使うのをためらってしまうことがあります。

 

 

使い方の確認「以前使っていたから今も使える」と思わず、もう一度使い方の確認をすることが、再び使い始めるきっかけとなることがあります。補聴器とともに渡された取り扱い説明書で確認したり、お客様向けお問合せ電話に連絡をしたりすることも可能ですが、購入したお店で商品の扱い方を説明してもらうことがお勧めです。少し使っていない間に聴力が変化していたり、体重の大きな変化があれば耳栓が合わなくなっていたりしますので その辺りも併せてチェックして貰えるので安心です。

 

 

補聴器全体の音

補聴器をつけると、聞こえていなかった音がたくさん聞こえて少しうるさく感じたり、今まで聞こえていた音も補聴器で聞くと違う音に聞こえるなど違和感を覚えることもあります。

補聴器を購入したらすぐに聞こえるようになるわけではなく、まずは家などの静かなところで補聴器をつけ新たに聞こえてくるいろいろな音に慣れてていく必要があります。

しかし、補聴器を使い続けるためのハードルとなる違和感は共通していることが多く販売店で相談することで解決することもあるので、気軽に相談することをお勧めします。

最近の補聴器は単に音を増幅するだけではなく、音を加工すること、すなわち音の大きさや成分を分析し言葉を聞き取りやすい音につくりかえているのですから、限度はあるもののお悩みが改善することがあるのです。

なぜなら補聴器を初めて装用したとき、何年も前から少しづつ聞こえなくなり、やがてほとんど聞いていなかった音が久しぶりに脳に届いたとき、世の中が騒々しくて補聴器を煩わしく感じたり、空調や冷蔵庫の音、食器の当たるカチャカチャという音が不快に感じて補聴器を付け続けることが困難になることが多々あるからです。

そのため個人差がありますが約半年をかけて補聴器の音に慣れていきます。慣れるために必要なことは、毎日使い続ける事。そのためには無理なく使い続けるために音量を少しづつ目標値に近づける方法を取るのです。

 

補聴器を使って《周りの音》

 

♦補聴器の音を楽しむ

今まで聞こえにくかった音域が補聴器によって音が補われ、”かつて聞いていた世界を取り戻した” といわれても多くの人がピンとは来ないかと思います。

♦意識して聞く

大きな音って何だろう?太鼓の音、銃声音、爆発音。あなたの周りの大きな音を聞いてみましょう。

自分の周りの大きな音を意識することは大切です。その聞こえが不快で付け続けることに躊躇しているならば、ここを販売店に行って調整してもらうことで一気に使い続けられない原因解決になるかもしれません。

具体的であればあるほど対処しやすいのです。

聞こえ始める音量がひとそれぞれであるように、不快な音量もそれぞれです。あなただけの音作り。販売したお店が力になってくれるはずです。

 

最近の補聴器は単に音を増幅するだけではなく、音を加工すること、すなわち音の大きさや成分を分析し言葉を聞き取りやすい音につくりかえているのですから、限度はあるもののお悩みが改善することがあるのです。

小さな音が気になる?キーボードのぱちぱちいう音、紙をめくる音、床に響くヒールやスリッパの足音。あなたの周りにある小さな音を聞いてみましょう。

大きな音がうるさいのはわかっていても、なかなか小さい音がうるさいというのは周りの理解を得られにくいでしょう。しかし、具体的にこの音が気になる。と言われるとなるほどと頷けるのではないでしょうか。

 

 

気になる音がどんな種類の音なのか、具体的であるほど対処しやすいものです。

購入店で調整やカウンセリングを受けて無理なく音に慣れていきましょう。「まずは気になる音を小さくし、慣れてきたら音量を上げて聞きたい音が聞こえるように少しづつ大きくする」など具体的に目標や行程を理解することにより意欲が湧きませんか?

最近の補聴器は単に音を増幅するだけではなく、音を加工すること、すなわち音の大きさや成分を分析し言葉を聞き取りやすい音につくりかえているのですから、限度はあるもののお悩みが改善することがあるのです。

 

「補聴器購入の際、高級なタイプほど細かい調整ができます」という説明を受けた方もいると思います。不快な音が見つかったとき、必要な音を減らさずに、不快音を抑える力があるのもグレードでの違いがあるということが言えるのです。

 

 

補聴器を使って《自分の声》

補聴器を通じて聞こえる自分の声を確かめてみましょう。補聴器を使うと相手の声や周りの音だけではなく、自分の声の聞こえ方も変わって聞こえます。

人に話しかけている時、本を音読してみた時、歌った時。いろいろ試して慣れていきましょう。また、ひどく気になり調整が必要な場合は、その程度を説明できるとスムーズです。

程度の表現の例としては、以下のようなものがあります。

 

購入の際、相談や聴力などを測定する中で自分の声がこもりやすい人を見極め、相応しい機種を選定し勧められていると思います。しかし、感じ方は人それぞれ。一人一人のきこえとペースに合わせて使う側も調整する側も気長に、決して投げ出さずに前進していきたいものです。

 

 

補聴器に慣れるまで

新しいお洋服は購入したその日から袖を通した瞬間に素敵な自分になれますが、補聴器は付けた瞬間、若いころの聴こえが戻ってくることはありません。

補聴器に慣れるまで、ご自分のペースでステップアップしていただき目標とする聴こえを手に入れましょう。

使用には個人差があります。ご購入店で相談しながら無理なく慣れて、家族や仲間とのおしゃべりの輪の中に迷わず入り聴こえることの楽しさを実感できるといいですね。

まとめ

 


関東補聴器では、ご購入されてからお客様との末永いお付き合いが始まると考え、ここにご紹介したことを実践し確実にお客様ご自身の”耳”となるようにサービスおよび対応をさせて頂いております。

〈関東補聴器への問い合わせはこちらから〉

各店舗

 

補聴器使用者が聴き取りやすい話し方が知りたい!上手な伝え方やポイントは?

