防水補聴器を使えばプールもシャワーも大丈夫かな?【防水性能についての話】

防水補聴器 プール 温泉 シャワー

防水補聴器 プール 温泉 シャワー

防水補聴器を使えばプールやシャワー、お風呂や温泉は大丈夫なのでしょうか?
難聴者の方もプールを楽しんだり温泉を楽しんだりしたいものですが水分に弱い補聴器は外していたために楽しみも半減。
防水補聴器を使用すればプールもシャワーも大丈夫です。安心してお使えいただけます。
現在の防水補聴器ならば、今までの苦労も克服できて様々な場面で聞こえをサポートしてくれます。
防水性能は果たしてどの程度補聴器を守ってくれるのか不安な方に向けて防水機能のアレコレを解説しましょう。

水分に弱い補聴器

補聴器の基本的な構造は以下の通りです。

音を集音するマイク
音を増幅するアンプ
増幅した音を再生するスピーカー
全てを作動させる電池

基本的にはこの4つで構成されていますがこの部品の1つでも水分などにより作動しなければ補聴器として機能しません。
では、なぜ補聴器は水に弱いのかもう少し詳しく解説しましょう。

音を集音するマイク

皆さんもいろいろな場面でマイクを見かけることがあるかもしれません。特にテレビのレポーターなどが使用しているのを見かけることが多いと思いますが、マイクは音を集音するため基本的に、ケースなどに囲われることなく「むき出し」の状態です。
音を拾うため何かで囲ってしまったり、密閉してしまうことが難しいのです。
テレビのレポーターもマイクが水に濡れないように気を配っているのはそのためなのです。
補聴器のマイクも同様で音を拾うために補聴器本体から露出しているものなのです。
そのためマイクに汗や湿気などが入ってしまうとマイクが故障してしまうのですね。

音を増幅するアンプ

補聴器の心臓部といってもいいアンプは、繊細な部品になります。現在のデジタル補聴器は、このアンプにパソコンに匹敵する高性能なIC基盤を使用していますので水分などにより腐食やショートが起きる危険性があるのです。
どのようなIC基盤でも水が浸透してしまえば機能不全になることは容易に想像できますよね?

増幅した音を再生するスピーカー

スピーカーも音を直接出力しますので、マイク同様なにかで囲ってしまったり、密閉してしまっては音が聞こえてきません。
このスピーカー(補聴器ではレシーバーと呼ぶ)は全体の大きさによって出力できる音の大きさに違いがあり小さなスピーカーは音量が小さく大きなスピーカーになれば、それだけ大きな音量が出力できるようになります。

全てを作動させる電池

電池で作動している補聴器ですから、電池が汗や湿気で接触しないともなれば作動しませんよね。
また、電池を接触させる部分にはリード線(電線)が当然つながっていますので、水分でショートしたり錆てしまったり水分を嫌うのです。
これは補聴器に限ったことではありませんので皆様も容易に想像がつくと思います。

補聴器の各部品は超小型

防水補聴器 プール 温泉 シャワー

上記に記した部品は、補聴器用ともなると超小型です。
マイクやレシーバーは、ご飯粒1粒程度しかありません。そのためごく少量の水分でも各部品についてしまった場合はとても大きなダメージとなります。
超小型ゆえに、ちょっとの水分でも影響が大きいのです。

要望が強い補聴器の防水機能

補聴器使用者の皆様も汗や水分を気にしながら補聴器を使用していたのでは、楽しみも半減してしまいます。

 温泉に浸かりながら会話を楽しむ
 プールや海でも会話を楽しむ
 汗や水分を気にせずスポーツしたい
 突然の雨でも登山を楽しむ

このようなことが今までは制限されていたのです。
そのため、補聴器使用者の皆様からは「補聴器の防水機能」は当然ながら強い要望があったのです。

補聴器の防水性能

先に解説した補聴器の基本的な構造、4つを水分から保護できるように改良されて現在の補聴器は、高い防水性能を搭載することが可能となりました。
マイクやスピーカーには撥水性の高い特殊な保護膜が採用され、水分はカットし空気(音)は通す構造となり、IC基盤はシールド加工が施されています。
電池を入れるバッテリー室には内部パッキンなどを装備し水分の侵入をブロックしています。
技術の進歩と各部品を保護するパーツや部材が充実してきたからこそ可能となった防水性能なのです。

補聴器の防水性能の見分け方

補聴器の防水性能は、国際保護等級という基準で表示されています。
この保護等級が高いほど防水性能も上がるということなんです。
この保護等級は「IP〇〇」と表示されて左の数字が「防塵等級」右の数字が「防水等級」となります。

 

