補聴器購入に口コミランキング参考になるの?【これは知っててほしい!】

補聴器 クチコミランキング

補聴器 クチコミランキング

補聴器購入に口コミランキング参考になるのって質問されたことがありますが、全く参考になりませんよ。
なぜなら、補聴器はしっかり調整されてはじめて機能しますから、ある特定の商品だけがナンバーワンになるなんてことはありえませんよね。
最高級機種でも調整も合っていなく、耳の形状にも合っていないものは無用の長物になってしまうわけです。

補聴器をランキングで選んではダメ

補聴器 クチコミランキング確かに、人気のある補聴器の機種や使いやすくて好評の補聴器の機種もあります。
しかしながらその補聴器は、全て補聴器の専門家があなたの聴力状態や耳の形状に合わせ「調整」を施してあることが絶対条件なのです。
口コミランキングなどを参考にして安易に購入してはいけませんよ。

難聴に合わせる補聴器

難聴の程度も様々です。
難聴の程度の重い高度難聴の方に軽度難聴用の補聴器を装用させてもパワーが弱くてよく聞こえません。
逆に軽度難聴の方にハイパワーの高度難聴用補聴器を装用したら音量が大きすぎて耳を痛めてしまいますよ。

難聴の種類によっても選択が異なる補聴器

難聴の種類には大きく分けて伝音性難聴と感音性難聴があります。
難聴の種類によっても補聴器の形状や出力(パワー)や機能設定が違いますのであなたが、どのような難聴の種類なのか、難聴の程度はどの程度なのかをしっかり把握しておく必要があります。

補聴器専門家に相談しましょう

上記で記したように、口コミランキングで評判の補聴器があなたにとって最適とは限りません。
むしろ、評判とは逆の評価になることのほうが多いとおもいます。
しっかりとした補聴器専門店で相談をしてあなたの耳にしっかりとあった補聴器を提案してもらい、納得した上で購入をしてくださいね。

失敗しやすいネット購入や通信販売

補聴器はあなたに「合わせる」という作業が最も重要ですから、対面販売が基本です。
補聴器は、購入自体よりもその後の調整がとても大切です。
調整しだいで補聴器の聞こえ自体が良くも悪くもなってしまうからです。
信頼できる補聴器専門店で相談・購入をおすすめします。

<補聴器のネット通販について詳しくはこちら>

補聴器購入の際は必ず試聴を

補聴器は目で見ただけ、説明を聞いただけではわからないことがたくさんあります。
実際にあなたの耳で補聴器を試聴し、音量や音質・機能設定の違いなどを確認しましょう。
そして、あなたにとってどのようなタイプが使いやすく向いているのか提案してもらいましょうね。
価格だけで選んだり、評判だけで選ぶのは一番危険です。

<補聴器の試聴について詳しくはこちら>

補聴器専門店の人気ランキングはちがう

補聴器専門店である当社、関東補聴器で公開している人気ランキングは、我々補聴器専門家が皆さまに的確にフィッティングした補聴器をお使いいただいている方から頂いた声をランキングしています。
機能面・操作面・価格など総合的に評価していただいた結果です。

2017年新春補聴器キャンペーン 特典 お得
補聴器選びに口コミランキングを参考にしている方は、失敗する恐れがありますよ。
補聴器は、難聴の程度にキッチリと調整したもので初めて聞こえが良くなるものですから、いろいろな難聴の程度が存在する中で、ある1つの商品がナンバーワンになることはありえません。
それを理解していただけると解決も早いと思います。

関東補聴器全店では、難聴の相談はもちろん最新補聴器の無料試聴体験を随時受付けていますので気軽に相談してくださいね。

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

充電式補聴器 おすすめ 評判 話題 人気

補聴器の補助金制度として介護保険は使えないか質問ありました

補聴器補助金制度 介護保険

補聴器補助金制度 介護保険

補聴器の補助金制度として介護保険は使えないか南房総館山の方から補聴器専門店の関東補聴器館山店に質問ありました。
介護保険は介護用品に適用され、医療機器の補聴器には適用されません。
そのほかの補助金制度についてもご紹介しましょう。

補聴器は医療機器

介護保険は介護用品に適用されるとお伝えしましたが、補聴器は介護用品ではなく「医療機器」になります。
高齢者の方で介護用品を購入・使用されている方で老人性難聴のため聞こえにお悩みの方もいると思います。
しかし、補聴器は医療機器のため「介護」ではなく「聴覚の身体障害者手帳」を交付されている方に補助制度があるのです。