 

誰でも年齢が上がれば耳は遠くなるもの。大切な家族や友人といつまでも変わりなく会話できることが理想ですよね。しかし、聴力が低下した相手と話すことは意外に大変。上手に伝わらなくてイライラしたり、話しかけるのが億劫になってしまったり。
補聴器使用者が聴き取りやすい話し方やポイントを知って楽しい会話を!

The way of talking that is easy to hear for hearing-aid users
~対面から電話の場合まで~

 

 

話を始める合図

聴き取りやすい話し方は、話を始める前から始まっています。

 

まずは、今から話をするという合図を送りましょう。そして始まる話に注意を払ってもらうのです。

Make a sign before you start talking.

 

 

視覚情報をプラス

補聴器は音量や周りの雑音を抑制する機能で、聴こえを補ってくれます。

しかし、補聴器などで適切な音量が耳に届いているのに 十分満足できるコミュニケーションが取れない。その原因は”聞き取り能力の低下”かも知れません。

つまり、音は聴こえていても 言葉を正しく聞き分けることができないケースです。

聴こえているのに、聴き取れない?どういうこと?と思った方。よくある間違いを具体的に見てみましょう。

 

聴き取りやすい話し方

こんな聞き違い誰にでもありますよね。しかし、頻繁にあるのはやはり言葉の聞き取りの力が衰えていると言わざるを得ません。聴き取りの力が衰えてしますと、その程度によっては残念ながら補聴器を装用していても言葉の聴き取りが困難なのです。

このような場合、口元を見せたり、簡単なジェスチャーを加えたり視覚的情報をプラスすることで伝わりやすくなります。

 

視力測定、体重測定、血圧測定など体調管理の目安として図っているものに聴力測定を加えてみませんか?

また、日常での聞き違いが増えてきた方。専門店では言葉を正しく聴き分ける力を測定することもできます。

 

Add sight information such as mouth motion and gestures.

 

話すスピード

 

大きな声でしゃべっているのに、傍で聞いていると何のことを話しているのかまるでわからない。そんなことがありますよね。理由の一つに”話すスピード”があります。

 

早口になると、語尾まではっきりと発音していないことが多く、聴き取りにくいものになります。

口を大きく開けてはっきりと話す。語尾まで意識して発音する。

Talk slowly.

 

わかりやすい言葉

大きな声でしゃべっているのに、傍で聞いていると何のことを話しているのかまるでわからない。そんなことがありますよね。理由の一つに”馴染みのない言葉”があります。

 

はっきり、語尾まで発音されていたとしても普段めったに使わない言葉や、専門用語、馴染みの薄いカタカナ語は理解するのに時間がかかり 結果的に肝心な内容が伝わりません。

普段よく使う言葉に置き換えたり 言葉が理解しやすいよう平易な言葉で説明を加えながら伝えるようにします。

Use familiar words.

 

適切な音量

 

大きな声を出せば伝わると思っていませんか?

補聴器をお使いの場合、普通の会話レベルで言葉が判別しやすいように調整してありますので大きな声は驚かしてしまったりかえって聴き取りが悪くなってしまうことがあります。

Talk in proper volume, however should not be too loud.

対面で会話

相手の表情を読み取りながら話を続けることが大切です。

表情からどの言葉が伝わらなかったか、理解できなかったかがわかるからです。
十分理解できていないと感じたときは、聴き取りにくい言葉や表現を口元を見せたりジェスチャーを交えるなど視覚情報をプラスし、日常使う平易な言葉に言い換えたり例を出しながら話を進めます。

When you talk face to face, check other’s reaction and know whether he/she understand or not.

向かい合って表情を見ながらじっくり会話しコミュニケーションを取ることは、聴き取りやすい話し方となるばかりか たとえ短い時間も”心のケア”になりますよね。

電話で会話

 

仕事で電話を使う方はもちろん、親子や兄弟、友人などわざわざ出かけて行かなくとも、電話で話ができると暮らしぶりが伝わり安心です。しかしながら、年齢を重ね聴力に自信がなくなると電話が苦手という方が大変多くいらっしゃいます。

これから補聴器を検討される方または購入したものの機能について詳しく知らない方のために、電話で役に立つ補聴器の機能と、補聴器装用時の電話の使い方のコツについて紹介します。

When you talk on the phone…there are some good tools to help you.

 

最近の補聴器についている機能の紹介

ツインフォン(両耳で使用する場合)

電話での聞き取りが良くなるツインフォンと呼ばれる機能があります。固定電話利用時、通常片側の耳で電話相手からの話を聞き取りますが、補聴器が通信することにより両耳から電話相手の話を聞くことができる機能です。

補聴器の機種によりますが、固定電話に磁石を貼付したりプログラムを操作して 電話口から発せられる会話を離れているもう片方の補聴器に飛ばすことにより相手の会話を両耳で聞くのです。両耳から音声が聞こえることが聞き取りの満足度が高いことは言うまでもありません。

*Twin phone

This feature can send sounds to the other ear which is not got closer to phone.

