骨導式補聴器の利点と欠点を解説【どうなっているの?】

骨導式補聴器 欠点 利点

骨導式補聴器 欠点 利点

骨導式補聴器という特殊な補聴器がありますが、すべての方に万能というわけではありません。
骨導式補聴器には利点(メリット)と欠点(デメリット)がありますのでよく理解しましょう。
簡潔に申しますと老人性難聴の方には大きな効果を望むことはできません。気導聴力が難聴で、骨導聴力が問題ない方などに効果的といわれます。
専門的な言葉になりますので噛み砕いて説明します。

そもそも骨導式とは

われわれの聞こえは空気振動を鼓膜でキャッチする気導聴力と頭蓋骨などの骨を通して空気振動を聴神経に伝える骨導聴力の2つで成り立っています。
この骨導聴力を利用する補聴器のことを骨導式補聴器と呼びます。

骨導聴力とは

先にお話したように我々は気導聴力と骨導聴力の2つの方法で音を聞いています。
音は、空気の振動波ですのでその振動波を耳でキャッチし、鼓膜を振動させて聴神経に送り聞くのが、気導聴力です。
それとは別に振動波が頭蓋骨などの骨に伝わり、直接聴神経に届き聞いているのが骨導聴力です。
例えば、耳穴を指で塞いでも音が聞こえると思いますがそれは、骨を通じて聞いている骨導聴力があるからなのです。

骨導式補聴器の仕組み

骨導式補聴器は、音を集音し増幅したら直接、耳脇の頭蓋骨にあてた振動板に音声を伝え振動板から直接頭蓋骨、聴神経へと音声を送ります。
そのため、従来の補聴器のように耳穴にセットする必要がありませんので耳穴を塞ぐことがありません。
メガネ式が一般的で、メガネのフレームと一体になっている商品が多く振動板をメガネフレームで押さえて頭蓋骨にピッタリと合わせて使用します。

骨伝導仕組み

*スターキージャパン ホームページより引用

骨導式補聴器は2つのタイプ

骨導式補聴器にはタイプ(形状)が2種類あります。

メガネタイプ

メガネのフレームと一体になっており、メガネフレームで振動板をしっかり押さえ込むタイプ。

メガネ型装用

*スターキージャパン ホームページより引用

カチューシャタイプ

ヘアバンドタイプとも呼ばれ、振動板を左右からしっかり押さえ込むタイプ。

カチューシャ型装用

*スターキージャパン ホームページより引用

骨導式補聴器の利点(メリット)

骨導式補聴器のメリットを考えてみよう。

 耳穴を塞がないので深刻な耳漏など心配がない
 耳の疾患による治療中などに影響が少ない
 伝音難聴には効果的である
 耳穴形成不全や奇形などにも効果的

このようなメリットがあります。

骨導式補聴器の欠点(デメリット)

反対にデメリットも考えてみましょう。

 振動板がずれてしまうと格段に聞こえなくなる
 振動板がずれぬよう強く押さえつけるので長時間は不快
 伝音難聴以外は効果的ではない
 圧倒的に商品数が少なく選択肢がない

このようなデメリットがあります。

骨導式補聴器の市場割合

補聴器工業会が発表する各メーカーの年間出荷台数があります。
2016年全タイプ(形状)の出荷台数が約56万台に対して、骨導式補聴器の割合が多いメガネ型補聴器は、わずか約438台でした。
このように骨導式補聴器は、市場の中ではかなり希少な補聴器なのです。

骨導式補聴器 特徴 割合

 

骨導式補聴器は特殊な補聴器なのです。

骨導式補聴器の効果が期待できる難聴

難聴の種類もいくつかありますが、骨導式補聴器の効果が期待できるのは主に伝音性難聴の方といわれています。

骨導式補聴器 欠点 利点

上記の図をご覧ください。
<伝音系>と記載されている部位に問題があり難聴になっている方は、効果が高いといわれています。
この伝音性難聴は、音を伝える部位に問題があります。その奥の聴神経などは問題ありませんから音がしっかり伝われば効果は期待できるというわけです。
しかし、<感音系>の部分も難聴になっていると音をしっかり伝えてもうまく効果が出ない場合も少なくありません。

この場合は、感音性難聴となるわけです。

骨導式補聴器 欠点 利点

老人性難聴 補聴器選び方

老人性難聴と骨導式補聴器

補聴器の使用者の多くが加齢と共に難聴になる老人性難聴です。老人性難聴は上記の表では、混合性難聴の中に含まれますね。
上記の説明のように加齢による老人性難聴(混合性難聴)では、骨導式補聴器では大きな効果は期待できません。
通常使用されている補聴器で十分、効果を期待できる場合がほとんどです。
信頼のおける補聴器専門店できちんと相談して適切な補聴器選びをおすすめいたします。