目立たない補聴器 フォナック チタン合金耳穴式補聴器目立たない補聴器 フォナック チタン合金耳穴式補聴器

現在の補聴器における最高の防水防塵機能は「IP68」となっています。

防水機能の盲点も紹介

実は、防水機能には勘違いしがちなことがあり誤解されている方もいるかと思いますので紹介します。
水分から部品を保護するためのパッキンなどは時間と共に劣化し、パッキンにヒビや亀裂が生じてきます。
また、撥水効果の保護膜なども経年と共に撥水効果が薄れて、水分が少しずつ浸透してしまいます。
そのパッキンの破損部分(ヒビ)などから水分が侵入して内部部品に不具合を引き起こします。
そのため、防水効果を維持するためには定期的にパッキンなどの部品交換を含めメーカーによるメンテナンスが必要です。
使用年数と共に防水性能も落ちてきて故障のリスクは上がってしまうことを覚えておく必要があります。
防水部品交換のメーカーメンテナンスが必要なことをご理解ください。
また、防水性能が保証されているのは「水」なのです。
シャンプーやリンス、薬品を含んだ水溶液は保証されていないことも注意が必要ですね。

防水性能搭載は耳掛け式補聴器が多数

補聴器のタイプには、耳穴式・耳掛け式・ポケット式と3種類ありますが防水防塵性能を搭載しているのは耳掛け式が多数です。
耳穴式補聴器は、ほとんど耳型採取を行いオーダーメイドで作成しますので耳の形などによりパッキンや保護膜を取り付けることが難しく耳掛け式ほどの高い防水性能は搭載できていません。
しかし、従来の耳穴式補聴器と比較すると格段に防水性能も向上しています。
メーカーによっては、オプション設定(別途料金)で防水加工を施すことも可能になっています。
シーメンスシグニア社のオーダーメイド補聴器は、オプション設定(別途料金)で防水性能を追加できます。

スポーツ補聴器 防水 汗湿気

防水機能補聴器のまとめ

近年の補聴器には、高い防水性能が搭載されており補聴器を使用したまま温泉やプール、シャワーの使用も可能となりました。
しかし、防水と一言で言っても「防水保護等級」という等級に分かれていますので防水等級が低い補聴器では注意が必要です。
温泉やプールでの使用をお考えの方は防水保護等級の高い「IP68」等級の補聴器をご使用ください。
温泉に浸かりながら気の合う仲間との語らい、プールでの楽しい会話など補聴器を使用したまま会話をお楽しみくださいね。
また、使用年数により防水パッキンなどの防水部品が劣化し防水効果が衰えてきますので定期的に補聴器専門店でメンテナンスを受け補聴器を大切に、長く、快適に使っていけるように心がけましょうね。

防水補聴器 プール 温泉 シャワー

関東補聴器では防水補聴器の無料試聴体験も随時受け付けております。
防水性能や故障・アフターメンテナンスについても気軽にお問い合わせください。

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

各店舗

スポーツをするときでも使える防水防塵補聴器があります【汗に強くズレにくい】

スポーツ

 

スポーツ

スポーツをするときは汗をかくから補聴器は外しているという方はいらっしゃいますか?最近の補聴器は汗やホコリに強い防水防塵タイプのものが多くなっていますので、スポーツ時でも安心して補聴器をご使用いただけます。さらに耳の型を採って作成すれば、激しく動いてもズレにくいので紛失を心配されている方にもおすすめです。

補聴器は汗やホコリに弱い

補聴器は精密機器のため汗や湿気、ホコリや汚れは大敵です。補聴器をお手入れせずに、濡らしたまま、汚れたままにしておくと汗や粉塵が補聴器内に入り込み内部がサビてしまったり正常に作動しなくなることがあります。そうなるとメーカーへ修理に出さないといけませんが、保証期間を過ぎると修理代がかかりますし、修理へ出している間はご自分の補聴器がありませんのでたいへん不便です。そのためスポーツをされるときは、最初から補聴器を外す方が多いようです。しかし最近は防水防塵性能も高くなり、とくに耳かけ式補聴器ではほとんどの商品に防水防塵機能が搭載されていますので、補聴器をしたまま安心してスポーツができるようになってきました。

防水

スポーツをするときでも安心な補聴器

耳かけ式補聴器

 防水防塵IP67を搭載 

最近の耳かけ式補聴器でしたらメーカー問わずほとんどの機種に搭載されています。汗に強いのはもちろん突然の雨や温泉、短時間でのシャワーなども心配いりません。お子様の場合は砂遊びやプール遊びをしても大丈夫です。ただし完全防水ではありませんので長時間水に浸けてしまった場合などは故障する可能性がありますのでご注意ください。

IP67

シーメンスシグニア プライマックス1 おすすめ補聴器

写真はシーメンスシグニア社耳かけ式補聴器

 

 イヤモールドを使って耳へ装着することでズレにくい 

スポーツをしていると耳から補聴器がずれて落としてしまわないか心配ですよね。たしかに耳かけ式補聴器を既製のゴム耳栓でお使いになっていたり、耳型をとらないタイプの補聴器の場合は激しい運動をしている最中に落としてしまう可能性もあります。できれば耳かけ式補聴器には耳型をとり作成する耳栓(イヤモールド)でピッタリ耳にフィットさせたものをお使いになってください。落下の可能性は一段と低くなります。

