加齢による難聴は遺伝も原因のひとつです【親子で補聴器装用中】

難聴と遺伝

難聴と遺伝

加齢による難聴には様々な要因がありますが、遺伝もそのうちのひとつといわれています。お父様やお母様が補聴器をしている(していた)という方は年を重ねるとご自身も同じように聴力が低下していく傾向があります。もちろん難聴が必ず遺伝するというわけではありませんが、実際に親子やご兄弟で補聴器を装用しているという方は少なくありません。また遺伝だけではなく他にもいろいろな原因が複雑に関係して聴力の低下が起きますので、心配な方はなるべく耳に負担がかからないよう日頃から気をつけたほうがよいでしょう。

老人性難聴とその特徴について

聴覚の衰えは一般的に30才代から始まり、特に高い音から聞き取りが低下していくといわれています。加齢による難聴は治療方法がないため、日常生活に不自由を感じ始めたら補聴器を使用して聴覚を補うということになります。また老人性と一言でいってもその原因や難聴の状態にはかなり個人差がありますので、ひとりひとりの耳にきちんと合わせた補聴器を作成する必要があります。

難聴の原因とは
  • 遺伝によるもの
  • 生活習慣の違い(喫煙、栄養状態、運動など)
  • 耳の病気やその他の持病の有無
  • 騒音や強大音を受ける環境があったかどうか

これらの様々な要因が合わさり、耳の中にある細胞が劣化したり減少することで聴力が低下していくといわれています。

老人性難聴の特徴
  • 高い周波数の音から聞こえにくくなる
  • 「あいうえお」の母音は聞こえやすいが、子音が聞き取りにくい
  • 右耳と左耳はほぼ同じように聴力が低下していく
  • 少しずつ進行していくので難聴を自覚していないことがある
  • 言葉が正確に聞き分けられなくなる
  • 騒がしい場所での会話ができない
  • 突然話しかけられたり、早口で話されると聞き取れない

難聴の始まり

聴力の変動

遺伝も原因のひとつです

老人性難聴の原因のひとつに遺伝が挙げられています。特徴としては40歳前後に聴力低下が始まり60歳前後で難聴を自覚することが多いようです。

難聴者の聴力レベルを比較分析すると血縁者間でのの程度は類似することがわかっているそうです。聴覚に影響のでる病気を患ったわけではないのに年齢のわりに聴力低下がみられる場合や、ご家族やご親戚に難聴の方がいらっしゃる場合は遺伝の可能性が考えられます。

しかしそうかといって遺伝による難聴を発症しても根本的な治療法があるわけではないそうですので、普段からとくに気をつけることとしては、イヤホン使用時に大音量にしたり長時間聞き続けたりしないこと、ライブやコンサート会場での強大音・工場や工事現場での衝撃音などは耳に負担がかかりますのでそのような場ではなるべく耳栓などをして聴覚を保護されることをおすすめいたします。

聞きづらいなと感じたら早めの補聴器装用を

「最近耳が聞こえづらい」「自分では聞こえているつもりだけど家族からは聞こえてないと言われてしまう」など聞こえに不安を感じたときはまず病院の耳鼻咽喉科を受診しましょう。とくに「昨日までは普通に聞こえてたのに今朝になったら聞こえない」「耳がつまったような聞こえ方がする」「痛みを伴う」などの症状がでたときはすぐに行かれることをおすすめしています。

「治療すれば改善するものなのか?」「それとも単に加齢のせいなのか?」どちらなのかは医師によく相談されてみてください。とくに病気ではなく治療することはないという診断でしたら、補聴器の使用を検討される段階かと思います。そのとき耳鼻咽喉科で補聴器店を紹介してくれる場合もありますが、必ずしもそこで購入しなければいけないというわけではありませんので、ご自身の納得のいくお店を選択されてください。

補聴器は今現在の聴力を補い少しでも聞こえやすくすることを目的としています。ですから補聴器をつけても残念ながら聴力を正常に治すことはできません。昔のようになんでもよく聞こえる、内緒話しもできる、離れた場所でも聞き取れるというレベルまで聞くことは段々と難しくなります。かといって補聴器を使用せず聞こえないままでいるのはコミュニケーションがうまくいかなかったり、認知症を引き起こす原因になったりとあまりよい状態ではありません。難聴は放置せずなるべく早い段階での補聴器装用をおすすめしています。

なぜ認知症

親子で補聴器を装用している方もいらっしゃいます

当社にも親子やご兄弟で補聴器をご使用になられている方がいらっしゃいますのでご紹介いたします。

茨城県在住のH.Y様(92歳)と、その娘さんでご近所に住むS.K様(69歳)のお二人です。

・お母様のH.Y様が初めて補聴器をつけたのは65歳のときで、当時の聴力は両耳とも軽度~中度難聴でした。その後は少しずつ聴力が低下していき、27年経過した現在は両耳とも高度~重度難聴まで進行しています。

・一方の娘さんS.K様が初めて補聴器をつけたのは61歳のときでした。当時の聴力はやはりお母様と同じで軽度~中度難聴でした。その後も聴力低下が徐々に進行し8年経過した現在は全体的に中度難聴となっています。

お二人とも聴力に影響するような既往歴はなく、耳鼻科の医師にも”年齢のせいでしょう”と診断されています。今のところ聴力の状態や進行速度がとてもよく似ていらっしゃいますので、おそらく遺伝も関係しているのではと思う事例です。娘さんには今後もお母様と同じような聴力変動が推測されますので(あくまでも可能性ですが・・・)聴力変動に幅広く対応できる補聴器をおすすめしご使用いただいています。

 

お母様が現在お使いの補聴器はこれ

GNロゴ

3D保証

CTUPタイプ

  • メーカー/GNリサウンド
  • 機種名【リサウンド・リンクス3D 7E】を両耳装用中
  • 重度難聴まで対応可能
  • 長年使い慣れたオーダーメイド耳穴タイプ
  • 周囲の環境を分析し全自動で音量が調整されるので難しい操作も不要
  • 価格¥260,000(片耳)¥468,000(両耳)

リンクス機能

リンクス機能

 

娘さんがお使いの補聴器はこれ

シグニア

NXロゴ

312RIC

  • メーカー/シグニア補聴器
  • 機種名【Pure312 3NX】を両耳装用中
  • 大幅な聴力変動にも対応しやすいRICタイプ
  • 小さくて目立たない耳かけ補聴器
  • 聞き取りやすさだけでなく聞き心地の良さも実現
  • 価格¥270,000(片耳) ¥540,000(両耳)

