補聴器の修理はどんな症状の時なのか?【故障の症状と原因を解説】

補聴器 修理 故障 症状 修理代

補聴器 修理 故障 症状 修理代

補聴器が故障しているのか、していないのか、故障の場合はどのような症状になるのか不安な方もいるかと思います。
困った時は、補聴器専門店に診てもらい対処するのが間違いありませんがよくある症状などを紹介します。
このような症状がある場合は、故障と考えられます。メーカー修理が必要になる場合がほとんどです。
故障の原因も紹介しますので対策を検討しましょうね。

補聴器の故障は修理可能です

補聴器が故障してしまったときは、補聴器店にお持ちいただければ修理することが可能です。
内部の部品交換が必要の場合などメーカー修理となりますので数日間お預かりとなりますが、故障したら終わりというわけではなく、故障の場合はしっかり対応できるので補聴器専門店にご相談ください。

どのような症状がでますか

補聴器の故障といってもどのような症状が考えられるのでしょうか?
よくある症状をご紹介いたします。

 電池を交換しても全く音がしない
 聞こえてはいるが音が小さくわかりずらい
 音が聞こえたり止まったりを繰り返す
 ザーザーと雑音だけで音声が聞こえず

このような症状がある場合、故障が疑われますので補聴器専門店へお問い合わせください。

症状別の原因予想

上記のような症状でも故障ではない場合もありますので、原因を予想します。

 電池を交換しても全く音がしない

音が出てくる出音口に耳アカや湿気が詰まってしまっていることが予想されます。また音の入り口=マイクにゴミや湿気が詰まり遮音されてしまうこともありますが、どちらも補聴器専門店にて解決できる可能性が高いので補聴器店にお問い合わせください。

 聞こえてはいるが音が小さくわかりずらい

上記に記した原因とほぼ同じですが、完全に耳アカや湿気・ゴミが詰まったわけではなく7~8割詰まってしまったため聞こえ方が悪くなっていると考えられます。同じく補聴器専門店でのメンテナンスで改善する可能性が高いと思います。
電池の残量が少なくなり電圧が下がることにより音弱になっている可能性もありますので新しい電池に交換してみましょう。

 音が聞こえたり止まったりを繰り返す

電池の接点がサビや汚れによりしっかり接触していないため通電したり断電したりしている可能性があります。電池ケースの接点の修正やサビとりなどで改善することがあります。
しかしこの症状は、最も多い故障症状でメーカー修理の可能性が高いと考えられます。

 ザーザーと雑音だけで音声が聞こえず

汗や湿気が音の入り口=マイクに付着したことで起こることがあります。水分を良くふき取り乾燥ケースなどでしっかり乾燥させると症状が回復することがあります。
また、電池残量がなくなる寸前の時に起こることもあり、新しい電池に交換することで復活することがあります。
しかしこの症状も故障症状としては多く、メーカー修理になる可能性が高いと思われます。

メーカー修理になった場合

メーカー修理になった場合は、数日間の修理期間になります。
保証期間が過ぎていたり、保証対象外になってしまった場合は修理代金が発生します。
症状別にどのような部品交換が行われるか予想してみましょう。

 電池を交換しても全く音がしない

この症状でメーカー修理になった場合は、以下の部品交換が考えられます。

・アンプ(IC)交換
・レシーバー交換
・マイク交換

この3つの部品交換が有力ですが、3つ全て交換になる可能性もありますが…。

アンプ(IC)交換になった場合は、かなり高額な修理代金になります。
補聴器の心臓部分であるアンプ(IC)の場合は4~6万円ほどの修理代金になることがあります。
レシーバーやマイクの交換は、各15,000円程度が多いようですが両方交換となるとかなり高額になることが予想されます。

 聞こえてはいるが音が小さくわかりずらい

上記の症状の場合は、メーカー修理時には以下の部品交換が予想されます。

・レシーバー交換
・マイク交換

レシーバー(スピーカー)に出力低下やマイクの感度低下があった場合は、交換が必要となり両方交換が必要の場合もありますので2つの部品交換が同時になると修理代金が高額になることがあります。各部品ごと約15,000円程度が多いようです。