EM装用時EMM

イヤモールドを使えば簡単には外れません

<イヤモールドについてくわしくはこちら>

 

耳穴式補聴器

 防水防塵IP57を搭載 

アクアプロテクトという特別な加工により内部の部品を汗やホコリから守ります。耳かけ式補聴器にくらべると防水防塵性能は低くなりますが、耳穴式の補聴器をご使用の場合は内部に防水加工を行うことができます。

防水

イラストはシーメンスシグニア社耳あな式補聴器

 

 耳のカタチに合わせて作成するのでズレにくい 

こちらもさきほどのイヤモールドと同様に耳を採型して作成しますので、耳からズレにくくなっています。また屋外でのスポーツの際に気になる風切り音を軽減するタイプもあります。

赤

補聴器をお使いになっているスポーツ選手をご紹介します

補聴器をお使いの方の中には、スポーツ選手としてご活躍されている方もたくさんいらっしゃいます。

デフフットサル日本代表

デフフットサルとは聴覚障害者がプレーするフットサルのことです。選手のみなさんは聴覚障がいをお持ちになっています。シーメンスシグニア社は「デフフットサルチャレンジカップ2017」の特別サポーターとして参加したようです。試合の様子や、選手のみなさんの補聴器の使い方などが紹介されています。選手の中には耳かけ型と耳あな型の補聴器を2台持ち、普段の生活用とスポーツを行うとき用とで使い分けているそうです。

ふっとさる1

ふっとさる2

ふっとさる3

ふっとさる4

シーメンスシグニア社公開資料より抜粋

デフリンピック日本代表

2017年7月にはトルコ・サムスンにてデフリンピックが開催されます。デフリンピックとは、ろう者(Deaf)+オリンピック(Olympics)という意味で、聴覚障害をお持ちの方が出場される4年に1度の国際競技大会です。全21競技が行われ、日本は陸上・バドミントン・テニス・卓球・水泳・自転車・空手・ビーチバレー・サッカー男子・バレー男子・バレー女子の11競技に出場されるそうです。

2013年デフリンピック陸上競技(400m)出場の岡部祐介選手もシーメンスシグニア補聴器をお使いになっているそうです。今年の夏も代表選手として出場される予定です。

陸上

シーメンスシグニア社総合カタログより抜粋

日本ではまだまだ認知度の低いデフリンピックですが、難聴というハンディを抱えながらも、世界でご活躍されている選手がたくさん出場されます。今後もとても楽しみですね!!

ouen

乾燥機を使えばより安心

防水防塵補聴器をお使いになっていない方や、すでに使っている方にもおすすめなのが補聴器専用の乾燥機D-DRYです。使用後に乾燥機へ補聴器を入れておけば強力に乾燥・除菌ができます。面倒なシリカゲルの交換も不要で、毎日のお手入れに一年中活躍してくれますよ。

乾燥機

<補聴器用乾燥機D-DRYについてくわしくはこちら>

まとめ

補聴器をつけたままスポーツをしていると故障したり、耳からズレて落としてしまわないかなどとても気を使われている方も多いかと思います。最近の耳かけ式補聴器は防水防塵タイプが主流となっています。今までスポーツ時に補聴器を外していた方や、すぐ故障してしまいお困りになっていた方はこれを機に買い替えてみてはいかがでしょうか?また、耳から落下させないためにはきちんと耳型に合わせて作成することもとても大切です。ストレスのない補聴器装用で快適にスポーツを楽しみましょう。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちら>

店

 

スポーツ中でも使える補聴器があります

スポーツ補聴器 防水 汗湿気

スポーツ補聴器 防水 汗湿気

スポーツ中でも使える補聴器はもちろんあります。
汗や湿気に強く、耳から外れない補聴器がありますから大丈夫です。
スポーツ中でも使える補聴器について説明しましょう。

スポーツ中に補聴器を外していた

スポーツ補聴器 防水 汗湿気スポーツ中に汗をかいたり、耳から外れてしまうので補聴器を外していた方は多いと思います。
しかし、音や会話が聞こえないとスポーツの楽しさは半減してしまいますよね~。

 合図や仲間との会話が聞こえない
 応援や音楽も聞こえない
 音の気配がないと孤独になる
 補聴器が故障や紛失しないか不安

補聴器を外してスポーツしている方は上記のようなことがあるんではないでしょうか?