Nx7.5.3 Xperience7.5.3 が対応機種です。

ブルートゥース(Bluetooth)

Bluetooth対応している携帯電話とペアリングし、電話の音声を補聴器から直接耳に届けます。

*Bluetooth

This feature can send sound directly to hearing aid connected phone as a pair.

対応機種はこちら

詳しくはこちら

 

補聴器を装用して電話をするときのコツ

耳穴型補聴器

耳穴イラスト

耳穴型補聴器を装用して電話する場合は、ピーピー鳴る不快なハウリング音が起こりやすいため、耳穴型補聴器が耳にしっかり入っているか確認し、受話器は耳に(補聴器なしの場合と同じ)平行に持ち、耳を完全に塞がずに使用します。

 

最近の補聴器はハウリング抑制機能が向上しています。受話器を耳に当てるときのほか帽子をかぶるときなどハウリングが起きやすい状況下でもハウリング音の波と反対向きの波を当てることでハウリングを抑制してくれます。

これから購入の方は、電話での聞き取りを重視していると伝えると、ハウリングを抑える機能に長けた機種をおすすめされることでしょう。

 

耳掛け型補聴器

耳掛けイラスト

耳掛け型の補聴器を装用して電話する場合は、耳掛け型補聴器のマイクの位置を確認し、受話器のスピーカー部分を補聴器のマイク部分に近づけて使用しますので、受話器は耳の後ろから前に向けて持ちます。

耳掛け型の補聴器は、補聴器がない場合と受話器の持ち方が違うので慣れが必要です。販売店で受話器の持ち方を指導してもらったり、一度練習で電話を掛けて補聴器のマイクに近づけて聞こえ方のチェックをしてみると安心です。

 

対応機種であればどちらのタイプも

耳穴型、耳掛け型どちらのタイプもスマートフォンと連動している補聴器があります。現在はiPhoneのみの対応で、androidは専用の機器を購入する必要がありますが、補聴器からお手持ちのスマートフォンの呼び出し音や通話を直接ストリーミングできるため、通話相手の声がよりはっきり聴き取れます。

お手持ちの補聴器に、周辺機器を備えつけることで便利な機能が使えるようになることがあります。テレビの音声が直接補聴器に届いたらいいな、話し相手の声が直接補聴器に届いたらいいな、など具体的な要望があれば購入したお店で対応機種であるか確認してみてください。

関東補聴器で人気の簡単に操作できて便利な機能をご紹介します。

♦テレビの音声を直接補聴器に届ける

◀Signia ストリームライン

詳しくはこちら

GNリサウンドTVユナイトⅡ▶

 

♦話し相手の声を直接補聴器に届ける

◀Signia ストリームラインマイク

GNリサウンド マイクロマイク▶

 

 

まとめ

 

話し方は、”話すスピード”、”わかりやすい言葉”、”適切な音量”に気を付け、視覚に訴える事ができない分より相手の反応を感じながら。

最近の補聴器は、話しかける側が負担に感じることなく 聞き取る側が無理なく会話についていけるよう 研究に基づく音声処理がなされています。適切な調整と点検・清掃を続けることで、何歳になっても楽しい会話を楽しみましょう。

In summerly when you talk, please take care of speed, word choice, volume and other’s reaction. We hope you enjoy talking regardless of your age. Let us support with our method. We have experience and knowledge which is increased over 30 years, so we are sure that we can support you to solve your problems.

関東補聴器は創業30年以上の経験と技術と知識で皆様のお悩み解決のお手伝いをさせていただきます。

 

<問い合わせはこちらから>

 

耳鳴り 難聴 補聴器 解消

自宅出張訪問サービス強化中

自宅訪問

自宅訪問

自宅出張訪問サービス強化中

新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大予防のために人との接触を控えている方や不要不急の外出を控えている方が多いと思います。
補聴器用電池の購入や補充、補聴器のメンテナンスや調整など補聴器に関する相談を自宅出張訪問で対応させていただいています。
緊急事態宣言の期間は出張訪問費用を無料にて対応させていただきます。
気軽にお問い合わせください。

<初めてのお客様はこちら>

自宅出張訪問サービスでできること

最寄りの店舗に行かなくても訪問サービスで対応することが可能です。
店舗で行っているサービスを提供することが可能です。

補聴器購入に関する相談・試聴
補聴器の音量音質などの調整
補聴器用電池など消耗品の購入・補充
補聴器の不具合によるトラブル解消

些細なことでも気軽にお問い合わせください。

<訪問サービスの流れについてはこちら>

新型コロナウイルス感染対策を行っています

ご自宅に訪問するスタッフは感染防止のため、社内規定のチェックシートにより検温・手指消毒・マスク着用などの感染予防対策を徹底しています。
最寄りの店舗も店内の消毒・測定機器や関連用具の消毒・十分な換気などを行い予防対策を行っています。

ご来店の際の注意点

関東補聴器各店舗にご来店の際は、電話・FAXなどで予約をお願いしています。
お客様同士の接触を避けるため・来店者ごとの消毒を行うためなど感染対策の観点から予約制としております。

また、入店される人数もご本人様と同伴者1名までとさせていただきます。多数での入店は控えていただき店外でお待ちいただくことがありますのでご了承ください。
ご協力お願いします。