医療機器の補聴器販売は許認可が必要

補聴器補助金制度 介護保険補聴器は医療機器のため販売するには許認可が必要となりますので、許認可がない店などでの販売は違反となりますので注意が必要です。
特に、インターネットを使った中古品の販売やネットオークションは注意が必要ですからね。
補聴器使用者の方が新しい補聴器に買換えたので古い補聴器をオークションに出品しようとした場合、許認可がなければアウトですから。

介護保険以外の補助制度

補聴器購入に介護保険は使えませんが、先に述べたように「聴覚の身体障害者手帳」を交付されている方には障害等級に応じて「補聴器の交付」を申請することができます。
購入費補助金制度か補聴器の現物支給なのか自治体によって対応が異なります。
お住まいの自治体によって手続き方法が若干違いますので各自治体に問い合わせが必要です。
お問い合わせいただいた、南房総館山地区は補聴器の現物支給交付が基本となっています。

<聴覚障害者手帳による補聴器交付手続き詳しくはこちら>

補聴器の購入には試聴が必要

補聴器を購入するには、必ず試聴が必要です。
試聴をしてどのように聞こえるのか、装用感はどうなのか、どのような種類(タイプ)が使いやすいのかなどなど説明だけではわからないことがありますので、試してみることが必要ですから。

<補聴器の試聴について詳しくはこちら>

介護を受けている方は自宅までの出張訪問可能

介護保険を利用されている方は、介護を受けている方が多いと思いますが関東補聴器では自宅や入所の施設までの補聴器出張訪問サービスを行っていますのでぜひご利用ください。
最寄の店まで出向くことなく、我々補聴器専門店の専門スタッフが直接お伺いしますので安心ですよね。

<出張訪問サービス詳しくはこちら>

老人性難聴 補聴器 助成金補助金 茨城 水戸

補聴器は購入後が重要なんです

補聴器は、購入して終わりではありません。
購入後、数日して慣れてきてから音量・音質を再調整したり、耳への取り付け方法の指導・確認、故障予防のメンテナンスや不具合の解消など補聴器専門家と一緒になって補聴器生活を送っていくことが必要になりますから、販売店選びは最も重要な事柄です。
専門性がない店や販売員、知識・技術のないところでの購入は失敗の元になりますので注意してください。


補聴器の補助金制度として介護保険は使えないか質問ありましたが、結論から言うと使えません。
その理由は、介護保険は介護用品に適用され、医療機器の補聴器には適用されません。
補聴器の交付制度など各自治体単位の補助制度もあるようですから、関東補聴器各店にお問い合わせください。
詳しく、お住まい自治体の手続きも含めお伝えいたします。

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

耳穴式補聴器 専門店 耳型採取

中古の補聴器の調整や修理について

中古補聴器 調整 修理

中古補聴器 調整 修理

中古の補聴器は調整や修理ができない可能性もあります。調整や修理ができない補聴器はとても危険ですから中古の補聴器を使用するのは難しいことをご理解ください。
ネットなどで購入を検討している方は、まず補聴器専門店に相談してからにしましょう。

補聴器は調整しないと使用できない

中古補聴器 調整 修理補聴器は使用する方の聴力の状態に調整を合わせなければ使えません。軽い難聴の方に大きすぎる音量調整ではうるさくてかえって耳を傷めます。逆にかなり難聴の方に軽度難聴用の補聴器をしても音量が少なすぎて聞こえてきませんからね。

 

中古の補聴器は調整ができないかも

中古補聴器 調整 修理現在の補聴器はデジタル補聴器になっています。

コンピューターと補聴器を接続して細かく調整を合わせていく品がほとんどです。

デジタル補聴器を調整するため必要なもの

 製造メーカーの調整専用ソフト
 補聴器とパソコンを接続する専用機器
 補聴器を調整するための聴力図
 音合わせや調整に必要な知識・技術
製造メーカーの調整専用ソフト

補聴器を調整するためには、その補聴器の製造メーカーから提供されている専用ソフトが必要になります。メーカーによって全て違いますので各々のメーカーのソフトがないといけません。
また、ソフトにもバージョンがありますのでその補聴器にあったバージョンのソフトでなければダメですね。

補聴器とパソコンを接続する専用機器

補聴器とパソコンを接続するために専用のコードや専用のワイヤレス接続器が必要です。ソフト同様、専用の接続コードや専用機器でないと接続できません。接続できなければ調整はできないことになります。