なぜ補聴器を外していたのか

補聴器を外していたのには理由がありますよね。

 汗や湿気で故障してしまう
 屋外では突然の雨など
 耳から外れて紛失の恐れあり
 落下などによりプレーが一時中断

こんな理由があって補聴器を外していたのでは…。

スポーツ中に補聴器を使うのに大事なこと

スポーツ補聴器 防水 汗湿気スポーツ中に補聴器を使うためには大事なこと(大事な機能・大事なタイプ)がありますのでお伝えしましょうね。
上記のような理由で補聴器を外していた方は、スポーツ中でも補聴器を外さなくても大丈夫です。

汗や湿気、水分で故障しないために

補聴器の大敵は水分です。補聴器本体に汗や湿気が入ると内部部品に不具合が出て故障してしまうことがあります。

防水・防塵機能

最新の補聴器には防水・防塵機能を搭載している補聴器があります。
防水・防塵機能には国際基準がありとても性能が高いものとそうでないものがあります。
防水機能などについては下記のリンクで詳しく説明しましょう。

<防水補聴器についてはこちら>

スポーツ補聴器 防水 汗湿気

耳から補聴器が外れて落下しないために

スポーツ中に耳から補聴器が外れて落下してしまうと大変です。そんなことにならないためには耳の型に合わせてピッタリ装着することが大事です。

耳型採取でオーダーメイドに作成

スポーツ補聴器 防水 汗湿気あなたの耳型採取をして耳穴にピッタリするように補聴器を作成します。
防水・防塵機能が高い耳掛け型補聴器には特注オーダー耳栓「イヤモールド」で解決。
耳栓があなたの耳穴通りですから入れ歯のようにピッタリです。外れて落下することを防げます。

スポーツ補聴器 防水 汗湿気

<オーダー耳栓イヤモールドについてはこちら>

<耳型採取についてはこちら>

耳穴型オーダー補聴器でも

スポーツ補聴器 防水 汗湿気耳穴型オーダー補聴器は、耳型採取をして補聴器本体をあなたの耳穴通りに作りますので先ほど説明したようにピタッと入りますので外れにくいです。
しかし、防水・防塵機能がなかったのですが…。
最新の耳穴型補聴器にも防水・防塵機能を搭載することができます。

耳穴型オーダー補聴器の防水・防塵機能

耳穴式補聴器 防水 汗 湿気 故障シーメンスシグニアの耳穴型オーダー補聴器にはオプションで「アクアプロテクト」を取り付けることができます。
「アクアプロテクト」は補聴器内部に水分などが入り込まないよう接合箇所などをパッキンでシールド加工するものです。これで水分から補聴器内部を守ります。

スポーツ補聴器 防水 汗湿気
スポーツでも使える補聴器があります。
汗や湿気、または落下の心配があって補聴器を外していた方のお悩み解決の方法があります。
補聴器専門店では豊富な知識と経験で皆様のお悩み解決のお手伝いをしています。
どんな悩みでも気軽にお問い合わせください。

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

耳穴型補聴器の方が汗や雨に強いのでしょうか?

耳穴式補聴器 防水 汗 湿気 故障

耳穴式補聴器 防水 汗 湿気 故障

耳穴型補聴器の方が汗や雨に強いのか質問されましたが、防水性能は耳穴型補聴器も耳掛け型補聴器も搭載しています。
したがって、どちらのタイプも汗や水に強くなっています。
しかし、耳穴型補聴器はメーカーによって防水性能が搭載されていない商品もありますので補聴器専門店に相談してしっかりとした補聴器選びをしてくださいね。

補聴器の大敵は汗や雨などの水分

補聴器の内部にはデジタル機能を制御している「基盤」などの精密部品が内蔵されています。
水分が入っていしまうと故障してしまうのは当然ですよね。
サビや腐食も故障の大きな原因ですからメンテナンスは重要になります。

補聴器の保管や管理は乾燥ケース

耳穴式補聴器 防水 汗 湿気 故障就寝時やお風呂に入っているときなど、補聴器を外した場合は乾燥ケースに保管して補聴器に付いた汗や水分を乾燥させることが必要ですよ。
寒くなる冬の時期は補聴器内部に「結露」が発生することもあります。
必ず乾燥ケースに保管してしっかり管理しましょう。

補聴器用乾燥ケースの紹介

補聴器専門店で補聴器用乾燥ケースを取り扱っていますので購入をおすすめします。

耳穴式補聴器 防水 汗 湿気 故障<電気式補聴器乾燥ケース詳しくはこちら>

耳穴型補聴器 防水 汗 湿気 故障

乾燥剤(シリカゲル)補聴器乾燥ケース   800円(税別)

 

耳穴型補聴器の防水性能

耳穴式補聴器 防水 汗 湿気 故障耳穴型補聴器は、あなたの耳型採取インプレッションを行って耳型通りに作成しますのでいろいろオプションをオーダーすることができます。
その、オプションの中に防水性能があります。

シーメンスシグニアの防水オプション「アクアプロテクト」

補聴器メーカー・シーメンスシグニアの耳穴型補聴器には、「アクアプロテクト」という防水オプションが用意されています。
耳穴型補聴器内部に水分が入らないような特殊な加工を施します。
補聴器作成時にこのアクアプロテクトをオプション追加することで耳穴型補聴器も防水性能を搭載できるんです。