 音が聞こえたり止まったりを繰り返す

この症状は、接触不良と思われますので単一部品だけではなく部品をつなぐリード線腐食も考えられます。
また複数の部品が関係していることもあり簡単に改善するケースと複数部品交換になる場合とがあります。

・電池接点交換
・スイッチ交換
・リード線半田修正

リード線修正などの軽いものならば修理代が高額になることはありませんが、複数部品の劣化や腐食による部品交換の場合、修理代が高額になる場合もあります。

メーカー修理の場合は修理見積

メーカー修理になった場合は、修理見積をとりましょう。そして修理代と使用期間などを考慮して修理を進めるか買換えをするのかを決めていくとよいでしょう。
補聴器の対応年数は、およそ5年が目安といわれていますので年数が経過している補聴器を高額で修理してもまたすぐ故障が発生するかもしれません。
あくまで故障していた部品は新品に交換されますが、その他の部品は古いままですので・・・。
修理見積をとることで料金が発生することはありませんので修理見積が出た段階で補聴器専門店の意見も参考にしながら決定してくださいね。

一律修理代金制度

近年のメーカー修理では、修理代金の負担を少なくするためとお渡し納期を短くするために各メーカーにて独自の一律修理システムがあります。
購入後、2年間は無料保証が付いていて3年目からは一律数万円4年目からは数万円・・・などといった内容です。
見積もりを取る必要がないのでその場で修理代金がわかることと、見積もりを出す手間がかからないため修理品完成納期が2日程度短くなる効果があります。
各メーカーや購入機種によって細分化していますので購入した補聴器専門店に問い合わせてみてください。
各メーカーの一律修理の内容を紹介しておきましょう。(2018年6月現在)

シーメンスシグニア

補聴器メーカー シーメンスシグニア

補聴器 修理 故障 症状 修理代

補聴器 修理 故障 症状 修理代

購入後2年間は保証期間(1年の機種もあり)
任意のオーバーホールはすべて6000円かかります。
おおまかに購入後3~5年は24000円程度(外観の破損等あれば8000円追加)
購入後5年以上は40000円程度(外観の破損等あれば12000円追加)

リサウンド

GNリサウンド

補聴器 修理 故障 症状 修理代

購入後2年間は保証期間(1年の機種もあり)
購入後3年目は20000円、4年目は40000円上限金額

フォナック

補聴器メーカー フォナック

補聴器 修理 故障 症状 修理代

購入補聴器のグレードにより保証の厚みが違いますがおおむね購入後2年間は保証期間。
購入後3年目は20000円まで、4年目は40000円までの上限金額

故障予防のために

補聴器が故障してしまった場合は、修理代金も負担になりますし修理に預けている期間は補聴器なし生活のため不便を強いられます。
そうならないためには、予防しておくことが大切です。
故障予防について心がけていただきたいことは以下の2点です。

定期的に補聴器専門店でメンテナンスを受ける
ご使用後は専用の乾燥ケースにて十分に乾燥する

この2点は基本ですのでしっかりと守りましょう。

定期的に補聴器専門店でメンテナンスを受ける

補聴器専門店では、専用の機器を使用してお使いの補聴器をメンテナンスしてくれます。故障の大きな原因は汗や湿気・汚れなどが多いのです。
ご自分でクリーニングするのにも限界があります。専門店ならば特殊な機器や道具でメンテナンスでき故障予防することができます。

ご使用後は専用の乾燥ケースにて十分に乾燥する

夏場や屋外作業の多い方は汗や汚れに影響を受けることが多いので強力な乾燥機で乾燥すると安心です。
補聴器用電気乾燥機など補聴器専門店で取扱いがありますので上手に利用し水分から補聴器を守りましょう。

<電気乾燥機D-Dryについて詳しくはこちら>

補聴器の修理についてまとめ

補聴器の故障には様々な症状が出ることがあります。
症状によっては、内部部品を交換するメーカー修理になる場合がありますので注意が必要です。
メーカーによって補聴器の故障に関する保証やサービスがありますので補聴器専門店に気軽にお問い合わせください。