NX雑音カット

NXe2eとOVP

まとめ

耳が聞こえにくくなったとき、ご親族に難聴の方がいるとその方に似たのかなと思われることもあるかもしれません。難聴はいろいろな要因が重なって起こりますから、遺伝が原因ですとはっきり断言できないところではありますが、多くのお客様と日々接していると遺伝が関係しているかなと思うことはよくあります。「母親が難聴だったから私も将来聞こえなくなるのかな」と聞こえに不安を感じている場合は、なるべく普段から耳に過度な負担がかからないよう気にとめておかれるとよいかもしれません。

そしてもし難聴の症状が出始めたときは我慢せずにお近くの関東補聴器へご相談ください。試しに補聴器の音を聞いてみたり、実物をご覧になれますのでまずはお気軽にご来店ください。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちらへ>

各店舗

補聴器をつけて自転車に乗っていたらイヤホンと間違えた警察官に注意をうけたという件について【難聴者への理解を】

補聴器自転車

補聴器自転車

補聴器をつけて自転車に乗っていた方が警察官にイヤホンをしていると間違われてしまい「誤解するので外すように」注意されたという事があるようです。難聴者にとって補聴器は危険を察知するためにもなくてはならないものです。難聴や補聴器に対する知識を深め理解をしていただくきっかけになればと思いますので、補聴器をよく知らないという方のためにある男性のツイートを引用してご紹介いたします。

補聴器ユーザーの男性ツイート

補聴器ユーザーツイート

これは普段から補聴器をつけて生活をされている男性のツイートです。当然、自転車に乗るときも補聴器をつけて運転をされていたそうです。ところがイヤホンをしたまま運転をしていると勘違いをした警察官に止められてしまったそうです。そこで男性はこれはイヤホンではなく補聴器だと説明をしたそうです。ここまでは理解できますよね。ところが、なんとその警察官に「イヤホンと似ていて紛らわしいから外すように」という意味のことを言われてしまったそうです。

この男性もおっしゃっているように、難聴の方は補聴器がなければ会話だけではなく周囲の物音も聞きづらくなり、聴力の状態によっては何も聞こえないという状態になってしまいます。自転車を運転中に補聴器を外すのは言うまでもなく大変危険です。この男性は‘‘警察の方に悪意はなかったとは思いますが、補聴器の知識や認識をもっと広める必要がある‘‘ということもツイートされていました。

他にも男性と似たような経験をされている方はたくさんいらっしゃるようです。たしかにご自身や身近な人に難聴の方がいなかったり、実際に補聴器を見る機会がなければ理解しにくい面があるのかもしれません。

現在の交通規則について

東京都道路交通規則 第2章運転者の遵守事項等

第8条(5)高音でカーラジオ等を聞き、又はイヤホーン等を使用してラジオを聞く等安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で車両等を運転しないこと。ただし、難聴者が補聴器を使用する場合又は公共目的を遂行する者が当該目的のための指令を受信する場合にイヤホーン等を使用するときは、この限りでない。

警察ではイヤホンは両耳につけていても片耳だけであっても周りの音が聞こえているかどうかで判断するようですが、最近では事故防止の為に外すよう指導することが多いそうです。もちろん補聴器はつけていて問題ありません。

補聴器とイヤホンってそんなに似ているの?

では実際に補聴器を間近で見たことがある方はどれぐらいいらっしゃるでしょうか。「昔おじいちゃんが使ってた」「耳にひっかかってる肌色の物」このようなイメージをお持ちの方が大半なのではないでしょうか。とくに若い年代では補聴器なんて見たこともないしどんな物かもよく知らないという方も多いと思います。

見た目の違い

下の写真のように最近の補聴器とイヤホンは見た目がよく似ている物があります。パッと見ただけではどちらかわからないこともあると思います。

【ワイヤレスイヤホン↓↓】

ワイヤレスイヤホン

※フジヤエービックホームページより引用

【補聴器↓↓

定番のHA

最近のHA

安全上での役割は正反対

自転車の運転中、安全のために健聴の方がイヤホンを外すことと、難聴の方が補聴器を外すことでは、正反対の聞こえの態になってしまいます。

  • イヤホン 音楽などを聴いているので周囲の音が聞きづらい。注意力も落ちる。
  • 補聴器  周囲の環境音や会話を聞くためにつけている。つけなければ車や人の気配等に気付かないこともあり危険

補聴器は全てを聞き取れるわけではない

耳の聞こえが悪い方は、補聴器が必須アイテムで夜寝るとき以外はほぼ一日中つけているという方がたくさんいらっしゃいます。今回のように自転車を運転したり人混みへ出掛けるときには、危険察知の為やコミュニケーションを円滑にする為に欠かせません。

しかしみなさんが誤解しがちなのが、補聴器をつけていれば健聴な方と同じようになんでも聞こえていると思っている点です。補聴器をしていても聞こえを補うことはできますが、なんでもよく聞こえるというわけではありません。とくに周囲が騒がしい場所での会話や、聴き慣れない音、突然話しかけられたりしたときなどにはうまく聞き取れないことがあります。

補聴器をしている方と会話をするときは「補聴器をつけてるから聞こえるんでしょ」ではなく、ゆっくりはっきり話してあげたり、大事なことはなるべく静かな場所で話してあげるなどの配慮をしてあげると聞き取りやすくなります。また、片耳だけ難聴という方にはなるべく聞こえる耳の方から話してあげてください。

両耳装用

聞こえにくい・・と思ったら補聴器を積極的に活用しましょう

難聴の原因にも先天性、事故によるケガ、病気、加齢などいろいろありますが、耳鼻科の医師よりこれ以上の聴力回復は難しいと判断されたときは補聴器の装用を検討しましょう。聴力が低下すると会話だけではなく、周囲でしているあらゆる物音も聞こえなくなっていきます。

とくに加齢による難聴は徐々に聴力が低下していきますので、ご自身が思っているより聞こえていない場合も多く、テレビの音が大きすぎるなどご家族に指摘されてやっと気付くという方もいらっしゃいます。最近では難聴が認知症の危険因子のひとつともいわれています。聞こえに不安を感じている方は積極的に補聴器を活用してQOL(生活の質)を向上させましょう。