アクアプロテクト オプション追加 6000円

耳穴式補聴器 防水 汗 湿気 故障

防水だから故障しないというわけではない

防水だから故障しないと思っている方も多いようですが、補聴器の故障の原因はほかにもたく耳穴式補聴器 防水 汗 湿気 故障さんあります。
あくまで外部からの水分の浸入を防いでいるだけで、故障しないことを保証しているわけではありません。
やはり、故障を防ぐには定期的なメンテナンスとしっかりした管理が大事です。

 

 

耳穴型補聴器の方が汗や雨に強いかというと現在の補聴器は耳穴型も耳掛け型も防水性能を搭載している機種がありますので、防水性能搭載の補聴器であればどちらも心配はありません。

防水性能やデザイン・価格など補聴器のことならどんなことでも相談してください。
創業31年の経験・知識・技術であなたの聞こえの悩みに向き合います。

<関東補聴器への相談や問い合わせはこちら>

耳穴式補聴器 防水 汗 湿気 故障

 

汗や湿気で困っている方の防水型補聴器はこれ

おすすめ防水補聴器 フォナック

おすすめ防水補聴器 フォナック

汗や湿気で困っている方は防水補聴器がおすすめ。

防水補聴器の中でも補聴器技能者の私がおすすめするのが

これ!
フォナックから発売されているボレロV50です。
関東補聴器では「真夏の防水補聴器キャンペーン」を開催中です。
汗や湿気にお悩みのあなたへぜひ!

防水補聴器キャンペーン

防水補聴器キャンペーン

<只今キャンペーン中の商品はこちら>

夏場の汗や湿気で補聴器が不調

補聴器は水分が苦手です。夏場の汗や湿気、汚れで補聴器の調子が悪くなりメーカーに修理に出したなんて経験がある方も少なくありません。
あなたの補聴器は大丈夫ですか?

*防水補聴器売れ筋ランキングはこちら

補聴器の故障原因第1位は汗や湿気

おすすめ防水補聴器 フォナック補聴器の故障の原因はいろいろありますが、なんと言っても故障原因の第1位は汗や湿気・水分による故障ですね。
特に夏場の時期は通常の補聴器修理の数が2~3倍になるときもあるそうです。

 

特に補聴器が過酷な環境になる場面

 夏場の農作業や庭仕事で大量の汗
 作業場や工事現場などの汗と汚れ
 山登りや釣りなどレジャーでの突然の雨
 うっかりお風呂やシャワーに入ってしまう

補聴器の不調に関する悩みの数々

 しばらく補聴器なしの生活で不便
 故障の部品によっては修理代もかかる
 故障しないか気になってストレスになる
 汗をかくたび補聴器を外すのも面倒

防水補聴器は水分や汚れをシャットアウト

夏場の汗や湿気・汚れに強い防水補聴器はあなたの悩みを解決に導くことができるでしょう。
汗や汚れの悩みから開放され、ストレスのない補聴器生活で笑顔になりましょうね。

おすすめ防水補聴器 フォナック

そんなあなたにおすすめの防水補聴器はこれ

フォナック・ボレロV50

フォナックボレロV50はIP67という国際保護等級を取得しもちろん防水に加え防塵にも威力を発揮します。

また、補聴器としての音響性能にも優れており自動環境適応機能の「オートセンスOS」を搭載し面倒な操作なく全自動できこえやすい補聴器の音設定に切り替えてくれます。

おすすめ防水補聴器 フォナック

フォナックボレロV50価格

おすすめ防水補聴器 フォナック

フォナックボレロV50の私的レビュー

おすすめ防水補聴器 フォナック今まで汗や湿気で補聴器の不調や故障に悩まれていた方も、このフォナックボレロV50に買い替えてからは夏場のこの時期でも今までのように不調や故障に悩まされることなく快適に使用されています。

私ども補聴器アドバイザーも夏場のこの時期は皆さまの補聴器が不具合を起こしていないかメンテナンスに力が入りますが、このフォナックボレロV50はメンテナンスも特別なことをしなくとも安心してお使いいただけますよね~。

音質や機能も抜群でおすすめの防水補聴器です!

汗や湿気で防水補聴器を検討中の皆さまはぜひお試しあれ!

関東補聴器全店で無料試聴体験実施中です。

「真夏の防水補聴器キャンペーン」もあとわずかですのでお早めに!

*防水補聴器の無料試聴体験はこちら

 

真夏の防水補聴器キャンペーン期間終了まであとすこし

防水補聴器 価格

真夏の防水補聴器キャンペーン期間終了まであとすこし

真夏の防水補聴器キャンペーンも期間終了まであとすこしとなってきました~。
8月も半ばを過ぎて9月までもう10日ほどですよね。
皆さま防水補聴器がお得なキャンペーンです。期限が迫ってきましたので防水補聴器を検討中の方はお早めに!