まとめ

関東補聴器全店で自宅訪問サービスを強化しています。
緊急事態宣言の期間中は訪問出張費を無料にて対応していますので不要不急の外出を控えている方など気軽にお問い合わせください。

大変厳しい状況になっている状態ですが皆様の補聴器生活が少しでも快適に過ごせるよう、関東補聴器全従業員も感染対策を行い、皆様とともに乗り越えていきたいと思っております。

少しでも早く笑顔があふれる日常が戻りように祈っています

<訪問サービスの問い合わせはこちら>

耳鳴り 難聴 補聴器 解消

各店舗

関東補聴器千葉店が主催「耳の日補聴器セミナー」を開催

関東補聴器 千葉店 耳の日 補聴器相談 補聴器セミナー

関東補聴器 千葉店 耳の日 補聴器相談 補聴器セミナー

関東補聴器千葉店が主催「耳の日補聴器セミナー」を開催

3月3日は耳の日です。その耳の日に関係する『きこえ』をテーマにしたイベントを企画。
関東補聴器千葉店が主催の「耳の日補聴器セミナー」を開催いたします。
補聴器に対する疑問質問を認定補聴器技能者と補聴器メーカー技術スタッフの匠が詳しく解説いたします。
補聴器を使用中の方、、これから補聴器の使用を検討中の方、親に補聴器をとお考えのご家族の方ぜひ足を運んでくださいね。

耳の日補聴器セミナーではどんなことが

補聴器セミナーではどんなことができるのでしょうか?
最新の補聴器の展示や試聴ももちろん行っていますが、補聴器メーカー技術スタッフが皆さまのお悩みにお応えいたしますのでどんな些細なことでも解決できるヒントが見つかるはず。
また難聴についてや補聴器の構造、聞こえの仕組みなどわかりやすくお伝えできますよ。

人気メーカー 耳穴式補聴器 シーメンスシグニア

なかなか補聴器はなじみが薄いものです

なかなか補聴器はなじみが薄いものですから、どんなものなのか、どんな風に聞こえるのかわかりませんよね。
この「補聴器セミナー」では初歩的な知識からゆっくり説明していきますので安心です。

補聴器の理解が深まればいいですね

今回の「補聴器セミナー」で、補聴器の理解が深まればいいですね。
補聴器の展示コーナーには最新の補聴器も登場する予定ですから、目で見て、耳で聞いて補聴器を体感してください。

おすすめ補聴器 人気補聴器 リサウンド

補聴器セミナー開催日

3月3日(火)13:00~16:00 美浜文化ホール

関東補聴器 千葉店 耳の日 補聴器相談 補聴器セミナー

関東補聴器 千葉店 耳の日 補聴器相談 補聴器セミナー

皆さまお誘い合わせの上ご来場お待ちしております。

関東補聴器 千葉店のお知らせ

関東補聴器 千葉店 幕張開店

関東補聴器 千葉店 地図

<関東補聴器千葉店について詳しくはこちら>

骨導式補聴器の利点と欠点を解説【どうなっているの?】

骨導式補聴器 欠点 利点

骨導式補聴器 欠点 利点

骨導式補聴器という特殊な補聴器がありますが、すべての方に万能というわけではありません。
骨導式補聴器には利点(メリット)と欠点(デメリット)がありますのでよく理解しましょう。
簡潔に申しますと老人性難聴の方には大きな効果を望むことはできません。気導聴力が難聴で、骨導聴力が問題ない方などに効果的といわれます。
専門的な言葉になりますので噛み砕いて説明します。

そもそも骨導式とは

われわれの聞こえは空気振動を鼓膜でキャッチする気導聴力と頭蓋骨などの骨を通して空気振動を聴神経に伝える骨導聴力の2つで成り立っています。
この骨導聴力を利用する補聴器のことを骨導式補聴器と呼びます。

骨導聴力とは

先にお話したように我々は気導聴力と骨導聴力の2つの方法で音を聞いています。
音は、空気の振動波ですのでその振動波を耳でキャッチし、鼓膜を振動させて聴神経に送り聞くのが、気導聴力です。
それとは別に振動波が頭蓋骨などの骨に伝わり、直接聴神経に届き聞いているのが骨導聴力です。
例えば、耳穴を指で塞いでも音が聞こえると思いますがそれは、骨を通じて聞いている骨導聴力があるからなのです。

骨導式補聴器の仕組み

骨導式補聴器は、音を集音し増幅したら直接、耳脇の頭蓋骨にあてた振動板に音声を伝え振動板から直接頭蓋骨、聴神経へと音声を送ります。
そのため、従来の補聴器のように耳穴にセットする必要がありませんので耳穴を塞ぐことがありません。
メガネ式が一般的で、メガネのフレームと一体になっている商品が多く振動板をメガネフレームで押さえて頭蓋骨にピッタリと合わせて使用します。

骨伝導仕組み

*スターキージャパン ホームページより引用

骨導式補聴器は2つのタイプ

骨導式補聴器にはタイプ(形状)が2種類あります。

メガネタイプ

メガネのフレームと一体になっており、メガネフレームで振動板をしっかり押さえ込むタイプ。

メガネ型装用

*スターキージャパン ホームページより引用

カチューシャタイプ

ヘアバンドタイプとも呼ばれ、振動板を左右からしっかり押さえ込むタイプ。

カチューシャ型装用

*スターキージャパン ホームページより引用

骨導式補聴器の利点(メリット)