最近の補聴器は小型でオシャレになっています

GNロゴ

充電式補聴器 リサウンドリンクスクアトロ

豊かな音に包まれる

 

クアトロ充電

高音域まで再現

 

全自動空間認識

衝撃音抑制

充電式タイプ

価格

<リサウンドリンクスクアトロについてくわしくはこちら>

まとめ

最近の補聴器とイヤホンは見た目がよく似ていますので、今回ツイートされた男性と同じように嫌な思いをされた方は多いかと思います。もちろん全ての警察官がこのような対応をするわけではないと思いますが、いずれにしても難聴や補聴器について広く知られていないことが原因のひとつです。もっと補聴器について聞いてみたい、知りたいということがありましたら、いつでもお問い合わせ・ご来店くださいね。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちらへ>

各店舗

2019年5月6月「令和」補聴器キャンペーンセール

 

 

 

 

2019年「令和」補聴器キャンペーンセールのご案内 

2019年、新元号「令和」が始まりました。
「令和」最初の補聴器キャンペーンセールを開催いたします。
「令和」のスタートということでドーンとお安く提供いたしますので激安セールをお見逃しなく!
対象商品は、大特価でお求めいただけます。
人気の高出力「スマート補聴器」リサウンド・エンツォ3D 5を
両耳同時注文の場合、なんと、片耳半額でお求めいただける大チャンスです。
これで、「令和」の補聴器ライフも大満足!

<リサウンド・エンツォ3D詳しくはこちら>

令和補聴器キャンペーンセール

2019年「令和」最初の補聴器キャンペーンセール!
片耳220,000円×両耳=440,00円のところ

片耳半額ですから両耳330,000円になります!
11万円分もお得になるキャンペーンセールです。

令和補聴器キャンペーンセール

最新「スマート補聴器」で「令和」のスタート!

リサウンド・エンツォ3Dは軽度難聴から重度難聴までカバーできる万能タイプの補聴器です。
別売のTVユナイトⅡを接続すればテレビの音声もダイレクトに聞こえ、高性能ワイヤレスイヤホンとなります。
「令和」の新しい時代と共に、新しい機能を搭載した最新補聴器で快適な補聴器ライフを!

<TVユナイト2詳しくはこちら>テレビ視聴

キャンペーンセールの対象機種

GNリサウンド

リサウンド・エンツォ3D 5

<リサウンド・エンツォ3D機能や価格詳しくはこちら>

キャンペーンセール期間

2019年5月1日~6月30日まで

*他のキャンペーンとの併用はできません。
*補聴器注文時に「ホームページを見た。」を忘れずに。
*決済後の申告は無効になります。

2019年春の補聴器ディスカウントキャンペーンセール

2019年春の補聴器キャンペーンセール 耳の日セール 激安補聴器セール

 

2019年春の補聴器ディスカウント キャンペーンセール

3月は旅立ちの季節、4月は出発の季節ですね。
補聴器生活を新たにスタートさせる方々など、補聴器装用応援企画!
春の補聴器ディスカウントキャンペーンセールを開催いたします。

対象補聴器を20%OFFの大幅値引きで手に入れるチャンスです。
期間限定・機種限定のキャンペーンセール!

IPhoneユーザーは必見です。
対象となる「リサウンドリンクス2・7Eシリーズ」はIPhoneとダイレクト接続可能ですから、まるでワイヤレスイヤホンのように補聴器を使用することが可能です。

耳穴式は260,000円(片耳)が20%OFF

52,000円引きで208,000円にて
耳掛け式は250,000円(片耳)が20%OFF

50,000円引きで200,000円にてご提供!

この機会をお見逃しなく!

2019年春の補聴器キャンペーンセール 耳の日セール 激安補聴器セール

キャンペーンセール内容

期間中、リサウンドリンクス2・7Eシリーズをお買い求めの方は、20%OFFの大幅値引きをいたします。
耳掛け式・耳穴式どちらも大幅値引きです。
52,000円~50,000円の特別値引きです。

2019年春の補聴器キャンペーンセール 耳の日セール 激安補聴器セール

対象商品

リサウンドリンクス2・7Eシリーズ 耳掛け式・耳穴式

<リサウンドリンクス2の性能など詳しくはこちら>

キャンペーンセール期間

2019年3月1日~4月30日まで

*他のキャンペーンとの併用はできません。
*補聴器注文時に「ホームページを見た。」を忘れずに。
*決済後の申告は無効になります。

2019年春の補聴器キャンペーンセール 耳の日セール 激安補聴器セール

テレビの音が大きい親には補聴器必要かな?【難聴の初期症状の話!】

テレビ音量大きい 補聴器 親の難聴

テレビ音量大きい 補聴器 親の難聴

テレビの音が大きくなるのは加齢性難聴(老人性難聴)の初期症状の可能性もあります。
テレビの音が大きいと家族や周囲の方が感じた場合、テレビ以外にも聞き返しが増えたり、適当に返事をしていることが多いのではないでしょうか?
補聴器で聴こえを補うことで改善が見込めるかもしれません。
難聴は徐々に進行していくことが多いのでテレビが大きくなるのは初期症状で、少しづつ進行していく可能性もあるかもしれませんので、まずは医療機関を受診しそれから補聴器の使用を検討しましょう。
テレビの聞こえ方を劇的に改善できる補聴器システムを紹介します。

聴力低下は年齢と共に

聴力低下は、何歳くらいから現れるのでしょうか?
自分の親が最近耳が遠くなったようだ、とか大きな声で呼ばないと返事をしないなどの変化があると気になるのもですよね。
聴力は一般的に20代をピークに30歳代を境に衰え始めて、特に高音域から低下していきます。
下記の表は、年齢別の聴力の変化です。
30デシベルを下回ってくると補聴器の装用を検討する目安のレベルといえます。

年齢聴力

 

テレビの音量が大きいのは難聴のサイン

きこえの悪さを一番実感するのは、やはり毎日目にするテレビではないでしょうか。
周囲の方と同様の音量では満足できず、ボリュームを大きくすることが増えてきた場合、難聴を疑うことですね。
特に家族から「テレビが大きいよ!」といわれることが多かったり、親のテレビ音量が大きい場合は注意が必要です。
各種きこえのチェックシートなどでは、必ずチェック項目の中に「テレビのボリュームについて」の質問項目がありますからね。