<老人性難聴の補聴器選び方についてはこちら>

現在の補聴器の進化

現在では、補聴器もとても進化しています。
耳穴式・耳掛け式共にコンピューターに匹敵するICチップを搭載しているデジタル補聴器になっています。
聴力の状態・難聴の種類・耳の形状・保証などあなたの要望に合わせた補聴器があります。
補聴器専門店で相談して、自分の耳でしっかり試聴して納得のできる補聴器を選びましょうね。

<補聴器の試聴についてはこちら>

骨導式補聴器の利点と欠点まとめ

骨導式補聴器は全ての難聴者に万能なわけではありません。
欠点と利点がありますので、その点をしっかり理解してから購入しましょう。
しかしながら、理解しただけでは自分に合っているのかは疑問ですよね?
そのためには、信頼のおける補聴器専門店にしっかり相談してからでも遅くはありませんよ。
失敗しない補聴器選びをするために、補聴器専門店で相談することをおすすめいたします。

 

関東補聴器では、最新の補聴器試聴体験や相談は無料で随時受付けております。
ぜひ、気軽にお問い合わせください。

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

耳穴式補聴器 専門店 耳型採取

補聴器の骨伝導タイプってありますか?【徹底検証!!】

骨導補聴器の効果 補聴器の選び方

骨導補聴器の効果 補聴器の選び方

補聴器の骨伝導タイプはあります。
実際には、ほとんど流通していませんが、特殊なケースに対応する補聴器としての位置づけになっているのが現実です。
補聴器使用者の大多数である老人性難聴では、通常流通している補聴器を使用するのが最良の選択です。
骨伝導補聴器についてお話いたしましょう。

骨伝導補聴器の仕組み

骨伝導補聴器とは、音を振動盤に伝え、耳付近の骨(頭蓋骨)に直接振動をあたえて聞き取る補聴器のことです。
最近、携帯電話などで採用されているものもありますが、骨に振動盤をつけるという特殊な方法ですよね。

骨伝導仕組み

*スターキー社ホームページより引用

なぜ骨から聞こえるのか

私たちは、ふたつのルートから音を聞いています。
一つ目のルートは、耳の穴から入った音を鼓膜を介して聴神経に伝達して聞いています。
そして、もうひとつのルートは、骨を通して聴神経に音を伝え聞いています。
これを、専門的にいうと「気導」と「骨導」と呼びます。

気導とは

空気の振動である音を耳の穴でキャッチして鼓膜を振動させて、鼓膜の奥にある内耳に伝え、聴神経を経由して脳に送って聞き取っているのです。
このわずかな空気振動をどのくらいで聞き取っているかを測定しているのが「気導聴力測定」といわれるものです。
難聴になる=わずかな空気振動では聞こえない、ということになるわけです。

骨導とは

空気振動は耳の穴に入るだけではなく、直接頭蓋骨などの骨にぶつかります。頭蓋骨にぶつかった空気振動が直接内耳に伝達されますので耳の穴を指で塞いでいてもある程度の大きさの音は聞こえると思います。
この頭蓋骨に当たった振動音がどのくらい聞こえるかを測定しているのが「骨導聴力測定」です。

骨導補聴器の効果 難聴の仕組み

*ワイデックス補聴器ホームページより引用

骨伝導の特徴

先に説明したように、骨伝導を利用した聴取方法は振動盤を耳付近の頭蓋骨に接触されることが必要になります。
携帯電話の場合、通話時に耳付近の頭蓋骨に受話器を接触させるには手で携帯電話をピッタリくっつけます。
普通の電話の仕方と大差ありませんよね。しかも、通話時だけですから数十分程度ですよね。
手が疲れて、頭蓋骨から離れてしまうと聞こえなくなります。
スピーカーから音が出てくる携帯電話なら少々耳から離れても聞こえますが、骨伝導の場合は少し離れただけで振動しなくなるので聞こえなくなります。

長時間使う補聴器では骨伝導は難しい

骨導補聴器の効果 補聴器の選び方長時間使う補聴器では、振動盤を頭蓋骨に接触させ続けるのは困難です。
電話のように押さえてはいられません。仮にそうしたなら、長時間片手は使えなくなってしまいます。
動作などでズレない様にするにはきつく締め付けて押さえる必要がありますが痛くなったり、不快であったり現実的には無理があるのをご理解いただけると思います。