また、故障しないためには日々のお手入れやメンテナンスが欠かせません。
補聴器専門店にて定期的な補聴器のメンテナンスやクリーニングを強くおすすめします。

補聴器 修理 故障 症状 修理代

関東補聴器ではお買い求めいただいた補聴器に関しまして全てカルテでキッチリと管理しています。
購入日や調整記録、不具合の内容など皆さまの補聴器はすべて私どもでしっかりカルテ管理しておりますので安心です。
定期的なメンテナンスのお知らせハガキや自宅訪問サービスなども行っていますので故障のリスクに備えていただけます。
補聴器の修理や不具合など気軽にお問い合わせください。

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

各店舗

補聴器を紛失したら無償提供してもらえる保証のついた補聴器があります【うっかりさんに朗報!】

プレミアム

せっかく補聴器を購入したのにすぐに紛失してしまったり、紛失が心配で購入に踏み切れないということはありませんか?そんな場合に備えて、紛失したら同じものを無償提供してもらえる保証のついた補聴器がありますのでご紹介します。これから補聴器を購入しようと思っているけどなくしてしまわないか心配という方は、紛失保証のついた補聴器なら万が一のときに安心ですね。

GNリサウンド社のプレミアム保証

補聴器は小さいものですので、ポケットに入れておいたら落としてしまった、テーブルに置いたはずなのになくなってしまった等、紛失してしまう方もいらっしゃいます。耳からはずしたら必ずケースにしまうという習慣にしていただくとよいのですが、急いでいてついうっかり…ということもあるかもしれません。とくに1日のうちに補聴器をつけたりはずしたりを頻繁に行う場合は注意しなければいけません。デンマークの補聴器メーカー・GNリサウンドの補聴器には、そんな方のために紛失保証もついたプレミアム保証というものがあります。プレミアム保証

紛失・破損保証

・紛失やユーザー様の過失による損傷が対象
・最初の1回または2回に限り無償にて新品提供、または修理対応
・お買い上げ日より2年間または1年間(機種により異なる)以内が対象

紛失またはお使いのお客様の過失による損傷の場合、購入日から2年間または1年間に限り、無料で同じ補聴器が提供してもらえます。ただし2回または1回のみとなります。また、提供後に紛失した補聴器が見つかった場合は返却が必要となります。

 ずっと再作保証

オーダーメイド補聴器のシェルが耳に合わなくなった場合は再作を何度でも無償にて行います

体型の変化により耳の形も変わります。ゆるくなったり、きつくなったりして補聴器の型が耳に合わなくなることがあります。そのようなときは何度でも周りの耳型を無償で作り直すことができます。

うっかり

保証をうけるには

実際に紛失保証をうける際には必ず警察に届け出をして「遺失届証明書」というものを発行してもらいます。そして補聴器販売店にこの「遺失届証明書」と「補聴器の保証書」をお持ちになると手続きをすることができます。

遺失届証明書とは

落し物をしたときや、どこかに物を置き忘れたときに警察に届けでるものです。次のような場合は受理されませんのでご注意ください。

 自宅内でなくした物
 自分で捨てた物
 盗まれた物
 人にあげた物
 国外でなくした物

プレミアム保証対象機種

GNロゴ

主な対象機種
  • リンクスクアトロ  9/7/5シリーズ
  • リンクス3D  9/7/5シリーズ
  • エンツォ  9/7/5シリーズ
  • エンヤ  4/3シリーズ

補聴器 価格の違い 値段

実際に保証制度を利用したお客様

千葉県鋸南町にお住まいのS様(79歳・男性)

体調が悪くなり入院をした際に、検査があったため補聴器をはずしていたところ紛失。あわてて病院内を探したが見つからなかったため、プレミアム保証での再作を申請。「補聴器は高価なので、このような手厚い保証はとても助かりました」とご本人からの感想をいただきました。保証書

まとめ

補聴器を使用しているとどこかに置き忘れてしまったり、ポケットに入れておいたら落としてしまったりと、うっかり紛失してしまった経験をお持ちの方もいらっしゃると思います。とくに初めて補聴器をお使いになる方は耳への装用にも慣れていませんので、しっかり耳に入れたつもりがちゃんと装用できておらず落としてしまうことも稀にございます。