補聴器 テレビ音量大きい親 ワイヤレス

特に悩む軽度難聴

難聴にも「程度」があります。軽度難聴から重度難聴まで聞こえる大きさによって分類されています。
上記の表の左側に難聴の程度が表記されています。
その中でも高度難聴や重度難聴といった難聴の程度が進行してしまっている方は通常の会話や生活にかなりの不便が生じますので周囲の方はもちろん本人も自覚症状がありますね。
しかしながら、軽度難聴ともなると「大きな声で話してくれればわかる。」とか「聞こえてるけどスッキリ聞き取れない。」など不便さも限定的なことが多いので厄介です。
また本人に自覚症状がないことが多いのも特徴ですね。

補聴器 テレビ音量大きい親 ワイヤレス

本人よりも周囲が困る軽度難聴

先に説明したように軽度難聴の場合、本人に自覚症状がなく不便な場面が限定的なので補聴器を使用していない方も多数です。
しかし、軽度であっても「難聴」ですから生活に影響が出ていることは間違いありません。
周囲の方からの不満としては以下のような相談が多いですね。

 一緒にテレビを観るとうるさくて耳が疲れる
 テレビの音が部屋の外や家の外まで聞こえる
 何度呼んでも返事をしない
 何度も聞き返しがあるのでイラっとする

本人よりも周囲が困ってしまいます。
特に親ともなると心配ですよね。

難聴は認知症との関連も気になるところ

政府が発表した「新オレンジプラン」の中には、認知症のリスクの中に「難聴」が含まれています。
軽度難聴であっても、「聞こえていないこと」が少しでもあれば生活に不便が出てきますし、加齢性難聴は加齢と共に少しづつ進行していくことがほとんどです。
かなり難聴が進行してしまってからでは認知症に対するリスクも高くなってしまう可能性もありますよね。

補聴器 テレビ音量大きい親 ワイヤレス

<難聴と認知症の関係についてはこちら>

テレビを楽しみにしている方が多数

現代社会では、インターネットやSNSなど様々な楽しみが個人にてありますが、高齢になってくるとテレビを1日の楽しみにしている方も少なくありません。
NHKの朝ドラや大河ドラマなどとても人気ですものね。
難聴になってくると楽しみにしているテレビも聞き取りにくくなってきて楽しみも半減してしまうこともあります…。
こうなってしまうと何事も気力が薄れてきて無気力状態になって良くありません。
しかし、楽しみだからといってテレビの音が外まで聞こえる音量では問題ですよね…。

補聴器 テレビ音量大きい親 ワイヤレス

テレビを楽しむ補聴器

補聴器を使用することで通常会話はもちろん、テレビの聞こえ方も改善することはできます。
そんな中でも特にテレビなどの音響機器に特化した優れものの補聴器を紹介します。

メーカー GNリサウンド

機種名  リサウンド・リンクス クアトロ

充電式補聴器 リサウンドリンクスクアトロ

<リサウンド・リンクス クアトロの価格や性能はこちら>

音質にこだわった音声処理

このリサウンド・リンクス クアトロは表現豊かな音質を実現するために新チップを搭載し、音質向上に特にこだわりました。
専門的には、従来のチップに比べ周波数帯域が35%も拡張されて9500HZまで可聴範囲を拡大。
周波数帯域を拡大することで高解像度の音質やメリハリの利いたシャープな音を再生可能で高性能ヘッドホンに引けをとりません。

補聴器 テレビ音量大きい親 ワイヤレス

ワイヤレスでテレビ音声を再生可能

テレビの音声を、直接クアトロ本体に電波でワイヤレス転送可能なんです。
テレビユナイトⅡ(37,800円)をご使用中のテレビの音声端子に接続すれば、テレビ音声を電波でクアトロに送信してくれますのでワイヤレスイヤホンとして高音質の音声を大迫力で楽しむことができます。

補聴器 テレビ音量大きい親 ワイヤレス

テレビの音が大きい場合は補聴器を検討まとめ

年齢と共に聴力は衰えてきます。加齢性難聴と呼ばれますが、特にテレビの音量が大きくなってきた場合は難聴の初期症状の可能性が高いです。
耳に大きな疾患が隠れている可能性もありますので医療機関を受診し、補聴器の使用を検討するのがおすすめです。
家族や両親が最近テレビの音を大きくしている場合は注意が必要ですね。
毎日観ているテレビの音量の変化は、難聴に気付く大きな要因になります。
また、日々の楽しみの大半がテレビだという高齢者が多い中難聴によってテレビが楽しめないのはつらいですよね。
テレビの聞き取りを劇的に改善させる最新の補聴器がありますのでぜひ、積極的に使用を検討してみてください。
通常の会話の聞き取りももちろん、テレビもより楽しくなると思いますので毎日の生活が充実します。

テレビ音量大きい 補聴器 親の難聴

関東補聴器全店でテレビも聞こえる最新補聴器の無料試聴体験を受付けています。
あなたの耳で大迫力のテレビ音声を体験してください。
ゆっくり試聴体験するためには試聴予約が便利です。気軽にご予約ください。

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

各

補聴器の空気電池の寿命と特徴について【電池の消耗が早い方へ】

冬電池

冬電池

お客様より「最近補聴器の電池のもちが悪い」というご相談をお受けしましたので、補聴器の空気電池の寿命と特徴についてご紹介したいと思います。補聴器の電池の消耗が早い原因として冬場の空気の乾燥や暖房器具を使用していることなどがあげられます。そしてもうひとつは水銀を含まない電池へ変更になったことによるものです。今までと同じように補聴器を使っているのに電池がすぐなくなってしまうという方はこれらの原因が考えられますので以下を参考になさってください。

電池のもちが悪くなる原因

補聴器をお使いになっている方の中には、「以前に比べて電池が早くなくなってしまう」「ここ数ヶ月で電池の消耗が早い気がする。補聴器が壊れてしまったのかな?」というようなお悩みをお持ちではないでしょうか?当社にも数件お問い合わせをいただいております。今まで通りの使用時間・使用方法に変わりがないのに、なぜか数日早く電池が終わってしまう。それには次のような原因が考えられます。

