WHOが警告するイヤホン難聴・スマホ難聴にならないために【失った聴力は戻らない】

イヤホンスマホ

イヤホンスマホ

WHOより若者の難聴に関する警告が発表されました。イヤホン難聴やスマホ難聴と呼ばれていて、ここ数日テレビ等でご覧になった方も多いのではないでしょうか。これはイヤホンをしてスマホなどの音響機器から大音量の音楽を聞き続けると難聴になる可能性が高く、世界の多く人がその危険に晒されているというものです。一度失ってしまった聴力は残念ながら元に戻すことはできませんので日頃からの注意が必要です。

WHO発表の難聴に関する警告について

以前より大音量に晒される危険性というものは言われ続けています。とくにイヤホンをしてスマホや音楽プレーヤーで音楽を聴くことの多い若者は難聴になるリスクが上がります。WHOでは2050年までに12歳~35歳のほぼ半数の11億人が難聴になる可能性があると警告を出しています。

通学中や通勤中に音楽を聴いていたり、大音量のライブへ行くことなども同様に難聴になる危険度は上がりますのでご注意ください。

若者の難聴リスクに警鐘です

WHOでは3月3日の国際耳の日International Ear Care Dayに際して、若者たち11億人がスマートフォンなどの音響機器利用や娯楽イベント等での大音響により深刻な難聴リスクに晒されていることに警鐘を鳴らすリリースを発表しました。

中・高所得国の12~35才年齢層では、約50%がオーディオで、約40%が娯楽施設で危険レベルの音響に晒されており、85デシベルで8時間、100デシベルで15分を超えると危険だとして、音量を下げたり、連続して聴かないよう休憩をとったり、日常スマホなどオーディオ使用を1日1時間までに制限することなどが勧告されています。世界では3億6000万人が日常生活に支障が出る聴力障害を抱えており、予防のための啓発活動の推進が求められています。

※公益社団法人日本WHO協会ホームページより抜粋

WHOの安全な音量指針とは

ではどのぐらいの音の大きさなら安全だといえるのでしょうか。WHOでは音楽を聴くには80db(デシベル)の音量で週に40時間までが限度という指針を示しています。デシベルとは音の大きさを表す単位ですが、80デシベルとは地下鉄の車内や、トラックの走行音ぐらいになります。これぐらいの大きさが限度ということですが、音が小さいほど耳への負担は減るわけですから、日頃から音量の大きさに気をつけて、長時間聞き続けないようにしましょう。

デシベルの目安

大きな音を聞くと耳の細胞が破壊されます

強大音を聴いた際に耳鳴りがしたり、一時的に聞こえづらくなった経験をお持ちの方もいるかもしれません。これは強大音によって耳の中にある細胞がダメージを受けるとそのような症状が現れるそうです。一過性の場合もありますので、耳鳴りはすぐ止まった、一晩寝たら聞こえも元に戻ったということもあるかと思います。しかし損傷が激しい場合は病院で治療を受けても治らなかったり、そのうち聞こえるようになるだろうと難聴を放置してしまった場合は二度と聴力は戻らないことがあります。

以下は耳の構造と役割を示していますが、イヤホン難聴(スマホ難聴)とは内耳(蝸牛)という部位に損傷を受けることで発症します。よくカタツムリと呼ばれる部分で、この中にはたくさんの毛のような細胞がはえています。強大音によりダメージを受けるとこの細胞が倒れたり、抜けてしまったりして機能が失われてしまうそうです。その場合は一刻も早い治療が必要ですから、聞こえが悪い、耳鳴りがひどいという場合はすぐに病院を受診されることをおすすめいたします。

耳の構造と役割

耳の構造

 

内耳(蝸牛)にある有毛細胞

有毛細胞

WIDEXホームページより抜粋

イヤホン難聴にならないためには

  • イヤホンで聴く場合は音量を大きくしすぎない
  • 長時間の使用は避け、耳を休ませる
  • ライブや騒音の多い環境では耳栓をつける
  • 飲酒中や睡眠不足のときは強大音を聴かない
  • 遮音性の高いイヤホンを使用する

騒音の多い場所では耳栓を使用しましょう

オーダーメイド耳栓 難聴予防 強大音

お仕事上騒音のある職場で働いている方や、ライブによく行く方など、強大音に晒されることが多い場合には耳栓をご使用になることをおすすめしています。こちらの耳栓はお使いになる方の耳型を採り作成するオーダーメイド耳栓です。耳型に合わせて作成することにより、遮音性が高く、耳からのズレや落下を防ぎます。

関東補聴器オリジナル耳栓 ¥15,000

難聴になってしまったら補聴器を検討しましょう

残念ながらすでにスマホ難聴になってしまい、医師よりこれ以上は回復しないと診断をうけたときは補聴器の使用を検討しましょう。日常生活に支障がある場合には早期装用することでQOL(生活の質)の向上が期待できます。

GNロゴ

ロゴ

61

  • 初心者にも装用しやすい軽い着け心地
  • 充電式なので面倒な電池交換不要
  • 持ち運びやすいコンパクトサイズ

クアトロ

価格

<リンクスクアトロについてくわしくはこちら>

まとめ

イヤホンで音楽を聴いている方は世界中にたくさんいらっしゃいますが、耳へはかなりの負担となってしまっているようです。難聴にならないためには、ボリュームを大きくしすぎない、長時間の使用を避ける、ライブ等では耳栓をするなどの対策を行いご自身の大切な聴覚を守りましょう。

<関東補聴器へのお問い合わせ・ご予約はこちらへ>

店