GNリサウンドのプレミアム保証なら購入後2年以内(機種により1年以内)でしたら、2回(機種により1回)に限り紛失時にサポートしてくれる安心な制度になっております。補聴器を紛失しそうで心配な方、過去になくしてしまった経験のある方は紛失保証のついた補聴器を検討されてみてはいかがでしょうか。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちら>

店

 

補聴器の不具合や修理の保証期間について

補聴器 不具合 修理 保証期間 保険

補聴器 不具合 修理 保証期間 保険

補聴器には、メーカー保証というものがあります。補聴器が故障してしまいメーカーで修理を行ってても保証期間内であれば無償で修理できます。その補聴器の保証期間については、お求めいただいた補聴器の種類によって違います。

メーカーによって、また機種によって保証内容や保証期間も違いますので補聴器専門店におたずねください。

補聴器の故障はきちんと修理可能です

補聴器 不具合 修理 保証期間 保険補聴器は不具合や故障があってもメーカーできちんと修理できることになっています。
故障したら終わりではなく、長く大切に使用できるようになっています。
まず、故障や不具合を予防するために補聴器専門店で定期的にメンテナンスを受けることが大切です。

補聴器の修理に伴う保証

お求めになった補聴器にはきちんとした保証が付いていますので保証期間と保証内容を理解しておくことも必要ですね。
そんな保証期間や保証内容についてもご自分で調べたりするのは大変ですので補聴器専門店に聞いていただけたらすぐに解決できますのでお気軽にご相談ください。

補聴器 修理 不具合 保証期間

 

保証期間はどのくらい

一般的に一番多い保証期間はどこのメーカーでも購入後2年間保証が多いですね。中には保証期間が3年間の長期間保証の機種もあります。そのような機種は価格が高い機種が多いのですが・・・。逆に保証期間が1年間の機種もあります。そのような機種は低価格の補聴器が多いようです。

故障の場合と紛失の場合は異なります

補聴器 不具合 修理 保証期間 保険故障の場合と紛失の場合は異なりますので混同しないようにしましょう。
紛失してしまった時は紛失保証がついているものであれば保証されますが全ての機種に紛失保証がついているわけではありません。むしろほとんどの機種には紛失保証がついていませんので紛失だけは十分に注意してください。

紛失保証がついているのは高額機種が多く手厚い保証内容も価格に含まれているというわけです。

保証期間が過ぎても安心の対応

補聴器 不具合 修理 保証期間 保険また、全てのメーカーが、保証期間が過ぎたその後も修理については対応してくれます。。
たとえば、保証期間終了後、修理代金が一律に設定されていて、設定されている金額以上はかからないというものです。
内部の部品交換は、複数の部品を交換すると修理代がとても高くなることがありますが、一律価格ですと設定されている価格以上になることはありませんのでお得ですよね。

 

メーカーや機種で一律修理価格は多種多様です

メーカーによって一律修理価格の設定価格が違いますので、あなたがお使いの補聴器メーカーが何なのか確認が必要です。補聴器専門店でお求めになった補聴器であれば購入店でしっかり管理してくれていますのでお問い合わせください。

オーダーメイド耳穴型補聴器の場合

また、オーダーメイドで作成した耳穴式補聴器は装用感がきつい、ゆるい、とかいろいろありますので故障ではなく作り直し(再作)や修正が起こる場合もあります。そのときも保証が別に用意されています。

補聴器 不具合 修理 保証期間 保険

これもメーカーや機種によってかなり違いがありますが、作成後3ヶ月間は作り直し(再作)は無料という保証もあれば修理保証期間に作り直し(再作)も修理保証に含めているメーカー&機種もあります。

<オーダーメイド耳穴型補聴器詳しくはこちら>

補聴器の保証期間のまとめ

補聴器の故障や不具合には全てのメーカーが保証期間を設けていますので安心です。
保証期間の長さについては、メーカーや購入した機種、また購入した販売店によって異なりますので、購入前によく確認し、説明を受けてくださいね。
補聴器専門店では故障や不具合防止のため定期的に補聴器のメンテナンスを行っています。
定期的にお掃除やメンテナンスを行い快適に補聴器を使えるようにしましょうね。
しかし、もし補聴器が故障や不具合が起こったときは補聴器専門店にお願いしてください。
お使いの補聴器メーカーや機種によって保証内容が違う場合があります。
しっかりと信頼のおける補聴器専門店ならばあなたの補聴器に関して全てしっかり管理してくれているはずですから、修理についてもきちんと対応してくれるはずです。