補聴器を調整するための聴力図

そもそも使用する方の聴力がわからなければ調整はもちろん補聴器を合わせることはできません。補聴器専門店で補聴器を調整するための聴力測定を行い、測定結果に基づいてコンピューターを使って調整していきます。

音合わせや調整に必要な知識・技術

最も重要なのが調整のための知識・技術です。上記3つが揃っていても調整する補聴器技能者の知識や技術がない場合はしっかりとした調整をすることができませんので豊富な知識と確かな技術がある補聴器専門店を選びましょう。

中古補聴器の修理について

中古補聴器 調整 修理補聴器は医療機器の中の管理医療機器に分類されており薬事法という法律の下管理されています。
補聴器メーカーでの部品の保持義務は販売終了後6年間となっています。よって販売終了後6年以上経過している補聴器は故障の際、部品がなく修理できない可能性があります。
なので、中古補聴器は手にしても不具合が出てた場合、修理ができないことが多々ありますから注意が必要です。

補聴器は対面販売が絶対条件

中古補聴器 調整 修理中古の補聴器をネットなどで購入するのはとても危険です。
必ず、補聴器専門店に相談し誤解のない様しっかり説明を聞いて自分に合った補聴器を使用しましょう。
中古品は安いと思っている方もいますが補聴器専門店で相談すればもっと安価で新品の補聴器が手に入るかもしれません。しかもしっかり調整もしてくれ、その後のアフターメンテナンスも行ってくれるでしょう。

関東補聴では各種メーカーの補聴器を多数取り揃えています。
価格・デザイン・機能など何でもご相談ください。
全店に在籍している「認定補聴器技能者」をはじめ補聴器専門アドバイザーがお応えいたします。

*関東補聴器の問い合わせはこちら

中古補聴器 調整 修理

鹿島市の方から相談で簡易補聴器の新聞広告で購入は大丈夫ですか

補聴器 通販

補聴器 通販
簡易補聴器の新聞広告を見て購入を検討中の鹿島市在住者からの相談です。購入前に補聴器専門店で相談することを強くおすすめします。
新聞や雑誌の広告には優れた機能や長所を宣伝していますが長所ともに必ず短所もあることを忘れてはいけません。

通信販売の宣伝はいいことづくめ

補聴器 通販通信販売では、告知宣伝は一番重要ですよね。文字による宣伝ですから長所を並べて宣伝しないと販売に結びつくことはないですからね。

 

長所があれば短所もあるはず

補聴器 通販

長所や優れた機能ばかりに目が行きがちですが、必ず長所があれば短所もあるはずです。しかし、短所を宣伝することはしませんよね。

補聴器は人による対面販売が基本

補聴器は原則、対面販売が望ましい販売形態です。なぜ対面販売が望ましいのか詳しく説明しましょう。

 耳の状態をよく判断する必要がある
 補聴器は聴力の程度によって選定が必要
 耳の穴の形も人それぞれ
 補聴器には調整や設定も必要

耳の状態をよく判断する必要がある

補聴器 通販聞こえが悪くなってきたから補聴器の購入を検討していると思うのですが、もしかしたら何か疾患があるのかもしれません。自分で自分の耳を覗き込むことは不可能です。医療機関で診察してもらう必要があるかもしれませんよ。

右耳に使用するのか左耳に使用するのか

どちらの耳に補聴器を使用するのか、どちらの耳に使用したほうが効果が大きく出るのか客観的測定データーなしでは判断できませんよね。

補聴器は聴力の程度によって選定が必要

メガネも視力によってレンズが異なるように補聴器も聴力の程度によって補聴器が違ってきます。聴力の程度もわからずに新聞広告の補聴器があなたの聴力に偶然合う確率は非常に低いと思われます。

補聴器 通販

耳の穴の形も人それぞれ

耳の穴の形は大きな人もいれば小さな人もいます。自分で耳の穴に合わせるのはなかなか難しいですよね。S・M・Lのゴムチップが付属で付いているものもあるようですが、耳の穴は大きさだけではなく「向き」もあるのです。

耳の穴の向きが重要なポイント

補聴器 通販耳の穴は上向きの人や下向きの人、曲がっている人まっすぐな人…十人十色です。耳の穴の向きにしっかり合っていなければ出音口がしっかり固定されず補聴器も機能しませんね。

 