真夏の防水補聴器キャンペーンの内容おさらい

防水補聴器 機種限定20%OFF

フォナック・ボレロV50以上の機種限定

防水補聴器 価格

防水補聴器 価格

防水補聴器 価格

キャンペーン期間

2016年8月1日~8月31日まで
夏場の汗や湿気で補聴器の故障に悩まされたことのあるあなた、汗や汚れを気にせずスポーツを楽しみたいあなた、農作業や庭仕事の汗でも大丈夫な補聴器をお探しのあなた。

いかがでしょう?

知らなかった…もう期限切れだった…あのとき購入しておけばと後悔がない様、お知らせします。
8月31日で終了してしまうキャンペーンです。

この機会をお見逃しなく!

補聴器をしたままスポーツを楽しみたい方のおすすめ補聴器はこれ

防水補聴器 汗や湿気 スポーツ

防水補聴器 汗や湿気 スポーツ

補聴器を使用したままスポーツを楽しみたい方には防水補聴器がおすすめです。汗や汚れに強くスポーツでの汗を気にすることなく使用でき、お手入れやクリーニングも楽々。
補聴器の大敵の汗をシャットアウトしてくれますから水分による補聴器の故障のリスクを大幅に軽減できますね。

防水補聴器キャンペーン実施中!(8/1~8/31)

<キャンペーン商品はこちら>

スポーツでの汗で補聴器が不調になってしまう

防水補聴器 汗や湿気 スポーツスポーツを楽しむからには、汗はつきものですよね。
しかし、補聴器は汗や水分、汚れに弱く故障の原因になってしまうため補聴器使用者の皆さんはスポーツをするときは特別な対処が必要でした。

 

補聴器を外してのスポーツは楽しさ半減

汗による補聴器の不具合を避けるために補聴器を外してしまえば

 ・合図や指示がきこえない
 ・応援や仲間との会話もきこえない
 ・スポーツをしている音的な臨場感がない
 ・プレーに集中できない

特に補聴器使用のお子様を持つご両親には悩み

補聴器を使っている児童の皆さんでもクラブ活動などでスポーツをしている方も多いと思います。
特に部活動などでハードに練習される方や夏場のプールや水遊びなども悩みの種ですよね。
汗だけでなく汚れも気になります。

防水補聴器 汗や湿気 スポーツ

防水補聴器で故障のリスクを回避しましょう

防水補聴器は文字通り防水設計になっていますので水分をシャットアウトしてくれます。
また、同時に防塵設計にもなっていますので汚れにも強く、ホコリの進入も防いでくれるのです。

防水補聴器 汗や湿気 スポーツ

おすすめの防水補聴器はこれ

商品名:ボレロVシリーズ

メーカー:フォナック

防水補聴器 汗や湿気 スポーツ

*ボレロVシリーズの機能についてはこちら

防水補聴器ボレロVシリーズの価格

防水補聴器 汗や湿気 スポーツ

<真夏の防水補聴器キャンペーン開催中>詳しくはココ

防水補聴器を使用してもっとスポーツを楽しむ

汗や水分・汚れを気にすることなく思い切りスポーツを楽しむことができるでしょう。
仲間とのコミュニケーションもとれて、応援に勇気付けられる。
音を聞くことによって実際にスポーツをしている臨場感を失うこともなくなります。
ぜひ、防水補聴器ボレロVシリーズでスポーツを楽しんでください。

防水補聴器 汗や湿気 スポーツ

関東補聴器全店で防水補聴器ボレロVシリーズの無料試聴体験ができます。

気軽にお問い合わせくださいね。

*防水補聴器の問い合わせはこちら

補聴器の中で汗や汚れや湿気に強い商品は

防水型補聴器 AQUARISアクアリス

防水型補聴器 AQUARISアクアリス

補聴器の中で汗や湿気に強いのは防水型補聴器です。
補聴器の大敵である水分をシャットアウトして水分による故障リスクを減らすことができます。もちろん防水性能だけでなく補聴器としての「きこえ」に対する性能もばっちりです。
おススメの防水型補聴器を紹介します。

防水型補聴器とは

現在のところ、「防水型補聴器」として定義されているのは耳かけ型補聴器ですね。
水分などが補聴器本体に浸入しないような設計構造になっています。
国際基準に合わせて表記されています。

IP●●と表記され向かって左の●が防塵、右の●が防水の等級を表しています。

防塵等級

防水型補聴器

防水等級

防水型補聴器

おススメの防水補聴器紹介

AQUARIS(アクアリス)

メーカー名:シーメンス・シグニア防水型補聴器 AQUARISアクアリス

 