骨導式補聴器のメリットを考えてみよう。

 耳穴を塞がないので深刻な耳漏など心配がない
 耳の疾患による治療中などに影響が少ない
 伝音難聴には効果的である
 耳穴形成不全や奇形などにも効果的

このようなメリットがあります。

骨導式補聴器の欠点(デメリット)

反対にデメリットも考えてみましょう。

 振動板がずれてしまうと格段に聞こえなくなる
 振動板がずれぬよう強く押さえつけるので長時間は不快
 伝音難聴以外は効果的ではない
 圧倒的に商品数が少なく選択肢がない

このようなデメリットがあります。

骨導式補聴器の市場割合

補聴器工業会が発表する各メーカーの年間出荷台数があります。
2016年全タイプ(形状)の出荷台数が約56万台に対して、骨導式補聴器の割合が多いメガネ型補聴器は、わずか約438台でした。
このように骨導式補聴器は、市場の中ではかなり希少な補聴器なのです。

骨導式補聴器 特徴 割合

 

骨導式補聴器は特殊な補聴器なのです。

骨導式補聴器の効果が期待できる難聴

難聴の種類もいくつかありますが、骨導式補聴器の効果が期待できるのは主に伝音性難聴の方といわれています。

骨導式補聴器 欠点 利点

上記の図をご覧ください。
<伝音系>と記載されている部位に問題があり難聴になっている方は、効果が高いといわれています。
この伝音性難聴は、音を伝える部位に問題があります。その奥の聴神経などは問題ありませんから音がしっかり伝われば効果は期待できるというわけです。
しかし、<感音系>の部分も難聴になっていると音をしっかり伝えてもうまく効果が出ない場合も少なくありません。

この場合は、感音性難聴となるわけです。

骨導式補聴器 欠点 利点

老人性難聴 補聴器選び方

老人性難聴と骨導式補聴器

補聴器の使用者の多くが加齢と共に難聴になる老人性難聴です。老人性難聴は上記の表では、混合性難聴の中に含まれますね。
上記の説明のように加齢による老人性難聴(混合性難聴)では、骨導式補聴器では大きな効果は期待できません。
通常使用されている補聴器で十分、効果を期待できる場合がほとんどです。
信頼のおける補聴器専門店できちんと相談して適切な補聴器選びをおすすめいたします。

<老人性難聴の補聴器選び方についてはこちら>

現在の補聴器の進化

現在では、補聴器もとても進化しています。
耳穴式・耳掛け式共にコンピューターに匹敵するICチップを搭載しているデジタル補聴器になっています。
聴力の状態・難聴の種類・耳の形状・保証などあなたの要望に合わせた補聴器があります。
補聴器専門店で相談して、自分の耳でしっかり試聴して納得のできる補聴器を選びましょうね。

<補聴器の試聴についてはこちら>

骨導式補聴器の利点と欠点まとめ

骨導式補聴器は全ての難聴者に万能なわけではありません。
欠点と利点がありますので、その点をしっかり理解してから購入しましょう。
しかしながら、理解しただけでは自分に合っているのかは疑問ですよね?
そのためには、信頼のおける補聴器専門店にしっかり相談してからでも遅くはありませんよ。
失敗しない補聴器選びをするために、補聴器専門店で相談することをおすすめいたします。

 

関東補聴器では、最新の補聴器試聴体験や相談は無料で随時受付けております。
ぜひ、気軽にお問い合わせください。

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

耳穴式補聴器 専門店 耳型採取

片耳が聞こえない方の補聴器はお試し可能です【試して体感!】

片耳難聴 クロス補聴器 お試しレンタル

片耳難聴 クロス補聴器 お試しレンタル

片耳が聞こえない方専用は、クロス補聴器と呼ばれます。一度、ご自身の耳でお試しになって効果を確かめてから購入を検討してください。
職場や学校など、片耳難聴によりお困りの場面で試してみることで不便が解決できることを体験してください。
クロス補聴器を試してみることで、今まであきらめていたことが解決できるかもしれませんよ。

片耳補聴器を使用するタイミング

片耳難聴の場合、反対の耳はきちんと聞こえているので日常生活でいつもいつも困るというわけではありませんが、必ず不便を感じる場面があるはずです。

 周囲がざわついていると良く聞き取れない
 難聴耳側からの呼びかけに気付かない
 仕事上小声や突発的な指示が聞き取れない
 体をよじってよい耳を前に出すので嫌がられる

このようなことがある方はクロス補聴器をするタイミングですよね。

クロス補聴器の仕組み

クロス補聴器の仕組みは、難聴耳にクロス送信機という集音マイクをつけて難聴側の音を集音し、反対側にある良聴耳につけた補聴器に音声を電波で瞬時に送信し聞きとる方法です。

わかりやすくイラストにしてありますので下記をご覧ください。

片耳難聴 クロス補聴器

 

まずは難聴の程度を把握しましょう

まずは、難聴がどの程度になっているのか把握することが重要です。
医療機関で診察してもらうことはもちろん、補聴器専門店でも補聴器フィッティング(調整)のため聞こえの測定を行います。
測定の結果に基づき補聴器フィッティング(調整)を行い、お試し試聴体験へと移ります。