耳型採取をしてオーダーメイド作成

あなたの耳型を採取して、「入れ歯」と同様しっかり耳穴に合わせて補聴器を作製するのが最も望ましい状態です。

*耳型採取についてはこちら

補聴器 通販

*オーダーメイド補聴器についてはこちら

補聴器には調整や設定も必要

補聴器 通販使用される方の生活スタイルや音環境により、音量や音質・雑音抑制やハウリング抑制などなど細かく調整や設定をしないといけません。専門的な知識や高度な技術が必要になります。

*補聴器の調整についてはこちら

 

どうでしょうか?通信販売では、自分に合った補聴器を見つけることが難しいということです。
補聴器専門店にしっかり相談し、価格・機能・デザインなど数ある補聴器の中から自分にピッタリの補聴器を見つけてください。

関東補聴器 全店でもあなたの補聴器選びを全力でお手伝いいたします。

*関東補聴器のお問い合わせはこちら

補聴器 通販

館山店で質問があった補聴器の通信販売はどうなのって

補聴器 通信販売 館山

補聴器 通信販売 館山
関東補聴器 館山店で質問されたそうですが、補聴器も新聞・雑誌・TVなどで通信販売に出ていますがどうなの?って。

はっきり言って満足している人はほとんどいません。
なぜ、ほとんどの方が満足できないのか解説しましょう。

難聴の程度に合わせた補聴器が必須条件

補聴器は、使用する方の難聴の程度がわからなければどれがいいのか選ぶこともできません。
洋服にもS・M・Lとサイズがあり自分の体系に合っているものでないといけません。補聴器 通信販売 館山
メガネも視力によってどのレンズが最適か選ぶ必要があります。
補聴器の選定には難聴の程度が必要になるのは当然ですね。

*補聴器の選び方についてはこちら

音の高低(高音低音)のバランスを矯正

難聴の程度がわかったら、今度は低音・高音がどのくらい聞こえづらいのか、どのくらいバランスが崩れているのかを調べて補聴器の低音・高音を調整しなければなりません。

補聴器 通信販売 館山

*補聴器の調整についてはこちら

右耳と左耳で効果が違うことも

補聴器 通信販売 館山右耳と左耳の聞こえの状態によって、どちらの耳に補聴器を使用するべきか通信販売では教えてくれません。
どちらの耳に使用するべきなのかを間違えては、効果がないケースや思わぬ失敗につながることもあります。

*補聴器の両耳装用についてはこちら

耳の穴の形は十人十色

耳の穴の形は、大きい方もいれば小さい方もいます。上向き加減・下向き加減・曲がっている方・まっすぐな方…。耳の穴の形を自分で見ることはできません。
自分で確認できませんから通信販売の商品で耳の穴にあわせるのは不可能です。

 

補聴器 通信販売 館山

本来は、耳型採取をしてあなたの耳の形にピッタリ合わせます。

入れ歯と同様、きっちり・しっかり合わせれば問題ありませんからね。

*耳型採取についてはこちら

一流メーカーの名前なども関係なし

どんなメーカーの補聴器であっても自分にあってないものは、効果がありません。メーカーが一流ならば、通信販売でも勝手に耳に「合ってくれる」なんてことはありません。補聴器 通信販売 館山
むしろ、一流メーカーはしっかりと責任を果たしてくれますのでそもそも通信販売はしませんね。

 

 

価格は安いが結局高い買い物になる

価格が手ごろなので試したが、効果が実感できなかったり、うまく使用できなかったり、すぐ故障したり…満足して上手に使用している方はいるのでしょうか?

補聴器専門店でしっかり相談

補聴器も幅広い価格設定で用意してあります。
補聴器専門店に相談すれば、あなたの耳をしっかり測定して、あなたの耳の状態、生活スタイルに合わせた使いやすさ、ご希望の予算など柔軟に対応してくれます。

補聴器 通信販売 館山

補聴器は普通の商品と違います

補聴器は普通の商品と違いとても特殊なものですので、しっかりとした補聴器専門店で相談し、失敗のない補聴器選びをして笑顔が増える素敵な生活をしていきたいものですね。

補聴器 通信販売 館山

関東補聴器 館山店で質問があった通信販売の補聴器についてですが、満足して上手に使っている人はほとんどいないようです。
補聴器専門スタッフにしっかり相談して、あなたにあった補聴器を選んでください。

関東補聴器 各店でも随時、聞こえや補聴器の相談、最新補聴器の試聴体験なども行っていますので気軽に相談してみてください。

*関東補聴器の問い合わせはこちら