1.暖房器具をお使いになっている

石油ストーブなどの暖房器具をお使いになっていると室内の二酸化炭素濃度が上昇し、電池寿命が短くなったり電圧の低下が起こります。

乾燥

2.空気が乾燥している

電池が乾燥すると電池寿命が短くなります。冬場は極端に空気が乾燥するためその影響を受けやすくなっています。

3.気温が低い

低温度の環境で使用しますと電池の電圧が下がり、電池寿命が短くなります。

4.多湿の状態

多湿状態で使用すると電池に水分が付くことがあり、電池の放電を妨害し電圧が上がらない原因になります。

5.標高の高い場所

補聴器の電池は酸素を取り込んで発電しています。高地になるほど酸素濃度が薄まるので電池寿命は短くなります。

6.水銀の含まれていない電池への変更によるもの

以前の補聴器の電池には少量の水銀が含まれていました。しかし健康や環境保護を目的とした「水銀に関する水俣条約」の締約国は日本を含め50カ国に達しています。これにより日本でも水銀を含む電池の製造や輸出入が2020年までに原則禁止となります。そのため補聴器の電池も水銀が含まれないものに順次変更となっています。健康や環境に配慮された電池となりましたが、残念ながら電池の寿命は以前の電池に比べ短い傾向にあります。今まで10日ほど使用していた場合では、無水銀の電池では1週間もたないという例も報告されております。

災害備え 補聴器 

冬場の補聴器電池使用上の注意点について

冬場は空気の乾燥と低温のため電池寿命が短くなります。補聴器の電源を入れてもすぐ作動しないときは、1分ほど待ってから再度電源を入れたり、手の中で電池を温めると電圧が上がりやすくなります。また、暖房器具を使用しているお部屋では、二酸化炭素濃度により電池寿命は短くなってしまいますので、定期的に十分な換気を行うようにしてください。

換気

電池の正しい保管方法について

  • 温度は15℃~25℃の状態で保管することが最適です。
  • 直射日光・高温・高湿の場所や冷蔵庫での保管は避けてください。
  • 電池と小銭や鍵などの金属製のものがぶつかるとショートする可能性がありますので、持ち運ぶ際はパッケージに入れたままにしてください。
  • 電池購入時はできるだけ使用期限の長いものを選ぶようにしましょう。

故障の可能性もまれにあります

電池が数日でなくなってしまう原因のひとつに、過電流という補聴器内部の不具合の場合があります。発生頻度はそれほど多くありませんが、1~3日で電池が終わってしまうときは補聴器本体の故障の可能性があります。この場合はメーカーでの修理が必要になりますので、販売店までご相談ください。

電池の消費が気になるときは充電式補聴器がおすすめ

従来の電池交換タイプの補聴器では電池の交換が面倒だったり、冬場の電池消耗が気になる、電池代を節約したいという方には充電式の補聴器がありますのでご紹介いたします。

GNロゴ

ロゴ

クアトロ

特徴


表現豊かな音質

より高音域および多くの音の聞き取りやすくなり、繊細な音から迫力のある音までをダイナミックに再現。音源をつかむ方向感覚にも優れた自然な聞こえを提供します。

クアトロ

 

雑音だけを抑え、さまざまな方向から届く言葉やその他の音がより明瞭に聞き取りやすい。周囲が賑やかでも静かでも会話に集中しやすくなります。

クアトロ


卓越した音質のストリーミング

ios端末

テレビ携帯


いつでもどこでもサポート&カスタマイズ

リサウンド・スマート3Dアプリで音量調節やプログラムなどを変更できます。

微調整


長持ち&持ち運びやすい充電式

補聴器をフル充電すれば、テレビ音声や音楽のストリーミングをしても1日中お使いになれます。また、充電器本体もフル充電しておけば3回分の電力を保持しておくことができるので、1週間程度の旅行にも安心です。

クアトロ最長

価格

※価格は2019年2月現在

まとめ

水銀を含まない電池へ変更になったことにより、年間を通して電池のもちは短くなっております。それに加え冬場は空気の乾燥や、暖房器具の使用などによりさらに短くなってしまう場合も多数報告されています。しかしながら従来の水銀を用いた電池の製造は世界的に禁止となってきており、日本国内でも補聴器電池はすでに無水銀の電池へ変更となっております。ご不便をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちらへ>

店

ワイヤレスでテレビ音声がもっと聞きやすくなる補聴器があります【操作も簡単】

テレビリンク

テレビリンク

「最近テレビが聞きづらい」「家族にテレビの音が大きいと言われる」難聴になりこのような悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。「自分の部屋でイヤホンをして一人でテレビを観ている」という方もいるようです。そこでそんな方のためにワイヤレスでテレビ音声がもっと聞きやすくなる補聴器がありますのでご紹介いたします。通常の補聴器としての機能はもちろん、簡単な操作でテレビ視聴モードに切替えることができます。補聴器からダイレクトに音声が聞こえますので毎日テレビを楽しみにされている方にはかなりおすすめなんです。

テレビの音声がとくに聞きとりづらい理由

「通常の会話は聞こえるけど、テレビの音声になると何と言っているのか分からないんです・・」このようなご相談をお受けすることが度々あります。これは単にボリュームを大きくすることで解決する場合もあれば、そうではない場合もあります。

まずテレビ音声が聞きづらいときの最初の解決策としては

  • テレビのボリュームを大きくする
  • 補聴器のボリュームを大きくする

ということになるかと思います。しかしご家族と一緒に視聴している場合は、テレビのボリュームを上げ過ぎるとうるさいと怒られてしまったり、ご近所迷惑にもなりかねません。その場合は補聴器をすることが必要になるかと思いますが、テレビからの距離や環境によっては補聴器をしていても聞きづらいこともあります。

とはいっても難聴の程度が軽いうちは、補聴器をすればよく聞こえる、もしくは少しだけボリュームを上げれば聞こえるのではないかと思います。しかし難聴の程度が重くなるほど、補聴器をしていてもテレビの音を大きくしていたり、大きくしても言葉がわからないなどの問題が出やすくなります。

補聴器をしてもテレビが聞きとりづらい理由

「難聴になったら補聴器をすればみんなと同じようにテレビが視聴できるようになるだろう」と期待されていた方も多いと思います。たしかに補聴器をつけない状態と比べると聞きやすくなることは間違いありません。ただし先ほども言いましたが、補聴器をつけても元通りの聞こえ方に蘇らせるわけではありません。とくに高齢者の場合は若い頃と同じように言葉をはっきりと聞き分けることも難しくなってきますので、思い通りに聞こえないこともあるということなのです。