<初めての方は詳しく解説こちら>

片耳難聴の程度で補聴器を選ぶ

片耳難聴の程度によりクロス補聴器なのか通常補聴器なのか補聴器の選択が変わってきます。
難聴の程度が軽い場合は、難聴耳に通常補聴器を装用することで効果が出る可能性もあります。
難聴の程度も軽度難聴から重度難聴まで様々ですので、どの補聴器でもいいというわけではありませんから信頼のおける補聴器専門店で相談してください。

通常HA クロスHA

片耳難聴の補聴器選び注意点

測定結果に基づいて最適な補聴器フィッティング(調整)を施した補聴器を実際に試聴体験することが重要です。
クロス補聴器を装用して職場や家庭などでどのように音環境が変化するのかしっかり体感していただきます。
音の調整やフィット感の調整など細かくフィッティング(調整)していくことが大切になりますので、技術・知識・経験が十分な補聴器専門店を選びましょうね。

クロス補聴器商品紹介

関東補聴器でご好評いただいているクロス補聴器を価格も含めて紹介いたします。

商品名 フォナッククロスB-13
メーカー フォナック
価格 95,000円

片耳難聴 クロス補聴器

こちらに紹介しているのは、クロス補聴器の送信機にあたる部分ですので、このクロス送信機とセットで受信側の補聴器もセット購入する必要があります。

受信側の補聴器は、それぞれ対応になっている機種を性能や価格で自由に組み合わせることができますが、関東補聴器で好評の受信側の補聴器とのセットですとこのようになります。

送信側送信機 + 受信側補聴器 = セット価格合計

受信側の補聴器に最適なのがビロングシリーズのB30-Pがおすすめです。

商品名 B-30-P
価格 180,000円

片耳難聴 クロス補聴器上記のセット価格に当てはめて実際の商品を計算してみますと

フォナッククロスB-13(95,000円)B30-P(180,000円)

     セット価格合計(275,000円)

 

関東補聴器では、片耳難聴に有効なクロス補聴器のお試しレンタルサービスを行っています。
クロス補聴器を装用して職場や家庭でお試しできます。
2週間無料でレンタルサービスできます!

クロス補聴器は、数に限りがありますので予約が必要になります。
片耳難聴でお悩みの方は、お試しレンタルサービスでクロス補聴器を体験してみてください。

<お問い合わせはこちら>

補聴器 両耳 片耳 おすすめ

老人性難聴でテレビが聞こえない方のためにできたテレビ専用補聴器をご紹介します【これで解決】

PURE13BT

 

PURE13BT

老人性難聴でテレビが聞こえないというご相談をよくお受けいたします。聴力の状態によっては補聴器をしていても残念ながらテレビが聞きづらい場合があります。それには番組内容、部屋の反響音、テレビとの距離、耳と脳の関係など様々な理由が考えられます。そこで新しくテレビ専用補聴器ができましたのでご紹介します。通常の会話時はもちろん、ボタンを押せばテレビ視聴用に切り替わる簡単操作ですので、毎日テレビを楽しみにされている方にはおすすめの補聴器となっています。

なぜ補聴器をしていてもテレビが聞こえないことがあるのか

補聴器をしていると通常の会話はある程度聞こえているのにテレビになるとなにを言っているのかさっぱりわからないということはありませんか?みなさんが口を揃えておっしゃるのは「NHKのニュースはよく聞こえるけど、ドラマやクイズ番組などは音は聞こえても言葉がはっきりしない」ということです。適切な補聴器の調整をしてもらっていても全ての方がどんな番組でもはっきりと聞こえるようになるわけではありません。それには様々な理由が考えられます。

理由その1 デジタルテレビの特徴によるもの

以前に普及していたアナログブラウン管テレビに比べて、現在のデジタル液晶テレビはとてもきれいな映像になり、音声も迫力や臨場感がありますよね。しかし画面を薄型化したため内蔵スピーカーも小型化されたり、テレビの後ろ側から音声がでるようになっていたりします。健康な耳の人にとっては立体感のある音声として聞こえますが、難聴の方にとってはたいへん音声が聞き取りにくい傾向になってしまいました。

てれび

理由その2 テレビからの距離や反響によるもの

当然のことですが、テレビからの距離が離れれば離れるほど聞こえにくくなりますよね。一般的には2~3メートル離れて視聴される方が多いようです。そうするとテレビから発せられた音声と一緒に周りでしている様々な生活音が入りますので聞きづらくなります。またお部屋のつくりによっては音が反響することもあり聞きづらい原因となります。

理由その3 言葉の聞き取り能力の低下によるもの

ではニュースは聞こえるのにドラマやバラエティ番組はわからないというのはなぜでしょうか。それはお使いになっている方の、音声や言葉を聞き分ける力がどれだけ残っているかに関係があります。

どういうことかといいますと、まず音声は耳だけで聞いているわけではなく、耳で集めた音を脳に送り、脳で言葉を聞き分けたり話しの内容を理解したり、自分にとって重要な音声なのかそうでないのかを振り分けたりしています。つまり耳の機能だけでは相手がなにを言っているのかはわかりません。個人差はありますが誰しも耳の細胞も脳も老化していきます。するとうまく言葉を聞き分けられなかったりお話しのスピードについていけなくなってしまうのです。