補聴器カルテの作成

我々、関東補聴器ではあなたの補聴器1台1台に補聴器カルテを作成し、細かく管理しています。
もちろん保証期間や保証内容もすぐわかるようになっています。
数々の履歴も記載されていますので安心して補聴器をご使用していただける環境を整えています。
補聴器の保証期間や保証内容もいろいろですので疑問点は我々、関東補聴器にご質問ください。

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

補聴器 不具合 修理 保証期間 保険

補聴器購入は価格保証や自宅訪問サービス万全の専門店で

補聴器購入 価格 サービス 専門店

補聴器購入 価格 サービス 専門店
補聴器購入は価格保証や自宅訪問サービス万全の専門店、関東補聴器でおまかせください。
創業31年の歴史を強みに、数多くの経験を皆さまの補聴器生活に活かしています。
安心できる、皆様に寄り添ったきめ細かなサービスも充実しております。

関東補聴器が選ばれる理由

創業31年の歴史の中で関東補聴器が選ばれてきた理由があります。

 

補聴器購入 価格 サービス 専門店

ご自宅までの出張訪問サービス

高齢の方は自動車の運転や健康に不安がある方が多いので我々、関東補聴器では補聴器専門家が自宅や入所の施設に直接訪問する出張訪問サービスを創業当初より行っています。

<出張訪問サービス詳しくはこちら>

目に見えない補聴器の効果が見えます

補聴器を装着した場合どのくらいきこえが改善しているのか客観的に測定し、測定結果を皆さまと共有し効果を実感できます。キッチリとした測定や結果判断は多数の「経験」がなせることです。

紛失しても安心な当社独自の紛失保証

小さな補聴器は紛失が不安…。小さい補聴器は目が悪くなってきた高齢者には紛失の不安がありますが、そんな方の不安にお応えする当社独自の紛失保証なら安心できますね。

補聴器購入 価格 サービス 専門店

皆さまのきこえの悩みに向き合い31年。
補聴器のこと・耳のこと・きこえの全般的なトータルサポートを行っております。
どんなことでも関東補聴器に気軽にお問い合わせください。

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

補聴器の故障と修理保証について

補聴器 修理 故障 保証期間 

補聴器 修理 故障 保証期間 

補聴器の故障と修理保証についてですが、補聴器が故障した場合は製造メーカーで修理できます。故障したら終わりではなく修理が可能です。
当然、修理をすれば修理代がかかりますが、保証期間が付いていますので保証期間内であれば、修理代も保証されます。

補聴器の故障とは

補聴器の故障は、主に手入れ不足・メンテナンスや管理の不足で起こることがあります。
故障を予防するために購入した補聴器専門店で定期的に補聴器のクリーニングやメンテナンスを行ってください。

故障にはいろいろな症状があります

 まったく音がきこえなくなる断音
 音は聞こえるがザーザーなど異音が混じる
 聞こえたり止まったりの接触不良
 聞こえているが音量がわずかな感度不良

などなど…症状はいろいろです。

故障と思ってもメーカー修理なしで症状改善

故障と思って補聴器専門店に持っていったらその場で症状が改善するケースはたくさんあります。
補聴器 修理 故障 保証期間 関東補聴器でもよくあることですが、故障してると思ってお持ちいただいた補聴器が我々が処置しただけで復活したなんてこと実は、よくあるんです。
経験や知識が豊富な補聴器専門店ならば、メーカー修理に出さなくてもきちんと処置してくれて症状が改善することがあるかもしれませんよ。

メーカー修理は日にちが必要

メーカー修理になれば当然、日数がかかります。
ゴールデンウィーク・お盆休み・年末年始など大型連休などが重なればさらに「補聴器なし生活」=「聞こえない生活」が長くなってしまいます。