他にも以下のような理由がありますのでご説明します。

テレビとの距離の問題

通常はテレビから2メートル程離れて視聴している方が多いようです。当然のことですが距離が離れるほど音声は聞きづらくなりますから、テレビのボリュームも大きくしてしまいがちです。難聴者はなるべくテレビに近い席で視聴する必要があるかもしれません。

部屋の音が反響するため

物音などが反響しやすいお部屋では聞き取りにくくなります。反響音を軽減するにはモノラル音声に設定したり、壁の素材が硬い場合は布で覆ったりすると聞き取りに効果がある場合もあるようです。

テレビ番組の内容によるもの

「NHKのニュースははっきり聞き取れるのに、その他の番組は聞こえない」これは高齢の難聴者に共通の悩みです。これは聞こえないということではなく、聞こえているけど何と言っているのか言葉が聞き取れないという状態です。

ニュースの場合はアナウンサーが正面を向いてはっきりゆっくりと原稿を読んでいますのでとても聞き取りやすくなっています。またBGM等も流れていませんのでアナウンサーの言葉を邪魔されることもありません。一方、ドラマやバラエティ番組では俳優の話し方、BGMの多さなどによって大きく聞き取りが左右されます。またタレントが次から次へと話しをしているような番組ですと、話しのスピードについていけなくなってしまうこともありますので、「うまく聞き取れない」ということにつながるのです。

会話理解能力の低下によるもの

言葉を正確に聞き分ける力を測定したものを語音明瞭度と呼びます。これはとても個人差が大きいのですが、一般的には聴力が低下するほどこの語音明瞭度も低下していきます。音は聞こえるけど何と言ったのか言葉がはっきりしないのはこの語音明瞭度の状態によるものです。

周囲の騒がしさによるもの

人間は騒がしい中にいても自分が聞きたい音と、周囲の雑音とを聞き分けて自分にとって必要な音をうまくキャッチすることができる脳の働きを持っています。しかし高齢になってくると残念ながらこの脳の働きも衰えてきますので、騒がしい場所での会話が難しくなってしまいます。テレビを観ているときに周りで物音がしているような状況にあれば聞き取りはかなり低下します。例えば周りでご家族が話されている場合や、病院の待合室にあるテレビ、介護施設のテレビなどは周囲の音に邪魔されますので聞き取りが難しくなります。

<騒がしい場所でも会話ができる脳の働きについて>

テレビが聞きやすい補聴器があります

テレビ音声をよく聞くために昔からある方法としては、イヤホンコードを使用したり、難聴者の近くにスピーカーを置いて聞く方法などがあるかと思います。一度は試したことがある方も多いのではないでしょうか。たしかにイヤホンをすればテレビ音声は聞こえるかもしれませんが、それでは「コードが邪魔」「音声が消えてしまうから家族が聞こえなくなってしまう」「テレビ視聴中に話しかけられたり、インターホンが鳴っても気がつかない」などの問題があります。

そこで各補聴器メーカーではテレビ音声を聞きやすくするための補聴器を発売するようになりました。通常の補聴器としての機能はもちろん、テレビ視聴時には補聴器からダイレクトにテレビ音声が聞こえるようになりますので、反響音や周囲の雑音等の影響を受けず聞き取りやすくなります。

今回はその中でも操作のわかりやすいテレビ視聴対応の補聴器をご紹介しますので参考にしてください。

テレビも聞きやすくて操作の簡単な補聴器をご紹介します

GNロゴ

デンマークの補聴器メーカーGNリサウンドの補聴器をご紹介いたします。

 

テレビ視聴

必要なもの
  • TVユナイトⅡ(\37,800税込)
  • TVユナイトⅡ対応補聴器(片耳\120,000~\500,000)

※価格は2019年1月現在

耳あな型

TVユナイト対応耳穴

 

耳かけ型

TV耳かけ

使用方法
  1. TVユナイトとTVを付属のケーブルで接続します
  2. 補聴器とTVユナイトをペアリングします
  3. TV視聴時は補聴器本体についているボタンかリモコンボタンを使って切替えます
  4. 元に戻したいときはもう一度ボタンを押せば通常モードに戻ります

※1と2の操作は販売店にて行います

メリット
  • テレビの音声が直接補聴器に届きますので、距離が離れることによる音の減衰や反響音の影響をうけません
  • テレビのボリュームはご家族に合わせたまま(小さいまま)で問題ありません
  • ワイヤレスで最大7メートル離れた場所でも聞こえます
  • テレビ視聴モード中でも周囲の音も拾うので話しかけられても気がつきやすい
  • 通常は普通の補聴器として使用可能です
  • テレビ視聴時はプログラムボタンを押して切替えるだけの簡単操作

 

デメリット
  • 通常の補聴器使用時に比べ、テレビ視聴時は電池の消費量が約3倍になります。電池消費量が気になる場合は充電式タイプをおすすめします
  • 手先にしびれ等があったりすると、うまくプログラムボタンが押せない可能性もあります。(以下の動画参照)この場合は付属品のリモコンでの切替えがわかりやすいためおすすめです

GNリモコン

テレビ対応補聴器エンツォ3Dなら軽度難聴から高度難聴まで対応

おすすめ補聴器 リサウンドエンツォ3D 高度難聴

おすすめ補聴器 リサウンドエンツォ3D 高度難聴

  • テレビの音量が大きくなりがちな中度難聴~重度難聴まで対応可能
  • 関東補聴器なら全店で1月・2月に限り20%OFFのキャンペーン実施中

価格

※価格は2019年1月現在

まとめ

毎日テレビを観ることを楽しみにされている方はたくさんいらっしゃるかと思います。とくに高齢になるとお家で過ごす時間が増える方も多いため、一日テレビを観て過ごすという日も少なくないようです。

外までテレビの音が聞こえるほどボリュームを大きくしているので困っているというご家族からの相談もよくお受けします。難聴がある場合はまずは補聴器をしていただくことが必要となりますが、耳の状態などによってはさらなる対策が必要になることもあります。

テレビを視聴するときには今回ご紹介したようなTVユナイトⅡなどの機器を設置して視聴することで、ご本人も聞き取りやすくなり、ご家族もテレビの音量に悩むということもなくなると思います。興味のある方は是非ご視聴ください。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちら>

店

2019年第一弾補聴器キャンペーンセール

2019年新春補聴器キャンペーンセール 激安 リサウンド

 

 

 

 2019年第一弾補聴器キャンペーンセールのご案内  

今年最初の2019年第一弾補聴器キャンペーンセールを開催いたします。
機種限定・期間限定で最新補聴器をお安く提供いたしますので激安セールをお見逃しなく!
対象商品は、「リサウンド・エンツォ3D」20%引きの大特価でお求めいただけます。
高度難聴まで対応できる万能型耳掛け式補聴器をお安くお求めいただけるチャンスです。
これで、2019年の補聴器ライフも大満足!