オーティコン
ニュース番組はアナウンサーが正面を向き、ゆっくりはっきりとした話し方をしています。また、その他のよけいなBGMもありませんのでとても聞き取りやすいのです。対してドラマやバラエティ番組などは、俳優さんの話し方もそれぞれ違いますし、1度に複数人が話すこともあります。また効果音なども重ねて流れることもありますよね。そうすると脳でうまく音を分解して聞き分けることができず、補聴器をして十分な音の大きさになっていても「音は聞こえるけどなにを言ったかわからない」という状態になってしまうのです。

(ニュース番組は・・・)

ニュース番組

  • アナウンサーはわかりやすいように、ゆっくりはっきりとした話し方を訓練されているので聞き取りやすい

(ニュース以外の番組は・・・)

クイズ

  • クイズ番組やドラマなどは早口だったり複数の人が話していたり、BGMなども重なり言葉が聞き取りにくい

テレビが聞こえていないと困ること

テレビが聞こえていないとご本人がテレビを楽しめないことはもちろん、ご家族にとっても大きな負担となっていることが少なくありません。

ご本人からのお悩み
  • テレビを観てもなにを言っているのかわからないのでつまらない
  • いつも字幕でみている
  • テレビのボリュームを上げると家族にうるさいと言われてしまう
  • 家族がみている音量では聞こえないのでいつもひとりでみている
ご家族からのお悩み
  • 隣近所までテレビの音が聞こえてしまっている
  • テレビの音が大きすぎるので同じ部屋にいると頭や耳がおかしくなりそう
  • 本人に言ってもボリュームを下げてくれないので耳栓をつけて過ごしている

テレビが聞きやすい補聴器

そこでテレビを聞きやすくする方法としてテレビ専用補聴器というものが発売されています。専用といっても通常の会話をするときにももちろん使用することができます。テレビ音声が補聴器からダイレクトに聞こえてきますので今までの補聴器より格段に聞きやすくなっています。

シグニア

商品名:PURE13BT

13BT合わせ
耳かけタイプの補聴器で、テレビの音声を補聴器へ電波で飛ばして聞くことができます。これは補聴器から直接テレビの音声が聞こえるようになりますので、周りの雑音や反響音に影響されることがありません。そして音の大きさも調整ができますので、テレビのボリュームはそのままで、補聴器のボリュームだけを調整すればご自分の好きな音量で聞くことができるようになります。ですからご家族にうるさいと言われてしまったり、外までテレビの音が聞こえてしまうようなことはなくなります。

使い方1 どうやって電波でとばすの?

ストリームラインTVというものを使いテレビの音声を補聴器へとばします。初回だけテレビと接続してしまえば、その後に面倒な設定等は必要ありません。当社では販売員がお客様のご自宅へお伺いして接続を行っています。

13BTストリーム

使い方2 テレビ用に切り換える

こちらの補聴器は環境に合わせた聞こえ方のプログラムを設定することができます。通常はもちろん普通の補聴器として使用できますが、テレビを観るときは補聴器の背中にあるボタンを長押しするとテレビ用に聞こえ方が切り換わります。例えば

  • プログラム1 通常の会話用
  • プログラム2 テレビ用

と設定したとします。補聴器は電源を入れると自動的にプログラム1になるように設定されます。普段はこちらで使用してください。そしてテレビを観るときには背中のボタン又はリモコンを押すとプログラム2のテレビ用へと変更します。テレビを観終わったらもう一度ボタンを押すと元のプログラム1に戻ります。操作の仕方としてはとてもわかりやすい仕様になっています。

ボタン2

 

使い方3 どんな感じで聞こえるの?

昔からあるイヤホンコードをテレビに直接さして聞いたときのような聞こえ方を想像してみてください。しかしイヤホンコードをテレビにさすとテレビの音声が消えてしまい、イヤホンをしている人にしか聞こえなくなってしまいますね。

この補聴器はコードはなく、電波で飛んできますからテレビの音は消えません。ですからご家族と一緒に視聴することができるのです。またテレビとの距離が遠くても最大15メートル離れても音量が変わることなく聞くことができます。距離による音の減衰がないのでテレビから2メートル離れた位置で観ても、15メートル離れた位置で観ても音の大きさは変わらないのです。さすがに15メートルも離れてテレビを観る方はいないとは思いますが、今まで聞こえなくてついテレビの近くにいた方は、もっと離れても視聴できるようになります。

距離

テレビをみているときに話しかけられたら気付きますか?
テレビ用とはいっても、テレビの音声だけではなく周りの音も聞こえる状態になっています。ただテレビの音声を中心とした聞こえ方になっていますので、テレビに集中しているときは急に話しかけても気が付かないこともあるかもしれませんね。
実際にお使いの方のご購入までの流れ
(館山店・78才男性・耳掛式補聴器を4年使用中)

H29.8.2ご来店 今の補聴器は通常の会話はとくに問題ないが、テレビの音声がよく聞こえないのでついボリュームを上げてしまうと娘さんにうるさいと怒られてしまう。
店内テレビにてPURE13BTを両耳に試聴。とてもよく聞こえる。ご予算の面で検討。

H29.8.10ご来店 接続の仕方、操作の仕方をご説明。もう一度試聴し、やはりよく聞こえるとのことで両耳にPURE13BT3Primaxをご注文。

H29.8.19ご来店 ご自宅にて納品。テレビとストリームラインTVを接続。補聴器の操作の仕方をご説明。

H29.8.30ご来店 操作方法にも慣れてきて、ご家族と一緒にテレビをみる時間が増えてきたとのこと。プログラム切り換えボタンが少々押しづらい。耳に掛けた状態で切り換えをしているため、その都度耳から外して手元でボタンを押していただくか、リモコンを使い切り換える方法をご提案。もう少し練習されてみてどうしても必要性を感じたら今後リモコン使用をご検討とのこと。