防水型補聴器 AQUARISアクアリス 防水・防塵対応の国際保護等級で最高の

IP68を取得

汗・水・湿気はもちろん、水没しても水が入らない密閉構造

 防水加工マイク

マイクはゴアテックスで有名なゴア社の素材で防水。音が確実に集音できるよう特殊な素材を使用

 マイクカバー

ボディと一体型のマイクカバーは風、雨、髪の毛などの不快な音を軽減します

防水型補聴器 AQUARISアクアリス ソフトタッチラッカー

表面も内部も撥水力のあるコーティングでコート。サビや水分による故障から守ります

 レシーバープロテクション

ボディとの接続部は防水ガード(特殊パッキン)で水の浸入をブロック

 ボトルハウジング

ボディは瓶のように継ぎ目がない密閉構造だから、水分や汚れが入る隙間もなし

本体カラーが選べるバリエーション

6色のカラーバリエーションから好みのカラーを選ぶことができます。

防水型補聴器 AQUARISアクアリス

AQUARIS(アクアリス)のカラー問い合わせはこちら

3種類のグレードから機能と価格を選べます

7mi・5mi・3miの3つのグレードから機能と価格を選ぶことができます。

防水型補聴器 AQUARISアクアリス

AQUARIS(アクアリス)の価格問い合わせはこちら

AQUARIS(アクアリス)の機能説明

防水型補聴器 AQUARISアクアリス

防水型補聴器 AQUARISアクアリス

防水型補聴器 AQUARISアクアリス

防水型補聴器 AQUARISアクアリス

防水型補聴器 AQUARISアクアリス

*AQUARIS(アクアリス)の試聴体験はこちら

AQUARIS(アクアリス)の使用者の声

AQUARIS(アクアリス)の使用者のレビューを紹介します。

・69歳 男性 AQUARIS(アクアリス)5mi 両耳で使用中

ガーデニングが趣味で夏場は汗をかきながら庭で作業をするそうですが、以前使用していた補聴器は何度も故障したり不具合がでたりしていたがAQUARIS(アクアリス)5miに取り替えてからは不具合を起こすこともなく汗を気にせず使用できると喜んでいました。

防水型補聴器 AQUARISアクアリス

・74歳 女性 AQUARIS(アクアリス)3mi 右耳に使用中

補聴器を外すのを忘れて、補聴器をしたままうっかりお風呂に入ってしまったそうです。頭から水を浴びてしまったそうですが、何の問題もなくそのまま使用できています。ご本人さんも驚いていましたね。

防水型補聴器 AQUARISアクアリス

AQUARIS(アクアリス)の評価

防水型補聴器 AQUARISアクアリス我々、補聴器アドバイザーのほうからのレビューですが、汗や汚れを気にすることなく使用できるのはとても「強み」です。
農作業をされる方や現役でまだまだお仕事をされている方もたくさんいます。
汗や湿気や汚れを気にせず補聴器を使用でき、「きこえ」も満足してもらえれば我々もうれしいです。
補聴器としての基本性能もしっかりしていますので雑音抑制や音質調整など「きこえ方」も上質になっています。
コンピューターと接続して細かく調整・設定ができますのでおススメの商品となっております。
ぜひ1度、ご自身の耳で試聴体験をして頂きたいと思います。

*防水補聴器について問い合わせはこちら

防水型補聴器 AQUARISアクアリス

スポーツなどでも大丈夫な補聴器はこれ

スポーツで補聴器 補聴器落下

スポーツで補聴器 補聴器落下

スポーツなども大丈夫で安心な補聴器は、汗にも強く汚れやホコリにも強い防水型補聴器ですよね。また、落下や紛失、破損も気になります。補聴器を使用している子供さんをお持ちの保護者の方も悩みのひとつですよね。
スポーツをするのに補聴器を外さずに楽しみたいものです。
防水型補聴器について説明していきましょうね。

汗をかくスポーツ時は補聴器を外さなきゃ

スポーツで補聴器 補聴器落下汗や水分に弱い補聴器は、スポーツで大量の汗をかくときなど外していた方が多いようです。汗だけでなく汚れも気になりますからいちいち補聴器を外し、スポーツ後にまた使用するなど不便がありました。

 

 

落下や紛失、破損も気になるところ

スポーツで補聴器 補聴器落下落下しないように手で押さえていたり絆創膏で固定したりとちょっと無理なことをしていることも…。

 

 

補聴器を外すとスポーツも楽しみ半減

スポーツで補聴器 補聴器落下補聴器を外してしまえば、聞こえも不十分ですから仲間との会話も楽しめずコミュニケーションが取れなくなります。また、合図の音や周囲の音もきこえが不十分ですから危険度も増してきます。

 

 

聞き取りに集中するため疲れ倍増

スポーツで補聴器 補聴器落下補聴器を外してスポーツをすると今まで聞こえていた周囲の音や声も聞き取りにくくなってしまうので、スポーツに集中する前に聞き取りに神経を使ってしまいますので疲れますよね。

 

補聴器の修理に関しての悩み

●修理に出している期間、聞こえに困る
●修理すれば当然修理代もかかる
●故障しないか気にしているとストレスになる
●スポーツに集中したいが補聴器が気になり集中できない

解決に導く選択肢は防水防塵補聴器

防水防塵型補聴器は汗や水分に強く、ホコリなどの汚れにも強い設計なっています。

スポーツで補聴器 補聴器落下

スポーツで補聴器 補聴器落下

*防水型補聴器について詳しくはこちら

 