2019年新春補聴器キャンペーンセール 激安 リサウンド

2019年最初の補聴器キャンペーンセール!

高度難聴まで対応可能な最新耳掛け式補聴器が激安で手に入る!
GNリサウンド社の最新耳掛け式補聴器「リサウンド・エンツォ3D全シリーズ」を20%引きの衝撃価格。
幅広い調整幅がありますので対象となる軽度難聴から高度難聴までの難聴者様に多数対応可能になります。

<リサウンド・エンツォ3Dについて詳しくはこちら>

キャンペーンセール内容

期間中、GNリサウンド「リサウンド・エンツォ3D全シリーズ」
20%引きの大幅値引き

おすすめ補聴器 リサウンドエンツォ3D 高度難聴

対象商品

リサウンド・エンツォ3D 5・7・9シリーズ
(88タイプ・98タイプ共通)

おすすめ補聴器 リサウンドエンツォ3D 高度難聴

キャンペーンセール期間

2019年1月4日~2月28日

*他のキャンペーンとの併用はできません。
*補聴器注文時に「ホームページを見た。」を忘れずに。
*決済後の申告は無効になります。

平成最後を新しい補聴器で快適に過ごす!

最新の補聴器には、最新の機能・性能が搭載されていますので快適な音環境を提案してくれることでしょう。
平成最後の期間を快適な聞こえや快適な使用環境で迎えることができるよう、大特価での補聴器セールを企画しました。
新たな聞こえと新たな気持ちで2019年をスタートできるように補聴器専門店としてサポートいたします。

耳鳴り 難聴 補聴器 解消

<関東補聴器の問い合わせはこちら>

高度難聴の高齢者でも扱いやすくてハウリングしない耳かけ式補聴器はありますか?【補聴器の不具合解消】

高度耳かけ

高度耳かけ

高度難聴の高齢者はすでに補聴器をお持ちになっている方も多いかと思いますが、今まで使用していた補聴器ではよく聞こえない、すぐピーピー鳴る、細かい操作を行うのが難しくなってきた等の問題はないでしょうか?そのような不具合を解消するには補聴器の形状が小さすぎず扱いやすくて、音量感もあり、ハウリング抑制機能も強い耳かけ式補聴器がありますのでご紹介いたします。

高度難聴とはどんな聞こえの状態なのか

加齢に伴う聴力低下は一般的に30歳代を境に衰えはじめ、個人差はありますが徐々に聴力が低下していきます。そして難聴の程度は軽度・中度・高度・重度のレベルに分けられていて、補聴器もお使いになる方の聴力に対応できる機種を選択しなければなりません。

高度難聴とは数字であらわすと70~90デシベルの聴力で、耳元で大きな声で話してもらっても聞きづらい状態です。補聴器はそうなるよりもっと前の軽度~中度難聴になった頃に装用を開始する方が多いかと思いますが、その頃に作成した補聴器では現在の聴力に適していないケースがよくみられます。その場合はもっとパワーの強い補聴器へ切替える必要があるでしょう。

年齢聴力

補聴器の音量を上げると起こりがちなハウリング

補聴器はどんな機種であってもある程度の音量や音質の調整をすることができます。聴力が低下してくればその状態に合わせて音量を上げることができますが、それには限界もあります。聞こえづらいからといってどんどん音量を上げても、軽度難聴用の補聴器では高度難聴の方の聴力をカバーできるほどの音量は出せません。そうなったときは機種交換はもちろんですが、補聴器の形状、耳栓の形状、性能なども含めて検討しなければいけません。

そして補聴器の音量を大きくすればするほど発生しやすいのが、ピーピーと鳴るハウリングの問題です。人によってはブーブーするキーキーするといった表現になることもありますが、補聴器をお使いの方は一度は体験されたことがあるのではないでしょうか。これは補聴器から出力された音が耳からもれることで発生します。補聴器の音量が大きくなるほどピーピー音も大きくなりますので、不快に感じたり、周りにいる人にも聞こえるようになってしまいます。

補聴器を耳に取り外しする際のハウリングは防ぎにくいのですが、きちんと耳へ装用しているにも関わらずピーピー音が止まらない、頭を動かしただけでピーピー鳴るといった場合は対策が必要です。耳栓を変えたり、できるだけハウリング抑制機能が強いものを選びましょう。

ハウリングの原因として考えられること
  • きちんと耳へ装用できていない
  • 補聴器が耳の形状に合っていない、ゆるい等
  • 部品の一部が破損している
  • もともと補聴器に搭載されているハウリング抑制機能が弱い

補聴器 ピーピー音 ハウリング 対策

高度難聴の方がより補聴器の効果を上げるためには

  • 充分な音量が出力できる機種を使用する
  • 必ず耳の型を採り作成する
  • 片耳だけではなく両耳に装用する

軽度であれば補聴器の形状も小さく軽い付け心地のものが多いですが、聴力低下がすすむほど形状も大きくなります。また耳栓も既製のゴム耳栓ではなく耳の型を採り作成するイヤモールドにすることで、ハウリングせず音量感も保たれるので安定した聞こえになります。

軽度難聴対応耳かけ式補聴器

GN61タイプ

小さくてチューブも細いので目立たない。耳栓部分は既製で軽い付け心地。

 

高度難聴対応耳かけ式補聴器

GN88タイプ

耳栓は型を採り作成するイヤモールドで安定した聞こえを保ちます。

<イヤモールドについてくわしくはこちら>

高度~重度難聴の方におすすめの耳かけ式補聴器

高度難聴の方が補聴器を買い替える場合や、初めて補聴器を作成するときは以下の機種をおすすめしています。こちらはパワーが強いことはもちろん、環境に合わせた自動調整や、TVが聞きやすいワイヤレス機能なども搭載されています。難しい操作が苦手な方には全自動設定、反対にご自分でも細かく操作したい方にはお持ちのスマートフォンでの調整も可能です。