テレビが今までに比べよく聞こえるようになり、なによりご家族と一緒に観れるようになったことがうれしいと、全体的に大変満足との評価をいただきました。

PURE13BTの価格
  • ストリームラインTV ¥30,240

シーメンスシグニア シグニアNX 最新補聴器 おすすめ補聴器

↓補聴器本体は以下の3機種よりお選びいただけます↓

  • 7Primax \500000(片耳)48チャンネル
  • 5Primax \350000(片耳)32チャンネル
  • 3Primax \260000(片耳)24チャンネル

聞こえのイメージ

  • ※両耳装用の場合でもストリームラインTVは1台のみで対応可能
  • ※聴力の状態によっては別途イヤモールド代が必要です
  • ※リモコンをご使用になりたい場合は別途リモコン代が必要です
  • ※価格は2017年9月現在

まとめ

毎日テレビを観るのを楽しみのひとつにされている方はたくさんいらっしゃるかと思います。難聴の方は補聴器をつけて視聴されていることが多いと思いますが、人によっては補聴器をしていてもよく聞こえないということもございます。

今回ご紹介したPURE13BTはそんな方のためにテレビを少しでも楽しめるようにつくられた補聴器です。試聴体験実施中ですので、気になった方はお近くの関東補聴器までお気軽にご相談ください。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちらへ>

店

補聴器購入に口コミランキング参考になるの?【これは知っててほしい!】

補聴器 クチコミランキング

補聴器 クチコミランキング

補聴器購入に口コミランキング参考になるのって質問されたことがありますが、全く参考になりませんよ。
なぜなら、補聴器はしっかり調整されてはじめて機能しますから、ある特定の商品だけがナンバーワンになるなんてことはありえませんよね。
最高級機種でも調整も合っていなく、耳の形状にも合っていないものは無用の長物になってしまうわけです。

補聴器をランキングで選んではダメ

補聴器 クチコミランキング確かに、人気のある補聴器の機種や使いやすくて好評の補聴器の機種もあります。
しかしながらその補聴器は、全て補聴器の専門家があなたの聴力状態や耳の形状に合わせ「調整」を施してあることが絶対条件なのです。
口コミランキングなどを参考にして安易に購入してはいけませんよ。

難聴に合わせる補聴器

難聴の程度も様々です。
難聴の程度の重い高度難聴の方に軽度難聴用の補聴器を装用させてもパワーが弱くてよく聞こえません。
逆に軽度難聴の方にハイパワーの高度難聴用補聴器を装用したら音量が大きすぎて耳を痛めてしまいますよ。

難聴の種類によっても選択が異なる補聴器

難聴の種類には大きく分けて伝音性難聴と感音性難聴があります。
難聴の種類によっても補聴器の形状や出力(パワー)や機能設定が違いますのであなたが、どのような難聴の種類なのか、難聴の程度はどの程度なのかをしっかり把握しておく必要があります。

補聴器専門家に相談しましょう

上記で記したように、口コミランキングで評判の補聴器があなたにとって最適とは限りません。
むしろ、評判とは逆の評価になることのほうが多いとおもいます。
しっかりとした補聴器専門店で相談をしてあなたの耳にしっかりとあった補聴器を提案してもらい、納得した上で購入をしてくださいね。

失敗しやすいネット購入や通信販売

補聴器はあなたに「合わせる」という作業が最も重要ですから、対面販売が基本です。
補聴器は、購入自体よりもその後の調整がとても大切です。
調整しだいで補聴器の聞こえ自体が良くも悪くもなってしまうからです。
信頼できる補聴器専門店で相談・購入をおすすめします。

<補聴器のネット通販について詳しくはこちら>

補聴器購入の際は必ず試聴を

補聴器は目で見ただけ、説明を聞いただけではわからないことがたくさんあります。
実際にあなたの耳で補聴器を試聴し、音量や音質・機能設定の違いなどを確認しましょう。
そして、あなたにとってどのようなタイプが使いやすく向いているのか提案してもらいましょうね。
価格だけで選んだり、評判だけで選ぶのは一番危険です。

<補聴器の試聴について詳しくはこちら>

補聴器専門店の人気ランキングはちがう

補聴器専門店である当社、関東補聴器で公開している人気ランキングは、我々補聴器専門家が皆さまに的確にフィッティングした補聴器をお使いいただいている方から頂いた声をランキングしています。
機能面・操作面・価格など総合的に評価していただいた結果です。

2017年新春補聴器キャンペーン 特典 お得
補聴器選びに口コミランキングを参考にしている方は、失敗する恐れがありますよ。
補聴器は、難聴の程度にキッチリと調整したもので初めて聞こえが良くなるものですから、いろいろな難聴の程度が存在する中で、ある1つの商品がナンバーワンになることはありえません。
それを理解していただけると解決も早いと思います。

関東補聴器全店では、難聴の相談はもちろん最新補聴器の無料試聴体験を随時受付けていますので気軽に相談してくださいね。

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

充電式補聴器 おすすめ 評判 話題 人気