補聴器 修理 故障 保証期間 

補聴器なしでは生活が困難

補聴器なしでは生活が困難な方は、ぜひスペア(予備)の補聴器を検討してください。
改めて、予備の補聴器を購入するのは予算が必要になるので、こう考えたらいかがでしょう。

補聴器 修理 故障 保証期間 

補聴器を両耳使用にする

両耳使用した場合、両方の補聴器が同時に故障することは考えにくいです。
片耳故障してメーカー修理に出している期間は残りの片耳補聴器でなんとかしのぐことができると思います。

<補聴器の両耳使用についてはこちら>

4~5年経過したら故障しなくとも新調

補聴器の対応年数は4~5年いわれていますが、4~5年経過したら故障していなくとも新調を検討し今まで使用していた古い補聴器をスペア(予備)として利用する。

<補聴器の取替え時期についてはこちら>

ポケット型補聴器などの低価格の補聴器を持つ

ポケット型補聴器は価格的にもお求め安い品が多いようです。スペア(予備)として使用するほか補聴器を使用する環境や場面によって使い分けることもいいと思います。

<補聴器の価格についてはこちら>

補聴器の保証期間

補聴器 修理 故障 保証期間 購入した補聴器には保証期間が付いています。
保証期間中であれば、故障したときの修理代金は無償で対応できます。
購入する補聴器の機種やグレードによって保証の程度も違います。高性能高価格の補聴器は保証も手厚く、低価格の補聴器は保証も薄いケースがほとんどです。
補聴器専門店にしっかり相談&説明を受け失敗しない補聴器選びをしましょうね。

 

補聴器の修理や保証期間についても関東補聴器に気軽に相談ください。
不具合の補聴器をメーカー修理に出さなくともその場で改善することもあるかもしれません。、
創業30年以上の関東補聴器では経験・知識・技術を強みに補聴器の販売だけでなく不具合の改善、安心のアフターサービスで皆さまからお喜びの声をいただいています。

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

補聴器 修理 故障 保証期間 

補聴器の保証期間について

補聴器には、メーカー保証というものがあります。補聴器が故障してしまいメーカーで修理を行ってても保証期間内であれば無償で修理できます。その補聴器の保証期間については、お求めいただいた補聴器の種類によって違います。

 

メーカー補聴器 保証期間によって、また機種によって保証内容や保証期間も違いますので

我々、補聴器専門店におたずねください。

 

そんな保証期間や保証内容についてもご自分で調べたりするのは大変ですので補聴器専門店に聞いていただけたらすぐに解決できますのでお気軽にご相談ください。

 

一般的に一番多い保証期間はどこのメーカーでも購入後2年間保証が多いですね。中には保証期間が3年間の長期間保証の機種もあります。そのような機種は価格が高い機種が多いのですが・・・。逆に保証期間が1年間の機種もあります。そのような機種は低価格の補聴器が多いようです

紛失してしまった時は紛失保証がついているものであれば保証されますが全ての機種に紛失保証がついているわけではありません。むしろほとんどの機種には紛失保証がついていませんので紛失だけは十分に注意してください。

紛失保証がついているのは高額機種が多く手厚い保証内容も価格に含まれているというわけです。

補聴器 修理
また、ほとんどのメーカーが、保証期間が過ぎたその後も第二弾の保証をつけています。
たとえば、保証期間終了後1年間は修理代は2万円以上かからない一律保証。3万円とか4万円とか、かかってしまった修理も2万円以上は請求されません。もちろん2万円以下の修理はそれ以下での請求ですからすべて2万円ではなく請求される上限が2万円ですので安心してください。

第二弾の一律修理保証は保証期間終了後、1年間というメーカー&機種もあれば2年間というメーカー&機種もあり多種多様です。

また、オーダーメードで作成した耳穴式補聴器は装用感がきつい、ゆるい、とかいろいろありますので故障ではなく作り直し(再作)や修正が起こる場合もあります。そのときも保証が別に用意されています。

これもメーカーや機種によってかなり違いがありますが、作成後3ヶ月間は作り直し(再作)は無料という保証もあれば修理保証期間に作り直し(再作)も修理保証に含めているメーカー&機種もあります。

補聴器の保証期間や保証内容もいろいろですので疑問点は我々、関東補聴器にご質問ください。