 GNリサウンド エンツォ3D 

エンツォBTE

  • 重度難聴まで対応できる高出力タイプ
  • 優れたハウリング抑制機能を搭載
  • ワイヤレス機能を使ってTVをもっと聞きやすくする
  • お持ちのスマートフォンで補聴器を微調節することも可能
  • 万が一紛失しても無償で同機種を提供する保証付き

価格

※価格は2018年12月現在

おすすめ補聴器 リサウンドエンツォ3D 高度難聴

おすすめ補聴器 リサウンドエンツォ3D 高度難聴

 

まとめ

高度~重度難聴の方は補聴器がなければ普段の生活でも困る場面は多いかと思います。また周囲の方にも大声で話してもらうなどの負担がかかっていることもあります。必ず現在の聴力に合った補聴器を使用して、生活の質=QOLを向上させましょう。

今回ご紹介したエンツォ3Dの耳かけ式補聴器は基本的な性能バランスの良さはもちろん、ハウリング抑制機能は数あるメーカーの中でも優秀です。興味のある方は一度ご試聴されてみてはいかがでしょうか。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちら>

店

両耳が中~重度の感音性難聴でも補聴器をつける意味はありますか?【効果と必要性】

効果

両耳の聴力が中度~重度になっている感音性難聴の場合でも、もちろん補聴器をつける意味はありますが、残念ながら補聴器をつけても正常な聞こえと同じまでに改善することは難しいといわれています。では補聴器をする意味がないかというとそんなことはありません。効果に限界はあっても補聴器で聞こえを補助することは生活の質をあげるために必要なことなのです。

感音性難聴について

難聴といっても耳のどの部位に障害があるのかによって症状や呼び方は違い、大きく分けて伝音性難聴と感音性難聴と呼ばれます。伝音性難聴は音を伝える外耳と中耳の障害、感音性難聴は音を感じる内耳や聴神経の障害です。

内耳に障害があると音を正確に脳に伝えられない状態になりますので、聞こえたけど何と言ったのか言葉を聞き分けられなかったり、音が響く、ひずむなどの症状があらわれます。突発性難聴や騒音性難聴などもこの感音性難聴に含まれます。また加齢による難聴は伝音性と感音性の両方の障害がある混合性難聴である場合が多くみられます。

難聴 種類 補聴器選び

感音性難聴の方が補聴器をつけたときの効果とは

難聴の方が日常生活において困ることのひとつとして、会話相手の言葉がはっきりと判別できないという点があります。感音性難聴の方は単に音声が聞こえないというだけではなく、言葉が明瞭に聞きとれないという状態にもなります。

この言葉を聞き分ける力のことを「語音明瞭度」と呼ぶのですが、個人差はありますが聴力低下がすすむほどこの能力も低下していく傾向があります。正常な聴力の方の語音明瞭度を100%とすると、高度難聴の方では最高でも40%を超えることはほとんどありません。そのため補聴器をつけても筆談や読話を併用することになります。例えば高齢の方に補聴器をつけて充分な音量で聞こえを補ってあげても、若い頃と同じようなはっきりした聞こえ方にはならないこともあるということです。

それでも中度~重度難聴の方が補聴器を使用しなければ、周囲の音声はほぼ聞こえない状態になってしまい、様々な面で支障がでてしまいます。言葉の一字一句を聞き取れるまでにはならなくても、補聴器で聞こえを補うということはとても大切で意味のあることなのです。

聞き分け

効果に限界はあるが補聴器はつけたほうがよい理由

補聴器をつけて周りの音声を聞くということは以下のように、会話がスムーズになるだけでなく、危険を察知したり認知症の予防にも効果があることがわかっています。

  • 会話がスムーズになりコミュニケーションが円滑になる
  • 車の近付く音などが聞こえるので街中を安心して歩ける
  • 生活の質(QOL)が改善する
  • 精神的な安心感を得られる
  • 認知症の予防になる

<難聴と認知症についてはこちら>

下のグラフは実際に補聴器をお使いの方に、一般社団法人日本補聴器工業会が行った調査の結果です。「補聴器をつけても元通りに聞こえないから意味がない」とは思わず、上手に使いこなして日々の生活に役立てましょう。

質問1

あなたは補聴器を使用してから街に出掛けることに自信を持つようになりましたか?例えば信号機の音が聞こえたり、車が近づいてくるのが分かるようになったなど。

JapanTrack2018より抜粋

質問2

あなたの生活の質(QOL)の改善に補聴器はどの程度役に立っていますか?

役に立つ

JapanTrack2018より抜粋

補聴器の効果を最大限に発揮させるためには

補聴器はまずはご自身の聴力に合わせた調整を行ったり、耳を採型して作成することが基本です。ですからお使いの補聴器に搭載されている性能や効果を充分に発揮させるためには、購入時のお店選びが大切となります。補聴器は購入後の音の調整やメンテナンスがかかせないのです。例えば通信販売の集音器や、インターネット販売、電気店などでの購入ではそれができませんのでおすすめできません。補聴器は購入後も安心できる補聴器専門店をおすすめいたします。

<補聴器の満足度を上げるためには>

ITC

 

中度~重度難聴の方におすすめの補聴器

補聴器は聴力低下がすすむほどパワー(音量)の強く出る機種を選択しなければなりません。そこで今回はGNリサウンド社・高出力タイプの耳かけ式補聴器、エンツォ3Dをご紹介したいと思います。音量不足やピーピー鳴るハウリング音を抑えるので、中高度~重度難聴の方におすすめです。

  • 高度・重度難聴用の高出力補聴器
  • 不快なハウリングをカット
  • スマホがあれば周囲の音環境に合わせて音質調整が可能
  • ワイヤレス機能で通話やテレビ、音楽を楽しめる

まとめ

感音性難聴といってもその聞こえ方や症状はみなさん同じではありません。音が響きやすい状態であったり、語音明瞭度の低下、会話理解能力の低下などもみられます。そのような耳の状態を少しでも補助するためには、補聴器の使用は欠かせないものとなります。とくにご高齢で高重度難聴の方が補聴器をつけても、若い頃と同じに聞こえるようになるのは難しいですが、全く音のない世界は生活する上で危険なこともあります。なるべく補聴器を使用して周囲のいろいろな音を聞くようにしましょう。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちら>

店