 

 

落下を防ぎ上質な補聴器使用環境にするイヤモールド

イヤモールドとはあなたの耳型を採取して、耳型通りに耳栓をオーダーメイドで作成する特注耳栓のことです。

補聴器ハウリング
入れ歯のようにあなたの耳穴にピッタリしますので隙間がなく補聴器が安定しますので落下することも防げます。
音の出口(出音口)も鼓膜に向かって一直線。音質&音量の改善にも効果アリです。

*耳型採取についてはこちら

防水防塵型補聴器の紹介

アクアリス

aquaris_top

 

ボレロV

フォナック防水補聴器

 

防水防塵補聴器を使用してスポーツを楽しむ

汗や汚れを気にせず使用できますのでスポーツのたびに補聴器を外す必要はありません。
イヤモールドを装着すれば落下を気にすることも少なくなりスポーツに集中して楽しむことも可能ですよ。

防水型補聴器の試聴体験も関東補聴器各店で実施中です!

防水型補聴器の性能と優れた音質・音色を体験してくださいね!

スポーツで補聴器 補聴器落下

*関東補聴器の問い合わせはこちら

 

防水補聴器なら汗をかく仕事も安心

防水防塵補聴器

防水防塵補聴器

防水型補聴器なら汗や湿気・水分に強く、ホコリにも強いので大工仕事工事現場でも安心して使用できます。
汗やホコリを気にしてストレスになることなく、話も聞き逃すことはありませんね。
故障を恐れて補聴器を外して仕事をしていては、大事な話を聞き漏らして仕事になりませんからね~。
そんな、悩みをお持ちのあなたに防水型補聴器について解説します。

汗をかく時期の補聴器の悩み

大工仕事の方や工事現場で仕事をしている方などは、特に汗やホコリによる悩みが多いですよね。

 ・故障を恐れて外してしまうと仕事場で話がわからない
 ・故障してしまうと修理に出すため数日間補聴器なしで不便
 ・仕事に関係する話は聞き逃しが許されない
 ・故障しないか心配で気になってストレスになる

防水型補聴器

 

 

 

 

補聴器が故障すると仕事に影響が出る

仕事では、連絡や相談・報告はつき物ですが、補聴器が故障してしまったり不具合が出てしまうと仕事上での大切な連絡・報告・相談がスムーズにいかなくなります。
特に複数で仕事をしている場合は深刻な問題ですよね。
聞き逃さぬように神経を使うのは疲れますからね~。

故障防止の補聴器対策

もちろん汗をかいたら汗を拭きますが、補聴器に付いた汗もしっかりふき取りましょう。
ホコリや汚れも同様にしっかり拭き取ります。
しかし、仕事をしながら何度も何度もそれを繰り返すのは無理があります。
就寝時は、乾燥ケースに保管して湿気を取り除きます。
ホコリや汚れは乾燥ケースに保管しただけでは取り除くことはできません。

防水・防塵型補聴器が解決の近道

防水防塵補聴器

防水補聴器は汗や湿気・水分の浸入を防ぐと共に防塵機能もありますのでホコリや汚れの浸入も防いでくれます。
よって補聴器の故障の原因である水分やホコリに悩まされることは格段に減少します。
汗やホコリを気にすることなく補聴器を使用できますので仕事に影響が出ることもありませんね。

ビフォーアフター

 ・故障のリスクが減るので、補聴器を外さなくとも大丈夫
 ・故障のリスクが減るので、修理に出すことがなくなる
 ・補聴器を外す必要がないので、仕事上の話の聞き逃しも激減
 ・故障の心配から開放されるので精神的にストレスが減る

防水型補聴器ランキングはこちら

水分やホコリによる補聴器の故障に強い防水補聴器の注意点

防水補聴器「防水・防塵」だからといって「故障しない」というわけではありません。故障の原因は水分やホコリのほかにもありますので慢心してはいけません。
補聴器は精密な医療機器ですので定期的なメンテナンスは必要です。
防水・防塵型補聴器でも必ず定期的に補聴器専門店でメンテナンスを受けることをおすすめします。

防水補聴器のまとめ

今まで汗や湿気・ホコリで何度も故障し、不便やストレスを抱いていた補聴器使用者も防水補聴器に出会えて今までの悩みが解消されたとおっしゃる方もいます。防水補聴器
大工仕事工事現場で仕事される皆さまも、汗や水分・ホコリを気にせず使える補聴器がお悩みを解決してくれるかもしれません。

防水防塵補聴器

 

 

 

 

 

 

 

もちろん「聞こえ方」も最新式ですので優れた音質・しっかりとした騒音抑制などの機能も搭載しています。

関東補聴器 各店では「防水型補聴器」の試聴体験を随時実施していますのでぜひご自身で体験してみてください。

関東補聴器 各店はこちら