骨導補聴器が対象となる特殊ケース

そんな骨導補聴器が対象となる特殊なケースとは

 奇形などによる耳穴形成不全
 耳漏や疾患など耳穴に挿入できない
 疾患の治療途中などでの処置

上記のような特殊なケースで限定的に使用するのが多いのが現実です。

骨導補聴器の紹介

骨導補聴器には、めがね型とカチューシャ型の2種類があります。

めがね型

メガネ型装用

カチューシャ型

カチューシャ型装用

勘違いが多い骨導補聴器の質問

勘違いが多い骨導補聴器の質問は「骨導式のほうがよく聞こえるんでしょ?」というものです。
残念ですが、期待はできません。
補聴器を使用する大多数である老人性難聴は加齢による老化現象のひとつです。
加齢と共に、内耳の機能低下や聴神経の老化、脳の判断能力の低下などが重なり合っています。
特殊なケースでの限定的な使用が主体の骨導補聴器では、残念ながら満足できることはありません。

現在デジタル補聴器は性能も飛躍的に向上

現在、流通している補聴器もデジタル技術の開発により機能・性能とも飛躍的に向上しています。
骨導補聴器ではなく、デジタル補聴器で満足できる補聴器が必ずあるはずです。
信頼のおけるしっかりとした補聴器専門店に相談してあなたにとって最良の補聴器を選びましょう。

 

最新デジタル補聴器の紹介

関東補聴器で皆様からご好評いただいている補聴器をご紹介します。

充電式補聴器

電池交換がなく、使い終わったら充電台に差し込むだけで使用できる簡単タイプ。
電池を入れる開閉フタがないので防水設計になっており汗や湿気にも強くなっています。

セリオン

シーメンスシグニアから発売されている充電補聴器セリオン。
4時間でフル充電でき26時間の使用が可能です。

<セリオンの性能や価格など詳しくはこちら>

充電式補聴器 シーメンスシグニア セリオン おすすめ 評判 話題 人気

テレビ音声送信補聴器

専用のテレビ送信機をテレビに差し込めばテレビ音声を補聴器に電波で送信。

ワイヤレスイヤホンのように使えます。

ピュア13BT

シーメンスシグニアから発売されたテレビに特化したテレビ専用補聴器。

テレビの音声を電波でダイレクトに補聴器に送信しますので耳元でテレビが聞こえてきます。

<ピュア13BTの性能や価格についてはこちら>

テレビが聞こえる補聴器 シーメンスシグニア

骨伝導タイプ補聴器のまとめ

骨導補聴器がよく聞こえるのかと質問されることがありますが、残念ながら満足はできません。
特殊なケースで使用することが多いタイプの補聴器です。
最新のデジタル補聴器ならばあなたのお悩みを解決に導くことができると思いますよ。
ぜひ、信頼のおける補聴器専門店に相談してみてくださいね。

<関東補聴器がおすすめする最新補聴器はこちら>

プライマックス シーメンスシグニア補聴器

関東補聴器では、最新補聴器の無料試聴体験など相談は随時受け付けております。
自宅出張サービスなどもありますのでぜひ、お問い合わせください。

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

耳穴式補聴器 専門店 耳型採取

老人性難聴におすすめの骨伝導補聴器を教えてください【効果ありますか?】

骨伝導

 

骨伝導

老人性難聴になり骨伝導補聴器を使ってみたいけど効果ありますか?あればおすすめの骨伝導補聴器を教えてください。というご相談をうけることがあります。まず骨伝導補聴器とは鼓膜のない方などの伝音難聴に適している補聴器となります。加齢による難聴の場合は感音難聴ですので残念ながら骨伝導補聴器は装用しても効果がありません。購入の際はご自分の聴力の状態を知り、適切な補聴器を選択するようにしましょう。

難聴には3つの種類があります

耳の構造と聞こえの仕組みについて簡単に説明したいと思います。ご存知かもしれませんが、耳は外耳・中耳・内耳といって3つに区別されています。そしてこの3つの部位のどこに障害が起きてしまうのかによって難聴も3つのタイプにわかれるのです。(ご自身がどのタイプの難聴なのかを知るには耳鼻咽喉科を受診しましょう)

耳の構造

伝音難聴とは

外耳と中耳のどこかに障害があるために起こる難聴です。例えば鼓膜の損傷、奇形、急性中耳炎などが原因で聴力が低下します。医学的に治療できるケースもありますが、回復しない場合は補聴器を使って聴力を補います。

感音難聴とは

音を感じる内耳もしくは内耳以降の神経回路の障害により起こる難聴です。加齢や病気、長時間騒音下にいたことなどが原因で聴力が低下します。医学的な治療は困難です。補聴器を使用して生活の質を改善させます。突発性難聴、メニエール病による難聴、騒音性難聴なども感音難聴に含まれます。

混合性難聴とは

伝音難聴と感音難聴、両方の原因によって起こる難聴です。加齢による老人性難聴は、混合性難聴になっているケースが多くみられます。

医者

骨伝導補聴器とは

では骨伝導補聴器はなぜ伝音難聴にしか効果がないのか?その形状と仕組みについてご説明したいと思います。

形状について

骨伝導補聴器はメガネ型とカチューシャ型の2つの形状があります。

メガネ型(スターキー社)メガネ型装用

・カチューシャ型(スターキー社)

カチューシャ型装用

仕組みについて

人は普段から鼓膜を振動させて音を伝える気導音と、骨を通じて音を伝える骨導音の両方で音を聞いています。骨伝導補聴器はこの骨導音を利用していて、耳の後ろにある骨(乳様突起)に直接振動を伝えて内耳に音を伝達するというわけです。この場合、内耳は正常かそれに近い状態でなければなりません。老人性難聴の場合は内耳にも問題がありますので一般的な補聴器を使用したほうがよいのです。

骨伝導仕組み

スターキー社ホームページより引用

骨伝導補聴器の特徴

 耳をふさがない形状なので自分の声がひびかない
 装用しているうちにズレてしまうのでその都度直さなければならない
 耳の後ろの骨に強めにあてる必要があるため、装用時間が長いと痛くなる
 長期間使用すると補聴器をあてている部位がへこんでしまうことがある

骨伝導補聴器を使用している人の割合

日本国内における2017年の補聴器出荷台数は562,747台となっています。このうち骨伝導補聴器(メガネ型)は480台でした。骨伝導補聴器は特殊な補聴器ですので使用している方の割合も少ないことがわかります。

出荷台数

 

JapanTrack2018より引用

骨伝導で音を聞いていた作曲家ベートーベン説明2

まとめ

骨伝導補聴器は内耳の機能は正常だけど、外耳と中耳(音を伝える部分)に障害がある場合の難聴に適した補聴器です。内耳に障害のある老人性難聴には向いていません。よく通信販売などで骨伝導にすればよく聞こえるなどと記載された広告を見かけることがありますが、誰でも聞こえるわけではありませんのでくれぐれもご注意ください。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちら>

店

 

 

骨伝導式補聴器と普通の補聴器の違い

骨伝導補聴器

骨伝導補聴器
骨伝導補聴器とは耳の脇(耳の後ろ側)の頭蓋骨に振動版をあて、音を直接振動として耳の中に届ける補聴器です。
一般的な補聴器と骨伝導補聴器は違いますので解説しましょう。

骨伝導とは

音は、空気の振動が耳から直接入ってくるものと振動が骨を伝って耳に届くものがあります。
耳から空気の振動を直接聞き取る聴力を気導聴力といいます。
頭蓋骨などの骨から振動を耳の神経に送って聞き取る聴力を骨導聴力といいます。
この、骨を伝わって耳の神経に届ける骨導聴力を利用した音を聞き取るシステムを骨伝導といいます。

骨伝導補聴器

骨伝導補聴器とは

音(空気の振動)を振動板に伝えて振動板からの振動を耳の脇(耳の後ろ側)の頭蓋骨に送り直接耳の神経(内耳)に届ける補聴器システムです。高伝導補聴器
メガネのツルに内蔵させて、メガネと一体にするものが大半です。
そのため、メガネだけとか補聴器だけなど修理や修正することができず、不便がでることが多いのです。

 

普通の補聴器とは

通常の補聴器は耳の穴に出音口(スピーカー)を入れて補聴器で増幅された音を鼓膜に伝えます。
マイクから入ってきた音を補聴器本体で大きくして聞かせてくれるのが普通の補聴器です。

骨伝導補聴器

骨伝導補聴器は特殊な補聴器

耳の神経(内耳)などが悪くない方は効果がありますが、骨伝導補聴器は特殊な補聴器です。骨伝導補聴器
耳の穴が何らかの原因で変形したりして耳の穴に補聴器が入れられない方や耳ダレが激しく耳の穴に補聴器が入れられない方など普通の補聴器が使用できない状況にある人が使用するのがほとんどです。

 

老人性難聴と骨伝導補聴器

老人性難聴の場合、加齢により、聴力だけではなく耳の神経(内耳)も老化してきていますので骨伝導で音を伝えても神経(内耳)が思うように機能しない場合がほとんどです。
また、振動板がずれてしまうときこえが落ちますのでピッタリするためきつく押し付け、締め付けますので長時間すると痛くなったりします。

骨伝導補聴器のまとめ

骨伝導補聴器は、特殊な補聴器です。使用条件や使い勝手の問題で要望が少なくなり市場にはほとんど流通することがなくなりました。
特に老人性難聴の方は、耳の神経(内耳)も加齢で老化してきていますので骨伝導補聴器で大きな効果が出ることはありません。

骨伝導補聴器
現在の補聴器はデジタル機能を搭載し、かなり細かな調整やパワーもありますので補聴器専門店で相談し、お試しください。
使用条件などで骨伝導補聴器をお探しの方は、補聴器専門店にお問い合わせください。